bacchikomante さん プロフィール

  •  
bacchikomanteさん: 自活平和ミニマム瑪瑙
ハンドル名bacchikomante さん
ブログタイトル自活平和ミニマム瑪瑙
ブログURLhttp://jikatsu.exblog.jp/
サイト紹介文統合失調症と診断された私の日々の暮らし。それでも健全に生きたいと願い、闘っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供97回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/04/27 17:05

bacchikomante さんのブログ記事

  • 技術濃厚
  • 自分への発揮力。他者への表現力。この二つが技術の薄さにより、不十分である今。技術は濃くするとイメージし、二つを濃厚にするべく、様々な局面を踏まえて行こうと思う。 [続きを読む]
  • 仕事
  • 今、仕事をしている。雑用の仕事。なかなかハードだ。最初は絶対無理、と思うような目まぐるしさで、ブランクの大きい自分の頭や体が全然とんちんかんで、付いて行けないと思っていたが、今日まで続いている。だんだん自分の昔、病気でなかった感覚が回復して来たのは救いだ。頑張って、元の能力まで回復させることも、今ではまた希望として、諦めないような心に変わって来た。薬はかなり頭がパーに... [続きを読む]
  • 過去の変容
  • 私という人間には、常に性格の悪い者々が寄ってたかって来るのが、常だった。だが、そういう過去も、今に変わると思っている。どんどん過去がちっちゃなちっぽけな出来事として、気持ちも感情も感覚も捉えるようになって行く感じがしている。 [続きを読む]
  • 貫くことへの諦め
  • 私は過去をずっと反省し続けて来た。でも、不可抗力があまりにも多かったと思って、それをどうにかしたいと必死にもがいても、結局は無理なことを願って来たことについては、はっきり言って、諦めるしか無いと今になって、ようやく悲しいが、思ってしまった。 [続きを読む]
  • 植物性で生活したい
  • そもそも、人間の鬱は、肉食文化から来ているのではないかと思う。肉食したら、また、動物性のものを食したら、その環境負荷も、植物性のものを食すよりも圧倒的に重く、そういう直感が、人を鬱にするように感じる。肉や動物性のものを食べない日は無いという、大方の人々の食生活。スーパーで動物性のものが全く使われていないものは本当に少ない。おやつも私はとても好きだが、そこにも何たらエキスとか何... [続きを読む]
  • 厳しい感想
  • 何もかも理想ではないものが混じっている。理想だけのものは、ここでは作られないと思う。 [続きを読む]
  • 夢の中の自分
  • ここ数日、自分の普通の感覚と全く違う自分が、夢の中に出て来る。これは、自分の良くない部分が、一つのかたまりとなって、あたかも自分であるかのように振る舞うのが、前は起きている時にまで影響を及ぼしていたのが、夢にまでその規模を狭められている、と取っても良いのでは?と思うのに、都合がいい。今現在、私はその感覚が病前とそんなに大差無いところまで、回復している感じがあり、薬が少なくてもよく睡眠... [続きを読む]
  • 自分が何人か
  • 自分といっても、何人もいる。だから、自分と言ってしまうと、その足し合わせたものになる。自分的に思える複数の自分は、心、肉体、宇宙、魂、環境。この5個。 [続きを読む]
  • 長いか短いか
  • 冷静になるのが多々難しいと思って過ごして来た12年。喜怒哀楽、様々な感情が伴って来た12年。この時間は長いのか短いのか、私的には長いと思うのだが。病気は時間を長く感じさせるかな? [続きを読む]
  • 辛い気持ちの毎日
  • 心の変化をこの感覚で感じるここ数日。心は変わっている感じで、それも良い方に変わっているようなので、それはいいと思うけど、頭がすごく汚いのが感じられて、これがかなりストレスになっている。頭の汚れをきれいにするには、ごみ的存在が沢山いるのが本当にいなくなることしか無いように思っている。こんな難しい遠い話、現実的に自分には無理だと思う。それが自分の無力だとつくづく思う。 [続きを読む]
  • オカルト世界観
  • 世界観が変だった。普通、自分の肉体があり、その周りがあり、なのに、目で何か自分の意識の行き届く範囲を世界だと思い込んでいた。それは内面であって、しかも個人の内面であって、外面というか、世界はそんなものと比べても仕方無いような大きさ。 [続きを読む]
  • 矛盾当然に対する対抗措置
  • 矛盾当然。精神的に病んでいる中、私もなったことがある。自分が正しくて世間がおかしくて、世間に変わってもらわなければ居ても立っても居られないというのが、私の語彙では矛盾当然となる。これに直面すると、かなり疲弊する。上手く行くことも上手く行かなくなり、全部の面において損をすることになる。今は矛盾当然を何とか卒業して、重症から抜け出したところかもしれない。それが、患者さんの... [続きを読む]
  • 小さな目標
  • 同じ船に乗っているメンバーが私には現在5人いる。このメンバーがちゃんと生きられるように私は動いて思って考えて行きたい。 [続きを読む]
  • 審美眼が戻って来たかも
  • 審美眼。なかなか育たない。ましてや、精神的に参ると、育つどころか、退化する。退化しまくった時期は、行動が初めて崩れ出し、病院に連れて行ってもらった時。病院で変に暴れてしまった時。とても参って、それと同時に審美眼が消し飛んだ。で、その時、審美眼0状態となり、変な話が自分の中でどんどん芽生えては、それに対処するのに変な行動を仕出かし、困ったことになった。それから12年... [続きを読む]
  • 相手に相手らしいと発言することについて
  • 誰々(名前)(君)(あなた)らしいね。この言葉、何なのだろうか?その人らしいという言い方、たまに聞くが、私はこの言葉程レッテルが続くものは無いと感じている。その人のその人らしさなんてものは全く言った人の思い込みに過ぎないのに、言われた人の感情を強烈に損ねる。気を付けたい。 [続きを読む]
  • 想念観察は無駄だった
  • 私は一時的に想念観察を頑張ったことがある。何年も前のこと。方法を知って、その通りにしたが、今になって、何もいいことが無かったと感じた次第だ。想念より自分のコントロールの方が大切だと今では思う。自分のコントロール程、自分に合った方法が必要なことは無いと思う。それが自分の場合、想念観察ではなかった。自分の場合、心との対話だった。 [続きを読む]
  • 自分の源泉
  • 今、自分の源泉と自分の肉体に距離が入っている。これは、すごいストレスで、とても疲れる。自分の源泉と自分の肉体の間は、距離0にしたいので、こうやってアウトプットしている。その意味はただ、要らないストレスを除きたいだけである。この作業で、新たな源泉を体が感じて、本当のここでの人生を送る状態をものにすることが出来ると思っている。何も、これまでが無意味な人生だったという訳でもない... [続きを読む]
  • ジレンマ
  • 変わっていることは、紙一重で、自分は、その一線を越えた結果、病気と診断された。一線を越えないで、単に、風変わりだとして、自分にとって、それは、花火の不発に過ぎないこともあって、社会と迎合して行くことは、今も難しい。不発で終わらせないことを貫いたが、その痛手は、かなり苦しい。でも、宇宙的に、決まりは無く、人間がどのように生きても、宇宙的な罪とは言わず、その違いが、自分には大変だ。 [続きを読む]
  • 研究の余地
  • 寝ても逆に疲れ切るような、本当の疲弊。と思えば、少し寝て、体が楽になることも。この正体は、心の蓋。心の蓋が開いたらすごくしんどくなるが、閉じたらとても楽になるようだ。これが全くコントロール出来ない。それは肉体という、自分の心とは違った監獄が制御している。この監獄、一筋縄ではいかない。でも、諦めないで、制御について、自分なりに研究しようと思う。 [続きを読む]
  • 我慢
  • 浮いている感。でも、目立たないように。それでも、浮いている感。今生死ぬまでずっと続くと思う。死んだ後が少しでも安心であるように。それしか考えていない。今生の我慢。 [続きを読む]
  • 変わっている何か
  • 私は何者か、私ではない、しかしながら私の中に必ずいる、という感じが日々のチャレンジを続ける中で取れた。チャレンジャーなファッション、物、趣味、人間関係が多々あったが、ここに来て、それをお仕舞いにして来ている。何者かは、今も何かが分からない。こんな経験、決して嬉しいものではなく、すごく大変なだけだった。二重人格とは違うと思う。しかし、何か、変なことだった。 [続きを読む]
  • 偏見は
  • あらゆる偏見は、それを始めた者が、かなりの罰を最終的に受けるようになっていると、この頃感じる。偏見は、とても良くないことだと思う。 [続きを読む]