kazzdokk さん プロフィール

  •  
kazzdokkさん: 酒呑みの翁の日常の出来事
ハンドル名kazzdokk さん
ブログタイトル酒呑みの翁の日常の出来事
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kazzdokk
サイト紹介文カメラ・映画・酒・新橋をこよなく愛し続ける、川崎生まれ、川崎育ち、川崎在住の酒呑みの翁のひとり言。
自由文女房1号、娘1・2・3号に孫娘1号も加わり、女性5人に包囲されながらも、カメラ・映画・酒・新橋をこよなく愛し続ける、川崎生まれ、川崎育ち、川崎在住の酒呑みの50翁のひとり言。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/04/25 09:56

kazzdokk さんのブログ記事

  • 千里屋酒店
  • 以前から気になっていた酒屋に足を踏み入れた。酒屋の屋号は”千里屋酒店”川崎球場にほど近い場所の路地の角地にある小さな酒屋。知人の見舞いに川崎市立川崎病院に行ったのだが、面会は午後1時からだった。時計を見ると、面会時間までまだ40分もある。では、時間調整のために千里屋酒店にでも行ってみよう。千里屋酒店は、店の一角で酒を呑ませてくれる酒屋で、昔はこんなスタイルの立呑屋が結構あったのだが、最近は衛生上の問 [続きを読む]
  • 平穏な日
  • 平穏な日に幸せを感じる。本来なら四国ひとり旅をしてたところだが、台風5号の影響で、8月7日発のムーンライトながらが運休となったことから、今週はただただ暇な一週間となってしまった。今夏最高ではないかと思うほど、朝から猛烈に暑いが、家には爺ひとり。爺ひとりのためにエアコンをつけては、何だかもったいない。屋上にタープを張り、Tシャツとハーフパンツを脱ぎ捨て、パンツ1枚になって、酎ハイでも呑みながら、読まずに [続きを読む]
  • 台風5号
  • 爺はどちらかと言うと、せっかちであり、のろのろ、もたもたはあまり好かない。なので、歩くのも速いし、飯を食うのもあっと言う間。大型の台風5号が、ま〜、のろのろ、もたもたしている。日本から離れてどっかへ行ってしまえ。来るなら早く来て、早く通過しろ。その想い叶わず、7日に四国から関西、東海を暴風雨に巻き込んだ。唯一好きなのろのろの電車でのひとり旅を計画していたのだが、この台風によって夜行列車ムーンライトな [続きを読む]
  • 楽スパ
  • 連れてって、連れてって、連れてえて〜これはスパリゾートハワイアンズのCMソングである。我が家の孫娘もこの歌を唄いながら、爺にスパリゾートハワイアンズに連れてってと要求してくる。が、日曜祝日前は大人ひとり2万円〜4万円のするので、おいそれと連れてってやるわけにはいかない。川崎の隣の横浜市鶴見区には、知っているだけで3か所スパがある。3店とも鶴見川の近くで、国道1号線沿いにある。よこやまユーランド料金は大人 [続きを読む]
  • 天使と小悪魔
  • 8月4日から、池袋サンシャインシティで ♪ キラキラ☆プリキュアアラモード 夢みるみんなのパティスリー ♪ というイベントが開催されている。我が家の孫のお気に入りも、アンパンマンから戦隊もののジューオージャーへ移り、最近は、このキラキラ☆プリキュアアラモード が大のお気に入り。プリキュアとは、テレビ朝日系で放送されているTVアニメで、現在のプリキュアはすでに12代目だという。主役の女の子たちの決め台詞は「つく [続きを読む]
  • ガリガリ君ソーダ味
  • ついに念願のガリガリ君ソーダ味をGETした。は〜、ガリガリ君ソーダ味なんて、どこのコンビニに行っても手に入るじゃない、と思われるかもしれないが、ここで言うガリガリ君は、冷たいアイスではなくハミガキのことである。新聞の新商品紹介覧に6月末発売開始という記事を見た時から約一カ月、スーパー・コンビニ・ドラッグストア等々、チョイチョイ覗いていたのだが、今まで手に入れることはできなかったのである。今日、昼食を済 [続きを読む]
  • 2017年7月25日
  • 2017年7月25日は、土用の丑の日である。土用の丑の日に鰻を喰うということは、平賀源内が鰻を売るための宣伝・広告として、勝手に制定した日にも拘わらず、ここ数年、何だか国民的行事のひとつになってきている。今年の夏の土用の丑の日は7月25日なのは間違いないが、爺にとっては、7月25日はもう少し意味深い日でもある。ひとつ、7月25日は爺の誕生日である。今日この日で57歳になったのである。よって、女房殿・娘1号〜3号か [続きを読む]
  • ほのぼの横丁
  • 娘3号から、「あした夜暇だったら川崎の横丁行ってみますか?」とメールが来た。横丁とは、6月29日に川崎駅前タワー・リパーク地下にオープンした”甘太郎”や”北海道”など数多くの居酒屋を手がけるコロワイドが運営する、複数の居酒屋が連なる”ほのぼの横丁”のことである。16時オープンのこの横丁に爺が到着したのが、16:15。個々の居酒屋はご覧のとおり、日本酒立呑み、中華、ピザ、ビフテキ、寿司、浜焼き、やきとん、串 [続きを読む]
  • 吉呑みチョイ
  • 牛丼の吉野家でチョイ呑みをしてきた。先日、人間DOCを終えた朝、吉野家でひとり吉呑みをしてきたのだが、その時のブログを見た?呑友S氏から、ブログのコメント欄を利用して、吉呑み夜の部をお誘いいただいた。仕事を終え、吉野家池袋東口店前で待ち合わせ。ここは狭い店舗でカウンター10席程度しかない。まずは、吉呑み1周年記念の牛皿×ドリンクのセットを注文。ビールは写真のような生ビールではなく、モルツ中瓶。牛皿とモル [続きを読む]
  • ゲリラ豪雨
  • 本日、首都圏の上空は不安定であり、昼過ぎにゲリラ豪雨が襲い掛かった。爺が勤務する池袋界隈は、netで動画が紹介されるほど、激しい雨風、雷、大粒の雹に見舞われた。爺は窓を背にして仕事をしているのだが、昼食後、窓の外が急に暗くなり、激しい風と雨の音が聞こえてきた。しばらくすると、バチバチと何かが窓をたたきつける音が聞こえてくる。雨が雹に変わったのかと思ったが、窓からは外の様子がまったく見えない状況だった [続きを読む]
  • インスタ映え
  • 最近、“インスタ映え”という言葉を良く耳にする。スマホ向けのカメラアプリケーションであるインスタグラムを使って、撮影、編集、SNS共有した写真が見栄えよく写っていることを“インスタ映え”すると言う。なので、世の食べ物屋等は、女性客を呼び寄せるためインスタ映えする、つまり見た目が綺麗?パッと見美しい?料理を提供するお店が増えているようだし、インスタ映えする景色やイベントにも人気が集中しているらしい。 [続きを読む]
  • プール開き
  • 日本全の海水浴場、すでに海開きをしているところも多い。神奈川の湘南あたりは7月1日に、沖縄では何と3月18日に海開きしているビーチもあるようだ。家の近くにある川崎市の児童プールは7月10日からプール開きのようだが、我が家の屋上プールは、それより一足早く9日にプール開きを行った。畳8畳ほどの広さしかない屋上だが、近隣には高いビルもマンションもないので、何となく解放感はある。朝早起きし、ブルーシートを [続きを読む]
  • 通勤バック
  • 通勤バックを購入することになった。条件として① カチカチの通勤バックではないこと。② 小ぶりのショルダーバックで、持ち手がないこと。③ 折りたたみ傘、歯磨きセット、500mlのペットボトルと、おにぎりケースが入ること。④ とりあえずA4のフォルダが入ること。これが中々ない。縦型で小ぶりのショルダーバックだと、縦が28?程度も物が多く、これだとA4のファイルが収まらない。説明会や研修等に参加して、A4の資料を [続きを読む]
  • 注目
  • 日本中が一人の少年に注目している。言わずもがな、将棋の史上最年少棋士・中学3年生14歳の藤井総太四段のことである。何せ、1987年に樹立された歴代最多記録の28連勝を30年ぶりに更新し、デビュー以来29連勝中なので、そうなるのも致し方ないであろう。新聞、雑誌、TVで過熱報道するので、藤井四段が子供の頃に遊んでいたという木製立体パズルや、進める方向が書いてある将棋の駒等が、品薄状態になっているという。また、昼食 [続きを読む]
  • 4歳の孫が突然「胃を切った」と言う。なに!昨日、人間DOCを受信して、その結果を待つ身としては、聞き流せない言葉である。よくよく聞いてみるとこういうことのようだ。最近、ハサミで紙を切ることに興味を持つ孫が、爺が歯医者に行った時の処方箋を細かく切っていた。その中に記載されていた、一辺5mm程度の小さな「胃」を切り取ったという。ん〜、からだに関する本をよく見ているし、4月には三重県にある長島スパーラン [続きを読む]
  • 吉呑み
  • 吉呑みとは、牛丼で有名な吉野屋が「ちょい飲みの場」を提供する新業態のこと。吉呑みというフレーズができてからは一度も吉野家で酒を?んだことがない。今日は、人間DOC2日目。胃のバリウム検査も、腹部の超音波検査も終わり、4日間禁酒をして臨んだ人間DOCのすべての検査項目が終了した。が、刻はまだ10時にもなっていない。人間DOCから解放された人間は何をしでかすか分からない。病院から横浜駅に向かう途中、と言うか、病 [続きを読む]
  • 禁酒明けの夜
  • 4日間の禁酒が終わった。毎年恒例の人間DOC前に禁酒をしたのだが、今日、人間DOC1日目の検診が終わったので、酒も解禁となったのだ。昨日の夜から何も食べていないし、水さえ飲んでいないので、腹はペコペコ、喉はカラカラ。血液検査で、そこそこの量の血を抜いたので、レバニラでも喰ってパワーを回復しなければと思い、餃子の王将か日高屋を探したが見当たらず、止む無く昼呑みOKの居酒屋”とん太”に入店。ビール、ビール、兎 [続きを読む]
  • 禁酒の夜
  • 今日は久しぶりに禁酒をした。毎度毎度のことではあるが、人間DOC前の数日間、禁酒をしている。禁酒することで、肝臓の検査結果を良くしようと思っているわけではなく、自らの意志で酒を呑まない日を設定して、呑まなくても何とかなるんだということを自分自身に知らしめるのが主たる目的である。本日の夕食は、エビチリと肉野菜炒め。これをおかずにして、白いご飯をパクリ、パクリ。ん〜、美味い!夜、白いご飯を食べるのも一 [続きを読む]
  • 宮崎よかとこ
  • 女房殿の実家は宮崎である。当然、結婚する前も含め、何度か実家に来たことがあり、今回は義父の10回目の式年祭に参加するため、6月3日から宮崎に来ている。川崎で生まれ育った爺から見ると、普段生活するには不便かな〜、と感じる部分もあるが、たまに来て、観光地巡りをすると、よかとこが沢山ある。行ったことのある場所では・鵜戸神宮神話の海幸彦・山幸彦の山幸彦と豊玉姫の子が生まれた場所で、丸いしめ縄が張られた御舟岩に [続きを読む]
  • 10年前
  • 早いもので、あれから10年が経った。あれからとは、女房殿の父親が68歳で他界してからだ。昨日から宮崎に来ているのは、義父さんの式年祭に出席するためである。家族だけで小ぢんまりやりたいというのが義母さんの考えなので、出席者は10名にも満たない。ここは天孫降臨の地がある宮崎であり、義父さんも仏ではなく神になったので、同じ地区の神社から神主さんが来ての年期法要となった。神棚の前で、お墓の前で、神主さんに祝詞を [続きを読む]
  • 夢よ、もう一度
  • 1960年代、宮崎県は新婚さんのメッカであった。フェニックスの木がそこかしこに植えられ、いかにも南国という雰囲気を演出している。今日、女房殿の実家がある宮崎に、娘2号、3号と3人でやって来た。出迎えは、先に宮崎に来ていた女房殿と女房殿の3番目の弟。弟が運転する車に乗り込み、ジャカランダ祭りが開催されている日南市にある道の駅南郷へと向かった。ジャカランダとは和名「紫雲木(しうんぼく)が示すとおり、紫色の花が [続きを読む]
  • プレミアム・サーズデー
  • たまには有給休暇をとりなよ。上司から、そんな言葉をかけられたので、それに甘えて、今日の午後は有給休暇をいただいた。今の職場は、365日、10時から21時まで営業しているので、世間で騒がれているプレミアム・フライデーなどまったく関係ないのである。プレミアム・フライデーで帰らせてもらうね〜、と言ったらブーイングが出そうであるが、5月最後の木曜日の今日、午後半日休暇を取得しても、誰も何にも気にしないだろう。す [続きを読む]
  • 感謝
  • 感謝を伝える言葉として、どうも〜、サンキュー、ありがとう等々、その場、その時に応じて様々である。今日、仕事を終え家の戻り、晩酌をしながら女房殿と話をしていると、女房殿が「お母さんのとこに行ってきたよ」と言う。ここで言う、おかあさんとは、爺の母であることは間違いない。なぜなら、女房殿の実家は宮崎であり、何となく気が向いて、ちょこっと行って来れる場所ではなく、他に、お母さん呼ぶ人はいないからである。ス [続きを読む]