りょう さん プロフィール

  •  
りょうさん: 癌と生きる。依存症と生きる
ハンドル名りょう さん
ブログタイトル癌と生きる。依存症と生きる
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mstb666
サイト紹介文ダンナのギャンブル依存症との苦闘二十数年。先日乳癌の末期と診断されました
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/04/28 10:35

りょう さんのブログ記事

  • 「忍びの国」通院日 そしてヤフオクドーム
  • 先週の月曜日は、娘に強要されて(というのは冗談ですが)映画「忍びの国」を観てきました。娘には、伊藤計劃さんの「ハーモニー」と「屍者の帝国」に付き合ってもらったので、そのお返しと自分でチョイスすると、息を止めて観るような映画ばっかりになるのでたまには「楽しく」観れるものを観るのも体によさそうだからです。そう言えば、小説も映画も、いわゆる歴史改変系(万城目学さんとか)にはほとんど縁がなくて、なかなか新 [続きを読む]
  • 人間にできることとできないこと
  • 乳がんを告知された年の秋に宮崎、熊本、そして福岡にいる子育て仲間4人で、原鶴温泉に行きその時、朝倉の三連水車と周辺にある野菜や果物の直売所などを観光しました。静かで、のどかで、実り豊かな朝倉の里。先週、その朝倉市や東峰村、大分の日田市などを記録的な豪雨が襲い、たくさんの人が亡くなられ、甚大な被害が出ました。現在も、気温が35度を超える猛暑の中避難生活を余儀なくされておられる方が多数おられ心からお見 [続きを読む]
  • 乳がんステージ4
  • 先々週、市川海老蔵さんの奥様、小林麻央さんが旅立たれました。乳がんが進行して、ステージ4の告知を受け闘病されながら、愛する家族への思いを切々とブログにつづられたことで多くの人たちの同情と共感を集められました。若くして、幼いお子様たちを残して亡くなられたことはどれほどか無念であったろうと、心からのお悔みを申し上げます。私も麻央さんのブログは何度か拝見しました。私自身は、あまり病気のことをていねいに書 [続きを読む]
  • 「土の記」を読んで
  • 先日購入した高村薫さんの「土の記」を読了した。実は、この作品の前の前に出版された「四人組がいた。」を読んだ時に「ついに高村さんは、今の社会や世相に匙を投げたんじゃないか。もう新しい作品は、書かないんじゃないか」と、心の底から心配していた。かつて「神の火」で、チェルノブイリの事故を踏まえて逆説的な形で、原発の是非を問うたり「レディ・ジョーカー」から「晴子情歌」に始まる「福澤三部作」や「冷血」で現代の [続きを読む]
  • 天神でランチ そして通院日
  • 久しぶりに、子育て仲間の友達から電話があって天神でランチすることに。熊本と宮崎の友達は、わざわざ来てもらうのは大変なので彼女たちが、福岡に来る予定がある時に私たちが合流するのが一番無理がないということで、今回は二人で。彼女は長い間天神で働いていた人なので、いやぁ、よく知ってるわ。天神に行っても、喫煙できるし安いのでサイゼリアとか、スタバ、ドトールばっかりリピートしてた私とは大違い。なので、完全にお [続きを読む]
  • 依存症と末期がん
  • ギャンブル依存症対策については国の方針がこうと決まるまでは何を言っても、推測の域を出ないのではありますが。ただこれまで、ギャンブル依存症者や家族の回復は長い間、ジャパンマックやGAやギヤマノンといった12ステッププログラムに沿った回復施設や自助グループあるいはアルコール依存症の治療の実績がある数少ない医療機関が担ってきました。精神福祉センターや保健所に相談しても、そうした医療機関を紹介されるか本人だっ [続きを読む]
  • ギャンブル依存症対策の行方(2)
  • 政治の動きとしては現在「ギャンブル等依存症対策基本法案」が国会に提出されていて今期の国会での成立を目指しているようです。法案の内容はネットでも読むことができましたが今の段階では国と地方公共団体、医療機関、精神保健福祉センター、保健所その他の関係機関で連携してギャンブル依存症などの対策に取り組みましょうというあくまでも総論的な内容で、対策の具体的な中身は法案が決まってからということなのでしょう。具体 [続きを読む]
  • 「ギャンブル依存症」と「ギャンブル(ギャンブリング)障害」
  • 前のブログで書いた「ギャンブル依存症」と「ギャンブリング障害」という病名。書いていて、なんだかあいまいな気がしたのでネットで調べられる範囲で調べてみました。DSMという、アメリカの精神医学会が発行している診断マニュアル書があります。このDSMの2013年版DSM-5においていわゆるギャンブル依存症が正式に精神疾患として採用され診断名が「ギャンブル障害」になったということです。ちなみにDSM-5においてはアルコール [続きを読む]
  • ギャンブル依存症対策の行方(1)
  • このところの体調不良で、考えをきちんとまとめる自信がなく保留にしていた、ギャンブル依存症対策の問題。以前「ギャンブル依存症に新説?」というブログにも書いたのですがどうしても腑に落ちないというか、納得がいかないことがいくつかあるので、少しづつ書いていこうと思います。「ギャンブル依存症に新説?」の記事はウィキペディアの「ギャンブル依存症」の項目について書いたものでしたがギャンブル依存問題で、新しい見解 [続きを読む]
  • 女性と母性
  • 子供たちから、1000冊の本をダウンロードできるキンドルをプレゼントしてもらったので「もう毎回母の日のプレゼントとかはいいからね」と断っていたら、娘から「お茶を飲みにおいで」と電話が来ました。「それでは」ということで、チャリで15分ほどの娘の家へ。娘はダンナさんと、黒と三毛の、二匹の長毛ニャンズと暮らしています。私が、プレゼントを断ったので「生きている猫をなでなでする」を、プレゼントにしてくれたよ [続きを読む]
  • Good News Bad News
  • 思わせぶりなタイトルですが、まずは悪いほうから。ギックリ腰になってから、ほぼ3週間。転移はなかったものの、電気鍼を打ってもらっても一か所どうしても痛みが消えない箇所が。そもそもギックリ腰が出た時に原因と考えられたのが、骨転移、ギックリ腰そして鎮痛剤の副作用による便秘からくる、腸の不調でした。前の二つをクリアしても、まだ腰痛が取れないので、これは腸だなと思ったらいきなり激しい腹痛に襲われ、急患で診て [続きを読む]
  • 通院日 ギックリ腰 MRI
  • 今週の火曜日は通院日でした。いつもどおり、といきたいところですがその前の日曜日から、ギックリ腰になりました。八百屋さんで働いていた頃は、店の組み立てやら解体やら毎日10キロ、20キロという野菜や果物の箱を何度も抱えるので一年に何回かは、ギックリ腰でフリーズしていましたが最近はずい分回数が減っていました。けれど運悪く、通院日直前に、ギックリ腰になって診察室の椅子に座るのも「ううぅぅ」という状態ですか [続きを読む]
  • 我が家のパソコン事情
  • 我が家にはデスクトップのパソコンがあるのですがダンナが家にいる時は、ほとんどダンナが使っています。何をやっているかというと、いろんなポイントサイトでのポイント集め?うちはお互いに、相手が何をやっているかにはほとんど干渉しないので詳しいことは分かりませんが、謎のメールが山ほど送られてきて「 すると1ポイント」みたいなのを延々とやっています。なんでそんな単純作業みたいなことが楽しいのかポイントを [続きを読む]
  • 異界通信
  • こんなタイトルを書くと「あら、この人とうとうあっちの世界にいっちゃったのかしら」と思われそうですが前回のブログで書いた、怪談のお話。久しぶりに、モノ書きしようかなと思ったもう一つの理由はおととしアルファポリスという投稿サイトの「ホラー小説大賞」に応募したのですがそのアルファポリスから今年のホラー小説大賞を4月に開催しますという案内がきました。それで、ホントに久しぶりに書こうかなと思ったわけです。ア [続きを読む]
  • 通院日 落語そして怪談
  • 先週の火曜日は通院日でした。今回はCT検査。そしてダンナが公休だったので、車に乗せてもらって先生の説明も一緒に聞きました。結果は「患部の腫瘍の増大と、肝臓の腫瘍も若干増大」肝臓は告知された時から、画像でもはっきりわかる病変がひとつあってその回りに、小さな怪しい影が、星のようにぱらぱら散っていたのが今回その中の一つが、はっきりした形に育っていました。肝臓は、腹水がたまるなどの、明らかな症状が出るまでは [続きを読む]
  • ギャンブル依存症に新説?
  • 先日久しぶりにWikipediaの「ギャンブル依存症」の項目を読んでちょっとびっくりしました。以前にはなかった内容が、あちこちに付け加えられていたからです。実はカジノ法案が成立した時にちょっと気になる話が出ていました。それは「これからギャンブル依存症の実態調査をする」というのと今使われている「ギャンブル依存症の診断基準は正確さに欠ける」という話です。その時に「それは厚労省が2014年に発表した536万人と [続きを読む]
  • 6度目の3.11
  • 毎年3月11日が近づいてくるとわけもなく不安になり、仏壇に手を合わせて「どうか今日も一日何事もなく、無事に終わりますように」と祈る。福島には、今も友人一家が暮らしているから3.11には関係なく、とにかく二度とあんな大きな災害が起こらないようにとただただ日々祈るしかない。東北は2月の終わりに、久しぶりに大きな地震があってその後も震度3程度の揺れは続いたらしい。大きな地震があると「前震じゃないといいん [続きを読む]
  • 歯医者さんに通院中
  • 乳がんの経緯でも明らかなように自分のことは、お金のこと、家族のこと、仕事のことが全部片付いてからと先延ばしして、もうひとつ、どうにもならなくなったのが歯です。さすがに虫歯はどうしようもないのでたまに治療していましたがそれ以外はほっぽらかしだっった上にヘビースモーカーなどの不摂生が重なり、もうぼろぼろな状態で先日弱っていた歯が一本折れました。これ以上放置して、がんが進行してから悪化したら手のつけよう [続きを読む]
  • 通院日にお薬を変更
  • 先週の火曜日は通院日でした。いつも通りと書きたいところなのですが今年に入ってから、患部の腫瘍の浸潤するスピードが早くなっているという自覚があります。胸の患部の広がりがそろそろ左わきの、リンパに転移してふくらんでいるところに到達します。ほぼ2年近く飲んできたホルモン剤のアロマシンですがそろそろ効果がなくなってきているのではないかと思います。そこで今回ホルモン剤をフェマーラに替えていただけるようにお願 [続きを読む]
  • 子育てにネットを利用するのはよいか悪いか
  • 数日前ネットニュースで「ネット子守りは是か非か」という意味の記事を読みました。お母さんが忙しくて手が離せない、ご飯の用意をしている時や美容院とか病院とか、幼児を連れて行ってぐずられたら困るという時にスマホやタブレットで、幼児に動画を見せたり、ゲームをさせたりするそれが良いことなのか悪いことなのかという話でした。私も以前歯医者さんで、お母さんが3,4才くらいの男の子にタブレットを持たせ待合室で待たせ [続きを読む]
  • ネットやゲームの依存を予防することの大切さ
  • 相変わらず話があっちに飛んだり、こっちに飛んだりして申し訳ないのですがこの3、4年、私が一番大きな危機感を持っているのはやはり子供たちのネット依存症の問題です。読まれた方もおられるかと思いますが2月11日(土)の朝日新聞に鹿児島の心療内科の医師増田彰則先生が「ゲーム依存症 進む低年齢化 対策急げ」という記事を投稿されていました。その記事から引用させていただきますがアメリカで「インターネットゲーム障 [続きを読む]
  • 映画「虐殺器官」とかその他諸々
  • 夜中にトイレに起きた時とか、朝起き上がる時は体中の節々が痛くて(おそらくホルモン剤の副作用)そのたびに「もう長くないんじゃないか」と妄想しますが多少あちこち痛くても、無理やり体を動かしているとそのうちに何とかなります。(同病の方は真似をしないでください)そんなふらふらな体調はとりあえずスルーして公開日の翌日、先週の土曜日に「虐殺器官」を観てきました。トランプさんが大統領になってから、世界中がざわざ [続きを読む]
  • 待ちに待った「虐殺器官」が公開
  • 2015年に公開が予定されていた伊藤計劃さん原作のアニメ映画「虐殺器官」制作会社の倒産などのアクシデントで伸び伸びになっていたのだがスタッフの人たちの、執念ともいえる努力で完成し今週2月3日(金)から公開されます。はたして自分が生きているうちに観られるのだろうかと去年はずいぶんハラハラしていましたが無事に公開されることになって、こんなに嬉しいことはありません。また「虐殺器官」の公開を記念して早川書 [続きを読む]
  • 小学生にスマホは必要か
  • 数日前の地方紙に「我が家の「スマホ」法を作ろう」というタイトルで子どもがスマートフォンを持つ上での問題点についての記事が出ていました。内閣府の2015年の調査によると、小学生のスマートフォン所有率は24%、約4人に一人でスマホを購入した理由については「子どもの所在地の確認」と並んで約3割の親御さんが「子どもにせがまれて仕方なく」という答えでした。これについて、スマホ・ケータイ安全教室インストラクタ [続きを読む]
  • 通院日 そして「がん消滅の罠」
  • 火曜日は、今年最初の通院日。お正月とか連休とかで、6週間ぶりの病院でしたが今月はお薬をもらうだけなので先生の「食欲はどうですか?」「痛みはどうですか?」「お通じはどうですか?」といった恒例の質問以外には特に盛り上がるような話題もなく、お薬セットをもらって1時間弱で終了。ダンナの公休日で、車で直行直帰だったので、寄り道はできませんでした。先日新刊書で、例の「がん消滅の罠」を買って今月分の図書購入費の [続きを読む]