自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん プロフィール

  •  
自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡さん: 自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ハンドル名自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さん
ブログタイトル自由が丘伸学会の代表ブログ『道を拓く』
ブログURLhttp://ameblo.jp/kikuchihirotada/
サイト紹介文子どもが自分の力で成長していけるようにするために「勉強のやり方」と「勉強の続け方」を教えています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供283回 / 365日(平均5.4回/週) - 参加 2014/04/24 20:52

自ら伸びる子を育てる講師:菊池洋匡 さんのブログ記事

  • [性格診断]あなたの子は伸びる性格か?
  • 以下の質問に正直に答え(させ)てください。「まったくそうは思わない」は0、「その通りだ」は5として、その度合いで数字を選んでください。1 人間の知能の程度には個人差があり、大きくは変えられない(0・1・2・3・4・5)2 いくら努力をしても、知能は大して高められない(0・1・2・3・4・5)3 頭の良さは、生まれつき決まっている(0・1・2・3・4・5)選んだら、点数を合計してください。計算できましたか?さて [続きを読む]
  • 旅行に[連れていかないで]くれた
  • マレーシアより本日のブログをお届け。いや、今マレーシアにいるわけではないですけど(笑)GWにちょっくらマレーシアに旅行に行ってきました。あまり日数もなかったのでいつもの島には行かず、首都クアラルンプールのあたりをまわってきました。まずはマレーシアに行くたびに訪れるアロー通りという有名な屋台街でごはん。中国語で書かれたメニューを見て注文した謎の麺。一応漢字で書かれているので、入っている具が雰囲気くら [続きを読む]
  • この外国のことわざの意味がわかりますか?
  • 少し前にYahooニュースに「難関中学『語彙』問題 解く子は親が違う!」という記事がありました。Facebookの方ではシェアをしたので、読んで下さった方もいるかもしれないですね。その記事内で扱っていた問題がおもしろいので、あらためてシェアしてみます。以下引用---2017年度・普連土学園中学校 3次試験国語・大問五から抜粋(一部表記変更)問: 次の(1)〜(10)は外国のことわざですが、似た意味のことわざが日本にもあります。 [続きを読む]
  • 先週のナイスプレー賞♪
  • 4月中旬に行った数学検定の結果が先週届きました。中1から2名飛び級で4級(中2レベル)に合格しました♪(※本人の強い希望により名前をぼかさず笑)中学準備講座からずっと人工知能教材Qubenaを使って先取り学習を進めさせてきましたが、その成果がしっかり表れて良かったです(^^)そしてこちらは6年生。通常のテキストだけでは物足りない子には「中学への算数」をやらせているのですが、1か月分クリアしたのでごほうびに [続きを読む]
  • 久しぶりにジムに行けました
  • ここ最近お仕事がデスマーチでした。2週間で3回徹夜しました(>_プログラマーとか本格的な方たちからしたら笑われそうですが、けっこうしんどかったです。睡眠時間が少なくなると身体を動かす気力も無くなってしまうので、おかげで4月頑張って時間を作ってジムに行ってたのに5月はぷっつりと途絶えてしまいました。久しぶりに行くと身体が動かないですねー(>_けれど、しっかり汗を流せてスッキリしました。やはり運動は良いで [続きを読む]
  • [怒り]なんで言われた通りにやらないの!!!
  • なんであんたって子は言われた通りにやらないの!!!そんな風に子供にブチキレちゃったことってありません?その気持ちわかりますとも。10年以上何百人という子供たちを相手にしてきた、子供の教育のプロである私でも、怒りの感情が爆発しそうになることがありますから。ほんっとに子供ってやつは言われた通りにやることができないんだから。。。けど、怒ったところで解決しないんですよね。 そうです。子供は言われた通りにはや [続きを読む]
  • [動画]あの所さんも速読に目がテン!?
  • 速読がテレビで取り上げられていたときの動画がYoutubeにアップされていたのを発見しました。普通の人と速読トレーニングを何年も積んできた人を比べる内容になっています。所さんも驚いて目がテンです。今までも速読に興味はあったけど、実際のところ効果はどうなの?と思っていたあなた。実は私もそうでした。だって「速読」なんて怪しいですよね!?でもこれを見ると、きっと衝撃を受けるはずです。興味がありましたらぜひ見て [続きを読む]
  • 瞑想
  • ツイッターよりスクリーンショット 米メリーランド州ボルモチア(Baltimore)市にある小学校は、いたずらや悪いことをした子どもに対して、居残り指導を瞑想させることに変えたら、子供たちの行いが良くなり、出席率も上がりました。米国のこれまでの研究によると、学齢児童への体罰、放課後の居残り指導などで、子供たちの長期にわたる問題行為を改善するのは難しいと指摘しています。これを鑑み、ロバートW.コルマン小学校(Rob [続きを読む]
  • 第6回親ゼミ終了
  • 昨日第6回の親ゼミを開催しました!今回も40名以上の保護者が参加してくれて、大変盛況な回になりました。写真のように、今回は進行の大半を秦先生に任せて、私は一参加者として各テーブルを回ってディスカッションをしました。今回から取り入れたディスカッションでしたが、自分もやってみてなかなか楽しかったです。アンケートを見ると他の参加者も好意的に受け止めてくれた方が多かったので良かったです(^^)一方で、ワー [続きを読む]
  • 親ゼミ新たな試み
  • 医師などの継続教育では、学会などで講義を聴くだけではスキルアップはほぼ無いという調査(※)があります。大人でも子どもでも、「わかる」と「できる」の間には隔たりがあるものですよね。保護者セミナーも、ただ話を聞いてもらうだけではきっとあまり効果は無いのだろうと思います。元々内部の保護者向けに、塾でどんなことをしているかを知ってもらうのが主目的だったときはそれでも良かったですが、外部の方の参加も増えてき [続きを読む]
  • これ、もう読みましたか?
  • 去年の夏にWebサイトに更新した、「脳が疲れたとウソをつく」という記事があります。けっこう大事なことを書いたつもりだったのですが、これが思いのほか「いいね」が少なかったんです。ショック!!火事場の馬鹿力という言葉はもちろんご存知ですよね?人間追い込まれると、とんでもない力を発揮できるという例のやつです。これ、自分で意識的に発揮できるようになったらすごいと思いません?人間は知らず知らずのうちに、力を使 [続きを読む]
  • [心理テスト]あなたの学習動機はどのタイプ?
  • 今週の親ゼミ用に、現在どの学習動機で動いているかがわかる心理テストを作成しました。と言っても、東京大学の市川伸一教授が作ったものをGoogleFormにしただけですが。(参照:『勉強法の科学』2013)あなたは、そしてお子様はどの動機が強いでしょうか?お子様にやらせてみたら、もしかしたら「どの動機も全然無い!」なんてこともあるかも!?全部で36問なので、5分もあれば終わります。興味がある方はやってみて下さい(^^)ht [続きを読む]
  • 「遊び心」取り入れました
  • うちのスタッフたち、真面目なのは良いのですが、どうも全体的に堅苦しい。見ていて疲れちゃいますよねー。やはり常に張り詰めた感じじゃなく、緩めるところは緩めなきゃいけないと思うのです。メリハリというかOnOffというか、そういうものが無きゃいけません。てことで、昨日のスタッフブログなのですが、また例によって江藤が固い記事をUPしようとしてたんですよ。全面的に書き直させました。できあがったのがこちら。引き続き [続きを読む]
  • 勉強時間 男子vs女子
  • 学習記録を毎日毎週チェックして、ホームルームの時間には1週間分の学習時間をランキングにしたりしています。お互い競争意識を煽ると、自然と行動が促されていくものです。そうやって記録をつけて検証していくと、だいたいどの学年のどの時期だとこれくらいの勉強時間が平均的だなというものが見えてきます。保護者の方も本人も、こういったある程度の目安とか基準があると安心できて良いですね。そうじゃないと、「他のみんな [続きを読む]
  • この問題解けますか?
  • 立体の切断の中でも、めんどくさい部類です。1段ずつ作図していけば、やり方を知っていれば、まぁなんとか…そんな子が多い問題ですね。あなたはこの問題解けますか?うちの小6の女の子、作図せずに頭の中で内部がどう切れるかまで考えて、パワープレーで解ききりました。これを習うのはカリキュラム上まだ先なので、やり方何も教えてません。昔は図形問題がとても苦手で、立体図形なんてさっぱりだったのに、だいぶ成長しまし [続きを読む]
  • やる気の公式を体感するセミナー
  • どうしたらこの子はやる気になってくれるんだろう・・・そんな風に悩んで、子供のやる気を引き出すことに「手詰まり感」を感じていませんか? 学校や塾の宿題をちゃんとやらない・・・だから成績も上がらない・・・習いごとに通わせても嫌々だから、家での練習もいいかげんでなかなか成長しない・・・ 将来の夢や行きたい学校から、勉強や練習の必要性を感じたり、あるいは、学ぶことそのものの面白さをきっかけに、やる気を持っ [続きを読む]
  • ノートを取ると成績が下がる!
  • 菊池です。実は私、小さい頃ノートを書くのが大嫌いでした。小学校の授業ではノートなんか書いたことありません。小5から日能研に通い出して、親に散々言われて、その時からようやくノートを取るようになりました。しかし、「なんでこんなめんどくさいことをしなきゃいけないんだ・・・」と常々不満に思っていました。そして、どうやら私は正しかったようです!カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学のミシェル・エスクリ [続きを読む]
  • 苦手克服の1番の近道
  • スタッフたちがアンケートにお応えして各自の勉強法やらなにやらを交代でアップしています。太田先生とか三尾先生とか、ほんと優等生な回答ばっかり。要約すると「先生に勉強しろって言われたから頑張った!」みたいな。そんなんでやる気になるなら苦労せんわ!と中高時代中だるみしまくってた僕としては思うわけですよ(笑)僕としては1番共感できたのがこれでした。高3になっても分詞構文とか仮定法とかさっぱりわかってなかっ [続きを読む]
  • ”テストの点数よりも”
  • テスト結果で一喜一憂しちゃいけない。わかっていても難しいものですよね。「やっぱり結果も」と欲張りたくなるものですから。夫婦で足並みそろえてできているのはすごいなと思います。優先順位を決めておくことができているんですね。親の軸がぶれないと、子供も行動しやすいですから良いですね(^^) [続きを読む]
  • 皆が意外と気づかない成績を上げる方法、こっそり教えます。
  • あなたにお子様がいるなら、一度はこんなことを考えたことがあるはずです。「どうやったらうちの子の成績が良くなるのかしら?」今日ではたくさんの塾があちこちにあり、勉強法もたくさん生み出されています。お子様にとって最適な塾を選びたい、しっかり身について効率がいい勉強法を知りたい。お子様のことを大切に思っている方ほど、ここで悩んでしまいます。そして、それはあなたのことでもあります。そしてあなたはスマホで [続きを読む]
  • [勝ち組]だから伸びる
  • 一昨日の授業のときに6年生のまさふみが、「O君お母さんからサンパチって呼ばれてたんだってねー笑」と話しかけてきました。O君というのは今年受験を終えた卒業生です。日曜日に行った保護者対象の説明会で卒業生のインタビューをしたのですが、「保護者にされて嫌だったこと」を聞いたところ「4年生のときに日能研模試で偏差値38を取ってしまい、しばらくサンパチって呼ばれたこと・・・」と本人が言いました。それがお父 [続きを読む]
  • [一人ひとりに合わせる]を勘違いしている
  • (中学受験の)新年度がスタートして約3ヶ月が経ちました。4月から新大学生になった子達がまた先生になりたいと言って来てくれて、スタッフ研修を受けています。生徒の指導以上にスタッフ研修はどんどん進化しています。経験の長い先生から新しい先生に、もちろん長い先生同士でも、知識と技術の伝達と共有が進んでいます。私も自分の経験をスタッフに伝え、彼らからまたあらためて学んでいます。自分とは違った視点で新鮮な意見 [続きを読む]
  • [今]に流されない
  • 基本的にきれい好きなので、歯磨きが好きです。臭いが気になるので、にんにくなどは極力避けるようにしています。味は好きなんですけどねぇ・・・そんな僕ですが、ときどき歯間ブラシはさぼりたくなることがあります。特に疲れて帰ったときとか、酔っ払ったときとかの寝る前。眠くて一刻も早く布団に入りたいのです。昨日もそんな日でした。そして、うっかりさぼって寝てしまいました。結果、朝起きてとても後悔しました。口の中が、 [続きを読む]
  • 行動改善ための取り組み
  • おととしから本科コースに通っていた生徒が、ちょうど1年位前からアメリカに行ってしまいました。来年までには帰ってくるので、帰国子女枠で中学受験を受けることになります。そのため、定期的にオンラインで授業をしています。しかし、学習環境の違いにかなり苦しんでいます。まず、そもそも塾というものが(ほとんど)無い。そして、受験というものも無い。できる子はGiftedと呼ばれて、そういう子達だけの学校に行ったり飛び級 [続きを読む]