まいごのひつじの小谷こずゑ さん プロフィール

  •  
まいごのひつじの小谷こずゑさん: ぽかぽかハートの子守歌❤
ハンドル名まいごのひつじの小谷こずゑ さん
ブログタイトルぽかぽかハートの子守歌❤
ブログURLhttp://ameblo.jp/jamjemjom/
サイト紹介文子どもの笑顔のために日々奮闘する子育て世代のパパやママを応援します! 子育てヒント・経験談。
自由文*私立幼稚園 現役教師
(幼稚園教諭1種免許・保育士国家資格)

*日本アンガーマネジメント協会 認定ファシリテーター&認定キッズインストラクタートレーナー

*アメママ+ 公式コラムニスト

≪人気記事≫
*ストレスに強い子に育てる/善玉ストレス悪玉ストレス→http://ameblo.jp/jamjemjom/entry-11819425997.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/04/24 17:37

まいごのひつじの小谷こずゑ さんのブログ記事

  • Nobody is right★正しすぎるとツライのよ
  • 前回の記事で「自分とは違う価値観の人」の多く出会い、それを認め受け入れる大切さを書きました。(その記事はこちら↓をお読みくださいね!幼児期に「え?こういう人もいるの?」体験をさせることは大切) ↑この記事を書きながら、私の頭の中では中島みゆきさんの歌と聖書の言葉がグルグル回っていました。 「Nobody is right」と言う曲、そして、「義人はいない。ひとりもいない」と言う言葉です。 Nobo [続きを読む]
  • 幼児期に「え?こういう人もいるの!?」体験をさせるのは大切
  • 日本の家庭は核家族化、少子化が進み、また、地域コミュニティで子どもが集まる機会も激減しています。 どうしても、こどもが「家庭」の中に埋もれてしまい、多様な人と接する機会がなくなっていますね。家族は趣味や嗜好、感じ方考え方の類似性が多く、同質性が高いと言えます。それに対して、幼稚園・保育園では「びっくり!!」するほど自分とは違う人が存在します!幼児期には「自分は大切な存在である」「自分は愛され [続きを読む]
  • ホントにそういう体操なの?真面目に?と疑われた体操
  • おかげさまで先日受けたアンガーマネジメント??怒らない体操のインストラクター養成講座の試験に合格しました!晴れてインストラクターになったので、娘に一部を伝授してみましたところ、タイトルのような反応が…! 笑いが止まりません。 これぞ 怒らない体操なのです‼? ふざけてるような変な動き?のように見えて、デトックス効果はバツグン( ^ω^ ) 笑っちゃいながら身も心もスッキリ! 「受講生 [続きを読む]
  • 子どもの5月病★その対策は?
  • 5月病と言われる季節になりました。 4月から始まった新入園・新入学・進級。新しい先生や友だちなど、新しい環境になって一か月。 はじめの頃は期待や希望で良い緊張を持っていたものの、連休が入り気持ちがゆるんできます。そうすると、今までの良い緊張が崩れて心身共に不安定になる・・・というのが5月病です。 なんとなくだるそうにしている笑顔がない園や学校に行きたがらない体調不良が続く すべてが「5 [続きを読む]
  • 育ちのいい人になぁれ!★こどもの日に思う
  • GW、どこにいっても幸せそうな家族連れがいっぱいでした。それを見ると、私は、胸がきゅーんと痛くなるほどに喜びを感じます。幼い時にそのような幸せな体験をしたことがないので、そこにいる子どもに自分を投影して「過去の私=子どもの私」が喜んでいるのでしょうね。ホントに涙が出ちゃうほどうれしいんですよ。逆に、親子.兄弟のいさかいを見るのはかなりツライです。おそらく普通の人より何倍も何十倍も心にダメージを受けま [続きを読む]
  • フェイシャルフィードバック効果★幸せを作る!
  • フェイシャルフィードバックってご存知ですか?「意識的に作った顔の表情がその人の感情にも変化を与える」ことを言います。表情筋がゆるむと、脳が「ん?今は楽しいのか?」と勘違いして明るい感情を作り出してくれるのだそうです。身体と心は繋がっているんですね。パッとしない気持ちの時に笑顔を作ってみる。自信のない時に背筋を伸ばしてみる。これは私も普段心がけていることですが、とても効果がありますよ!それに、笑顔の [続きを読む]
  • 「ママは怒りんぼ」★たいていの母親はそうよ
  • 子どもが「ママは怒ってばかりいる」「ママはおこりんぼだ」と言ったらどう思いますか? 「はぁ〜〜?誰が怒らせとるんじゃ、こらぁ!」と怒りたくなりませんか? だって、好きで怒ってるわけじゃないもんね? 子育てをするまではそんなに怒らずにいられたはずなのに、育児をしているとほんとにイライラすることがたくさん出てきてしまいます。 私は一人目の子育ての時は良く寝て手のかからない子だったので、 [続きを読む]
  • 怒らない体操で立ち姿に変化⁉?
  • 我が家には二階への階段を上った正面に姿見があります。毎日階段を上り下りしているのですが、ここ何日か、「あれ?なんかわたし、立ち姿がキレイかも?」と感じました。(なに自惚れてんだよ!と思ってくださっていいよー)思い当たるのは…そう!怒らない体操‼?その時の記事はこちら→怒らない体操の講座10日前に受けた怒らない体操の講座で、仙骨(骨盤の一部)を立てる方法を教わり、それを毎日実践してるんです。これをやると胸 [続きを読む]
  • 「〜しなさい」じゃ動かない子ども★どんなアプローチがいいの?
  • 入園したての園児たち、朝の登園の様子はさまざまです。モジモジちゃん、キョロキョロちゃん、グズグズちゃん、まっしぐらちゃん…。今日は「まっしぐらちゃん」を例に、子どもに何かさせたいときのアプローチの一例をご紹介します。まっしぐら系の子どもは、興味のあるものを見つけると脇目もふらず飛んでいきます。朝のお支度(出席シールを貼ったり、おカバンをかけたり、いろいろ)の前に、目も身体もそっちの方にくぎ付けです。 [続きを読む]
  • 「子どものここを直したい!」とき、効果的な言葉がけ
  • 私の勤める園でお弁当を食べている時、左手がいつもテーブルの下、の子がいます。 やはり左手は弁当箱に添えさせたいですよね。 そんな時、あなたならどんな言葉をかけますか? 「左手を出そうね」「左手でお弁当箱を押さえなさい!」「なんで出さないの!」「左手どうするんだっけ?」「いつも下だね」「何回言えば分るの?」 一番よくないのは「怒って注意すること」です。怒られて直すのは、ただこわいから [続きを読む]
  • 怒らない体操ってなに?
  • 小さい頃から背が高かったせいか、よく、「足が速い」と誤解されていました。走るのは遅い方です・・・。 足が遅いと、運動全般にもやっぱり影響ありますよね。 そんな私がまさか、まさか、体操インストラクター養成講座に参加するとは 今回私が行ってきたのは、ウォーキングでおなじみのデューク更家さんとアンガーマネジメント協会代表理事の安藤俊介さんがタッグを組んだアンガ―マネジメント×怒らない体操の講 [続きを読む]
  • 新学期の安全地帯が危ない!★ママの不安が子どもをおびやかす
  • 「安全地帯」と聞いて玉置浩二さんを思い浮かべる方は同年代?ビジュアル系ちっくな玉置浩二さんをリアルタイムで知っている小谷こずゑです!新入学、入園、進級の春ですね!新しい生活の始まる子どもたちは期待に胸躍らせながらも、大きな不安も抱えていることでしょう。環境や人間関係に慣れるまではストレスもかなりあります。これを癒すのが「家庭」であり「親」であります。大海原に漕ぎだして荒波に揉まれても、帰ってきて憩 [続きを読む]
  • 怒りを鎮める思考法★「もしかして」
  • 「もしかして」と聞いて、小林幸子さんを思い浮かべる方は同年代かしら?自分の結婚式の二次会で、夫と「もしかしてpart2」をデュエットした小谷こずゑです。 イラッと来た時というのはたいてい「自分の価値観」「自分の見方」でしかその出来事をとらえていません。 「いくら言っても宿題をやらない」時、イラッときますね? それは、「宿題はやるべき」「さっさとやるべき」「一度二度言われたらやるべき」という [続きを読む]
  • コンビニ本社にクレームつけた過去の私
  • 新年度になりましたね。桜もほぼ満開、春爛漫です さて、早いものでアンガ―マネジメントのファシリテーターになってから4年たちました。この4年で、私の怒り体質はどんなふうに変化したかな〜と思い返していたら、ある事件を思い出しました。 アンガ―マネジメントを学び始めてまだ間もないころの話です。 私は学生時代のアルバイトで、接客についてかなり厳しくトレーニングを受けた関係で、店舗での店員の態度に [続きを読む]
  • 「ずっと遊んでていいよ」の代わりになんて言おう?
  • なかなか帰らない子どもに「ずっと遊んでていいよ、ママは帰るから」なんて言わないで!…とは、前回の記事でした。「ずっと遊んでていいよ」ってホント?の記事はここを ! さて、ではこういう場合、どう対応したらいいのでしょう? 状況やその子のタイプによっても違いますが、基本は「共感」→「気持ちを伝える」→「提案」→「変化球」かな〜と思っています。 まずは子どもの遊んでいたい気持ち、楽しい [続きを読む]
  • 「ずっと遊んでていいよ」ってホント?
  • 職業柄でしょうか街で親子を見かけると、知らず知らずのうちに観察してしまいます。 特に目につくのはやはり「キレてる親」ですかね。目立つから・・・。 一方、「静かなる怒り」で子供を脅している親もいます。 公園での出来事です。もう帰らなくちゃならない時間なのに、子どもは帰ろうとしません。何度言ってもなかなか遊びをやめない子どもに対して、ママは声を荒げる風でもなく「○○ちゃん、かえらないんだね [続きを読む]
  • 怒らない子育てはありえない
  • アンガーマネジメントのセミナーのことを「怒っちゃいけない講座」と勘違いする人がたくさんいます。 子育て中のママさんたちも講座を受けて「怒ってもいいんですね」とまずビックリ、そして安心されます。 子育て中に「怒らない」なんてありえないですよね!だから、「怒っちゃいけない、怒っちゃいけない」と感情を押し殺しているとよけいにつらくなってしまいます。 怒ってもいいんです。 ただポイントはあ [続きを読む]
  • 韓国家庭料理に心癒された話☆
  • 知人がご主人をガンで亡くされました。その方は韓国人で、目が不自由で、子どもがいません。ご主人亡きあと心が沈み込み、さびしさの中、元気をなくしてしまわれました。ある日、彼女を心配した方が少しでも元気が出るように韓国家庭料理のお店に連れ出しました。女店主も2年前にガンでご主人を亡くしていました。彼女の淋しさ、落胆、目の見えない辛さや不自由さを思いやり、美味しい料理をたくさん作りました。彼女のために、メ [続きを読む]
  • 夫にグチを聞いてもらう時の注意点!
  • 職場とか友達との人間関係の事で、なんとはなしに家で愚痴ってしまうことってありますよね。 モヤモヤを吐き出してしまえば幾分気も晴れて、しゃーない、またがんばるか、って自分で納得できたりします。 ところが、聞いてくれた夫が分析やら解決法やらをやたらに語り始めることありませんか?^^; 「それは◯◯だからだな。△△したらいいんだよ!」「□□が◇◇になってるのがよくないねぇ」「**を☆☆に変えて [続きを読む]
  • 3代前から〜の記事に関してのお詫び
  • みなさま、こんにちは。今日は、お詫びの記事です。 一昨日投稿しました記事「子どものピアノは何歳から始めればいいか?」に関してですが、不適切な内容であったため削除しました。 ①「専門家」とはだれであるのか、明らかになっていない  ⇒これは私の知人で、音楽を専門に大学などで教えておられる方ですが、その方の許可を得ていないのでお名前は公開していませんでした。 ②「3代前から」の学術的根拠があ [続きを読む]
  • 子どものピアノは何歳から始めればいいか?
  • 子どもにはピアノを習わせたい!と独身時代から考えていた私 専門家に聞いてみました。「何歳くらいから始めたらいいですか?」 返ってきた答えは…‼? 「3代前からですね」 え?3代?3歳じゃなくて? そうなのですよ。 祖父母の時代からやり始めてナンボなんだそうです しかしこれ、なにもピアノに限ったことじゃないのかもしれません。 子育てに関しても然り。 健全な夫婦関係を [続きを読む]
  • 一次感情 に注目!★怒りをコントロールしやすくする!
  • 怒りの感情が湧いたとき、実は私たちの心の中には別の感情が隠れています。 小学校2年生だった娘がいつもよりかなり遅かったとき、帰ってくるなり怒鳴りつけたことがありました。 そのときの怒りの感情の裏側に隠れていたのは事故にあったのではないかという不安、友だちとトラブルがあったのではないかという心配、あちこち探しても見つけられない情けなさ、そういった思いでした。 不安、心配、つらい、悲しい、 [続きを読む]
  • 動く小谷こずゑ!
  • いつもブログを読んでくださる皆様、ありがとうございます。今日は、ブログでしか私を知らない皆さんに「動く小谷こずゑ」をお届けいたします。 誰かを目の前にお話しすることには慣れていても、カメラの前で話すっていうのは初めてで、なんだか戸惑いましたが・・・。 「怒りは2次感情」というお話を5分にまとめてみました。・・・が!アメブロに載せられるのは1分以内のようです・・・。 なので、さわりの部分 [続きを読む]
  • 心のモヤモヤが消えてなくなる!?
  • 脳腫瘍と水頭症のために入院していた86歳の母が、一昨日リハビリの施設に移りました。設備がきれいで、職員の方々がみんな親切で、母も喜んでいます。 車いすを押して施設内を散歩しながら昔の話などをしていると、これまでの人生で母に抱いていた心のモヤモヤがあれもこれもなくなっていることに気づきました。 若いころは「奔放な母の生き方」に反発する思いがたくさんありました。 若くして結婚し、幼い子供を [続きを読む]
  • 「がんばって!」と言われてもがんばれない子どもの心理とは?
  • 課題に向かって取り組まなければならないなにかがある時、親は励まそうとして「がんばって!」と声をかけることが多いと思います。 この言葉に励まされて、やる気が出て、がんばれるのなら、それはステキなことです。 ところが逆の場合もあるのです。 やる気も出ないし、がんばる力も湧いてこない、それどころか、なんだか落ち込んでしまったりします。 なぜなんでしょう? これはその時の子どもの心がど [続きを読む]