ダッチ さん プロフィール

  •  
ダッチさん: 魔術師ダッチの人生放浪日記
ハンドル名ダッチ さん
ブログタイトル魔術師ダッチの人生放浪日記
ブログURLhttp://cagliostro-a-dutch.blog.jp
サイト紹介文海外支社の20代管理職⇒プロ無職⇒魔術師。波乱万丈の人生を送る傍ら、人の仕事運とか恋愛運を占ってます。
自由文海外支社の20代管理職→プロ無職→魔術師。人の仕事運、恋愛運などをタロットで占う傍ら、国内外問わずいろんな所をぶらついて、見て聞いて考えたことを徒然なるままに書き殴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供113回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2014/04/29 04:22

ダッチ さんのブログ記事

  • 自営業者からサラリーマンに舞い戻って思い出した価値観
  • 先週から企業で働いています。組織が複雑だと、自分の割り当てられたパソコン端末から印刷設定するにも様々な人との調整が必要で、入社数日後、初めて自分が打った文章が紙に出力されたときは半ば感動しました。グーテンベルクは偉大だった・・・。こんな感じで新しい環境から日々刺激を受けているのですが、フリーランスから企業で働くことになって、思い出した価値観というのはあります。 今日はそんな価値観をまとめていきたい [続きを読む]
  • 独立失敗者から、これから起業を志す人へのメッセージ
  • 「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉があります。2年半に渡るフリーランス生活に幕を閉じ、就職してしまいました。幸い借金は全くないのですが、この状況、負けと言えば負けでございます。ここらへんできちんと、リフレクションをしつつ、読者の誰かにこの教訓を引き継いでもらえれば幸いです。なお、本記事は会社創業というよりも個人事業主向けの内容ですのであしからず。 続きを読む [続きを読む]
  • 新入社員の会社の辞め時
  • 会社員を始めて4日目になります。Yahoo!ニュースでは、2日でばっくれた人のニュースが出ていましたね。入社2日目で“ばっくれ”退職した新社会人(22歳)の言い分「初日でこの会社はないなと見切りはつけてた」記事を読んでいると、このばっくれ新人は1日半(2日)だけ会社にいたようですが、入社手続きとか、顔合わせとかで全く実務をしていないような感じですね。私としては、これは非常にもったいないことだと思います。という訳 [続きを読む]
  • 個人事業主・会社員から見た間接業務
  • 個人事業主を先日までやっていていましたが、今日で会社員になって2日目。2日連続スーツ着て満員電車通勤って、賞味6年ぶりぐらいです。入社したばかりということで、当然事務手続きがあるわけですが、そういった間接業務を担当する人がいるんだなーと当たり前のことをふと思いました。という訳で、本日の記事は間接業務に対して思うこと。 続きを読む [続きを読む]
  • ネットワークのお仕事始めます
  • 占い師辞めて、何をするかと言えば、ネットワーク系の営業やります。いや、誤解しないで下さい。ネットワークビジネスとかそういう怪しい類のものでは無いです。ITネットワーク関係の技術営業をやります。セキュリティとかに関わってくるので、むしろ、そういう怪しい人達の反対です。業務形態ですが、会社員です。派遣という扱いになるのですが、一応技術派遣ではあるので、一般的な業種の派遣社員とは違い、一人暮らしでも充分に [続きを読む]
  • イスラエルへの旅の技術
  • Facebookでイスラエル旅行について共有したら、結構反応があったので、イスラエル旅行のポイントと注意点についてまとめます。2017年4月時点の情報です。写真は実質的首都テルアビブ市。イスラエルはエルサレム市を首都としていますが、国際社会ではこれを認められておらず、日本大使館もテルアビブにあります。続きを読む [続きを読む]
  • 神はそこにいたか?イスラエルへ(エルサレム編)
  • シェローム。ヘブライ語でこんにちは、という意味らしいです。またまたイスラエルの現地で厄介なことに巻き込まれて身動きが取れないのですが、wifiと時間には恵まれていますので、ブログ更新です。本日はエルサレムの重要ポイントについて。実のところ、 エルサエムは路面電車が走り、ビルが林立する割と都会です。オープンテラスの欧州風カフェもありますし、様々な店のウィンドウショッピング楽しめるぐらい栄えています。街中 [続きを読む]
  • ちょっくら神に会いに来た。イスラエルへ(ティベリヤ・ナザレ編)
  • それで結局、どこに行ったかといえば、イスラエルに来ております。なぜイスラエルと言いますとですね、「キリスト教神秘主義」について、熱く語る私ですが、新約聖書を読んでいると眠くなるんですわ。1回行っとけば、読んでも眠くならずに済むだろうという魂胆です。神様とやらを理解しに来ましたですはい。ちなみに私は、実家が曹洞宗、前職の主要取引先は神社、前職のお仕事はヘルメス主義の応用(占星学、タロット等)とまあ、 [続きを読む]
  • パソコン1台で世界を旅する魔術師
  • ソビエトロシアでは、インターネットが貴方をのぞく。ズドラーストヴィチェ!モスクワのシェレメチェボ空港からこんにちは。パソコン1台で世界を旅する魔術師(笑)です。というのは半分冗談でして、単に久しぶりに海外を旅することにしただけです。昨日まで自営業やっており、ある程度、時間のコントロールは出来ていたのですが、イマイチ、旅行しようという気になれなかったのですね。貧乏性とでも言いますか、旅行に出かけてい [続きを読む]
  • 退職エントリー、職業魔術師を辞めることにしました
  • 表題のとおり、職業魔術師を辞めることに致しました。その理由を端的にいえば、開業前に職業魔術師になることを躊躇させた3つの問題に対し、ポジティブな回答を見いだせなかったからです。関連記事:私が魔術師になるのを拒絶した理由開業前に解決しておけよと突っ込みを入れたい方もいらっしゃるかもしれません。しかし、2年半前の当時は就社活動のために働かせてくださいと沢山の門戸を叩き、ダメだと門前払いを受け続け埒が明か [続きを読む]
  • 職業占い師として向いている人いない人
  • 占い師というのは、プロとアマチュアの境目が曖昧な仕事であり、たとえアマチュアであっても驚異的な的中率を誇る人もあれば、逆にプロなのにちょっとという方もいます。今回は、的中率とか技術面はさておきとして、プロに向いている占い師について、まとめてみましょう。 ちなみに一部の占い師って、弟子を捕まえるためにセールストークで「あなたは才能がある」なんて言いますが、この記事ではそういう煽て事は一切抜きです [続きを読む]
  • スピリチュアリストと芸術家は何故左翼なのか?
  • 他人の思想にあれこれ言うことではないとは承知していますが、何というか、占い師ってやや左翼的な思想の人が多いように感じられます。例外として、神社関係者や歴史と伝統を重んじる東洋占術の使い手はやや右翼的な感じはしますが、その他の人たちは政治の話をすると政権に批判的なコメントが割合として多いです。ただ、占いというものを扱っている限り、そういう方に向かってしまうのは仕方ないのかもしれないと思うことがありま [続きを読む]
  • 占い師の稼ぎ方とスピリチュアル業界マップ1
  • 「秘術・とても強烈な木星のアスペクト」という西洋占星術に関わる記事をずっと前に書いたのですが、この記事が当ブログ内で常に上位に来ています。色々な占い師さん、スピリチュアリストさん、ヒーラーさん、占い師を志している人からのアクセスがあるのでしょう。たまには、そういった需要にも応えた内容の記事も書いてみます。占い業界って、魑魅魍魎としているのですが、その中で占い師にはどのような働き方があるのか、まとめ [続きを読む]
  • 特に何もしなかった3.11
  • 2016年初夏、震災から5年過ぎたから、もう充分だろう、役割は終わったということで東日本大震災関係のボランティア団体を解散させました。それ以降、その年の8月に実家へ帰省したことを除けば、東北に行くこともなく、特に震災絡みの活動もすることなく、数か月が過ぎました。そして、今年も3月11日が過ぎ、震災から6年となりました。 続きを読む [続きを読む]
  • 内気な社会人のための正しい友だちの作り方
  • 社会人になると友達が増えない、出会いがないと結構嘆いている人多いんですよね。そのためか先日書いた「ぼっちの流儀・友達がいない人の特徴」という記事が地味に好評なので、その続編を書いてみようかと思います。題して、「内気な社会人のための正しい友だちの作り方」です。コミュ力が高い、自分に自信がある、人が好き、楽しいことが大好きとかいう人は、今回の内容からは少し外れるので、ご注意を。 ※写真は本文とは関 [続きを読む]
  • 占い師になると頂き物が増える?
  • 米、節分用の豆まきセット、チョコ菓子、その他菓子、おふだ、オリーブオイル・・・。これら、この1か月間にお客さんや占い関係者より頂いたものです。占い師というのは気持ちを大事にするお仕事ですが、逆にお客さんからお気遣いいただくことも結構多いです。また、鑑定して、定価のお支払いをお願いするのですが、心付けをしてくださる方もいらっしゃいます。あと、凄く素敵な封筒にお金を包んでいたり、便せんが無い状態で手渡 [続きを読む]
  • ドラえもんVR。どこでもドアをくぐったら雪国だった・・・
  • 現実逃避したいと思ったことはありませんでしょうか?こんなこといいな♪と。そんな訳で、現実世界に絶望した私は、ちょっとバーチャルな世界へ旅に行ってきます・・・。というのは冗談です。SNS上で密かに話題だったドラえもんVR「どこでもドア」の体験予約枠が、たまたまひと枠だけ空いていたのを見つけたので、未来予測を糧とする占い師たるもの最新の技術を見過ごすわけにはいかぬと、体験してきましたよ。今回の記事はその体 [続きを読む]
  • ぼっちの流儀・友達がいない人の特徴
  • 最近、私のFacebook友達の数がきりのいい数になりました。そういうこともあり、今回の記事のテーマは、友達がいない人、すなわち「ぼっち」の特徴について。ぼっちあるあるを3つピックアップしてみました。そして、そんなぼっちの人たちへの接し方にも言及してみます。 続きを読む [続きを読む]