kiriy さん プロフィール

  •  
kiriyさん: 森の中の一本の木
ハンドル名kiriy さん
ブログタイトル森の中の一本の木
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/kiriyseikan
サイト紹介文日々の徒然、旅行日記、写真お散歩日記、美術館、ドラマ、お芝居の感想などの欲張りブログです。
自由文好きなドラマは「相棒」。好きな俳優は藤原竜也さん。お芝居の上手な人はみんな好きです。
お片付け/散歩/花日記/いろいろ頑張りたい毎日です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供335回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/04/26 18:07

kiriy さんのブログ記事

  • 上野、不忍池の蓮。
  • 8月17日にお友達と一緒に上野に行ってまいりました。目的の一つは、不忍池の蓮を観に行く事でした。たぶん一番のピークは過ぎてしまっていたかもしれませんが、まだまだ綺麗でした。下の画像は2015年の12月に撮ったものなんです。(上野の山の秋模様)この時に、この池が緑に埋め尽くされている時にまた来たいものだと思ったのでした。蓮の花って、本当に綺麗ですよね。この色と形に、もうメロメロです。そしてこの [続きを読む]
  • 「プレイヤー」を観てきました。
  • 8月13日にシアターコクーンにて観てまいりました。※         ※          ※劇中にお芝居の練習風景があって、藤原竜也演じる刑事桜井は、そのお芝居の中の役名であって、刑事。ではその桜井を演じる、あまりメジャーとは言えない俳優の名はと言うと道彦と言う。これは後で気が付いたのだけれど、お芝居の中のお芝居の名は、皆苗字であり、お芝居の役名は皆名前で呼ばれていたのだった。つまり両方で一 [続きを読む]
  • 食っちゃ寝
  • 8月14日の日記。 この日の私は、まさに「食っちゃ寝」。 前日の13日は渋谷にて「プレイヤー」を観てきて、夜は夜で11時半から吉田拓郎の「ラジオでナイト」を聴き、翌日の起床時間を思って、私的には午前1時と早めに就寝したのでした。ところが、目をつむってみると観てきたお芝居「プレイヤー」の事ばかりが頭の中でぐるぐると回り、なかなか寝付かれませんでした。そしてようやくぐっすりと眠りにつくと、今度は3時半 [続きを読む]
  • 覚悟が足りないんだな。
  • どうも、やらされている感が強くて、いろんなことに中途半端感が拭い去れません。 パソコン歴は知らぬ間に長くなってしまいましたが、今までは別にエクセルを使わなくてはとか、ワードで何かをしなくてはならないと言う生活ではなかったのでした。それが、自治会の役員になって、エクセルで新聞を作ったり、ワードでイベントのチラシを作ったりする係をチマチマやっています。 正確に言うとチマチマフウフウやっていると言うのが [続きを読む]
  • 長崎の鐘
  • ふと思うに、広島の事は書くけれど、長崎の事はあまり書かない。でもそれは、たまたま広島の原爆記念日が先にあるからではないのかと考えた。なぜなら、そこが故郷だったり縁ある人が住んでいなければ、原爆への憎しみは落ちた場所には関係なく同じと思うからだ。現に、原爆投下候補地には、私の故郷である横浜も入っていたのだから。人の心の中に棲みついた悪魔の化身であるかのような、あの爆弾は広島・長崎に落ちたと考えるの [続きを読む]
  • ちょっとだけ思う事。
  • 今日、書こうと思った事があるのですが、その前にどうしても少しだけ言いたい事があります。お願いのようなものです。あまりコメントを書きこまないけれど、時間の許す限りではありますが、読者登録しているブログ、またはしていただいているブログの皆様の所は、定期的に訪問して、読まさせていただいています。もちろん毎日ではありません。ブログをずっと続けて行くと言う事は、よほどはまった趣味に感じないと、そうそう [続きを読む]
  • 二度寝・寝坊&悪夢
  • 昨夜、もう眠くて眠くて仕方がなく、私には珍しい事に昨日の内に眠りにつきました。と言っても11時58分。それでもその日のうちに眠りにつくことが出来たのです。だけど日ごろから睡眠時間が短いなので、4時半には目が覚めてしまいました。それを5時まで待って起きました。花の水やりをして、猫たちもベランダに出しました。空気はべたついて、朝の爽やかさは既にありませんでしたが、水やりをやったんだと言う一つの達成感を感じ( [続きを読む]
  • 美空ひばりさんが歌う反戦歌
  • 今日は、いつまでたっても上達しない(練習時間にムラがありすぎて)ピアノのお稽古の日。行くと前の時間の歌の生徒さんが、まだいらっしゃいました。と言っても、分かっていてそれを狙って行ったのですが^^その歌の生徒さんが、美空ひばりさんの歌う「一本の鉛筆」を知っているかと言いました。まったく知らなかったので、正直に「まったく知らない。」と答えました。それで彼女がその歌ってくれたのですが、驚くことに反戦歌で [続きを読む]
  • 「二人のキャンバス」,そして「核兵器禁止条約」に思う。
  • おととい、たまたま『土曜スタジオ』を見た後、テレビをつけっぱなしにしていましたら、このヒロシマ8.6ドラマ「二人のキャンバス」と言うドラマが始まりました。『被爆体験を想像すらできなかった少女と、自分の体験を伝えることの難しさを感じていた老人。 「原爆の絵」を通じて、変わっていく姿を瑞々しく描き出す物語です。』とHPにありました。小芝風花さん、近藤正臣さん、中村ゆりかさんなどの出演ドラマでした。短いドラ [続きを読む]
  • ささやかな不思議
  • 「ある惑星の悲劇」☆私の漫画史人との出会いは「縁」と言うもので結びついた摩訶不思議なものであると感じる時がある。それは本との出会いにも同じことが言えるのではないだろうか。そしてそれは漫画においても同じである......>続きを読む上の囲みは、昨年の8月6日に投稿したものなんです。今日は広島に原爆が落とされてから72年目の8月6日。昨年はその日にその漫画の事を紹介したのですね。この漫画はちょっと探さないと [続きを読む]
  • 「メモ魔になる」←ある意味、決意
  • 『記録する夏』アクセス解析によれば、上にリンクした記事は昨日の「NO49の記事」なんです。50番目はここの所ずっと読まれ続けた「ポーの一族」の感想だったので、ちょっとこちらをチョイスしました。その記事は、2011年の7月23日に投稿したもので、又も今の私に向けたお手紙のようなものだと感じました。見えないあなた様は、いったいどのような方なのでしょうか。感謝しかありません。アナログの日記にもそれなりの良さがあ [続きを読む]
  • そこに意味があるのか、推理するしかない。
  • 久しぶりの「NO.50の記事」。7月最後の日に読まれた、私のブログの50番目の記事です。3pvとなっているけれどたぶん一人の方が読まれたのだと思います。いったいどんな経路でいらっしゃったのかと思うと、不思議な気持ちになりますが、時々その稀なる訪問者様は偶然と必然が重なり合って、私の為に来てくださっているのかと思えてしまう事があるのです。『真っ白な回廊』上の記事は、2014年10月5日に投稿したものです。夢の話で [続きを読む]
  • 思い出を語っても良いですか。
  • 7月28日、ツイッターでケメこと佐藤公彦さんが6月24日に亡くなっていた事を知りました。ショックでした・・・・・。吉田拓郎氏の音楽が好きになった頃、世間でも空前のフォークブームが起きました。いろいろな方が出てきましたが、皆それぞれに個性豊かでひきつけられる音楽ばかりだったと思います。もちろん異色な方もたくさんいましたが。私は拓郎氏以外にも古井戸とかも好きで、そしてこのケメさんも凄く好きだった一人な [続きを読む]
  • 「街中温泉マニア」を目指す♪
  • 「街中温泉」なる言葉はたぶん無い言葉と思われます。言うなれば、私の造語。世間ではこれを「スーパー銭湯」と言っているのだと思うのですが、あんまり好きじゃないもんで、その単語。 で、近頃母&姉妹で、街中温泉に行くことにはまっています。はまっているなどと言っても、そうそうは行けるものではありませんから、月に一度か2か月に一度の事なんです。もしくは3か月に一度かもしれません。それでも回数を重ねていれば、 [続きを読む]
  • 東部公民館前あじさい苑
  • 7月ももう数日で終わりですが、ちょっとアップしそびれたものを載せておきますね。この「あじさい苑」の画像は6月の終わりの「大人ためのピアノ発表会」の時の会場前で写したものなんです。ここには前から来たかったので感激しました。でも時間もなくて散策できなかったのと、本当はここばかりではなく、もっと長い紫陽花の道が続いているので、そちらにも行ってみたいと思っていたので、これは来年の課題になりました。来年 [続きを読む]
  • 手賀沼の風景
  • 7月もあと数日ですが、ちょっとアップしそびれたものを載せていこうかと思います。7月20日に手賀沼に行ってハスを見てきました。ハスは午前中、特に8時から9時が見頃らしいのですが、そこまでは早くは出られないので、9時出発と言う事でスタートしました。日にち的にはちょっと早すぎたかなと言う感じもしました。花は難しいです。それでもあっ、見つけた〜と言う感じで盛り上がりました。 本当に色が可愛いですよね [続きを読む]
  • 「家族」ですか?
  • ポケポケ悶々ごごごご ツーこんにちは〜。私はこの家の猫のももです。どうでも良い事ですが、もう1匹の猫のあんずは「ポケポケ悶々ごごごごご」の記事の案内役です。だけど後から来たくせに、なんでこの私より先......>続きを読む(一回、途中で下書きかと思って投稿してしまいました。まだ続きがありますので、またお目を通していただけると嬉しく思います。)上の囲みは昨年の7月25日に投稿したものです。大統領選に臨 [続きを読む]
  • 気力萎える暑き夏
  • ポケポケ悶々ごごごごごこんばんは〜。私はこの家の猫、あんずです。何やら「ポケモンGO」なるモノが配信されて、世間が騒がしい様子ですね。この家にやって来た中学生の子がママさんに言っ......>続きを読む上の囲みは昨年の7月23日に投稿したものです。やっぱり日記は自分自身が読み返して、一番面白いかもしれません。そうかそうか。あの頃は「ポケモンgo」が流行って社会現象にまでなったんだねとか、今年は既 [続きを読む]
  • 闇を抜けて光の海へ
  • この「同じ時代の船に乗る」のカテゴリーは、最初は同じ時代を生きている好きな人たちの事を書こうと思っていたのですが、いつの間にか、同じ時代を生きた好きな人が亡くなった時に思い出などを語るレクイエムのような場所になってしまいました。平尾昌晃さんが7月21日に亡くなりました。本当に彼はヒットメーカーで、彼が世に送り出した曲を知らない人はいないと思います。「瀬戸の花嫁」「よこはまたそがれ」などは有名なと [続きを読む]
  • #LOVELOVEあいしてる ☆ 昨日はお祭り気分
  • KinKi Kids20周年と言う事で7月21日は、いわゆるKinKi Kids祭りだったと思います。お仕事だったので、まだ「未満都市」の方は見ていないのですが、「LOVELOVEあいしてる 16年ぶりの復活SP」はリアルタイムで見る事が出来ました。KinKi Kidsは歌も好きですが、役者としての彼らも好きです。とにかく彼らは金田一の時から、また銀狼の時からずっとカッコいい青年です。彼らの20周年記念のSPと思ったら、もっと彼らを [続きを読む]
  • うちなる命の煌めき
  • 歳が五つ、六つ、七つのそのあたりの私の心配事は、私は他のみんなと同じようにちゃんと死ねるのだろうかと言うものでした。私は昔から信心深い子供でしたので、何かの折には神仏に手を合わせ、「今は死にませんように。だけどずっと先になって、時が来たらちゃんと死ねますように。」と祈っていたのです。なぜなら私自身、体の身の内から湧いてくる命の力を感じていて、その身体の内に漲るパワーは死は凄く遠いものに感じさせ、 [続きを読む]
  • なつとなかよし その4 【夏の飾り】
  • ついでなので「お題」にも参加してみました。便利なものは数々ありますが、一番手軽でホイホイと使えるのはやはり飾り系だと思うのです。頭の中でこんな風にしたいなと思っても、ちょっと昔ならお財布も気合を入れなくてはならないわけで、単価が安いからこそ出来る家の中のお気軽空間だと思います。あんずさんは100円ではありません。すだれを敷いた時点でお約束のようにやって来たのです。「フムフム、これは私の夏用 [続きを読む]
  • ふたたび「ムサシ」 !!
  • 今日、「野の花マニア」を朝アップしたのですが、先ほどツイッターを覗きに行ったら飛び込んできたこの情報をどうしても書き込みたくて二度目の投稿です。「野の花マニア」もよろしくお願いします。来年2月・3月に「蜷川幸雄三回忌追悼公演」で再び「ムサシ」が再演されることになりました。「ムサシ」は2009年が初演で(懐かしい〜♪チケットを取るのが大変だった。)、2010年(勝地君の小次郎は凄くまじめな感じ。 [続きを読む]