Dr. Doo さん プロフィール

  •  
Dr. Dooさん: Dr. Doo のダイエット講座
ハンドル名Dr. Doo さん
ブログタイトルDr. Doo のダイエット講座
ブログURLhttps://drdoo.net/
サイト紹介文医学博士がダイエットに関するおすすめの情報を科学的根拠、医学的根拠に基づいて紹介しています
自由文管理人;Dr. Doo

某国立大学医学部大学院にて博士号(医学)を取得した医学博士です

ダイエットに関するおすすめの情報を科学的根拠、医学的根拠に基づいて紹介しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/04/26 21:49

Dr. Doo さんのブログ記事

  • なぜ南国で妊活すると体重が増えて肥満になるのか? その理由とは
  • あなたが健康な子どもを授かりたいと思うなら、南国で妊活をしてはいけません!妊娠しにくい体質の方は、血流が悪い冷え性なために、不妊になってしまっている場合があります。体が冷えていると血の巡りが悪くなって、全身に老廃物が停滞して、子宮や卵巣に新鮮な血液や栄養が届かなくなるからです。これを改善するためには、毎日の適度な運動や漢方薬、冬場や夏場でも冷房病の場合にはホッカイロを使って体を温めることが有効です [続きを読む]
  • 片頭痛の原因は太りすぎ?その理由と対処方法とは
  • つらい片頭痛の痛みを、薬でごまかしていませんか?片頭痛は、慢性頭痛の一種であり、頭の片側に起こることが多いため、「片頭痛」や「偏頭痛」と呼ばれます。ズキズキと脈拍と同じリズムの痛みが間欠的に襲ってきたり、視野が欠けて目が見えにくくなったり、周りの音に過敏になったり、吐き気や嘔吐を伴うこともあります。数時間から、ひどいときは何日間も続いたりするため、仕事や日常生活に支障をきたすことも多い病気です。し [続きを読む]
  • 筋トレ効果を倍増して体脂肪も減らす酪酸菌を増やす方法とは
  • 「筋トレをがんばっているけれど、なかなか筋肉がつかない。トレーニング方法が、間違っているのかなあ」「カロリー制限して、運動もしているのに、体脂肪が減らない。もう何がダイエットの正解か、わからなくなってきた」きちんと筋肉に負荷をかけてトレーニングしているのに、思うように筋肉を強化することができなかったり、栄養バランスを計算した食事をして、身体も動かしているのに、脂肪をカットできないと、悩んでいません [続きを読む]
  • 肥満の原因!脳疲労を癒すホルモンの増やし方とは
  • 「最近、頭痛がひどくて薬を飲んでも良くならない。仕事も忙しいのに、ぜんぜん頭が働かなくて困る」「毎日、早く寝て睡眠はしっかりとっているはずなのに、昼間に眠気が襲ってくる。鬱かもしれないから、病院に行った方が良いのかなあ」風邪でもないのに頭痛が続いたり、考える力が急に落ちていたり、睡眠時間を確保しているのに大事な時に眠くなったりしませんか?あなたのその症状は、脳疲労と呼ばれる状態です。最新の研究では [続きを読む]
  • 脂肪を控えて!子供を小児喘息にしない妊娠中の食事とは
  • お子さんを喘息(ぜんそく)にしないためには、お母さんが妊娠期間中に食べてはいけない料理があります!子供が発症する小児喘息は、発作を起こすと気管が狭くなるため、笛のようなヒューヒュー、ゼイゼイという喘鳴音がして呼吸困難に陥り、場合によっては死に至る危険な病気です。この発作になると、子供はとても呼吸が苦しくなり、顔も真っ赤になってしまうため、パパもママも、ご両親ともに、ひどく心配して不安になるケースが [続きを読む]
  • 骨折しやすい体質の女性のわかりやすい特徴とは?予防方法は?
  • 元気で大きな病気になったこともない、まったく健康な身体をしているのに、なぜか骨折しやすい女性には、ある特徴があることを、ご存知ですか?骨折は、体験したことのある方は、お分かりになると思いますが、とても苦しいものです。骨が折れたり砕けたりすると、ひどい痛みと共に気分も急激に悪くなり、吐き気やめまいを感じます。人によっては、声も出せないくらい苦しかったり、座り込んでしまって体をピクリとも動かせなくなる [続きを読む]
  • 太りたくないなら食事中のテレビは禁止!その理由は?
  • もしも、あなたがテレビをつけて番組を見ながら食事をしているのなら、今すぐ止めてください!その悪い習慣が、あなたを太らせてしまうことが、科学的にあきらかになっています。なぜ、ご飯を食べながらTVを見ると、肥満体質になってしまうのでしょうか?Tumin R., et al., J Acad Nutr Diet. 2017. Television Home-Cooked Meals, and Family Meal Frequency: Associations with Adult Obesity.子供の一人飯は太りやすい体質につ [続きを読む]
  • なぜグローバル化は世界中で肥満患者を生み出しているのか?
  • グローバル化(グローバリゼーション, globalization)が、世界中の肥満患者数を増加させていることを、ご存知ですか?WHO(世界保健機構)の調査によれば、実は地球の総人口70億人の半分以上が「太っている」ことがあきらかになっています。太っているとは、生活習慣病を発症する危険性が低い健康的なBMI(ボディマスインデックス、体重÷(身長×身長))25以上の状態を指します。グローバル化とは、政治的な規制緩和や輸送 [続きを読む]
  • 肉を多く食べる男性は大腸がんになる! その理由と予防対策とは
  • お肉の食べ過ぎが、癌になる原因だという話を、聞いたことがありませんか?筋力を強化していくためには、筋肉トレーニングによって筋繊維を傷つけて、再生させなければなりませんが、その材料としてのタンパク質の摂取は必須です。男性の場合、日常生活の中で筋肉量を維持するだけでも、除脂肪体重×0.8グラムのタンパク質を摂取しなければなりません。ダメージを受けた筋肉を超回復させるためには、除脂肪体重×1.0〜1.2 [続きを読む]
  • 心理学で食べ過ぎを防ぐ!2段階のテクニック理論とは
  • しっかり晩ごはんを食べたはずなのに、しばらくたつと空腹になってしまったり、満腹になるくらい食事しても、すぐにお腹が空いてしまうことはありませんか?1日の必要カロリー(運動や維持に必須な量)よりも多いエネルギーを摂取してしまうと、消費しきれなかった余分なカロリーは全て脂肪に変わります。少しずつ増加する脂肪組織は、お腹周りから手足に広がり、体型の変化、体重の増加、健康面でも心臓病や糖尿病、脳梗塞といっ [続きを読む]