めぐみ さん プロフィール

  •  
めぐみさん: めぐみの変身ブログ
ハンドル名めぐみ さん
ブログタイトルめぐみの変身ブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/tokyo9999/
サイト紹介文変身の遍歴や思いについて書き連ねています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/05/08 04:04

めぐみ さんのブログ記事

  • 女装と罪悪感
  • 最近、若い頃はどうしていたかなって思い出したりしています。 サロンデビューが早かった私も、当時は学生で親と同居の身。 自分の部屋はありましたが、あまり女装用品を隠せるところはありません。 サロンって突然行きたくなって行ったりしていたんですが、そのあと、何故かすごく罪悪感に苛まれるんですよね。 女性が好きなのに、その気持ちが女装の方に向いてしまう。 女装したくなると、突っ走ってしまうんですが、そのあと罪 [続きを読む]
  • 女装して熱中症になった話
  • 毎日暑いですね〜。 もう、梅雨明けしたんでしょうか? こんな日が毎日続くと思うと、うんざりです・・・・。 さて、本題ですが、昔々の話です。 今から20年くらい前でしょうか、新宿にエリザベスがあったんです。 その頃の本店は、確か亀戸にあったはず。 エリザベスの支店が新宿にあったんですよ。 新宿と言っても、新大久保から近かったですね。 1Fがコンビニで、半地下になっているところがエリザベスでした。 最初はショップ [続きを読む]
  • 女装バレせず長く女装を続けるために
  • 女装活動が活発だったるみさんが、突然ブログを休載してしまいました。 たぶん、女装もしばらく活動休止するのだろうと思います。 ブログなどを通じて多くの方を見てきましたが、女装を長く続けていくことって、実は大変なんですよね。 大抵の方は、秘密裏に行動しなければならないから、ある程度の時間的余裕や気持ちの余裕がないとできないのです。 エリザベスなどで活躍されているまことさんから、以前コメントをもらいました。 [続きを読む]
  • 何年経っても女装で緊張
  • 私は女装歴で言えば、かなり長い方です。 初めてサロンに行ったのも、約30年前。 それから何回サロンに行ったのか数えきれません。 でも、いまだに変身前は、とても緊張するんですよ。 今、こんなことやっちゃっていいのかな・・・・・。 変身後は、妻にバレないかな・・・・・・。 これから、男服を脱ぎ棄てて、女になるんだ・・・・・。 バッチリメイクして、自分が自分じゃなくなるんだ・・・・・。 道行く女性を見ていて、これ [続きを読む]
  • ブログに人生を賭けてみる
  • 小林麻央さんが亡くなりましたね。 私よりずっと若くて才能にも恵まれているのに、残念です。 彼女は闘病中、ずっとブログを書き続けました。 闘病はつらく苦しいものでしかなかったと思いますけど、自分を包み隠さず、あくまでも前向きに書き続けました。 自分の人生をブログに賭けていたのかもしれませんね。 それによって多くの方が共感し、同じ病気で闘病している人への勇気へと繋がりました。 彼女に比べれば、私なんてどうに [続きを読む]
  • 守ってあげたい
  • Yoy don't have to worry worry守ってあげたいあなたを苦しめる全てのことから初めて言葉を交わした日のその瞳を忘れないでいいかげんだった私のこと包むように輝いてた遠い夏息をころしトンボを採ったもう一度あんな気持ちで夢をつかまえてねSo you don't have to worry worry守ってあげたいあなたを苦しめる全てのことからCause I love you, cause I love you. 懐かしい曲ですよね。 1980年代前半の松任谷由実の曲です。 曲を聴 [続きを読む]
  • 実は恐ろしい女装バレ
  • 「女装趣味」って一般的に使われる言葉なので、女装は趣味として認められているんですよね。 でも、この響きには、変態とか気持ち悪いとか、そんな意味が込められていると思います。 「女装趣味」という語は、要は一般的な趣味とは違って、オタクと同じように、侮蔑の色合いが濃いのでしょう。 故に、近親者にはやってほしくないのだと思います。 夫婦の場合、夫の女装趣味が発覚して離婚に至るケースもあります。 妻にとっては、 [続きを読む]
  • 女装で体験する日常に感動!
  • 日常生活って、毎日、毎日同じようなことの繰り返しですね。 朝、同じ時間に起きて、満員電車に乗って、黙々と仕事をこなして、いつも同じような昼食を食べ、また黙々と仕事をこなして、満員電車に揺られて家路につく。 なんか、つまらないなと思ってしまったりします。 でも、何事もなく一日が終わるって、本当は幸せなことなんですよね。 日常でトラブルが起こるのは、やっぱり困るんです。 だから、何事もないのが一番の幸せと [続きを読む]
  • 男だって綺麗になってみたい
  • 女性って、季節によっていろんな衣装がありますよね。 また、節目節目で特別な衣装があったりします。 男性にはあまりそういうのって、ないですね。 男性であるとすると、ネクタイを外したクールビスくらい? 何だか、男性は損している気分になります。 特別な衣装を着た女性って、注目を浴びますよね。 当然、それに憧れる男性もいるわけです。 そう言えば、昔の女装って、完全にキワモノ、変態扱いでした。 昔のエリザベスって、 [続きを読む]
  • 女装したい奴みんな来い
  • まだ、私が若い頃です。 会社で地域の祭りに参加していたのですけど、せっかくだから仮装して出てみようという話になったんです。 じゃあ、何の仮装にしようかと話し合っていた時に、女子から「男子は女装で決まりね!」との声が。 私は「え〜〜」と言いつつ、内心ガッツポーズ。 そこで私の方から、「予算が少ないから仮装にお金かけられないし、女子の制服でも着るかな・・・・・」とやんわりと提案。 女子も、「あ、大丈夫。退 [続きを読む]
  • 女装のあとは誇らしげに
  • 昨日、仕事の帰りに、電車の中で私が着たことのある制服を着ている子を見かけました。 この制服、今、ZOOMさんに置いてあります。 セーラー服の伝統校なんですけど、必ず校章をつけているのでわかるんです。 まだ冬服で、昨日は暑かったから、腕まくりをしていました。 もう、セーラー服の学校はほとんど中間服や夏服になっているようですが、なぜか頑なに冬服でしたね。 中はジャンパースカートだし、たぶん、蒸れるんじゃないか [続きを読む]
  • ブログを始めて3年
  • 今日でブログを始めて、丸3年になります。 3年も続いちゃったのかあ、というのが正直な感想ですね。 ブログを始めた時は、ゴールデンウィークで何もすることがなくて、酒に酔った勢いで始めたんです。 当時は女装のことを誰にも語れず、悩んでいたところもありました。 自分としては世間体を考えて止めたかったけど、どうしても止められなかった女装。 もう、正式に「自分の趣味」として受け入れるしかないかなと悟り始めました [続きを読む]
  • 我が女装人生に悔いなし
  • 「我が女装人生に悔いなし」と言っても、女装を止めるわけじゃありませんよ。 ましてや、人生を終えるわけでもありません。 私は子供の頃から、変身することに興味を持っていました。 別に女装でなくてもよかったんです。 ウルトラマンの着ぐるみでも。 そのうち、化粧品に興味を持つようになり、母親がいない時に鏡台をいじるようになりました。 口紅から始まり、最後はファンデーションやマスカラまで使えるようになりました。 [続きを読む]
  • 制服愛
  • 制服が好きになって女装してみるっていう方は、意外と多いようですね。 私も最初に憧れたのは、女子の通学服。 制服の魔力って何なんでしょうね。 思うに、個性がまちまちの多くの女性たちに、同じ服を着ることを強いていることも、一つの要因かもしれません。 女子のみんなが着ている格好と同じ格好をしてみたい。 女子のみんなが着ている服って、どんな着心地なんだろう。 そんな気持ちが働くのかもしれません。 女子のみんなが [続きを読む]
  • 女装でわかる女性の気持ち
  • 女装していると、男でいるときと違う感覚に気づいたりします。 ヒールで歩くときのバランスのとり方とか、ミニスカートで歩くときに思わずスカートをおさえてしまったりとか。 あとは、ブラの締め付けって結構苦しいとか、メイクしている顔を触れないし、ちょっと何かあると化粧崩れが気になって鏡を見てしまうとか。 これって、女装して初めて気づくことです。 上りのエスカレーターで、ミニスカ女子高生がスカートをおさえるのに [続きを読む]
  • 女装は思い立ったが吉日
  • 最近、ブロガーさんたちを見ていると、それなりの年になってから、女装を始め、そしてハマってしまったという方をお見掛けします。 「女装」ってちょっと興味を抱く人は多いと思います。 女装してみるとどんな顔になるんだろう、女性の下着や憧れの衣装を一度着てみたい・・・・・・・。 でも、やってみるのはちょっとまずいんじゃないか、やってみて出来栄えがひどかったらどうしよう・・・・・・・。 そんな [続きを読む]
  • 時代はまわり女装もまわる
  • そんな時代もあったねと、いつか話せる日が来るわあんな時代もあったねと、きっと笑って話せるわだから今日はくよくよしないで、今日の風に吹かれましょうまわるまわるよ、時代はまわる。喜び哀しみ繰り返し、今日は別れた恋人たちも生まれ変わって、巡り合うよ ずいぶん昔ですが、「時代」という曲がありました。 女装のあり方も、時代と共に変わってきています。 私は、女装歴は長く、子供のころから化粧品などに [続きを読む]
  • そしてまた朝がやってくる
  • 働き始めて、1週間ちょっと経ちました。 病で耐えられなくなり、逃げるように会社を辞めて、約1年。 正直、また東京のオフィス街に戻ってこれるとは思っていませんでした。 今は慣れない仕事に右往左往する日々。 いい年して新入社員同然の仕事しかできない自分が情けないですが、会社も辛抱強く使ってくれているし、今は必死に仕事を覚えるときですね。 なので、毎日結構疲れます。 疲れて寝てし [続きを読む]
  • 名もなき私に春が来る
  • 来週の木曜日から再び働くこととなりました。 病気になって会社を辞めてから、季節が一巡してしまいました。 暑い夏を過ぎて、寒い冬をやり過ごし、その中で懸命に病気と闘って、再就職活動で苦戦してきました。 そして、再び迎えた春。 誰にでも、等しく春はやってくるのですね。 街を歩いていて、早咲きの桜を見つけたりすると、見入ってしまったりします。 桜を愛でる余裕が出てきたのかもしれま [続きを読む]
  • 生まれてくれてありがとう
  • 最近、妻とこんな会話がありました。 妻は、私がブログを書いているのを知りませんが、同じ趣味の人たちのブログにコメントを書いているのは知っています。 「コメントを書く人たちってどんな人たちが多いの?」 「いろんな人がいるけど、自分が書いているのは単に女装をすることが好きな人たちだね。」 「それって、理想の女を目指して、ブログの中で競い合っているところがあるの?」 「まあ、そういう [続きを読む]
  • とにかく笑えれば
  • 私も長いトンネルを抜けて、やっと就職先が決まりました。 アラフィフのくたびれたおっさんでも、雇ってくれるところがあったんです。 前職に比べ給料は激減しますが、これは仕方ない話。 まずは稼がないと、食べていけないですからね。 実際に働き始めるのは、3月からになります。 それまでは、メンタルの病気をさらに治しつつ、準備をしたいと思います。 メンタルの病は治るまで、相当期間かかる [続きを読む]
  • 進め女子高生!
  • どうも最近、JKに関する記事が続いているようです。 まやのさんから振られましたので、JKについて書きましょう。 そもそも私が親に隠れて化粧し始めたのは、小学生の頃。 そして、女性の服に興味を持ち始めたのは、中学生の頃。 中学生の頃と言えば、周りの女子が着ていたのは、制服なんです。 みんな同じ服を着て、学校に来ている。 だったら、同じ服を自分も着たい!って思ったんです。 でも [続きを読む]
  • 人生という名の列車が走る
  • 新年あけましておめでとうございます。 って、いくらなんでも遅すぎますよね。 でも、新年第1回目のブログです。 私は今、就職活動で走り回っています。 書類選考で落とされるのは当たり前の世界で、面接でも気の合う面接官もいれば、本当に採る気があるのかよ!と言いたくなるような面接官もいます。 人って十人十色ですけど、面接官も人それぞれなんですよね。 日常の世界でも、気の合う人、気の [続きを読む]
  • 今年はいろいろありました
  • もう、いつのまにやら大晦日。 2016年も今日で最後ですね。 今年は本当にいろいろありました。 私にとっては激動の一年になりました。 まず、一番大きかったのは、病気が悪化し、会社の仕事を続けることができなくなり、退職を余儀なくされたこと。 私の人生を考える中で、会社を辞めるということは想定していなかったので、これにはとても動揺しました。 自暴自棄になる中、まずは病気を回復さ [続きを読む]
  • 年末なのに厳しいなあ
  • 私は今、仕事探しをしています。 思うような求人にたどりつかなかったり、応募しても書類ではねられたり。 時期的にも、もう年末だし、就職活動も越年になりそうです。 就活は本当にストレスが溜まりますね。 今は収入のない私に代わって、妻が内職しているんです。 この前、「私が内職しているのに、女装なんかしに行ったら許さないよ!」と、先制パンチが。 ちょうど気持ち的に、女装でもしたいん [続きを読む]