りょう さん プロフィール

  •  
りょうさん: 癌と生きる。依存症と生きる
ハンドル名りょう さん
ブログタイトル癌と生きる。依存症と生きる
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mstb666
サイト紹介文ダンナのギャンブル依存症との苦闘二十数年。先日乳癌の末期と診断されました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/04/28 10:35

りょう さんのブログ記事

  • 通院日 ギックリ腰 MRI
  • 今週の火曜日は通院日でした。いつもどおり、といきたいところですがその前の日曜日から、ギックリ腰になりました。八百屋さんで働いていた頃は、店の組み立てやら解体やら毎日10キロ、20キロという野菜や果物の箱を何度も抱えるので一年に何回かは、ギックリ腰でフリーズしていましたが最近はずい分回数が減っていました。けれど運悪く、通院日直前に、ギックリ腰になって診察室の椅子に座るのも「ううぅぅ」という状態ですか [続きを読む]
  • 我が家のパソコン事情
  • 我が家にはデスクトップのパソコンがあるのですがダンナが家にいる時は、ほとんどダンナが使っています。何をやっているかというと、いろんなポイントサイトでのポイント集め?うちはお互いに、相手が何をやっているかにはほとんど干渉しないので詳しいことは分かりませんが、謎のメールが山ほど送られてきて「 すると1ポイント」みたいなのを延々とやっています。なんでそんな単純作業みたいなことが楽しいのかポイントを [続きを読む]
  • 異界通信
  • こんなタイトルを書くと「あら、この人とうとうあっちの世界にいっちゃったのかしら」と思われそうですが前回のブログで書いた、怪談のお話。久しぶりに、モノ書きしようかなと思ったもう一つの理由はおととしアルファポリスという投稿サイトの「ホラー小説大賞」に応募したのですがそのアルファポリスから今年のホラー小説大賞を4月に開催しますという案内がきました。それで、ホントに久しぶりに書こうかなと思ったわけです。ア [続きを読む]
  • 通院日 落語そして怪談
  • 先週の火曜日は通院日でした。今回はCT検査。そしてダンナが公休だったので、車に乗せてもらって先生の説明も一緒に聞きました。結果は「患部の腫瘍の増大と、肝臓の腫瘍も若干増大」肝臓は告知された時から、画像でもはっきりわかる病変がひとつあってその回りに、小さな怪しい影が、星のようにぱらぱら散っていたのが今回その中の一つが、はっきりした形に育っていました。肝臓は、腹水がたまるなどの、明らかな症状が出るまでは [続きを読む]
  • ギャンブル依存症に新説?
  • 先日久しぶりにWikipediaの「ギャンブル依存症」の項目を読んでちょっとびっくりしました。以前にはなかった内容が、あちこちに付け加えられていたからです。実はカジノ法案が成立した時にちょっと気になる話が出ていました。それは「これからギャンブル依存症の実態調査をする」というのと今使われている「ギャンブル依存症の診断基準は正確さに欠ける」という話です。その時に「それは厚労省が2014年に発表した536万人と [続きを読む]
  • 6度目の3.11
  • 毎年3月11日が近づいてくるとわけもなく不安になり、仏壇に手を合わせて「どうか今日も一日何事もなく、無事に終わりますように」と祈る。福島には、今も友人一家が暮らしているから3.11には関係なく、とにかく二度とあんな大きな災害が起こらないようにとただただ日々祈るしかない。東北は2月の終わりに、久しぶりに大きな地震があってその後も震度3程度の揺れは続いたらしい。大きな地震があると「前震じゃないといいん [続きを読む]
  • 歯医者さんに通院中
  • 乳がんの経緯でも明らかなように自分のことは、お金のこと、家族のこと、仕事のことが全部片付いてからと先延ばしして、もうひとつ、どうにもならなくなったのが歯です。さすがに虫歯はどうしようもないのでたまに治療していましたがそれ以外はほっぽらかしだっった上にヘビースモーカーなどの不摂生が重なり、もうぼろぼろな状態で先日弱っていた歯が一本折れました。これ以上放置して、がんが進行してから悪化したら手のつけよう [続きを読む]
  • 通院日にお薬を変更
  • 先週の火曜日は通院日でした。いつも通りと書きたいところなのですが今年に入ってから、患部の腫瘍の浸潤するスピードが早くなっているという自覚があります。胸の患部の広がりがそろそろ左わきの、リンパに転移してふくらんでいるところに到達します。ほぼ2年近く飲んできたホルモン剤のアロマシンですがそろそろ効果がなくなってきているのではないかと思います。そこで今回ホルモン剤をフェマーラに替えていただけるようにお願 [続きを読む]
  • 子育てにネットを利用するのはよいか悪いか
  • 数日前ネットニュースで「ネット子守りは是か非か」という意味の記事を読みました。お母さんが忙しくて手が離せない、ご飯の用意をしている時や美容院とか病院とか、幼児を連れて行ってぐずられたら困るという時にスマホやタブレットで、幼児に動画を見せたり、ゲームをさせたりするそれが良いことなのか悪いことなのかという話でした。私も以前歯医者さんで、お母さんが3,4才くらいの男の子にタブレットを持たせ待合室で待たせ [続きを読む]
  • ネットやゲームの依存を予防することの大切さ
  • 相変わらず話があっちに飛んだり、こっちに飛んだりして申し訳ないのですがこの3、4年、私が一番大きな危機感を持っているのはやはり子供たちのネット依存症の問題です。読まれた方もおられるかと思いますが2月11日(土)の朝日新聞に鹿児島の心療内科の医師増田彰則先生が「ゲーム依存症 進む低年齢化 対策急げ」という記事を投稿されていました。その記事から引用させていただきますがアメリカで「インターネットゲーム障 [続きを読む]
  • 映画「虐殺器官」とかその他諸々
  • 夜中にトイレに起きた時とか、朝起き上がる時は体中の節々が痛くて(おそらくホルモン剤の副作用)そのたびに「もう長くないんじゃないか」と妄想しますが多少あちこち痛くても、無理やり体を動かしているとそのうちに何とかなります。(同病の方は真似をしないでください)そんなふらふらな体調はとりあえずスルーして公開日の翌日、先週の土曜日に「虐殺器官」を観てきました。トランプさんが大統領になってから、世界中がざわざ [続きを読む]
  • 待ちに待った「虐殺器官」が公開
  • 2015年に公開が予定されていた伊藤計劃さん原作のアニメ映画「虐殺器官」制作会社の倒産などのアクシデントで伸び伸びになっていたのだがスタッフの人たちの、執念ともいえる努力で完成し今週2月3日(金)から公開されます。はたして自分が生きているうちに観られるのだろうかと去年はずいぶんハラハラしていましたが無事に公開されることになって、こんなに嬉しいことはありません。また「虐殺器官」の公開を記念して早川書 [続きを読む]
  • 小学生にスマホは必要か
  • 数日前の地方紙に「我が家の「スマホ」法を作ろう」というタイトルで子どもがスマートフォンを持つ上での問題点についての記事が出ていました。内閣府の2015年の調査によると、小学生のスマートフォン所有率は24%、約4人に一人でスマホを購入した理由については「子どもの所在地の確認」と並んで約3割の親御さんが「子どもにせがまれて仕方なく」という答えでした。これについて、スマホ・ケータイ安全教室インストラクタ [続きを読む]
  • 通院日 そして「がん消滅の罠」
  • 火曜日は、今年最初の通院日。お正月とか連休とかで、6週間ぶりの病院でしたが今月はお薬をもらうだけなので先生の「食欲はどうですか?」「痛みはどうですか?」「お通じはどうですか?」といった恒例の質問以外には特に盛り上がるような話題もなく、お薬セットをもらって1時間弱で終了。ダンナの公休日で、車で直行直帰だったので、寄り道はできませんでした。先日新刊書で、例の「がん消滅の罠」を買って今月分の図書購入費の [続きを読む]
  • 相変わらずな近況など
  • 年末から松の内の間ずっと暖かだった福岡も、全国的な大寒波の影響で今日はずいぶん寒くなってきました。北日本や新潟ではすでに大雪になっているうえに明日にかけて更に広い範囲での積雪が予想される中今日と明日は、全国で共通一次試験が行われています。多くの若者が、自分たちのこれからの人生を決定するかもしれない大きな難関に挑んでいます。「なのになんで今の時期なん?天気だけじゃなくてインフルエンザもマックスで、ノ [続きを読む]
  • お正月映画噺
  • 明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。大晦日も元旦も、ダンナが14:00〜0:00(夜の12時です)のシフトだったので、平常通り、洗濯、掃除、食事の用意、買い物その合間に、数の子とか、今年は栗きんとんとか何品かを作りお魚類は30日の仕事の前に、車で買い出しに連れていってもらいました。市販品と手作りとを組み合わせて一応定番のおせちらしきものにしあとはお刺身とかハムとかつまみ [続きを読む]
  • ギャンブル依存症治療の進展を(3)
  • 11月に参加した、ジャパンマック福岡の3周年記念セミナーでギャンブル依存症の人の家族の体験談として現在息子さんがジャパンマック福岡で回復に取り組んでいるというお父さんがお話をされました。「色々なことがあって、息子をジャパンマック福岡にお願いすることを決めて息子と二人博多駅に着いたのが、ちょうど一年前のクリスマスの時期でした。これからどうなるか全然分からず、不安でいっぱいで駅前のイルミネーションの青白 [続きを読む]
  • ギャンブル依存症治療の進展を(2)
  • この前から度々引用させていただいている田辺等先生の「ギャンブル依存症の現状」の中に「ギャンブル問題と治療的対応」という資料があります。これは「回復困難性による重症度」を3段階に分けたもので A. 病的ギャンブル → 治療対応、当事者活動 B. 問題ギャンブル → 早期、短期治療介入 C. 娯楽ギャンブル → 治療の必要なし右側は、どういう治療が必要か、治療のニーズを示してあります。厚労省が発表した536 [続きを読む]
  • ギャンブル依存症治療の進展を(1)
  • 10月の下旬に、水俣病の犠牲者の慰霊式が行われ患者や遺族を代表して、ご主人を水俣病で亡くした方が、祈りの言葉を奉げられました「くやしいのは「魚は絶対に食べたらいかん」と教えてもらえなかったことです」この言葉が、私の胸にしみました。つい最近も、ジャパンマックでお会いした方の中で家族がギャンブルでつくった借金をかなりの金額を立て替えたというお話を何回も聞きました。「どうしてそんなになるまで」と、今だか [続きを読む]
  • 日本のギャンブル依存症の現状について
  • ここ数日IR法案成立に関連して「ギャンブル依存症」の問題がたびたびテレビでも取り上げられていましたがニュースの中で報道されるのはごくごく限られたそれも、何かと差支えがあるところには絶対に触れないように配慮された断片的な報道ばかりで、これでは全体像がまったく分かりません。コメンテーターの女性も「なんだか自分たちと縁遠い話のようで」とコメントされていましたが家族のギャンブル依存症の問題を経験されていない [続きを読む]
  • 今年最後の通院日
  • 今週の火曜日は、年内最後の通院日でした。今月は特に検査などもないので、簡単な診察をして、お薬をもらうだけです。「食欲はどうですか?」「痛みは、今のお薬で効いていますか?」「他に変わったことはありませんか?」ドクターの質問は、毎回だいたいこんな感じです。そこで前回聞き忘れた質問を。私のがんの痛みは、何パターンかあって夏から出たのが、胸骨の患部側の痛みです。ここに、ズクンズクンという鈍い痛みが出るとロ [続きを読む]
  • 家庭内本屋生活
  • 11月は無事にSIONさんのライブにも行けて「もうこれで思い残すことはない」モードでしたが実は延び延びになっていた、伊藤計劃さんの「虐殺器官」のアニメ映画の公開が2月に決まり、そこまではがんばらねばと決意を新たにしています(おおげさな)Kindleが来てひと月半寒くなってきたこともあって、引きこもりの度合いが加速していますが先日ダンナが「Kindle何冊になった?」と聞くので数えてみました。今野敏さんの警察小説「宰 [続きを読む]
  • 私にとっての「今日一日」
  • そろそろ来年のカレンダーを、という季節になりました。当然猫物で、この三年ほどは「猫川柳」というシリーズにしています。岩合さんのカレンダーと、どっちにしようかと迷いましたがやっぱり来年も「猫川柳」でいくことにして、アマゾンに注文しました。一昨年の春、乳がんステージⅣの告知を受けた時は私も、おそらく家族や友人の脳裏にも「来年のお正月は無理かも」という思いがよぎったと思います。病名と進行状況からいってそ [続きを読む]
  • りりィさん
  • 思い出話をするようになると、なんだか自分がひどく年寄りになった気がするのと基本的に「過去」になった時間を蒸し返さないというか振り捨てていくほうが性に合っているので、あまり昔のことは言いたくないほうです。そんな私でも、不意に30年、40年昔にタイムスリップする瞬間があります。SIONさんのライブに行く直前二人の、とてもなつかしいミュージシャンの訃報が流れました。そのうちの一人がりりィさん。十代の頃に「タ [続きを読む]
  • ジャパンマック福岡3周年記念セミナー行きました
  • ずいぶんご無沙汰をしたのでこの前の日曜日に「ジャパンマック開設3周年記念セミナー」に行ってきました。ただしあまりハードスケジュールを強行するのはさすがに不安なのでお昼休みをはさんでの午後の部のお話を聞いてきました。受付に「クラフト学習会」の講師をされた先生がおられて「お久しぶりです」と声をかけてくださりクラフトでご一緒した方ともお話しできました。午後の部の最初は「ゆうきあきな心のクリニック」の結城 [続きを読む]