まいごのひつじの小谷こずゑ さん プロフィール

  •  
まいごのひつじの小谷こずゑさん: ぽかぽかハートの子守歌❤
ハンドル名まいごのひつじの小谷こずゑ さん
ブログタイトルぽかぽかハートの子守歌❤
ブログURLhttp://ameblo.jp/jamjemjom/
サイト紹介文子どもの笑顔のために日々奮闘する子育て世代のパパやママを応援します! 子育てヒント・経験談。
自由文*私立幼稚園 現役教師
(幼稚園教諭1種免許・保育士国家資格)

*日本アンガーマネジメント協会 認定ファシリテーター&認定キッズインストラクタートレーナー

*アメママ+ 公式コラムニスト

≪人気記事≫
*ストレスに強い子に育てる/善玉ストレス悪玉ストレス→http://ameblo.jp/jamjemjom/entry-11819425997.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2014/04/24 17:37

まいごのひつじの小谷こずゑ さんのブログ記事

  • 3代前から〜の記事に関してのお詫び
  • みなさま、こんにちは。今日は、お詫びの記事です。 一昨日投稿しました記事「子どものピアノは何歳から始めればいいか?」に関してですが、不適切な内容であったため削除しました。 ①「専門家」とはだれであるのか、明らかになっていない  ⇒これは私の知人で、音楽を専門に大学などで教えておられる方ですが、その方の許可を得ていないのでお名前は公開していませんでした。 ②「3代前から」の学術的根拠が [続きを読む]
  • 子どものピアノは何歳から始めればいいか?
  • 子どもにはピアノを習わせたい!と独身時代から考えていた私 専門家に聞いてみました。「何歳くらいから始めたらいいですか?」 返ってきた答えは…‼? 「3代前からですね」 え?3代?3歳じゃなくて? そうなのですよ。 祖父母の時代からやり始めてナンボなんだそうです しかしこれ、なにもピアノに限ったことじゃないのかもしれません。 子育てに関しても然り。 健全な夫婦関係を [続きを読む]
  • 一次感情 に注目!★怒りをコントロールしやすくする!
  • 怒りの感情が湧いたとき、実は私たちの心の中には別の感情が隠れています。 小学校2年生だった娘がいつもよりかなり遅かったとき、帰ってくるなり怒鳴りつけたことがありました。 そのときの怒りの感情の裏側に隠れていたのは事故にあったのではないかという不安、友だちとトラブルがあったのではないかという心配、あちこち探しても見つけられない情けなさ、そういった思いでした。 不安、心配、つらい、悲しい、 [続きを読む]
  • 動く小谷こずゑ!
  • いつもブログを読んでくださる皆様、ありがとうございます。今日は、ブログでしか私を知らない皆さんに「動く小谷こずゑ」をお届けいたします。 誰かを目の前にお話しすることには慣れていても、カメラの前で話すっていうのは初めてで、なんだか戸惑いましたが・・・。 「怒りは2次感情」というお話を5分にまとめてみました。・・・が!アメブロに載せられるのは1分以内のようです・・・。 なので、さわりの部分 [続きを読む]
  • 心のモヤモヤが消えてなくなる!?
  • 脳腫瘍と水頭症のために入院していた86歳の母が、一昨日リハビリの施設に移りました。設備がきれいで、職員の方々がみんな親切で、母も喜んでいます。 車いすを押して施設内を散歩しながら昔の話などをしていると、これまでの人生で母に抱いていた心のモヤモヤがあれもこれもなくなっていることに気づきました。 若いころは「奔放な母の生き方」に反発する思いがたくさんありました。 若くして結婚し、幼い子供を [続きを読む]
  • 「がんばって!」と言われてもがんばれない子どもの心理とは?
  • 課題に向かって取り組まなければならないなにかがある時、親は励まそうとして「がんばって!」と声をかけることが多いと思います。 この言葉に励まされて、やる気が出て、がんばれるのなら、それはステキなことです。 ところが逆の場合もあるのです。 やる気も出ないし、がんばる力も湧いてこない、それどころか、なんだか落ち込んでしまったりします。 なぜなんでしょう? これはその時の子どもの心がど [続きを読む]
  • キレる高齢者★その原因と対策
  • え?そんなことで怒る?なになに?どうして? 高齢者の感情の爆発は、最近よく耳にしますね。脳の機能低下が1つの要因としてあげられています。 また、怒りという二次感情の前に、一次感情としてのネガティヴ感情の存在があることも大きな要因になっています。 アンガーマネジメント協会代表理事の安藤さんがコメントしている記事はこちら。(yahooニュース「キレるお年寄りにどう向き合う」) 老化だけが原因 [続きを読む]
  • 自分をダメママと思う人ほど ステキなママになれる!
  • 「こずゑ先生は アンガーマネジメントの先生だし、自分の子育てで怒ったことなんてないんでしょうね〜。上手な子育てしてて、悩みとかなかったんでしょうね〜」 ……はははそれはウツクシイゴカイというものです! 悩むことばかりであぁ〜、ダメ母だなぁと落ち込むことが多々ありました。正直言うと、子どもたちが成人した今でもダメだな〜、ワタシ…と思っちゃうこともあります。 失敗談なんてワンサカあるんです [続きを読む]
  • 「泥んこ遊びを嫌がる我が子にイライラします!」
  • ある男の子のママさんです。 「うちの子ったら男の子なのに虫が嫌いで触れないし、泥んこ遊びもすごく嫌がるんです。情けなくって…。あー、なんでこの子は!ってイライラしちゃいます。」 なるほどー。 男の子は虫が好きであるべきと思うのですね? 泥んこ遊びは脳の発育にもいいし、どんどんやるべきと思うんですね? 男の子はやんちゃに汚すくらい大胆であるべきと思っちゃうわけですね? 「〜す [続きを読む]
  • 思い切り泥んこ遊びをさせるのが何故いいのか?
  • 私の勤める園では、「泥んこ遊び」をとても推奨しています。ジャングルジムと砂場があるだけの小さな園庭ですが、ここでは本当にステキな物語が毎日のように繰り広げられるのです。 1人ずつ思い思いのことを始めたのに、時間が経つと不思議な共同体に変わっていきます。 みんなに指示を出す子がいたり、黙々と水汲みに徹する子がいたり、あちこち動き回ってみんなの補足に回る子がいたり、それぞれです。その日によって [続きを読む]
  • 「イライラ」は鼻水みたいなもの!★あなたは鼻垂れ小僧?
  • イライラと 鼻水は似た者同士です! 「イライラ」「怒りの感情」は人として生きている以上、誰にでもある当たり前の感情。 鼻水も風邪やアレルギーの時に起こる生理現象。 どちらも人間にあって不思議のないもの。そしてどちらも、コントロールしていくことが可能なのです! 鼻水は出ても仕方のないものですが、かむこともせず放置していたらどうなりますか? ①みっともない②菌をまき散らす③不快  [続きを読む]
  • 「この家ステキね」という妻の言葉に不機嫌になる夫★そのワケは?
  • 夫婦の関係性についてのセミナーで、講師の先生が挙げた事例です。 テレビを見ていて妻が「この家ステキね〜」と言うと、たいていの夫はその場に居づらくなるのだそうです。 妻は見て感じたことを言葉にしただけであり、求めているのは共感。「本当だね。ステキな家だね」と言ってもらえれば、シアワセです。 一方 夫は問題解決思考が働き「ステキな家に住ませてやってない」↓「オレの稼ぎが悪いからだ」となり、 [続きを読む]
  • 今季のインフルエンザはすごい…★ラピアクタ投入!
  • 不覚にも、インフルエンザに罹患してしまいました。 発熱は38.5と、そこまで高くはないものの、起き上がっていられないほどの倦怠感と水も受け付けない食欲不振、下痢症状と吐き気、激しい頭痛…。 尿検査でケトン体が検出され、緊急点滴となりました。 インフルエンザの薬 ラピアクタというのも点滴で投入しました。 イナビル、タミフル、リレンザなどは聞いたことがありましたが、ラピアクタは初めて。ラピ [続きを読む]
  • 言うこと聞かない子の悪循環★このループにはまりやすい
  • 育て方云々の前に、子どもには生まれながらの気質の傾向があります。 おとなしくて育てやすい子もいれば、なかなかどうして一筋縄ではない子もいます。 この違いを知って適した対応をしていかないと、もっともっと厄介なことになってしまいます。 やんちゃで動きが激しくいうことを聞かない↓ダメ〜〜!と禁止したり、怒ったりする回数が普通より多くなる。↓否定されるので、反発したくなったり自信がなくなったり [続きを読む]
  • 2人の仲を引き裂く雑炊★その怒りの原因はなに?
  • 病気で臥せっている時に「何食べたい?」と聞かれ、「雑炊」と答えたとします。 弱った身体に雑炊なら、なんとか食べられそう。あったかい雑炊・・・。 ほかほかと湯気を上げて運ばれてきたおちゃわん。 しかし!それは雑炊ではなく「おじや」だった!! 「雑炊」と思っていたのに「おじや」だった時のショック。 「これ、雑炊じゃないじゃん」「雑炊だよ」「ちがう、ちがう!雑炊っていうのはね・・・」 [続きを読む]
  • 癒やし効果抜群!★園児の面白トーク
  • 長年、幼児と一緒に過ごしてますが、彼らの仰天トークに毎日のように癒されます。これがあるから、疲れを忘れて頑張れるのかな〜。ありがとう!こどもたち! それでは、いくつかご紹介しますね。①お弁当の時間鶏のから揚げがかぶったAちゃんとBくん。Aちゃん:「鶏肉、おいしいよね〜」Bくん:「豚肉もおいしいけどね」Aちゃん:「肉もいろいろあるよね」Bくん:「肉はみっつあるんだよ」Aちゃん:「ふーん」Bくん: [続きを読む]
  • ガンマなんちゃら…がイライラに効く!?
  • バレンタインが近付き、街のあちこちで種類豊富なチョコレートを見かけますね。疲れた時、チョコが食べたくなるタイプですか? チョコレートやココアの原料カカオにも含まれるGABA(ギャバ)という成分がイライラに効くという研究結果が出ています。GABAは正式名称をγ(ガンマ)- アミノ酪酸という、アミノ酸の一種。英語のGamma-Amino Butyric Acidの頭文字を取り、一般にGABA(ギャバ)と略称されています。 お〜、あ [続きを読む]
  • 文字の形を読み取れない子★発達障害の困難さを理解しよう②
  • これ、なんと書いてあるでしょう?↓????すぐにピーンと分かった方もいるでしょうが、わかりずらかった人も多いと思います。線を二本入れてみますね。↓どうですか?答えはUFO。発達障害の子どもの中には文字の形や図形などを読み取りにくい子もいるそうです。白い部分に注目すれば「 UFO」の文字の形が浮かび上がりますが、青い部分に注目したままだとなかなかわからないですよね。「白いところが文字になってます」というヒント [続きを読む]
  • 文がうまく読めない子★発達障害の困難さを理解しよう
  • 東風吹かば 匂ひをこせよ 梅の花主無しとて 春な忘れそ(菅原道真)こちふかば においおこせよ うめのはなあるじなしとて はるな わすれそ立春ですね!二十四節気七十二候では今日から2月8日くらいまでを「東風解凍」(はるかぜ こおりを とく)季節、となっています。「東風」は「こち」とも読みます。東の方から吹いてくるあたたかい風ですね。この季節になると私は上掲の和歌をなんとなく思い出してしまいます。太宰府に左遷された [続きを読む]
  • プレゼント企画!★ハンドメイドポーチ♪
  • 今日も御訪問いただきありがとうございます。 おとといの記事に、私の手作りのポーチ2点セットの画像を掲載しましたが、「これ、欲しい」という声をいただきました。 そこで、プレゼント企画を考えました〜。 「 &コメントキャンペーン」と銘打って、指定の期間内に①ブログ村への応援 をし、②記事にコメントを入れてくださった方の中から、抽選で2〜3名の皆様に、私のつくったポーチなどをプレゼ [続きを読む]
  • 子どもの感情コントロールに役立つ童謡★「どんな顔」
  • 現代は大人でも子どもでも感情コントロールがうまくできない人が増えていると言われています。 すぐにキレたり、反対に我慢しすぎたり、空気が読めずにトラブルになったり。 子どもの頃から感情コントロールについて学ぶ機会が必要だなと思わされます。 子どもの感情の発達には段階がありますが、まずは「人間にはどんな感情かあるか?」を知ることがとても大切です。 生れながらの赤ちゃんの感情「快」「不快 [続きを読む]
  • 「うちの子、やればできるんです」の誤解
  • 中学校の教師をしていた頃、面談などで保護者の方からよく聞いたセリフ「うちの子、やればできるんです」そうね〜〜。やればね!でも、やらないわけです。私も自分の子に対して「やればできるのに!」とジリジリしたことがたくさんありました。「うちの子やればできる!」は、親の子どもへの期待.信頼です。子どもの可能性を信じたすばらしい思いです。これがあるから子どもを育てられるわけです。でも、本当に重要なのはその子に [続きを読む]
  • 「夫」を「主人」と呼んだら、妻は「召使」ということか?
  • 結婚したての私が職場で夫のことを「主人」と言ったら先輩の先生にすご〜〜〜くビックリされました。「加茂さん(私の旧姓)が、まさか「主人」って言葉を使うとは思わなかったな〜!」 はい、わたくし、「主人」って言葉を時々使ったりします。 けれども、決して自分のことを夫の下僕・ペット・召使…と思っているわけではありません。 それならなんで、そんな女性蔑視の言葉を使うの?と思われるかもしれませんが [続きを読む]