アレグラ さん プロフィール

  •  
アレグラさん: スイス - 26の旅の扉  癒しの旅ノートより
ハンドル名アレグラ さん
ブログタイトルスイス - 26の旅の扉  癒しの旅ノートより
ブログURLhttp://swissfanclub-photo.blog.jp/
サイト紹介文トレ美アンなスイスの風景、旅のエピソード等を中心にお伝えしています。
自由文こちらでもスイス情報がゲットできます!!
※トレ美アン de スイスの旅:
http://ameblo.jp/swiss-trip-memo
※Facebook:
https://www.facebook.com/swissfanclub
※Twitter:
https://twitter.com/swissfanclub
※アーカイブ:
http://blog.livedoor.com/blogneta/entry/227562
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供343回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/05/02 10:18

アレグラ さんのブログ記事

  • 心に響くチューリッヒの夜! スイス
  • 熱帯夜の終わりを告げるかのように、眩しい太陽が沈みいく(6月23日21時半頃)。そして美しいシルエットを作りだす。チューリッヒのOberdorf/オーバードルフからの風景であるが、写真中央の二つの塔はGrossmünster/グロースミュンスター(大きい大聖堂の意味)※gross/グロース(大きい)・Münster/ミュンスター(大聖堂)では、尖塔が3つ見えるが教会の名前は?グロースミュンスターの写真向かって左の二つの尖塔は、Fraumünst [続きを読む]
  • 【速報】NHLドラフトでスイス出身が1位指名!アイスホッケー
  • 「スイスのスポーツ史に名を刻むことになる!」と、18歳のアイスホッケー選手の話題が深夜に速報で流れた!6月22日&23日、シカゴのユナイテッド・センターで開催されていたNHL(北米のプロアイスホッケーリーグ)のドラフト1位指名にスイス・ヴァレー州、Naters/ナーテルス出身(ブリーク地方)のNico Hischier/ニコ・ヒッシャーが選ばれた≪ドラフト会議後のスイスTVからのインタビュー時≫≪過去のスイス出身選手のトップ50位≫ [続きを読む]
  • 氷河の涙!スイス・ローヌ氷河
  • ≪6月22日のヴァレー州 Rhonegletscher(ローヌ氷河)の風景≫昨日、同じくGoms/ゴムスのUlrichen/ウルリッヒェンでは、1998年以来の6月においての最高気温の記録更新となった(28.9℃?29.4℃)。毎年、氷河が後退していく中で、最近の猛暑は氷河にたくさんの汗?いや、たくさんの涙を見る。声をあげて泣いているようにも見える。そしてその涙は氷河湖となって美しい色の湖に変わっていく。≪2015年6月の風景≫19世紀末にオープン [続きを読む]
  • スイス・ルツェルンの最高基準の水をどうぞ!
  • ≪Luzern/ルツェルンの噴水の一つ:Gänsemännchenbrunnen/ゲンゼメンヒェンブルンネン≫暑い日が続くスイス水分補給は不可欠ということで、本日は水の話題を!スイス政府観光局のサイトでも水についての説明があるように、スイスでは「特別な注意書きやバツ印などの表示がなければ、ほとんど飲料水として問題なく飲むことができる。」根底には、厳しい水質基準や審査が定期的にあり安心して家庭の水道水の蛇口のみならず、町の噴 [続きを読む]
  • スイス各地で熱波警報!スイスの天気
  • ≪本日の予想気温:最高予想気温&最低予想気温:6月21日0時現在(スイス時間)≫6月20日12時(スイス時間)にスイス各地で「熱波警報」が出された6月23日18時まで警戒が必要とのこと。≪本日より5日間の天気予報:6月21日0時現在(スイス時間)≫他の地域の状況はコチラのサイトで、左上に知りたい都市または町の名前を入力して(または選んで)要チェック!≪昨日の風景≫※木陰で休みながら水分補給が大切!【アドバイス:天気 [続きを読む]
  • ハイジの白パンを思い出す! スイス・朝食
  • ≪朝の風景:レストランの窓から≫とても気持ちの良い朝テラスの周辺は新ロープウェイの建設中ではあったが、青空を見ながら朝の爽やかな光を浴びての朝食は非常に良かった何度も何度もスイスでホテルなどに宿泊しているが、私の今年のヒットとなるであろう、美味しいパンに出会った昨年のヒットはベルン州Mürren/ミューレンのホテル。 ?忘れられない美味しいパンの味!スイス・ミューレン≪朝食の手作りパン≫(左から)ミニ・ [続きを読む]
  • 太陽が微笑むとき!スイス・日の出
  • お部屋の窓から美しい夜空と輝く夜の光を楽しんだあと、爽やかな朝を迎える。宿泊したStaubern/シュタウベルンのベルクハウスでは日の入りのみならず日の出も体験できる。しかもお部屋から日の出が見られるが、やはり外に出て朝のヒンヤリとする空気は美味しいベルクハウスのドアのロックを外し外へ≪5:30頃:太陽が顔を出した瞬間≫センティス山も目が覚める。朝の光はいつ見ても心が安らぐ≪5:45頃:太陽が眩しく微笑んでいたと [続きを読む]
  • スイスのコンサート会場への持ち込み禁止物! テロ対策
  • ≪6月15日 Bern/ベルンの風景≫一昨日のジャスティン・ビーバーのコンサート関連で・・・主催者:abc-Production AG(本社:チューリッヒ州オプティコン)スイスドイツ語圏での大手コンサート主催者の一つで※ローリングストーンズなどの伝説のショーをオーガナイズした話は有名。先月22日にイギリス、マンチェスター・アリーナでのコンサート中に起こった自爆テロ事件の影響を受けて安全性を考慮して、主催者側の責任としてコンサ [続きを読む]
  • アート・バーゼル:テロ対策!スイス・バーゼル
  • ついに?当然のことながら?「最近の世界情勢に対応して」という、ニュースの見出しを借りれば「テロ対策」という理由から明日から一般公開される「Art Basel(アート・バーゼル)※」会場の入り口にて、訪問者は全員、保安検査を受けなければならない。※「アート・バーゼル」はバーゼルで毎年開催され、今年で43回目。世界最大級の現代アートフェアーで世界各国から300以上のギャラリーが出展され今年は2001年〜今日までの作品、 [続きを読む]
  • 青空がピンク色の空に変わるとき! スイス・夕焼け 
  • ≪陽が沈む前の風景≫アッペンツェル地方Staubern/シュタウベルンのベルクハウス近くにて(標高約1745m)。※写真中央の山:Säntis/センティス(標高2502m)太陽はセンティス山に向かって右手のほうに沈む。レストランの窓からも夕陽を眺めることができたが、ベルクハウスとセンティス山を夕陽が照らす光景はなんと言葉で表現していいのか・・・翌朝の風景よりも心に残る光景だった夕陽とのかくれんぼ!ここでは夕陽が姿を消し始 [続きを読む]
  • キュートで清潔な山小屋♪ スイス・ハイキング
  • 予想以上に泊まって良かったなぁと感じたベルクハウス!≪18:40頃の風景≫翌日の午後、外のテラスは登山客で満席だった。1階はレストランになっていて2階が宿泊用。お部屋数は少ないが、前日に予約ができてラッキーだった。新しいロープウェイの建設中でベルクハウスの周りは工事現場のようだったが、中に入ってびっくり!すごく清潔で木の温もりがある。2階に上がるとき、階段下で「靴を脱いでください。(独語)」の表示。階段 [続きを読む]
  • カッコウの鳴き声を聞きながら(^^♪ スイス・ハイキング
  • ≪18時半頃の風景:宿泊地より約300m≫さて、今回のハイキングでうれしかったことの一つ。初めて聞いた、自然の中での「カッコウ」の鳴き声!ホーアー・カステンから宿泊地のベルクハウスまでのハイキング【詳細:当ブログ記事の最下段参照】遠くの風景は山頂から見える景色とさほど変わりはないが、歩く楽しみは十分にある!今回はハイキングコースの山道を中心にご紹介!≪写真の湖:Sämtisersee/ゼームティーザーゼー≫逆光で [続きを読む]
  • 目指せ、あの山へ!スイス・ハイキング
  • ≪Staubernkanzel/シュタウベルンカンツェル(1860m):ズームイン≫ホーアー・カステン山頂のレストランで休憩後、この山の麓に建つベルクハウスへ!スイスの旅ではいろんな感動や驚きが待っている今回のハイキングで一番驚いたことといえば、「裸足の男」。ホーアー・カステン山頂からの登山ルートは、ダイレクトに南へは行くことができないので一度、時計と反対方向に北周りのルートを歩く険しい崖のイメージとは正反対の可愛い [続きを読む]
  • バーゼルにとって特別な夜!FCバーゼル・フェデラー
  • フェデラーが語った。「もし彼が涙を流したならば、僕ももらい泣きしていたかもしれない。」昨夜は今シーズン最後のFCバーゼルの試合がホームで行われ、フェデラーは両親とともに観戦していた。バーゼルっ子は生まれたときから、親子代々FCバーゼルのファンであるフレンチオープンを欠場したので、フェデラーは昨年に引き続きFCBのリーグ優勝のカップを手にした喜びの瞬間を共有したわけであるが、昨日、スイスで滞在していたNati [続きを読む]
  • 見上げてごらん、スイスの空を♪
  • 昨日のBern/ベルンでの風景雷雨や雹をもたらした危険な雲は遠のいた。5月末の数日間はスイスの空にはいろんな雲が登場したうん?ただの入道雲じゃないの?と思いがちだが、よーく見てみると、写真右手のほうに「小さな雲のキャップ」※気象用語では≪Pileus/パイレウス(頭巾雲)≫≪5月30日:ベルン州 Les Prés D'Orvin/レ・プレ・ドルヴァン(Orvin/オルヴァン) ≫「白無地の扇子?」 かなとこ雲 ≪Amboss/アンボス(独語), [続きを読む]
  • ポップコーンのような雹が降った! スイスのニュース
  • 5月最後の日、ベルン州Thun/トゥーンでは住民が驚いた勢いよく氷のボールが空から降ってきたわけであるしかも、地面でポーンポンとまるでポップコーンのようにバウンドしたSieht aus wie Popcorn. #leidernein ??#Hagel bei Thun/BE um 17:10 Uhr#Dankeschön #SRFAugenzeuge U. Knecht ^sb pic.twitter.com/qqZ2lKHsRX― SRF Meteo (@srfmeteo) 2017年5月31日可哀そうに・・・おそらくこの車のボンネットなどは凸凹??遠くから [続きを読む]
  • スイス・アッペンツェル地方の山を歩く!
  • ≪Brülisau/ブリュリサウからロープウェイで約8分≫アッペンツェル地方の春はやはり素晴らしい!ワクワクドキドキしながら気持ちいい風を受けながら山を歩く山の中ではいくつもの種類の鳥の鳴き声が聞こえてきたが、その中で唯一、私が判別できた鳥は「カッコウ」の鳴き声だった。簡単に今回の私が歩いたハイキングをご紹介。≪1日目≫1.4か国の雄大なパノラマビューを楽しめるHoher Kasten/ホーアー・カステン(標高1791m)2 [続きを読む]
  • 【スイスの車窓から】伝統が息づく村! 
  • 大晦日を2回体験することができる、アッペンツェル地方の村の一つ伝統が息づく村、Urnäsch/ウルネッシュ。 ?約200年もの伝統行事!大晦日が2度ある村の風習 スイス・アッペンツェル地方ローカル電車で私が好きな鉄道の一つ、アッペンツェル鉄道に乗って===≪ザンクト・ガレン州Gossau/ゴッサウ駅≫≪車窓から≫ウルネッシュの村の風景特に新緑の季節が美しいアッペンツェル地方は列車からの眺めも美しい緑が広がる。アッペンツ [続きを読む]