一期一会 さん プロフィール

  •  
一期一会さん: 一期一会(いちごいちえ)の世直し
ハンドル名一期一会 さん
ブログタイトル一期一会(いちごいちえ)の世直し
ブログURLhttp://ameblo.jp/ichigoichie8008
サイト紹介文絶対に許せない凶悪犯罪をなくすために
自由文今の世の中、許せない犯罪や事件がたくさんあります。私たち、1人1人が損得で動くのではなく常に思いやりを持って生きていけれたら世の中は変わるのではないでしょうか?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/04/26 15:26

一期一会 さんのブログ記事

  • 平岡都19歳バラバラ解体殺人鬼事件
  • ■帰り道が普段とは異なった可能性事件当日の新たな目撃情報が警察に寄せられた。21時30分頃で、場所はセンターから東約1kmの国道9号沿いにある神社付近。近くの工事現場の警備員が、 平岡の服装と同じワンピース姿の女性が通りかかったのを覚えていたという。この警備員は「国道を横断する人がいたら誘導するので気にかけていた。休憩 する約10分前で、一人歩きの女性だったので、よく覚えている」と話している。これにより、普段 [続きを読む]
  • 船橋少女生き埋め殺害事件
  • 殺人事件の犯人 関わった人物18歳の少女が生き埋めにされ殺害された殺人事件で、逮捕された犯人の男女4人のうち、被害者少女と元同級生である少女が主犯格の可能性が高いことが分かりました。殺害されたのは、千葉県船橋市駿河台2丁目に住む職業不詳の少女(18)。名前は野口愛永さんです。野口愛永=のぐち まなえこの事件では、住所不定無職・井出裕輝容疑者(20)、千葉県成田市三里塚御料に住む無職・中野翔太容疑者 [続きを読む]
  • 慶大集団暴行疑惑の動画出回る
  • 「ミス慶応コンテスト」を運営する慶大「広告学研究会(広研)」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題で15日、その場にいた学生の一人が動画撮影をしていたことが分かった。 動画の一部とされる映像をスポニチ本紙が確認したところ、全裸の女子学生と男子学生2人が性行為をしている姿が映し出されていた。学内で一部が出回り始めていることも判明。広研関係者によると、テレビ電話で実況中継を行っていた者もおり、 [続きを読む]
  • 警視庁組対5課が“次”にリストアップする「内偵中の5人」とは!?
  • 覚せい剤取締法違反容疑で逮捕・起訴された清原和博被告に、東京地裁は懲役2年6月、執行猶予4年の判決を下した。これと前後して、清原を逮捕した警視庁組織犯罪対策第5課は、次の摘発に向けて本腰を入れて捜査を進めている。週刊誌などでは、次の逮捕者について“大物ベテラン俳優”などと煽っているが、筆者は清原の捜査終了後、清原周辺の人物で逮捕を視野に入れて内偵捜査を続けているのは5人だという情報を捜査関係者から入手 [続きを読む]
  • 絡んできた客をボコボコに……“
  • 俳優の高岡奏輔が一般男性に暴行を働き、傷害容疑で逮捕されていたことがわかった。事件が起きたのは、今月7日の午前8時40分ごろ。東京・世田谷区三軒茶屋駅近くの飲食店で男性と口論になり、路上に連れ出して顔面や腹を殴った。男性は軽傷で、高岡は「偶然居合わせて絡まれ、カッとなって殴った」と容疑を認めている。すでに釈放され、当局は在宅のまま捜査を続ける見込み。高岡といえば、芸能界屈指の武闘派で有名。ゴシップ誌な [続きを読む]
  • 皆様へ  少しの間、更新出来ていませんでした。。。
  • たくさんの方々から、コメントを頂き私も皆様からいつも元気をもらっています。少しの間、ブログを更新出来ていなくてすいません。。いくら頑張って、伝えようとしてもなかなか事件は減らずかなり落ち込んでいました。それでも、ブログをみてくれている方がいると心の励みになりまた頑張る気力がわきました。人との繋がりというのはすごいですね〜今の世の中を変えて行きたいとさらに思う事ができました。皆様 本当にありがとうご [続きを読む]
  • 車で少年400m引きずる…殺人未遂容疑で逮捕
  • 乗用車のドアにつかまった少年を約400メートル引きずり、振り落として殺そうとしたとして、山形県警天童署は24日、車を運転していた山形県天童市清池、会社員岡崎順一容疑者(38)を殺人未遂容疑で逮捕した。 少年は腹腔ふくくう内出血や全身打撲など、全治2〜3週間のけがを負った。 天童署の発表によると、岡崎容疑者は23日午前11時半頃、天童市芳賀の市道で、交通トラブルで同市の少年と口論になり、岡崎容疑者の [続きを読む]
  • 「良い子だったのに…」 親戚ら悲嘆 千葉の女性殺害
  • 茅野さんが数年前まで暮らしていたとみられる市原市の実家周辺では6日、親戚や知人らが「今でも信じられない。良い子だったのに…」と突然の悲報に声を落とした。 同日、報道などで知り実家を訪れたという茅野さんの伯父(69)=千葉県内=は「優しくて良い子だった。他人に恨まれるような子じゃない」と言葉少な。都内の外資系企業に勤め、仕事にもまじめに取り組んでいたといい「早く犯人が捕まってほしいが、逮捕されても( [続きを読む]
  • 千葉市女性殺害 強盗殺人容疑で29歳の男逮捕
  • 千葉市稲毛区のアパート2階で契約社員、茅野利奈さん(41)が腹部を刺されるなどして殺された事件で、千葉西署捜査本部は28日、強盗殺人と住居侵入の疑いで近所の同区稲毛東3、飲食店従業員、藤長稜平容疑者(29)を逮捕した。 逮捕容疑は、4月4日未明、茅野さんの自室に押し入り金品を強奪しようとした際、茅野さんに抵抗されたため刃物で腹を刺すなどして殺害した疑い。 捜査関係者によると、藤長容疑者は別の事件で逮捕された [続きを読む]
  • 二重のショックと謎を呼ぶ「15年間」
  • 母親は、娘の妊娠や出産には気づかなかった 一部報道では、娘は十数年にわたって義父に性的な関係を強いられていたともされている。一方で、2人が頻繁に一緒に出歩くなど、仲が良かったという「近所の人」の証言を伝えるメディアもあった。 性的虐待があったかについて、糸魚川署の副署長は、「まだ分かりませんが、無理矢理に性的関係を持ったという報告は受けていません」と取材に答えた。娘がDV被害などを関係機関に訴えたこ [続きを読む]
  • 「性的関係」養父と娘が「乳児首切り」
  • 「性的関係」養父と娘が「乳児首切り」 二重のショックと謎を呼ぶ「15年間」義父(65)と娘(28)が2人の間で生まれた子を殺害したとして逮捕され、ネット上でも、事件へのショックが広がっている。 内田春菊さんの小説に「ファザーファッカー」という作品がある。養父が娘と性的関係を強いて、娘は家出する決心を固めていくといったストーリーだ。■娘は身を寄せていた女性に「殺害」を打ち明けた それを地で行くような事態が [続きを読む]
  • 65歳父と28歳娘、生まれた男児を殺害した疑い
  • 生まれたばかりの男児を殺害したなどとして、新潟県警は25日、アルバイト作業員中村栄志容疑者(65)=同県糸魚川市歌=を殺人と死体遺棄の疑いで、娘の無職中村一美容疑者(28)=愛知県半田市幸町=を殺人の疑いで、それぞれ逮捕し、発表した。容疑について、栄志容疑者は否認、一美容疑者は認めているという。 捜査1課によると、両容疑者は2014年夏ごろ、糸魚川市内の自宅で一美容疑者が出産した男児の首を刃物で切 [続きを読む]
  • 何かがおかしくなっている、今の世の中
  • 一期一会です。初めての方もいらっしゃると思いますが私のブログを見て、こんなにひどい世の中になっている事を知っていただき、これからでも遅くないので何か少しでも変わって行く事が出来れば、安心して生活を送る事が出来るのではないでしょうか。普段生活をしていてこのような事を思ったことはないですか?注意するとなにをされるかわからないから見て見ぬふり他の人と意見が違っていても勇気がなく同意してしまう困っている人 [続きを読む]
  • 美人すぎる菊池あずは容疑者
  • 既にマスコミで大々的に取り上げられているが、東京都中央区のマンションの一室で2日、血だらけで男性が死亡しているのが発見された。その後、金属バットと包丁で同居の男性を殺害したとして、菊池あずは容疑者が逮捕された。 この事件現場であるマンションの所在地「東京都中央区新川」と云う場所であるが、ここは「銀座・東京駅・大手町・日本橋」へ車で5〜10分程度の距離に位置し、新しいマンションが多く、更に近くの佃に [続きを読む]
  • 明らかになったおぞましい遺体処理方法
  • 「その日の朝8時頃帰宅すると、卓也がいて、台所には鍋がありました」 卓也被告は土田さんを殺害後、遺体と寸胴鍋、コンロなどを秀樹宅に運び込んでいた。遺体を鍋に入れ、パイプ洗浄剤などの類いの強アルカリ性の薬剤を大量に投入し、コンロの火をつけ、薬剤で煮溶かしていたのだ。 元妻は卓也から「父親を飲みに連れて行ってほしい。その間に死体を溶かす」と頼まれていた。そのため前日の夜から秀樹は元妻と飲みに出かけてい [続きを読む]
  • 八王子ホスト殺人事件」の修羅場
  • 2010年11月25日、東京・八王子のホストクラブ「バリカン」で、同店経営者の土田正道さん(43=当時)が殺害された。土田さんは“西東京のカリスマ”と呼ばれていたことから、「カリスマホスト殺人事件」とも称される本件だが、しばらく白日の下に晒されることはなかった。それは土田さんの遺体が溶かされ、跡形もなく処理されていたからである。 捜査が大きく進展したのは昨年4月、共犯者の自宅汚水槽から、インプラントの部品が [続きを読む]
  • 大津いじめ自殺事件で浮上した「第3の少女」
  • JR京都駅からおよそ10分。JR湖西線・大津京駅近くに、事件の舞台となった滋賀県大津市皇子山がある。「妹が死んだ少年と同級生だった」という現場近くに住む20代の女性が取材に応じ、事件の“真相”を語ってくれた。「自殺した子は、明るくていかにも『いじめられっ子』というタイプでもなかった。でも、ある日、同級生の女の子が『あいつ、キモい』と言いだしたんやって。いじめが始まったのはそこからという話やわ」 少女には交 [続きを読む]
  • 大津いじめ自殺事件で浮上した「第3の少女」
  • 大津いじめ自殺事件で浮上した「第3の少女」 ― 原因は、彼女が放った“ある言葉”だった?2011年10月、琵琶湖畔に佇むのどかな住宅街で、1人の少年が命を絶った。 地元の市立中学に通っていた当時13歳の少年は、14階建ての自宅マンションから“死のダイブ”を敢行した。 その前日、少年は3人の同級生にメールを送っていた。「もう俺死ぬわ」 悲痛な心情を訴えた相手から、少年は苛烈ないじめを受けていた。 死の3日前に [続きを読む]
  • ストーカー警察官のおぞましい実態
  • 一方、男の弁護側は「被告は事件によって退職を余儀なくされたほか、地元紙の大々的な報道により社会的制裁も受けた」として、執行猶予付き判決を求めた。 6月23日、警察関係者や記者らが見守る中、水戸地裁が下した判決は、懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年。裁判官は量刑理由で「被害者の精神的苦痛は大きく犯情は悪い」などと指摘した上で、「母親が監督を約束しており、懲役前科もない」などとして、保護観察付きの [続きを読む]
  • ストーカー警察官のおぞましい実態
  • 一方、男の弁護側は「被告は事件によって退職を余儀なくされたほか、地元紙の大々的な報道により社会的制裁も受けた」として、執行猶予付き判決を求めた。 6月23日、警察関係者や記者らが見守る中、水戸地裁が下した判決は、懲役1年6月、保護観察付き執行猶予5年。裁判官は量刑理由で「被害者の精神的苦痛は大きく犯情は悪い」などと指摘した上で、「母親が監督を約束しており、懲役前科もない」などとして、保護観察付きの [続きを読む]
  • ストーカー警察官のおぞましい実態
  • 約15年間にわたり同年代の知人女性と不倫関係を持ち、性行為の様子をビデオや写真に記録していた茨城県警水戸署の元巡査部長の男(58)。昨年末、不倫関係が発覚して妻に離婚を言い渡された上、女性からは絶縁を求められた。ストーカー規制法違反などの罪に問われ、公判の中で明らかにされていったその実態は、実に驚くべきものだった。 今年1月8日午後6時半ごろ、男は絶縁を求められていた不倫相手の女性に、自身の携帯電 [続きを読む]