ヨシ さん プロフィール

  •  
ヨシさん: ヨシのブログ
ハンドル名ヨシ さん
ブログタイトルヨシのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/yh1256nn/
サイト紹介文日ごろ描き溜めた絵(水彩、油彩、デッサン)を毎日掲載しています。 良かったら見に来てください。
自由文若い時より、職場仲間とよくスケッチ旅行に出かけていました。退職後グループ展を中心に活動。
現在は地元の絵の会に入っています。
時々公募展に応募したりしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/04/27 05:16

ヨシ さんのブログ記事

  • 水彩「遅咲きのひまわり」
  • にほんブログ村水彩「遅咲きのひまわり」昨年咲いた種がこぼれて、遅い時期に花が咲きました。 ヒマワリ(向日葵、学名:Helianthus annuus)はキク科の一年草である。日回りと表記されることもあり、また、ニチリンソウ(日輪草)、ヒグルマ(日車)、ヒグルマソウ(日車草)、ヒマワリソウ(日回り草)、ヒュウガアオイ(向日葵)、サンフラワー(英:Sunflower)、ソレイユ(仏:Soleil)とも呼ばれる。種実を食用や油糧とするた [続きを読む]
  • 水彩「日々草」
  • にほんブログ村 水彩「日々草」日々草が今盛りと咲きほこっています。 日々草は学名: Catharanthus roseus)は、キョウチクトウ科ニチニチソウ属の一年草。初夏から晩秋まで次々に花が咲くので、「日々草」という。マダガスカル原産で、熱帯各地に野生化する。温帯でも栽培可能である。原種は小低木で、一般には一年草として、鑑賞用に改良された品種は、直立するものが多い。 [続きを読む]
  • 水彩「ヒペリカム」
  • にほんブログ村水彩「ヒペリカム」この夏母が106歳で亡くなり、看護と見舞いと葬式でひと夏慌ただしく過ぎてしまいました。今日久々に水彩を描きました。ヒペリカムは花色: 実色:学名:Hypericum科名:オトギリソウ科分類:落葉〜常緑低木原産地:中央アジア〜地中海沿岸大きさ:背丈15〜50cm 横幅30〜60cm主な見所:花(5〜7月)、実(10〜11月) 青い実も同じ系統だそうです。橙色の壺状の花はちょっとわ [続きを読む]
  • 水彩「桃」
  • にほんブログ村 水彩「桃」知り合いから送られてきた最後の二つになったので、描いておきました。今年は夏の初め結構晴天が続いて暑かったので、結構糖度も高く美味しい桃でした。  [続きを読む]
  • 水彩「黒部溪谷」
  • にほんブログ村 水彩「黒部溪谷」7月27〜29日に立山〜黒部と2泊3日で家内と旅行してきました。若い時、登山が好きで、月に2〜3回山登りをしていました。特に北アルプスは思い出も多く、今でも年に1回は見に行きたくなります。(今はもうひざが痛くなるので、登山はせず、もっぱら近くで絵をカクだけですが。黒部渓谷のトロッコ電車は3回目、家内が行ったことないというので宇奈月に1泊して行きました。絵は現場でスケ [続きを読む]
  • 水彩「カサブランカ(ゆり)」
  • にほんブログ村 水彩「カサブランカ(ゆり)」今年も見事に4本カサブランカ(ゆり)が咲きました。2〜3週間楽しめます。  オランダで改良されたユリ科ユリ属の栽培品種の一つ。ヤマユリ、タモトユリなどを原種とするオリエンタル・ハイブリッドの一品種。なお、カサブランカはモロッコの都市の一つ。昔、ダークボガードとイングリッド・バーグマンの映画でも有名です。純白の大輪の花を咲かせ「ユリの女王」と評される。日本 [続きを読む]
  • 水彩「はまゆう」
  • にほんブログ村 水彩「はまゆう」ハマユウはヒガンバナ科の多年草。花の様子は、別名のハマオモトは、肉厚で長い葉がオモト(万年青)に似ることから。水はけが良く日あたりの良い場所を好み、主に温暖な海浜で見られる海浜植物。道ばたや公園、庭に植えられることもある。日本に自生するのは亜種。東アジアから南アジアにかけて温暖な地域に分布する。日本では主に黒潮に直面した沿岸部の砂丘で自生している。   [続きを読む]
  • 水彩 「箱根駒ケ岳」
  • にほんブログ村 水彩 「箱根駒ケ岳」昨日(6月24日)、早朝4時に家を出て、車で環八-東名ー厚木自動車道を通って箱根にスケッチに行ってきました。箱根湯元には6時30分に到着。そこから元箱根で1枚スケッチし、いいところがあれば油絵を3〜4時間かけて描くつもりでしたが。箱根スカイライン〜芦ノ湖スカイラインと回ってみたものの、これといった場所がなく、地元の温泉施設に行って、疲れをとって、一気に帰路につきま [続きを読む]
  • 水彩「ニッコウキスゲとりんどう」
  • にほんブログ村水彩「ニッコウキスゲとりんどう」ゼンテイカ(禅庭花)はキスゲ亜科の多年草。一般には、「ニッコウキスゲ」の名前で呼ばれることも多い。また、各地で別々に同定されたため、いろいろな名前がある。日本の本州などでは高原に普通に見られるが、東北地方や北海道は海岸近くでも見られる。関東では低地型のムサシノキスゲや、奥多摩、埼玉、茨城県でも低地型の自生のニッコウキスゲが見られる。花期は5月上旬から8 [続きを読む]
  • 水彩「あじさいーーー3」
  • にほんブログ村 水彩「あじさいーーー3」今季3回目のあじさいの絵に挑戦しました。今回は透明水彩を中心に、多少輪郭をぼかして描いてみました。アジサイを大きく分類すると、ガクアジサイ(額紫陽花)、 ヤマアジサイ(山紫陽花)、 セイヨウアジサイ(西洋紫陽花、ハイドランジア)、 カシワバアジサイ があります。一般名:ガクアジサイ(額紫陽花) 学名:Hydrangea macrophylla f.normalis 分類名:植物界被子植物 [続きを読む]
  • 水彩 「あじさい」
  • にほんブログ村 水彩 「あじさい」6月に入り、紫陽花の花がいちだんといろ鮮やかになってきました。昨日はあじさいを描いてみました。アシアイ科アジサイ属の落葉低木の一種である。広義には「アジサイ」の名はアジサイ属植物の一部の総称でもある。狭義には品種の一つ H. macrophylla f. macrophylla の和名であり、他との区別のためこれがホンアジサイと呼ばれることもある。原種は日本に自生するガ [続きを読む]
  • 水彩 「バラとミヤコワスレ」
  • にほんブログ村 水彩 「バラとミヤコワスレ」今日描いたバラとみやこわすれ」の絵です。シオン属のキク科の植物。春に開花する数少ない野菊の一つである。園芸植物としてよく知られるミヤコワスレは本種の園芸品である。多年生の草本。地下茎は這う。地上の茎は立ち上がって高さ20-50cmに達し、普通は束になって出る。根出葉はロゼット状で長い柄があり、開花時にも存在する。本州から九州に分布し、温帯下部に生育する。山 [続きを読む]
  • 水彩 「ベルフラワー」
  • にほんブログ村 水彩 「ベルフラワー」先週描いたベルフラワーです。 ・桔梗(ききょう)科。 学名   Campanula      ホタルブクロ属  Campanula(カンパニュラ)は、  ラテン語で  「小さな鐘」の意味。   ヨーロッパ原産。 4〜5月頃開花。  鈴(ベル)に似ている。 別名  「乙女桔梗(おとめぎきょう)」 ともいう。いろんな種類がいっぱいあります。  [続きを読む]
  • 水彩 「バラ」
  • 水彩 「バラ」バラの花が真っ盛りに咲きほこっています。今日はバラをいっぱい持ってきて描いてみました。ちょっと時間がなくて、少々自分では不満な出来です。 バラ科バラ属の成形は潅木、低木、または木本性のつる植物で、葉や茎にトゲを持つものが多い。葉は1回奇数羽状複葉。花は5枚の花びらと多数の小母を雄葉を持つ(ただし、園芸種では大部分が八重咲きである)。北半球の温帯に広く自生しているが、チベット [続きを読む]
  • 水彩 「シャクヤク」
  • にほんブログ村 水彩 「シャクヤク」また画像を載せるの忘れたので、再度書き直しました。  シャクヤク(芍薬)はボタン科の多年草。学名 Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などの牡丹に似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。 牡丹が「花王」と呼ばれるのに対し、芍薬は花の宰相、「花相」と呼ばれる。ボタンが樹木であるのに対して、シャクヤクは草本である。そ [続きを読む]
  • 水彩 「シャクヤク」
  • にほんブログ村 水彩 「シャクヤク」ボタンに似た花で芍薬(しゃくやく)があります。芍薬はボタン科の多年草。学名 Paeonia lactiflora。高さ約60cm。葉は複葉。初夏、大形の紅・白色などのぼたんに似た花を開く。アジア大陸北東部の原産。品種も多い。 [続きを読む]
  • 水彩 「藤の花」
  • テーマ:水彩画にほんブログ村 水彩 「藤の花」昨日藤の花を描きました。東京はそろそろ藤の花も終わりになりました。マメ科フジ属のつる性マメ科木本。一般名称としての藤には、つるが右巻き(上から見て時計回り)と左巻きの二種類がある。右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である日本産のフジは固有種。海外のフジは、フジ属に属する別の品種であ [続きを読む]
  • 水彩 「藤の花」
  • にほんブログ村水彩 「藤の花」昨日藤の花を描きました。東京はそろそろ藤の花も終わりになりました。マメ科フジ属のつる性マメ科木本。一般名称としての藤には、つるが右巻き(上から見て時計回り)と左巻きの二種類がある。右巻きの藤の標準和名は「フジ」または「ノダフジ」、左巻きの藤の標準和名は「ヤマフジ」または「ノフジ」である日本産のフジは固有種。海外のフジは、フジ属に属する別の品種である。本州・九州・四国 [続きを読む]