摩有 さん プロフィール

  •  
摩有さん: Mayu's doll ─少女たちの甘酸っぱい誘惑
ハンドル名摩有 さん
ブログタイトルMayu's doll ─少女たちの甘酸っぱい誘惑
ブログURLhttp://ameblo.jp/mayudoll/
サイト紹介文貴方は、球体関節人形をご存知ですか? 少女人形作家、摩有が、 儚くも妖しい世界にご案内を──
自由文www.mayudoll.com
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2014/05/05 07:36

摩有 さんのブログ記事

  • なので、お菓子よりもスィートなの、ね?
  • もはや、先月のことですけれど(苦笑)知人のカフェで、イラストレーターの川端隆嗣さんが、個展を開催!https://www.facebook.com/people/Ryuji-Kawabata/100006681430878http://www.geocities.jp/yattyatta2004/ご実家は、お菓子屋さんを営まれていらっしゃるとのこと。なので。川端さんの絵は、お菓子以上にスィートな仕上がりなの、ね?うふふ。。頂いたクッキー、大変美味しゅうございました!         †演奏会や陶 [続きを読む]
  • 沈丁花と帯状疱疹と
  • 47歳にして、実は、初体験をしてしまいました。なんと、この私が帯状疱疹に!(笑)聞きかじっていただけですが。本当に、片側の神経に沿って赤くなり、疱疹ができるのですね私の場合は、右側の肋間神経でちょうど、下着のふれるところ。肌の弱い私は、いつもにありがちな、痒みと想っていました。ピラティスレッスンから帰り、脇の下を締めたり、腕を上げると、ずんとした痛みを感じるように。あらん? 早くも筋肉痛?それともバ [続きを読む]
  • ちょっと口笛を吹くように、ね?
  •  たとえこの空が暗く沈んだとしても 変わらない君への想い たとえこの地球の色が消えてゆくとしても 変わらない君への想い たとえこの風が夜を貫いたとしても 変わらない君への想い たとえこの森に水が絶えてしまうときでも 変わらない君への想い『経験の唄』 作詞作曲:佐野元春ある方のブログで、出逢えた曲。まるで、独り言をささやくかのようにまるで、口笛を吹くかのように淡々と歌われる元春さんの、その表情に伺え [続きを読む]
  • 天井桟敷の人々
  • ブログタイトルは──1945年に公開されたフランス映画から、もじったりして(笑)天井桟敷ってある種の高揚感や連帯感が生まれる……とでも云うのかしら?20名くらいのお客さま方が、お気に召されて、休憩を挟みつつ、第二部まで!(ちなみに、この演奏会では同料金です〜)それを物語るかのようにお髭のお兄さんの笑顔がナイスです? うふふ。。やはり写真の小難しいことは、わからないままです……さらには、琵琶も尺八も(苦笑 [続きを読む]
  • ほっこり、温まってくださいな
  • 今日は東京でも雪が降っていますけれど……あなたもどうぞどうぞ、お上がりくださいなうふふ。。 あぁ、炎を見つめながら… バーボンをくぃっといきたいわ 生まれて初めての薪ストーブ。こんなにもほっこり、温かいんですね〜お客さまがこれ、本物ですか? って(笑) 『季楽堂』のオーナー T.Uさん。https://www.facebook.com/kirakudow/慣れた手つきで、炎を操られていましたよ〜先日の、2月5日の日曜日──http://ameblo.j [続きを読む]
  • 今週末、もしお時間がありましたら……
  •  懐深い空間で あなたも、いにしえの音色に抱かれてみませんか……?東京都練馬区にある、けやきの森にある築150年の古民家にて。去年のお盆に朗読と琵琶と尺八の演奏……そして、我がMayu's dollも展示させて頂いた会場が『季楽堂』という名でオープンしています!前回、関係者のみのプレオープンでしたけれど……今回は、薪ストーブに炎が灯り屋根裏部屋まで解放していますよ〜(笑)【Eclipse First Live Vol.1】2017年2月5日 [続きを読む]
  • オタクが世界を作っている
  • タイトルは、ある方のお言葉ですが……なるほどなぁ、と実感。ここ最近、足に合わない靴を何足、処分したことだろう?だからと云って、ピカピカの真新しい靴を増やすより。修理に出してはお気に入りの靴を愛でる方が幸せ、と感じる私。渋谷某所。ソファに座って、仕上がりを待っていると……工房から、つと大柄な男性が現れた。白衣に黒ぶち眼鏡、もっさりとした黒髪。いかにも、という風情(し、失礼!)その手には私のレースアッ [続きを読む]
  • 写真館で撮影した、大昔の写真を眺めているような(笑)
  • ずいぶんとパタパタしておりまして……ようやく、ブログと向き合えました。もう少しアップしないと忘れ去られてしまいそうですけれど(苦笑)去年の10月──朗読家、櫛部妙有先生とのコラボレーションにてお披露目した娘です。Mayu's doll-No.78「青藍(せいら)」http://www.mayudoll.com/doll78.htm絹の着物をリメイクしたワンピースのせいかしら?写真館で撮影した、大昔の写真を眺めているような…(笑)小川未明作『港に着い [続きを読む]
  • お次はレトロで?
  •  やわらかな陽ざしを受け…… 揺り椅子に揺られながら、 うたたね──心地良いまどろみのひとときの中で……お正月を迎えるはずだったのですが。実際は、写真撮影に勤しみヤフーオークションへ出品したりしていました。気が付いたらお雑煮もおせちも食べていないな〜しかしながら、お酒はたっぷん、と(笑)あらん?今年だけでなく、毎年のことでした。。それにしても。年末から、どれくらいの、愛しきドール用品たちが、巣立っ [続きを読む]
  • いつもと変わらないことの大切さ
  • いつも通りに目覚めた、元日の朝に。そのようなことを、しみじみ想うのです。そして、私自身は、がらりと変容してゆきます。「変わらないことに感謝し変わりゆくことを恐れるな」一歩踏み出した己に、そう言い聞かせながら……もし万一、派手に転んだとしても命までは奪われないでしょ?なあんて、うふふ。。皆さまにとってお健やかで、笑顔の咲きこぼれる一年になりますように──                        [続きを読む]
  • 今度はガーデニング風?
  • 今年は、クリスマスもなく。いえ、毎年のことなのですけれど(苦笑)リフォームや断捨離等で、家の中がスッキリ、がら〜んとしています。足さばきも良く、呼吸もすごく楽な感じで。うふふ。。そのお陰かしら?良い風が入ってきて、私にとって、大きな変化を迎えそうです〜お花の部分は「ガーランド」 私自ら、制作したものです!いえいえ。私事は置いといて。先日、アンティーク調の椅子をヤフオクへ出品させて頂きましたけれど。 [続きを読む]
  • 人形との距離感
  • 久しぶりに人形展へ。東京某所。静かな住宅地にある、アトリエにて行われたのです。おめかしした人形たちが、多く座るリビングルームよりも。トルソーや足踏みミシン、ドール関連の書籍……そして、アンティークのリボンやレースがぎゅぅっと収められた棚のある小部屋が、妙に心地よかったでした。恋月姫氏の人形展。三回目でありながらまた、道に迷ってしまう私って……?(汗)思いがけず、カレンダーを頂く。うふふ、な気分(笑 [続きを読む]
  • ソファやイスやあれやこれ?
  • 人形制作だけでなく。ふわり、と浮かんだその、一枚の絵を具現化したくて……撮影や展示会等ディスプレイ用品を求めて、走り回るのが常でした。モニターに向かって、指をカチカチすることも、少なくないのですけれど(苦笑)やはり、足を運んで、直に見て触ってこそ!しかしながら、たった一度だけで、そのまま仕舞い込まれていたり。さらには、色違いで購入したまま、出番のない愛しき小物たちも。ごめんなさいね。。この度、ふと [続きを読む]
  • ツリーから、双子リースへ?
  • 先日のクリスマスツリー少々、花材をつけ足しましてこのような姿に!R先生、勝手なことを致しまして、どうもすみません。。(汗)おや? ふたつ??ミニリースはまるで、双子のようで。うふふ。。双子のひとりはキラキラと光輝く、あのひとの元へ。喜んで頂けているかしら?今でも小胸を弾ませつつ。追伸:どうもすみません   こんなにも   更新が滞ったのは、初めて?   しかしながら、   47歳にして、最も健康的な [続きを読む]
  • 家の中までも雪化粧…
  • 二週間ほど前に受けたR先生のアーティフィシャルのクリスマスレッスン。雪化粧をした、本日の風景に相応しく!なかなか撮影ができず、悶々としていたのですけれど(苦笑)雪のように見えるところは、フェザーなんです〜それにしても11月24日に、東京で初雪だなんて……あぁ、素敵過ぎます。(12月は、どうなっちゃうのかしら?)皆さんも、どうぞ佳き一日を──【 Mayu's doll フォットブック発行のお知らせ 】 【 Art Works 10月 [続きを読む]
  • 葛飾北斎の骨までしゃぶって、完売(笑)
  •   北斎の描いた有名な波の濃い青は  ベルリンから取り寄せられた絵の具で描かれたそうです。  この青さを忘れないようにしながら、  前近代のゆるやかさに迫ってみたいと思っています。                     (作家、多和田葉子氏)毎年恒例、両国「シアターX」http://www.theaterx.jp/多和田葉子さん(朗読)+高瀬アキさん(ピアノ)とのコラボへ行って参りました!今回のテーマは『絵師 葛飾北 [続きを読む]
  • 大人のそれではなく、少女というのでもない
  •   素敵な写真集になりましたね。摩有さんの軌跡を感じました。  いつもながら人形の眼差しには、何ともいえないまなめかしさがあります。  それも大人のそれではなく、少女というのでもない。  ある限られた時間にしか持ち得ない眼差しとでも言えばよいでしょうか。  あの眼差しの中には色々なものが宿っているようで、  男の私であっても人形を目の前にすると、  自分の中の遠い記憶をふと探していたりします。   [続きを読む]
  • ただの酔っ払いの写真ね、と私は云った。
  • 綺麗に、器用に撮られた食事風景なんぞ、ん〜 どうもごめんなさい。まったく、興味がなくて。ご馳走に、歯形が付いていて結構。ナイフやスプーン、お皿が汚れていて結構。テーブルの上の食べ零しもご愛敬、ね?うふふ。。私が惹かれるのはそこに、そのひとの体温や体臭があるか、どうか。粗削りでもいい。酔っ払いでもいい……ん?(苦笑)アーティフィシャルフラワー「ベストフォト賞」受賞手作りのお料理でお祝いして下さった愛 [続きを読む]
  • 写真撮影のコツとは?
  • ①構図②背景③ライティングだそうです。上記は、(株)東京堂さんでの創業90周年イベントアーティフィシャルフラワーコンテスト「ベストフォト賞」を受賞した際、その壇上にてお聞きしたことでした。思いがけず、入賞者として名前が呼ばれ……司会の方に促されて、カァ〜と血が上ったまま、私は壇上に上がりました。それでもそれでも。審査員、山本正樹先生のお言葉をひとつとして漏らさずまい、と……しかと頭を固定しながら、お聞 [続きを読む]
  • 親バカ全開でもいいじゃない?(笑)
  • フォトブック、想像以上に素敵です!紫月ちゃんが一番きれい!と親バカ全開ですが、他のお嬢さま方の美しさにもため息の連続です。私の好きなのは特に六花さん、なんて素敵なんでしょう! オーナーさまがお幸せなこと、想像に難くないです。こんなに素晴らしい作品の数々を拝見して、紫月ちゃんをお迎えすることができた自分の幸運に改めて感謝している次第です。(Aさま)作品の写真集。摩有様の写真の力にも改めて感じ入りまし [続きを読む]
  • その名は、青藍(せいら)
  • 2016年10月10日(月・祝)朗読と人形とのコラボレーション。リハーサル中スマホで撮影に臨んだのですが、納得できるものがなく(汗)そのような中、会場へいらして下ったYさんのお写真が……とっても素敵で!彼女の深紅の唇に私など、ハートを射抜かれてしまいましたわ〜なあんて、うふふ。。実は、ご許可を頂く前で……Yさん、ごめんなさい。でも、それくらい気に入ってしまったのです!数人の方から、お名前を問われていたのです [続きを読む]