アレグラ さん プロフィール

  •  
アレグラさん: スイス - 26の旅の扉  癒しの旅ノートより
ハンドル名アレグラ さん
ブログタイトルスイス - 26の旅の扉  癒しの旅ノートより
ブログURLhttp://swissfanclub-photo.blog.jp/
サイト紹介文トレ美アンなスイスの風景、旅のエピソード等を中心にお伝えしています。
自由文こちらでもスイス情報がゲットできます!!
※トレ美アン de スイスの旅:
http://ameblo.jp/swiss-trip-memo
※Facebook:
https://www.facebook.com/swissfanclub
※Twitter:
https://twitter.com/swissfanclub
※アーカイブ:
http://blog.livedoor.com/blogneta/entry/227562
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供340回 / 365日(平均6.5回/週) - 参加 2014/05/02 10:18

アレグラ さんのブログ記事

  • ロマンチックな夜景! スイス・チューリッヒ
  • ≪Zürich/チューリッヒ:1月の風景≫チューリッヒの夜の散歩は楽しいフラウミュンスターのシャガールのステンドグラスも映えるさらにチューリッヒでキラキラと輝く夜景を見ながらちょぴりロマンチックな気分になりたいときにはチューリッヒで一番高いところへ以前、冬のワンダーランドでご紹介したことのある、Uetliberg/ユートリベルク(870m) ?待ちわびる美しい樹氷の季節! スイス・チューリッヒ≪チューリッヒ湖畔からの [続きを読む]
  • ルツェルンから鏡の湖へ! スイスの湖
  • ≪8月14日:ニドヴァルデン準州Bannalpsee/バナルプゼー≫Luzern/ルツェルンからこの湖までは2通りのルートがあるが、最速1時間(列車)(+徒歩約15分。)で湖畔へ到着!ルツェルンからも気軽に行けるということもあり、湖はニドヴァルデン準州に属するが、ルツェルンの観光案内でも紹介されてある。バナルプゼーは鏡のような湖として知られているが、中央スイスの穴場といえるかもしれない!≪昨年の秋の風景≫≪2016年9月8日≫≪ [続きを読む]
  • ティチーノ州での夏の戦い!スイスの豆知識
  • ≪8月13日 Monte Gambarogno/モンテ・ガンバロニョ(1734m)からの眺め≫美しい風景を見せてくれるティチーノの夏一方、スイスの中でもより多く蚊が発生するイメージではあるが、日本と同様にジカ熱・デング熱の感染源、やぶ蚊*(ヒトスジシマカ)が発生しないように住民たちは注意をしているそうだ。※zanzara tigre(イタリア語)各自治体ではルガーノ地方Manno/マンノにある大SUPSIが作成した図解入りの注意事項を公表し、注意 [続きを読む]
  • ハロー!私の名前は「・・・・・」 スイス・ロマンチックな物語
  • ロマンチックな物語は30年前に始まった当時22歳のアメリカ人のケリー・オットマンは新婚旅行でスイスを訪れた。特に目的地を定めることもなく、列車でスイス中を旅して回った。そして偶然にベルナーオーバーラント地方のBrienz/ブリエンツへたどり着く。ケリーは30年前を思い出しながら、こう話す。「ここ(ブリエンツ)は私がこれまでいた中で最も美しい場所だった。もし女の子を授かるならば「ブリエンツ」と名付けよう。」と心 [続きを読む]
  • まさかの8月の雪! スイス・ツェルマット
  • ≪Gornergrat/ゴルナーグラート≫8月11日早朝 ツェルマットは冬にタイムスリップ!10日の夜は雨が降っていたが・・・まさか雪が降るとは誰も思わなかったでしょう。気温もぐっと下がって11日の21時頃にはゴルナーグラートでマイナス4℃≪Riffelberg/リッフェルベルク≫≪Fluhalp/フルーアルプのベルクレストラン(7月上旬)≫昨日の朝、このレストランのテラスには約20cmの雪が積もったそうだ。マッターホルンもまったく見えない [続きを読む]
  • 湖面を染める見事な朝焼け! スイス・グリンデルワルト
  • 8月8日 Grosse Scheidegg/グローセ・シャイデックでの見事な朝焼け!Chlosterseeli/クロースターゼーリ*(map:Antseeuwen)でほぼ東の方角の風景。※「Chloster/クロースター(地名)の小さな湖」の意味。Grindelwald/グリンデルワルト駅から最寄りのバス停Grosse Scheideggまでバスで約25分+徒歩約12分。ただし、夏季のピーク時でもグローセ・シャイデックのバス停へはグリンデルワルト駅からの始発は7時44分、戻り、グリンデルワ [続きを読む]
  • 輝く満月の光を浴びて・・・スイスの風景
  • ≪8月6日 バーゼル郊外 Muttenz/ムテンツにて≫輝く月の光を浴びて・・・8月6日 ベルン州での満月の夜の風景より≪ベルン州Reutigen/ロイティゲンからの眺め≫月を見てほんのりと頬を朱く染めているかのような素敵な風景。写真中央の山:Jungfrau/ユングフラウ(4158m)写真左端:Mönch/メンヒ(4107m)≪Brienzer Rothorn/ブリエンツァー・ロートホルン(2350m)からの眺め≫≪ベルン州Oberthal/オーバータールからの眺め≫写真 [続きを読む]
  • アジアからの観光客が増加!スイスのニュース
  • ≪7月8日 Stellisee/シュテリーゼー(Zermatt/ツェルマット)≫私が訪れたとき、アジアからのツアーの記念撮影が目立っていた!日本人でないことは明らかでしょうさて、昨夜のTVニュースのトップニュースより。3分近く、アジアからの観光客の話題が出た!昨年、テロの影響でアジアからの訪問客が減っていたが、今年、上半期の統計によると昨年に比較すると全体で約3%の増加があったそうだ。特に、中国・インド・韓国からは約15%増 [続きを読む]
  • ライン川に浮かぶ音楽の島! スイス・ライナウ
  • ≪8月2日:Klosterkirche Rheinau(ライナウ修道院)≫チューリヒ州Rheinau/ライナウライナウの北部はドイツに囲まれている。ライナウ北部のライン川に浮かぶ島"Kloster Insel/クロースター・インゼル"。修道院の島を意味する、この島はスイスとドイツの国境に位置する。≪西の方角からの風景≫【動画】Kloster Rheinau(ライナウ修道院)の様子教会では定期的に無料(※寄付あり)のオルガンコンサートが行われている。 ?オルガ [続きを読む]
  • 印象的な山のある風景! スイスの風景 2017-07
  • ≪7月3日≫ヴァレー州Gornergrat/ゴルーナーグラート(Zermatt/ツェルマット)からの眺め写真中央の背景の山はWeisshorn/ヴァイスホルン(4505m)??2017年7月:山のある風景より≪7月4日≫ツェルマットでの夕暮れの風景言うまでもなく、背景の山はMatterhorn/マッターホルン(4478m)≪7月6日≫ニトヴァルデン準州Stans/シュタンスからの眺め巨大な積乱雲に覆われたBrisen/ブリセン(2404m)≪7月8日≫ベルン州Hornseeli/ホルン [続きを読む]
  • 流れる霧に心が動く♪ スイス・エッシネンゼー
  • 霧がかかる風景はこんなに美しいのかと感動しながら山道を歩いたOeschinensee/エッシネンゼーと湖の周辺は世界遺産(自然遺産)に属する。湖の北部のハイキングルートでは、湖を見下ろせる絶景ポイントがいくつもあるが、めったに見れない幻想的な霧の風景で心が打たれた霧の流れは速く、このように太陽が顔を出すのは一度にわずか数十秒。霧がまるで白い煙のように静かに流れていく。秋のような情景。Blüemlimsalp/ブリュームリ [続きを読む]
  • スイス国旗がたくさん見られる日! スイス建国記念日
  • 本日はスイスの建国記念日スイスでは自宅の庭に普段からスイス国旗を掲揚しているところも少なくない。建国記念日が近づくと、赤白の国旗がものすごくたくさん目に留まる。先週の土曜日、Kandersteg/カンデルシュテークの民家では、ご夫婦で建国記念日を祝う飾り付けをしていた。スイス国旗が並ぶと本当に可愛い??オプヴァルデン準州Alpnach/アルプナーハの教会では毎年、祭壇に国旗が置かれる。今年はお花もスイス国旗のデザイ [続きを読む]
  • 霧に浮かぶ山! スイス・カンデルシュターク
  • 7月28日、快晴ではなかったが思い切って世界遺産(自然遺産)に一部が登録されている、ベルン州のKandersteg/カンデルシュテークへカンデルシュテーク駅から数分歩いたところからの眺めお昼少し前の風景だが、霧はときとして面白い光景を見せてくれるこのような風景が見られたのは、とてもラッキーだった背景の山は Bire/ビーレ(2502m)。面白いことに、この山は魔法の山のようだ!Oeschinensee/エッシネンゼーへ向かう途中では、 [続きを読む]
  • ツェルマット!夏の夜は・・・スイスの古い家
  • ≪Zermatt/ツェルマット:新旧の建物が組み合わさったホテル≫もしツェルマットの村の中心部に宿泊するならば・・・ツェルマットでは下りのロープウェイ16時半頃が最終。夏は21時頃まで明るい。ホテルに戻る前に村の中心部を散策するのも面白い!特に、日本でいう弥生時代の高床式倉庫を思い出すようなヴァレー州独特の木造の小さな家は必見昔、Stadel/シュターデル(納屋)、Speicher/シュパイヒャー(穀物倉庫)として利用されて [続きを読む]
  • 忘れてはいけないスイスの世界遺産の山!
  • ≪7月23日:ヴァレー州Unterbäch/ウンテルベッヒ(1180m)からの眺め≫ヴァレー州Raron/ラロン(633m)からロープウェイで約8分。お天気が良くない日が続いたあとでの明るい陽射しの中で山を見上げる!三角錐状に見える山はBietschhorn/ビエッチホルン(3934m)。地元の人には人気の山!なぜかというと・・・スイスの世界遺産(自然遺産)に最初から登録されている地域に属する山で当初、2001年にはこの山の名前も含まれていた「J [続きを読む]
  • 稲妻の花火!スイス・ライン渓谷
  • 7月19日19:45頃 St. Galler Rheintal(ザンクト・ガレン地方のライン渓谷)レーダーによると19時半から約30分間ライン渓谷では稲妻がたくさん発生した。【位置情報:ザンクト・ガレン地方のライン渓谷】 Hoher Kasten/ホーアー・カステン山について ?スイス・オーストリア・リヒテンシュタイン・ドイツ, ホーアー・カステン昨夕、バーゼルでもスイスには雷神はどのくらい訪れるのだろう?風神とともに一気にスイスの空を移動する [続きを読む]
  • 見事な空の構図! スイスの空
  • ≪Schynige Platte/シーニゲ・プラッテ:7月18日陽が沈む頃≫18日、日中は暑かった!最近の山の天気を見ると、昨年はなんて素晴らしい夏だったのだろうと思い出す。今週は特にどこの山へ行くにも雷神が待ち伏せをしていて、山へ登るのに躊躇してしまう≪ちょうど一年前の午後の風景≫しかし、考えようによって珍しい空の構図が見れると思うとそれもいいかもしれない!18日と一年前の写真を比較すると一目瞭然アイガー・メンヒ・ユ [続きを読む]
  • ツェルマットでの夏のスター! スイスの動物
  • ツェルマットでの夏のスターたちペーターたちと登場する大勢のカメラマンは笑顔とともにシャッターを切るホテルのシャトルバスはスターたちの道をふさがないように気を付けながら走る。可愛い親子に出会ったパレード中もオッパイが欲しくてチュチュして仔がいたそして何だか、こんな会話を想像したシーンだったお母さん:「ちゃんと、カメラのほうを見てあげて!」「ハイ・ポーズ!」3親子で 赤ちゃんはまだチュチュしたまま白ヤ [続きを読む]
  • 黄金色に輝くマッターホルン! スイス・ツェルマット
  • ≪Zermatt/ツェルマット:05:56≫今回の旅の目的の一つである、ホテルのお部屋からマッターホルンを楽しむこと前日の夕刻には雲のカーテンに隠れていたマッターホルンは夜遅くにはすっかり幕があがり、満月ではなかったが月の明かりでホテルのお部屋からマッターホルンのシルエットを楽しむことができた!とても静寂な夜は早朝も同じだった。05:30今回宿泊したツェルマットでのホテルのお部屋は、バルコニーからはもちろんのこと、 [続きを読む]
  • フェデラーもお勧めのスイスの夏!
  • 日曜日、ウィンブルドンテニス試合終了後、恒例のチャンピオンズ・ディナーが開催された。男女の優勝者がダンスを披露するという伝統*があり、女子シングルス優勝はスぺイン出身のガルビネ・ムグルサ。彼女はプレスカンファレンスで「ロジャーと踊りたい。」と語っていたが、結局のところ、ダンスミュージックも流れず、お互いに疲れているという理由から実現できず一夜明けて、昨日のフェデラーへのスイスTVのインタビューではパ [続きを読む]