kiriy さん プロフィール

  •  
kiriyさん: 森の中の一本の木
ハンドル名kiriy さん
ブログタイトル森の中の一本の木
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan
サイト紹介文日々の徒然、旅行日記、写真お散歩日記、美術館、ドラマ、お芝居の感想などの欲張りブログです。
自由文好きなドラマは「相棒」。好きな俳優は藤原竜也さん。お芝居の上手な人はみんな好きです。
お片付け/散歩/花日記/いろいろ頑張りたい毎日です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供334回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/04/26 18:07

kiriy さんのブログ記事

  • 足利フラワーパーク写真日記その1
  • 4月25日に、藤の花で有名な「足利フラワーパーク」に行ってきました。タクシーの運転手さんに「まだちょっと早いんじゃない?」と言われました。確かに足利フラワーパークの有名な藤、白藤はまったく咲いていませんでした。紫藤の大藤などもようやく開花し始めた所です。でも今回のお目当ては、ピンクの藤。綺麗に見事に咲いていました。でも写真の腕がないので、どうもあの可愛らしさが出ませんでした。本当はもっと綺麗です [続きを読む]
  • そのアクシデントで助けられたのか? 【その2】
  • ※ 「そのアクシデントで助けられたのか ?」の続きです。インドのホテルでのアクシデントのお話、その2です。バスルームを使う順番は、単純にジャンケンで決めていました。その日は私が一番最初でした。本当はいつも最後にのんびり入るのが好きです。でもその前日のホテルでは私の希望通り最後だったのですが、床がびしょびしょで、本当は心の中で「皆さん、いったいどのような入り方をなさっているのかしら ?」と疑っていた [続きを読む]
  • 4時間40分の自治会総会 !!
  • ちょっと一言、言いたいわあ〜〜。何なの。この時間。来年、ワタクシ、自治会役員。それで総会に出席しました。揉めに揉めて、こんなに時間がかかったのよ。でも私、3時間50分でリタイア。もう疲れちゃって、倒れそうになってしまったのだもの。なんでもない時は元気な私だけれど、こういう時に、私って病気だったのよねと実感します。体力がないのよね。こんなにかかると思わなかったし、以前はペットボトルのお茶とか [続きを読む]
  • そのアクシデントで助けられたのか ?
  • 最初に。次の話の「アクシデント」とは命にかかわるような大きなものではなく、日常のいくらでも対応できるレベル程度のものとして考えて頂ければ幸いです。世の中には、ポジティブ思考の人とどちらかと言うとネガティブ思考の人がいるのではないかと思われます。思うに、私も含めてポジティブ思考の人たちは、ささやかなアクシデントが複数起きた時、掛け算でもしくは割り算で思考するタイプなのではないでしょうか。インド [続きを読む]
  • 花追い人
  • 高尾/「多摩森林科学園」Ⅰソメイヨシノの季節が終わっても、サトザクラなどの八重の季節はまだまだ続きます。そんな見頃を見たくて、この高尾の「多摩森林科学園」を以前訪れたのは、まだ子供たちが小学生だった頃で......>続きを読む上の囲みは昨年の4月20日に高尾の「多摩森林学園」に出掛けたモノの記事で、21日に投稿したものです。その記事は続けて3つ書いてます。昨日の深夜に書いた映画の記事は、インドで迷子 [続きを読む]
  • 「LION ライオン 25年目のただいま」
  • 先週の土曜日、カタクリの花を観に行った時、本当は欲張り花の後に映画に行こうと思っていたのです。ところが朝に時間を確認したら、土曜日から時間帯が変わっていて、金曜日までは二回あった公開時間が午前中一回になっていました。すでにあと数分で始まる時間。一石二鳥的な行動が好きな私ですが、ここの所一日一イベントに甘んじています。その映画をようやく19日に観る事が出来ました。映画館では二回から一回に回数が減って [続きを読む]
  • フライヤーを見ながら、見たい映画をチェック♪
  • 「ついていけない物。『フライヤー』って言葉。いつからチラシは『フライヤー』と言うのが一般的になったんだい。だけど大人なので、私もやってみよう。知ったかぶり、または知っていたわ、100年前からって言う素振り。」以上は私の心の中の声。と言うわけで、昨日は映画を観に行ったって言ったじゃん。映画館に行く楽しみの一つには、予告編を見るって言うのもあるのよね。それから最近は、その、ふ、「フライヤー」を貰っ [続きを読む]
  • 「60歳からの『ひとり暮らし』実例とアイデア集」
  • ここ数日は、ブログの更新を複数回していましたが、今日はお出掛けしたので無理でした。もちろんこんな事は続くわけはないのですが、しばらくは出来る限りで更新したいと思っているのです。と言うわけで、今日のブログタイム・・・と思ったら、日付が変わっていました。そしてやっぱり猫が煩い。どんな風にうるさいかって言うと、この時間になるとマイパソコンの上を歩こうと何度もチャレンジしてくるのですよ。まったくもう。と [続きを読む]
  • 歯磨きは脳を刺激するのか?
  • 上の画像は、記事とは何も関係ないです。ただ木のシルエットって美しいなっていつも思うと言いたかっただけ^^昨日…いや、この記事を書き終わったら日付が変わることは間違いのない事なので、おとといの出来事の失敗なのか否かと言うお話をします。副タイトルを付けるとしたら「無駄な憂鬱」と言う所。今までも私の暮らしは「毎日が土曜日」みたいなものだったのですが、近頃それも嫌になって来て「毎日が日曜日」ってのがイイ [続きを読む]
  • ささやかな工夫で。
  • この前、思ったのだけれど、例えば可愛い瓶に入ったメープルシロップを見つけたとするじゃん。その時に、「このメープルシロップは、可愛い瓶に入っているね。」と思いながら買った人は、可愛い瓶に入っているメープルシロップを楽しんだ後、空っぽになったら、その瓶をバイバイと捨てられる人で、「このメープルシロップが入っている瓶は可愛いね。」と思いながら買った人は、メープルシロップを使った後に本当の楽しみがやって来 [続きを読む]
  • おんな城主直虎第15回「おんな城主対おんな大名」
  • 午後になって、今日も私のブログタイムがやって来ました。やはりこのドラマの感想を書かないと次には行けないような気がします。おんな対決、なかなか面白かったですよね。政次に、後見人を譲ると言った時、どういうことなのかと思ってしまいました。直虎の、もう怖い想いはコリゴリ感を感じてしまったからでした。そんなわけはないのですが、直虎、演技が上手すぎ。それを直之を使ってどうやって乗り切るのかと思ったら、政次を [続きを読む]
  • うは卯月のう
  • 4月16日は今年のイースターだったのですよ。もちろん日本にはあまりなじみのないキリスト圏のお祭りですね。だけどこれ、ハロウィーンと同じで近頃ジワジワと楽しむ人が増えてきているのだそうです。「やっぱり宗教色があまりないからなのよね、きっと。」と友人に言うと「本当は違うけれどね。」と返ってきました。復活祭だって言う事は私も知っています。だからクリスチャンの人から言わせたらそうなるのかなと思いますが、こ [続きを読む]
  • 散文詩を考えていた。
  • こんなに連投しても、読んでくださる方がいるかどうかは別の話ですね。特に次の話などは「皆様、どうぞ」と言うお話ではないかもしれません。だけど良かったら読んでね。近頃ある事に気を取られると、もう一つの事を忘れると書きましたが、好きなラジオを聴くのを忘れてしまったそのある事って言うのが・・・・・なんか「なーんだ」とか言われそうなんだけれど、「散文詩」って人に教えるのが難しいよねって言う事なんです。詩の形 [続きを読む]
  • 第3回吉田拓郎ラジオでナイト
  • 昨日の事なんですが、日曜日の夜遅くは吉田拓郎さんのラジオを楽しんでいます。だけど最近と言うか、ここ数年、ある事に気を取られていると、ある事を忘れると言う現象が起き始めました。これを人は老化と呼ぶのでしょうか。お風呂から上がって来てある事を考えていました。それからコメントなどを書いて、猫が煩いからさあ寝るかとなった時に、大事な事をようやく思い出したのです。「ラジオ〜 !!!  」すっかり日曜日の夜であ [続きを読む]
  • 確かにあんみつは美味しいが・・・
  • 散りぬるを【昨晩4月14日9時26分頃、熊本にて震度7の地震が発生し、すでに余震は100回を超えているとの事です。まだまだその大変さは続くと思いますが、熊本及びその周辺の地域の皆さまにお......>続きを読む上の囲みは昨年の4月15日に投稿したものです。いつものように今日の午前の深夜に記事を書こうとしたら猫が煩くてね、じゃあ、仕方がないから寝るかとなったわけですが、今日はちょっと足首が痛くて予定変更してず [続きを読む]
  • 「カタクリ群生地」まで小さな旅気分♪
  • かなり昔になってしまいましたが、以前は体力だけが勝負と言う内容のパートのお仕事をしていました。そこでは仲良くなった人たちとバスパックツアーも含めてどれだけお出掛けしたことか分かりません。ただみんなとのお休みの調整と花の都合とがうまく合うかは運次第と言う所だったのです。「まだ咲いていない」「もう終わってしまった」なんて事はよくある事だったのです。その中でまったく咲いていなかったカタクリの花と言う記憶 [続きを読む]
  • まだまだ桜です♪
  • まだまだ桜♪先週、誕生日だったルート君。でもその時には何もしてあげられませんでした。それで今日は彼は平日休みだったので、二人でランチに行ってきました。柏の葉キャンパスのララポート......>続きを読む【上の囲みは昨年の4月13日に投稿したものです。】昨年の13日も平日休みのルート君とランチに出掛けたようです。しかも誕生日のお祝いの代わりのランチでちょっとリッチなものになりました。この時のランチが [続きを読む]
  • 「ありがとう」と伝えて
  • 自由が丘散策日記今日、4月11日は姉妹四人で自由が丘に集合してランチ&自由が丘のミニ散歩をしてきました。 たぶんほんの数日前は、見事な桜の通りだったと思いますが、すっかりと緑のス......>続きを読む上の囲みは昨年の4月12日に投稿したものです。昨年の11日には東京の自由が丘の桜たちはすっかり緑色に変わっていたのです。少々、うちの地域の方が遅めかもしれません。それに今年は咲くのも遅れたようなの [続きを読む]
  • 「ノラ牛・ノラロバ・ノラ豚」
  • すっかりこんこんと日常に追われて、中途半端になっていたインド旅行記を続けて書いていきたい…いや、続けては難しいかも。なんたって、今は花を追いかけたい、そんな気分でもあるわけですから。だけど次から次へと毎日は過ぎていき、今ちょっとだけ頑張らないと、そのうち「いつの〜?」と言う話にもなりかねません。後少々、お付き合いくだされば幸いです。※          ※         ※アグラを後にする時 [続きを読む]
  • おんな城主直虎第14話「徳政令のゆくえ」
  •  遅ればせながら、毎回のタイトルが映画タイトルのパロディだって事にようやく気が付きました。前回のタイトル「城主はつらいよ」で「なあに、これってまるで・・・・。あれっ、あれれ、、あれれれれ。」って、気が付いた次第。なんかタイトルは前から「これってまるで」と言うのが多くておかしいとは思っていたのですが。 もうこの件は知ってる人がいっぱいいました。遅いのよね、私・・・(^_^;)まっ、感想も遅くなってしまっ [続きを読む]
  • 日比谷公園散歩
  • まだ8日土曜日のお話です。有楽町ガード下のまんぷく食堂で遅い昼食をとった私たちは有楽町駅の前で別れました。また今度、みんなで会うのはたぶん6月の旅行の時です。「じゃあね、じゃあね。」と別れた後、私は一番下の妹と日比谷公園の中を散歩してから帰る事にしました。森の中も好きだけれど、街の中の公園も大好きです。ビルも美しくて花も美しい。でも枯れた木もやっぱり美しくて、そしてそれらに勝って仲睦まじい人 [続きを読む]
  • 有楽町ガード下「まんぷく食堂」
  • 4月8日の宝塚公演の後に、みんなで有楽町ガード下の「まんぷく食堂」に行きました。ガード下のお店などは少し前までは、おじさま方の聖地で行こうなどと思わなかったと思います。でも時代の変化はこのような所にも来ているんですね。このレトロな雰囲気、私のツボにどんぴしゃりと嵌って、絶対に行きたいと思っていました。雰囲気ばかりでなく、ネットで見た噂の卵焼き、美味しかったです。卵焼きが美味しかったので、 [続きを読む]
  • 宝塚宙組公演『王妃の館 −Château de la Reine−』
  • 今日4月8日、母と姉妹4人とで宝塚公演「『王妃の館 −Château de la Reine−』を観てまいりました。宝塚公演は2012年に同じメンバーで行ってからほぼ5年ぶりです。その時の記事は、【「宝塚星組公演ダンサセレナータ」を観て参りました】です。その記事内にも書いてある事なんですが、お芝居好きの私にとっても宝塚はちょっと違う意味合いを持つ特別な舞台です。>「あのね、私、おばあさんになっても、一年に一回ぐら [続きを読む]
  • つかの間の桜の季節を楽しみましょ♪
  • 2014年から「東武アーバンパークライン」などとカッコよさげな名前に変わったみたいなんだけれど、どうもまったく馴染めないで未だに私にとっては「東武野田線」。いや、むしろ「東武野田線」のどこがいけないのかがさっぱり分かりません。まあ、そんな事はさておいて、その野田線には「運河」と言う素敵な名前の駅があるのです。この地域に嫁いできた時から、この駅の名前を聞いただけで、訳も分からず心がときめいたもので [続きを読む]
  • 2017年の4月1日は土曜日。
  • 2016年の4月1日は金曜日。今年の4月1日は水曜日。4月1日、火曜日4月1日、月曜日。今朝実家にて「今日は4月1日だ。」と私が言うと、父はそれには返事もしないで「みんなに1千万ほど配りた......>続きを読む上の囲みは2016年の4月5日に投稿したものです。そこを開くとまた前の年、また前の年と2013年からのツリーになっています。(夜遅くに書きだすので日にちが少しずつズレていっています。)よく [続きを読む]