yabusaka さん プロフィール

  •  
yabusakaさん: 走れ!妄想自転車
ハンドル名yabusaka さん
ブログタイトル走れ!妄想自転車
ブログURLhttp://ameblo.jp/hbhpv/
サイト紹介文リカンベントという自転車を自作しています。目指せ最高速!いやその前にホントに走るのか?(笑)
自由文スチールパイプを使用したフレームから自作する、前輪駆動、前輪操舵のローレーサー(?)です。はたしてどんな乗り心地なのか、それ以前にこの設計で実際に走る事ができるのか? もう引き返せない! 作って走ってみるまでは・・・。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/04 18:16

yabusaka さんのブログ記事

  • 結局人間次第では・・・?
  • 自転車は人間が操って初めて走る事ができます。こんにちは! yabusakaです。  前回出来上がった、後輪の操舵機構が「マシン側のチャレンジ」とすれば、今回考えるべき事は人間側がどうそれを「制御するべきか?」という事・・・。  以前にもワイヤー駆動でハンドルに取り付けたレバーから左右の操舵を操作する・・・と、ざっくりした方針だけは決めておきました。  しかし、もっと突っ込んで決めてお [続きを読む]
  • 楽しく精神修養・・・
  • ホイール組みは、いつだって精神修養・・・!こんにちは! yabusakaです。  ハブとスポークと、自作のディスクアダプター! を前に、振れ取り台とニップル廻しと・・・道具類を集めて準備を進めるのも楽しいものです。  頭の中で組み立ての段取りを確認しながら、最初のリム穴にスポークを通す瞬間から一気に「集中」に入ります。 この時間が好き・・?   なので、「ホイール組み」は周囲が寝静まり返 [続きを読む]
  • 知りたい?・・・が一番
  • 誰かに許してもらわずとも・・・結局のところ自己責任!  その先どうなっているのか? 見たい、知りたい、走って体感したい〜! こんにちは! yabusakaです。  前回、悩みながらも作り始めたブレーキアダプターですが、不安要素も抱えながらも「知りたい欲求」に突き動かされながらグイグイ進んでおります。 前回のやり方でディスク板がしっかりと固定できる仮定(?)して、今回はディスクの回転を [続きを読む]
  • だれか許して!?
  • 「これだけ」はハズせない・・・そんなポイントを見極めるのはとても大事だと思います。こんにちは! yabusakaです。  今回製作しているディスクブレーキ用アダプターについても、ハズせないポイントは勿論あります。  それは、取り付けたディスク板が回転した際に「ブレずに回るのか?」という事です。  回転するディスク板をキャリパーで挟み込み、パッドを押し付けて生まれる「摩擦力」を「減速させるパワー」とし [続きを読む]
  • 「保証」の限りではありませんね・・
  • 既成の部品を探してみても、どうしても条件に合わない・・・だったら造ればいいジャン!?  こんにちは! yabusakaです。  確かにね〜! イチから造れば手っ取り早いんですが、それは既成品のもつ「保証された機能」が使えなくなってしまうということ・・・。 洗練されながら(たぶん・・・)時代に合わせて次々と新しく規格化されていく「現代のコンポーネント」を舐めちゃイケないですよね。  組み合わせさえ [続きを読む]
  • 超重要! だ・か・ら!?
  • スムーズに! 物事が進んでいく事はストレスが無くて心地よいものです! こんにちは! yabusakaです。  前回はスムーズに後輪がスイング出来るようにとベアリング球を使った機構を製作してみました。  しかし、製作自体は「スムーズ」とはいかず、難産でした・・・。  精度が要求される割に「大きな力」が掛かる条件なため、ゴツい材料をキッチリとした寸法で加工しなければ機能しないのです。ああ、タイヘン・・・ [続きを読む]
  • ボール入ってます!
  • 「ごたく」はいいから、とっとと造って走ってみよう! ・・・と、なんのヒネリもなく、まったくもってその通りですね〜!・・・ という訳で(やっと)製作に突入〜!  こんにちは! yabusakaです。  以前に操舵機構を検討した際、見つけた「バイシクルトライアル用」でナローなOLDのフロントホイール用ハブを片手に、必要な部材の寸法を測っていきます。  そもそも限られたスペースしかないので、すでに決 [続きを読む]
  • 第三のレバー!?
  • 「妄想」と「現実」の間を行ったり来たり・・・翻弄されながらも少しづつでも前進〜! こんにちは! yabusakaです。 前回、後輪がステアした際の接地面の移動について書いてみましたが、問題といえば問題です・・・。  でも、左右の操縦性の違いを理解して乗る分には大丈夫な気もします。  実際、どれだけの影響が出るのか、それとも出ないのか?それは造って、走ってみる以外に確認する「術」がないので [続きを読む]
  • 気にしないにしても・・・
  • 小さな事は気にしない〜! 問題はそれが「小さなコト」とくくってしまって良いコトなのか?ということ・・・こんにち! yabusakaです。  個人的にはもちろん!? 小さなコトには拘らない主義ですが、小さいように見えて実は「重要なコト」もたくさんあったりします。  たとえば、前々回にフリをしておいた「気になるコト」などはまさにそんなコトで・・・。  というのも、リヤホイールを左右にステ [続きを読む]
  • 2.5次元・・・!?
  • 2次元とか、3次元とか、とかく現代のモノづくりの世界では次元(ディメンション)という概念で現場も動いています。2D CADとか、3D加工機械とか・・・です。  ところで、今流行っている、「2.5次元」とは一体何でしょうか・・・? (笑) こんにちは! yabusakaです。  2.5次元の事はおいておいて(?)、前回縦方向というか真上から見下ろした視点でホイールの可動域(操舵角)を検討しました。  今回はこれを90度グイッ [続きを読む]
  • ミニマルな妄想で!
  • 「ミニマル!」・・・いわゆるミニマリズムというのは日本独特な、「最小限かつ豊かな生活を送ろう」とか「侘びさび・・・」を伴った価値感のコトを言うようですね〜? こんにちは! yabusakaです。  何故そんな事を言い出したのか? というと、今回の「操舵機構」を実現するには限られたスイングアームの内側のスペースで完結する事が求められているからなのです。  そう、今回の「操舵機構」を実現するには極力シンプ [続きを読む]
  • 「ヘン」の代償!?
  • 変な乗り物ダイスキ〜! でも、「普通」と違うものには「普通」にもたらされるメリットが備わっていなかったり・・・こんにちは! yabusakaです。  なんの変哲も無い・・・といえば、いかにも魅力がないと思ってしまいますが、何処かで見た事のある、「よくあるカタチ」というのは数々の淘汰をくぐり抜け、あらゆる相反する要求に高い妥協点を持って達成されている事が多いのです。  思い付きで気軽にカタチを変えたとこ [続きを読む]
  • 教えて!レジェンド?
  • シビレル・・・前回ある所で発見した記事には、過去に製作された「試作車」の写真が・・・。こんにちは! yabusakaです。  某研究所にて、1990年代に研究されていた2ws。従来の自転車の安全性を高める目的として研究が始まったそうです。  その頃4輪車でも4wsという機構が採用が検討されていた時期でもあり、なんというか流行?していたのかもしれないですね〜!  資料を良く読んでみると、 [続きを読む]
  • 舵とりはどちらが得意?
  • 舵を切る・・・舵といえば「船」ですね! 過去を遡ると、人類の造り出した「乗り物」としては「船」が大先輩になるワケで、他のジャンルの「乗り物」にも船関連のワードが使われているのもナットク・・・?  こんにちは! yabusakaです。  「舵」といえば、船体の後部に付いているモノというのが一般的ですが、その形に落ち着くまでの間には、いろんな「舵とり機構」が考えられていたんじゃないカナ〜!?と [続きを読む]
  • 忘れられない・・・「あのコ」?
  • 脱力感・・・なにかを一生懸命やり遂げた後、ふと張りつめていたモノがぷっつり切れて、なにも考えられなくなるもの、ですよね!? こんにちは!yabusakaです。 無事に旅(?)から帰って部屋に持ち込んだマイ・マシンを眺めながらぼぅ〜っとビールを啜っている時はまさに脱力感・・・でした。  当初、「妄想」した数々のアイデアのうち実現できそうなモノは一通り手をつけてみたので、まあ満足♪なわけですよ [続きを読む]
  • 近所で旅気分!?
  • 「とおく〜のぉ 街を歩いてみた〜いぃ♪」どこか遠くへ行きたい・・・という訳でちょっとだけ旅気分。 こんにちは! yabusakaです。  前回までに色々と試して、それぞれのハンドルポジションの得意、不得意が解りました! 走るTPOに合わせてハンドルをセッティングする事で、大抵の場所は走る事ができそうだ、と自信が付いた事もあり、少しだけ遠くに脚(足?)を延ばしてみました。  一番楽ではないものの、 [続きを読む]
  • ハンドルポジション比較! その3
  • ハンドルポジション比較シリーズ第3弾〜!! リカンベントというだけでも珍しいジャンルなのに、その中で前輪駆動/操舵車でのハンドルポジションがどうのこうのと・・・_。  この情報、一体どれだけの人のお役にたつのだろうか??? 妄想の世界から一瞬、正気(?)になってそんな事を考えてみたり・・・こんにちは! yabusakaです!  思い返せば、スタートからして「楽しそうだから♪」という理由でグイグイと進めてきま [続きを読む]
  • ハンドルポジション比較! その2
  • 前回は、完成した、 yabusaka専用可変ポジションバー!(だっけ・・・?)の試走で、オープン・コクピットを試しました。こんにちは! yabusakaです! 今回も。いかに「マッタリと何処までも・・・」という評価基準を忘れてはなりません! では早速ハンドルポジションのチェンジと行きましょう!  固定のためのクイックレバーを解除して、高くそびえ立っていた(?)ハンドルバーをグイッと下方向に回転させて、 [続きを読む]
  • ハンドルポジション比較! その1
  • 前回は専用ハンドル製作のためとはいえ、手持ちのクイックレバーを3本もカット!してしまい、今後ホイールの運用で困りそう・・・。  と思いきや、溜めこんでいた中古部品が発掘されたのでひと安心!? こんにちは! yabusakaです! ひと安心・・・などとお気楽に言ってはならないんでしょう、ね〜!!  そう、問題は溜めこんでいる、中古自転車部品の数々をどう整理(断舎利?)するか・・・です。 [続きを読む]
  • 目指すはキカイ?
  • ハンドルバーとひとコトで言っても、自転車の用途が違えば形状も素材も変わってきます! こんにちは! yabusakaです。  前回の「妄想」を元に、早速製作してみました! もはや「ハンドルバー」とひとことで言って良いのか判りませんが・・・?  基本的にはスチールパイプを加工して作りました。分割構造のため、局所的に大きなチカラが掛かってしまうので、安全のため・・・使い慣れた鉄で! とっても重たいけど、鉄 [続きを読む]
  • 「スペシャル感」という妄想?
  • 〜専用・・・昔から「○○○専用」といえば、男のコ的には「スペシャル感あふれるメカ」と相場が決まっているワケ(?)ですが、マイマシンは殆どの部品が「専用品」のカタマリ・・・。  でもスペシャル感がイマイチなのは何故? こんにちは! yabusakaです。  前回、試したバンザイハンドル? ではなく、オープンコクピットといわれるアップタイプのハンドルポジションか゜事の他「良い印象」だったため、もっと都合 [続きを読む]
  • バンザイが意外と良い?
  • 「自己満溢れる」製作が続いていましたが、今回はグッとタメになる!?改造です。こんにちは! yabusakaです。  いったい、どうタメになるのか? という事ですが、以前の「祭り」のあと反省点として挙げた事が宙ぶらりんになっていました。  それは、初めて乗る人にとってUSSは敷居が高い! 高すぎる〜!!・・・という事です。 ならば、変えてみようじゃないですか! ハンドルポジションを!! そう、まったくの別モノに・・ [続きを読む]
  • 溢れ出る!?自己満・・・
  •  キャリアが完成した暁には、そうだ! ○○に行こう!・・・ とか? あそこへも、いっそあんなところ(ドコよ?)だって! と妄想は愉しいですね〜。こんにちは! yabusakaです!  とはいえ、まだまだやる事はイッパイ残っています。とりあえず、色を塗って錆止めしないと余計な仕事が増えてしまう・・・。  色はもちろんフレーム同色で「カーボン・ブラック」で塗りましょう。車体との一体感と、ナント言っても [続きを読む]
  • 理想は現物合わせ!
  •  車体も有る! バッグもアル〜!! (技術はそうでもナイ・・・)だから作っちゃう〜! やっぱり製作は愉しい!という訳でハイテンション。こんにちは! yabusakaです。  ところで「何を?」作るのかといえば、前回検討したキャリアに他なりません。 車体側に固定する位置は色々と検討した結果、「リヤホイールの左右に振れわける」スタイルとしました。  結局はとてもオーソドックスな方式ですが、それはそれなりに [続きを読む]
  • 積載あれこれ・・・
  • 引き続き「旅」テーマで進みます! こんにちは! yabusakaです! 「旅」用の自転車は、時代の流行により様々な変遷を経てきたようです。昔の自転車雑誌をめくってみると本格派ランドナーからMTB、少し前には小径車での輪行なども流行っていました。 そして現代はロードバイクで遠くまで・・・と繋がっているわけですが、人間の方はいつの時代も大きく変わるわけではアリマセン。 大きく変わったのは、「走る道」と「時間」の使い方  [続きを読む]