bacchikomante さん プロフィール

  •  
bacchikomanteさん: 自活平和ミニマム瑪瑙
ハンドル名bacchikomante さん
ブログタイトル自活平和ミニマム瑪瑙
ブログURLhttp://jikatsu.exblog.jp/
サイト紹介文統合失調症と診断された私の日々の暮らし。それでも健全に生きたいと願い、闘っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/04/27 17:05

bacchikomante さんのブログ記事

  • オカルト世界観
  • 世界観が変だった。普通、自分の肉体があり、その周りがあり、なのに、目で何か自分の意識の行き届く範囲を世界だと思い込んでいた。それは内面であって、しかも個人の内面であって、外面というか、世界はそんなものと比べても仕方無いような大きさ。 [続きを読む]
  • 矛盾当然に対する対抗措置
  • 矛盾当然。精神的に病んでいる中、私もなったことがある。自分が正しくて世間がおかしくて、世間に変わってもらわなければ居ても立っても居られないというのが、私の語彙では矛盾当然となる。これに直面すると、かなり疲弊する。上手く行くことも上手く行かなくなり、全部の面において損をすることになる。今は矛盾当然を何とか卒業して、重症から抜け出したところかもしれない。それが、患者さんの... [続きを読む]
  • 小さな目標
  • 同じ船に乗っているメンバーが私には現在5人いる。このメンバーがちゃんと生きられるように私は動いて思って考えて行きたい。 [続きを読む]
  • 審美眼が戻って来たかも
  • 審美眼。なかなか育たない。ましてや、精神的に参ると、育つどころか、退化する。退化しまくった時期は、行動が初めて崩れ出し、病院に連れて行ってもらった時。病院で変に暴れてしまった時。とても参って、それと同時に審美眼が消し飛んだ。で、その時、審美眼0状態となり、変な話が自分の中でどんどん芽生えては、それに対処するのに変な行動を仕出かし、困ったことになった。それから12年... [続きを読む]
  • 相手に相手らしいと発言することについて
  • 誰々(名前)(君)(あなた)らしいね。この言葉、何なのだろうか?その人らしいという言い方、たまに聞くが、私はこの言葉程レッテルが続くものは無いと感じている。その人のその人らしさなんてものは全く言った人の思い込みに過ぎないのに、言われた人の感情を強烈に損ねる。気を付けたい。 [続きを読む]
  • 想念観察は無駄だった
  • 私は一時的に想念観察を頑張ったことがある。何年も前のこと。方法を知って、その通りにしたが、今になって、何もいいことが無かったと感じた次第だ。想念より自分のコントロールの方が大切だと今では思う。自分のコントロール程、自分に合った方法が必要なことは無いと思う。それが自分の場合、想念観察ではなかった。自分の場合、心との対話だった。 [続きを読む]
  • 自分の源泉
  • 今、自分の源泉と自分の肉体に距離が入っている。これは、すごいストレスで、とても疲れる。自分の源泉と自分の肉体の間は、距離0にしたいので、こうやってアウトプットしている。その意味はただ、要らないストレスを除きたいだけである。この作業で、新たな源泉を体が感じて、本当のここでの人生を送る状態をものにすることが出来ると思っている。何も、これまでが無意味な人生だったという訳でもない... [続きを読む]
  • ジレンマ
  • 変わっていることは、紙一重で、自分は、その一線を越えた結果、病気と診断された。一線を越えないで、単に、風変わりだとして、自分にとって、それは、花火の不発に過ぎないこともあって、社会と迎合して行くことは、今も難しい。不発で終わらせないことを貫いたが、その痛手は、かなり苦しい。でも、宇宙的に、決まりは無く、人間がどのように生きても、宇宙的な罪とは言わず、その違いが、自分には大変だ。 [続きを読む]
  • 研究の余地
  • 寝ても逆に疲れ切るような、本当の疲弊。と思えば、少し寝て、体が楽になることも。この正体は、心の蓋。心の蓋が開いたらすごくしんどくなるが、閉じたらとても楽になるようだ。これが全くコントロール出来ない。それは肉体という、自分の心とは違った監獄が制御している。この監獄、一筋縄ではいかない。でも、諦めないで、制御について、自分なりに研究しようと思う。 [続きを読む]
  • 我慢
  • 浮いている感。でも、目立たないように。それでも、浮いている感。今生死ぬまでずっと続くと思う。死んだ後が少しでも安心であるように。それしか考えていない。今生の我慢。 [続きを読む]
  • 変わっている何か
  • 私は何者か、私ではない、しかしながら私の中に必ずいる、という感じが日々のチャレンジを続ける中で取れた。チャレンジャーなファッション、物、趣味、人間関係が多々あったが、ここに来て、それをお仕舞いにして来ている。何者かは、今も何かが分からない。こんな経験、決して嬉しいものではなく、すごく大変なだけだった。二重人格とは違うと思う。しかし、何か、変なことだった。 [続きを読む]
  • 偏見は
  • あらゆる偏見は、それを始めた者が、かなりの罰を最終的に受けるようになっていると、この頃感じる。偏見は、とても良くないことだと思う。 [続きを読む]
  • 曜神(ようしん)
  • 曜神(ようしん)という呼び名しか出来ない何か、ここの全てを全て何も欠落無く見続けている存在が、いるように思った。 [続きを読む]
  • 幻覚とそれ以外について
  • 幻覚と言われる精神病の症状は、自分的に、色々感じた上で、悪霊の齎す何か気持ちの悪い、世の為にならないことだと思った。私の中で、幻覚と、自己が降って来るのが、いっぱい混ざっていて、これらを選り分けて、不要、必要、として行くのが、多々、困難な時、症状が悪化したと思う。自己が降って来るのは、自分の宿命のようなもので、自分にとって、とても大事なのに、それが悪霊的邪魔によって、全然掴めなくなっ... [続きを読む]
  • 私の宿命
  • 意外と精神病になったことは、自分にとって、そして、多くの人にとって、安全だったかもしれないと思えた。活躍全て、諦めざるを得なかったが、それでも、良かったと思えている。見えない危険が、病前、一回巡って来たことに気付いたからだ。よく、ワクワクすることをしようとか、活躍することをしようとか、言われている現在だが、少なくとも、自分のことではない。自分に強いられた宿命には、活躍の中には... [続きを読む]
  • 切り替えたい
  • もう、頑張って、いいことをしたい。いいことで、自分も周りも病気と思わないようになりたい。気持ちを切り替えたい。病気を引きずるのをやめにしたい。更に言えば、病気だったからこそ、色々思いあぐねた経験を、色んな人に活かせるようになりたい。 [続きを読む]
  • 佳境
  • 自分がいろんな存在みたいな自分の一つの言葉にならないものに対した試み達は、やっと、佳境に入ったように思えた。佳境という言い方は、私自身のこれまでの何だか義務のような現実が、今、ちょびっと緩んだ、というちょっとだけ嬉しい感情の現れ。 [続きを読む]
  • 結局は自分に問題がある
  • 結局、病気は適切な人間関係を自分で工夫して築くしかないと感じている。正直、私は病気の人や病気を差別する人や病気のことをこわがる人との関係を何とかするのが、ものすごく難しいことだし、これをするのに今まで掛かっている、というよりも、今もその渦中にある。一生続くこのお題は、現代のストレスとか何だか言っている問題でもある。ただ、今の自分は大分このお題との付き合い方が上手くなって来たと思う... [続きを読む]
  • 隠されていた願望が出て来た
  • 全員的に、全ての動きが、本当の意味で意味を成すようになりたい。これが、私の隠されていた願望だったみたいで、今、頭に浮かべて、長い間閉じていたようだと思えている。これがしたくて何やかんや思ったり動いたりして来たんだなと、病気と言う以前の問題を、一人間が抱えているのは、ある意味普通だなと思えた。 [続きを読む]
  • 心の変化
  • 自分の心がこわかった。突き進む心の存在に必死に付いて来ていた自分。それは12年の間、とてもきつかった。こんなに生きづらい現実、正直、消耗して来た。が、やっと、心がそのピークを越え、大人しくなって来た。理路整然とまでは行かないが、秩序立って来た。よって、これからは、現実的に不可能ではないことから、ちょっとずつチャレンジして行きたい。 [続きを読む]
  • 赤裸々な表現について
  • 病気と相対して来て、自分のように赤裸々な表現をしている人達に。赤裸々に言うことは、この病気の回復に不可欠だと思う。それで、たとえ、あんた、病気だね、と考える人がいたとしても。変な人、気持ち悪い、不気味、こわい人、色々考える人も健常者にいることだろうが、それでも、自然とそうなったからには、自然に吐露することしか、吐き出す術は無いと思う。 [続きを読む]
  • もはや
  • もはや、道は、閉ざすことを考えてもいいと思っている。いつもいつも、道が開けることを夢見て、、、。道が閉ざされても、そこをそこで受け止める時、、、。そんな、とても、無茶な、、、。そんな、、、。 [続きを読む]
  • 病前病後
  • 私は病院でとても親しくなれた人がいる。病院は苦痛だったが、それでも、貴重な出会いもある。今は病院、そんなに苦痛ではなくなっている。心の無理矢理な整頓に明け暮れた結果、前の自分、つまり病気する前の自分が、もやもやしていた悩み事等が、今の自分では、ミニマムにしか活動出来ないけど、もやもやとは無縁になったのが、変化。 [続きを読む]
  • 未来観
  • 大変だけど、楽しい世界。これが今度来ると思っている。お互いが自分のことを隅から隅まで知っていて、それについて、必要なことを必要なだけ話せる、そんな環境が与えられるのかなと。 [続きを読む]