ホーセンス さん プロフィール

  •  
ホーセンスさん: 穴馬がいるから競馬はおもしろい!
ハンドル名ホーセンス さん
ブログタイトル穴馬がいるから競馬はおもしろい!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/conan_conan
サイト紹介文レースの傾向分析、過去データの分析、時には勘も使って、隠れた穴馬を炙り出します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/05/07 21:42

ホーセンス さんのブログ記事

  • 2017 高松宮記念(G1)の注目の穴馬!
  • 穴馬として注目するのは、4歳牝馬のナックビーナス。ダイワメジャーの産駒で510Kg以上の雄大な馬体の持ち主で、3歳春からスプリント路線で着実に力を付けて来ている馬です。スプリンターズステークス組が大挙して出走してきますが、勝ち馬から0.2秒差に9頭も入る大混戦で、抜けた馬は見当たりません。同じ4歳牝馬のソルヴェイグがスプリンターズステークス3着と好走しており、夏の札幌キーンランドCではクビ差まで [続きを読む]
  • 2017 高松宮記念(G1)の第1回特別登録馬と予想ポイント!
  • 2017 高松宮記念(G1)の第1回特別登録馬は以下の21頭です。オレンジはレーティング上位5頭の優先主走馬、ピンクは優先出走権を持つ馬、緑は収得賞金により出走可能な馬、白抜きは除外対象馬です、白抜き馬名の後ろにある括弧の数字は繰り上がり順です。過去10年のデータを見ると、1番人気の成績は(4-1-3-2)でスプリント戦とはいえG1レベルでは大きな紛れは少ない傾向で、極端な大穴は出ていませんが、人気馬同 [続きを読む]
  • 2017 スプリングS(G2)の結果と回顧
  • 2017 スプリングS(G2)の結果は以下となりました。予想結果1着サトノアレス4着2着トリコロールブルー5着3着アウトライアーズ2着【総評】内枠各馬が好スタートを切りましたが、サトノアレスは躓いて出遅れ最後方からとなりました。モンドキャンノが早め3,4番手と先行しましたが、他の人気馬は後方からとなり、後方4番手からウインブライト、後方3番手からアウトライアーズ、トリコロールブルーは後方2番手の追走とな [続きを読む]
  • 2017 ファルコンS(G3)のホーセンス予想!
  • 力のある差し・追い込み馬が活躍しているレースで、2勝馬以上を中心に狙いを絞ります。本命は、一戦ごとに末脚の鋭さが増してきているナイトバナレット、前走は先行有利な中山1600Mの2番枠からにも拘らず、スタートが遅く最後方からとなりましたが、4コーナーから外に出して鋭く伸び差し切りましたので、距離短縮でもチャンスと考えます。対抗には前走の惨敗を度外視してコウソクストレート、左回りで良馬場なら実績があ [続きを読む]
  • 2017 スプリングS(G2)の注目の穴馬!
  • 穴馬として注目するのは、トリコロールブルー。3戦2勝2着1回のパーフェクト連対を続けている馬で、底を見せていないという魅力があります。ステイゴールドの産駒ですが480Kg台と馬体重にも恵まれて、昨年7月の中京2000Mの新馬戦を中団より後ろの位置取りからメンバー中最速の上がりで差し切りました。2戦目は4ヶ月後、5頭立ての京都2000Mの黄菊賞を後方2番手からメンバー中最速の上がりで2番手まで上が [続きを読む]
  • 2017 ファルコンS(G3)の注目の穴馬!
  • 穴馬として注目するのは、牝馬のデスティニーソング。これまで6戦して2勝、2着1回、3着1回という成績ですが、メイショウボーラーの産駒ということで距離適性は短距離、1200M戦を5戦、1400M戦を1戦というキャリアです。兄弟にも目立った活躍をしている馬もいないため、デビュー戦からあまり注目されておらず7番人気、中団から脚を伸ばして3着に入りましたが、続く同条件の未勝利戦でも8番人気と低評価のままでした。2 [続きを読む]
  • 2017 フィリーズレビュー(G2)の結果と回顧
  • 2017 フィリーズレビュー(G2)の結果は以下となりました。予想結果1着カラクレナイ1着2着レーヌミノル2着3着ジューヌエコール4着【総評】レーヌミノルが一番いいスタートで出遅れたのはゴールドケープ、内枠各馬が押してアズールムーンが先頭、ベルカプリなどが続いて、ジューヌエコールも先行態勢、レーヌミノルは抑えて中団の外目、カラクレナイは後方2番手に控え、最後方から出遅れたゴールドケープとなりました。前 [続きを読む]
  • 2017 金鯱賞(G2)のホーセンス予想!
  • レース編成の変更があったため、今年のレースは前回のレースから3ヶ月しか経っていないため、前走の1着から3着の馬が揃って出走しており注目が必要です。本命は前年の金鯱賞3着のサトノノブレス、この馬G1では惨敗が続いていますが、G2以下では馬券圏内を外しませんのでここはチャンスと見ます。対抗には休み明けを苦にしないルージュバック、左回りは安定していますし、牡馬に引けを取らない力の持ち主と考えます。 [続きを読む]
  • 2017 フィリーズレビュー(G2)の注目の穴馬!
  • 穴馬として注目するのは、古風な名前のカラクレナイ。3戦2勝の馬ですが、ここまで3戦全てが1400Mのレースを使っている馬で、父ローエングリンは中距離馬でしたが、母バーニングレッドがスプリンターで、母方の血が強く現れているためかスプリンターよりの距離適性を示しています。デビュー戦は京都1400M、フルゲート18頭立ての大外枠で、後方からメンバー中最速の上がり34.4秒で追い込むも4着まででした。 [続きを読む]
  • 2017 金鯱賞(G2)の注目の穴馬!
  • 穴馬として注目するのは、4歳馬のプロディガルサン。ラングレー、リアルスティールの全弟ということもあって、血統的にもデビュー前から注目されていた馬で、東京マイルのデビュー戦は1.4倍の圧倒的な人気に応えて勝利し、2戦目のオープン芙蓉Sも上がり最速の末脚で差し切って連勝しました。3戦目の東京スポーツ杯2歳S2着で賞金を加算しましたが、その後調子が上がらず予定していた弥生賞を回避し、皐月賞にも出走で [続きを読む]
  • 2017 弥生賞(G2)の結果と回顧
  • 2017 弥生賞(G2)の結果は以下となりました。予想結果1着ダンビュライト3着2着グローブシアター8着3着コマノインパルス6着【総評】外からマイスタイルがハナを奪って2番手にダイワキャグニー、ダンビュライトも気合を付けて5番手と先行し、中団からベストアプローチとグローブシアターが追走、後方からカデナにコマノインパルスとなりました。2馬身離して逃げるマイスタイルのペースは遅く、前半3ハロンが36.6秒、 [続きを読む]
  • 2017 チューリップ賞(G3)のホーセンス予想!
  • 最終的に12頭立てとなりましたが、過去10年を見ても3回13頭以下となった年がありますが、それは1番人気にブエナビスタ、レーヴディソール、ハープスターが1.1倍の圧倒的な人気に押された年です。今年はそれらの年とは異なりますが、逆に2頭が抜けていると各陣営が判断しているのではないかと思われます。火曜日の注目馬でも書きましたが、上位2頭に続く実績でオープン勝ちのあるアロンザモナは上位2頭とはかなり [続きを読む]
  • 2017 弥生賞(G2)の注目の穴馬!
  • 混戦ムードの牡馬クラシック路線の最初のトライアルにも重賞上位馬が顔を揃えてきました。穴馬として注目するのは、グローブシアター。ご存知の通り、父キングカメハメハはダービー馬、母シーザリオはオークス馬という超良血で、兄弟もジャパンカップを制したエピファネイア、デビュー2戦目で朝日杯FSを勝った全兄リオンディーズとG1馬になっており、走らない要素を見つけることが難しいくらいです。兄2頭とも2歳の1 [続きを読む]
  • 2017 チューリップ賞(G3)の注目馬!
  • 稀に見るハイレベルな3歳牝馬路線にあって、2歳から活躍している馬の2強が出走してきますので、レースそのものが2強の勝ち負けに注目が集まっています。阪神JFの勝ち馬ソウルスターリングと2着のリスグラシュー、前者は3戦3勝、後者は4戦2勝、2着2回とパーフェクト連対で、この2頭は今回と同じ舞台で勝ち負けをしていますので、一部には勝負着けは済んだとの意見もありますが、阪神JFが極端な枠順だったこともあり、展開によ [続きを読む]
  • 2017 中山記念(G2)の結果と回顧
  • 2017 中山記念(G2)の結果は以下となりました。予想結果1着アンビシャス4着2着リアルスティール8着3着ヴィブロス5着【総評】外から気合を付けてロゴタイプがハナに立ち、2番手に大外クリールカイザー、内からマイネルミラノ、ネオリアリズム、ヌーヴォレコルトと続いて先団を形成、中団からリアルスティール、ヴィブロス、後方3番手にサクラアンプルール、後方2番手からアンビシャスが追走する展開となりました。コーナ [続きを読む]