coaching01 さん プロフィール

  •  
coaching01さん: 山本真吾の発達障害コーチング
ハンドル名coaching01 さん
ブログタイトル山本真吾の発達障害コーチング
ブログURLhttp://ameblo.jp/coaching001/
サイト紹介文発達障害コーチによる発達指導についてのブログです。
自由文発達障害コーチの山本真吾が、1,000名以上の学習相談で培ってきた発達指導とソーシャルスキルトレーニングの成果を公開します!学習障害、ADHD、自閉症スペクトラム(アスペルガー、高機能自閉症、広汎性発達障害)などの各種発達障害に対応しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供152回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/05/08 12:15

coaching01 さんのブログ記事

  • 通級による指導について
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪障害のある子どもたちのうち、一般の小中学校の通常学級に在籍しながら、必要に応じて別教室で指導を受ける「通級による指導」の対象者が、2015(平成27)年度に初めて9万人を超えたことが、文部科学省の調査でわかりました。通級指導は大きな成果を上げていますが、まだまだ課題も多く残っています。◎対象の約半数が発達障害2015(平成27)年5月の調査によると、公立小中学校で通級指導を [続きを読む]
  • イベント情報!
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪毎年4月2日は、国連が定めた世界自閉症啓発デーです。そして、毎年4月2日〜8日は発達障害啓発週間になります。そこで、関西エリアで今後行われる予定の関連イベントのご紹介を行っていきます。◆3月26日(日)10:00〜16:00 ※受付開始は9:30自閉症スペクトラムのこどもと家族が穏やかに暮らすためのコミュニケーション支援場所:新梅田研修センター Mホール ※JR大阪駅から直通バス( [続きを読む]
  • タイムアウトとタイムイン
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪発達障害のお子さんの問題行動に有効な方法としてタイムアウトとタイムインがあります。どちらが自分のお子さんにとってより良いのか見分けながら行う必要があります。◎タイムアウトタイムアウトはお子さんを隔離し、クールダウンさせ、反省を促すことです。小学校のとき、クラスの問題行動に対し、先生が教室から出ていき、反省を促すといった経験をしたことがある人もいるかもしれません [続きを読む]
  • 発達障害、グレーゾーンの進路選択セミナーの総括
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪2/25大阪、2/26東京で「発達障害・グレーゾーンの進路選択セミナー」を行いました。予定時間を大幅に超過するほど様々なご質問・ご相談をいただき、盛況のうちに終了いたしました。やはり多くの保護者の方が「できる限り普通教育の進路を歩ませたい」と思いながらも、どうしていいかわからず悩んでいるようでした。以下はセミナー当日にいただいた主なご質問やお悩みです。1.発達障害児童を [続きを読む]
  • 行動や気持ちのコントロールが上手くできない時
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪今回は、行動や気持ちのコントロールが上手くできない時の事を書きたいと思います。〇気持ちや行動をうまくコントロールできない時の具体例・椅子に座っていられず、勝手に動き回ることが多い。・相手をたたいたり、けんかをするなど、友だちとトラブルが多い。・自分が好きなことはどんどんやるが、興味のないもの、やりたくないものは、全くやろうとしない。・みんなが座っているときや、 [続きを読む]
  • 環境の変化に弱い
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪明日から3月です。3月は卒業式、終業式、春休みと行事が立て続けにやってきます。4月になると今度は入学式、始業式、クラス替えとお子さんにとって3月、4月は特に普段と環境が大きく異なる時期でもあります。特に自閉症のお子さんは環境の変化に弱く、パニックになってしまう子も少なくありません。自閉症の大きな特徴の一つに「想像力が弱く興味の範囲が狭い」と言うものが有ります。想像 [続きを読む]
  • 冗談が通じない、思ったことをそのまま口に出す子
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪発達障害のお子さんが、人間関係でのトラブルに巻き込まれてしまう話をよく聞きます。何気ない行動が引き金となってしまうのですが、「冗談が通じない」「思ったことをそのまま口に出す」という特性ゆえのトラブルが多いです。◎「冗談が通じない」発達障害の子の特性として言われますが、冗談が通じず、お友達からのからかいに対して、上手く対処できないことがあります。そのうちにパニッ [続きを読む]
  • みんなで考えよう
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪§問題§・A君は給食の時間におかずを床に落としてしまいました。しかし、拾ってゴミ箱に入れて雑巾で床を拭いて席に戻って給食を食べていました。すると、一緒に食べていたB君が「汚いよ。」といいました。A君は「うるせー・・・」と怒鳴って、机の下にもぐったまま何も言わずに給食を食べずに時間が過ぎました。最終的には20分机の下にいましたが、先生の促しによって出てきました。①A君 [続きを読む]
  • 発達障害と高校受験
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪高校は今まで義務教育で学んできた、お子さんにとって大きな分かれ道になります。それは発達障害のあるお子さんでも変わりません。◎進学先の決定には、情報収集が重要-支援を求める相手には、本人の了解のもと障害をオープンに-高校進学は、これまで以上に大きな決断をしなくてはなりません。まず、一般校における特別支援学級や通級がなくなります。また、特別支援教育の体制自体がまだ整 [続きを読む]
  • 発達障害とこだわり
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪自閉症スペクトラム児に多く見られるこだわりの強さですが、程度の差や何にこだわりを持つかというのは非常に個人差の大きいところです。例えば、平日は普通に幼稚園に行けたとしても、遠足がある日などはパニックの原因になってしまうこともあります。発達障害児の中の自閉症スペクトラム児に関してですが、主に「社会性」「コミュニケーション性」「こだわり」「感覚過敏」という4点に特 [続きを読む]
  • 発達障害と過敏性
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪発達障害の子ども達は、定型発達の子ども達には見られない物事の捉え方、受け取り方、感じ方をすることが明らかになっています。幼いころは特に自分の気持ちをうまく伝えることができないために、発達障害の子どもは沢山のストレスを抱えてしまいます。広汎性発達障害の人に多いのですが、感覚に過敏なことや、痛みに鈍いことがわかってきています。よく聞かれるのが聴覚過敏で、普通の人に [続きを読む]
  • 発達障害とソーシャルスキル
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪「ソーシャルスキル」とは 対人関係や集団行動を上手に営むための技能(スキル)のことです。相手に適切に反応するために用いられる言語的・非言語的な対人行動のことで、その対人行動を習得する練習のことを「ソーシャルスキルトレーニング」といいます。◎ソーシャルスキルトレーニングとは?ソーシャルスキルトレーニングは、対人関係や集団行動を上手に営むための技能(スキル)を養い [続きを読む]
  • 療育手帳と精神障害者保健福祉手帳
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪現在発達障害のある方が取得できる可能性のある障害者手帳は療育手帳または精神障害者保健福祉手帳の2種類です。多くの場合はどちらか1種類ですが、2種類お持ちの方もいらっしゃいます。障害者手帳を取得すると様々なメリットがある一方でご本人や周囲の捉え方によってはデメリットが生じる可能性があることも事実です。手帳保有のメリット・デメリットをあらかじめ検討された後、申請され [続きを読む]
  • 大人の発達障害
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪発達障害が広く知られるようになってきましたが、子供が持つ障害というイメージを持っている人もいるかもしれません。しかし、大人になり社会に出てから発達障害の診断を受ける人が増えています。発達障害は昔からあった障害です。しかし、認知されるようになったのは、最近のことであり、障害に気付かずに大人になった人も多いはずです。大人になって発達障害の診断を受け、今まで自分が苦 [続きを読む]
  • 受け答えが上手く出来ない
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪今週末は、今季の最強寒波で場所によっては大雪となる恐れもあるようですので、外出の際は暖かい恰好で、気を付けて下さいね。今回は、人から何か聞かれたり、授業中に先生から質問をされても、上手く答えることが出来ないなど、発達障害を持つ子には、聞かれた質問に対して上手く答えられない子がいます。また、話を聞いていても内容が理解できなかったり、質問が長くなると最初に言ったこ [続きを読む]
  • 発達障害と公表している芸能人
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪ASD、ADHD、LDを告白している芸能人が最近出てきています。活躍する芸能人が障害を告白すると理解が深まり勇気をもらえる人が大勢いると思います。今日は、ご存知の方も多い発達障害と公表している芸能人の方を紹介します。◎栗原 類さんネガティブキャラでブレイクした栗原さんは、昨年5月放送のNHK「あさイチ」で、過去にADD(注意欠陥障害)の診断を受けていることを告白しました。 栗原 [続きを読む]
  • 発達障害のお子さんの学習でお困りの方へ
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪新年を迎え、明日から新学期という学校も多いことでしょう^^新学年でよいスタートを切るために、お子さんに合った学習方法で勉強を始めましょう!当社では、塾・家庭教師を探している方を対象に、お子様とご一緒にお時間を取って頂き、無料で体験学習と学習カウンセリングを行っています。体験学習は、お子様と当社の教務部あるいは講師と1対1でコミュニケーションを踏まえながらお勉強を [続きを読む]
  • 独り言が多い
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪あけましておめでとうございます^^今年もよろしくお願いします!発達障害の人の中には、独り言が多い人がいます。自閉症などの発達障害の人の独り言ですが、様々な意味が有ると考えられています。独り言を言ってしまう代表的な理由をまとめてみました。①頭の中で考えていることを口にしてしまう普通の人は物事を考えるときは頭の中だけで考えます。しかし、自閉症や発達障害の人の場合、 [続きを読む]
  • 発達障害っぽい人
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪ボーダー、グレー、スペクトラム、パステル。発達障害は確かに虹色に存在するため、「傾向がある」という人たちについては様々な呼び方がされています。どんなお医者さんが見ても発達障害と言われる人と単純化して、その周辺?と思われる人たちがいます。ここでは代表的な 「発達障害っぽい」 2つのケースを考えます。■グレーゾーン 専門家がよく使う言葉です。発達障害の特性があるにはあ [続きを読む]
  • 発達障害とお小遣い
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪あと数日で、2016年も終わり新年を迎えます。お年玉をお子様に渡すご家庭もあるでしょう。その中で、お年玉だけでなく普段のお小遣い事情もご家庭それぞれです。恐らく多くの家庭では、毎月決まった日にお小遣いを渡す「月給制」を採用していたのではないかと思います。今回は、子どもに対する教育効果を高めるための「歩合制お小遣い」について考えてみましょう。◎歩合制と月給制のお小遣 [続きを読む]
  • 不器用について
  • こんばんは、発達障害コーチの山本です♪鉛筆や箸や道具をうまく使えず、極端に手先が不器用な子。発達障害の子供の中には、こんな特徴がある子がいます。鉛筆が上手に使えず字が汚い、絵を描く事も苦手だったり消しゴムを上手く使う事が出来ない。服のボタンが止めることや靴の紐を結ぶ事も苦手。書道の時間は、筆などの道具があって不器用な子だと大変です。このように極端に不器用な特徴の子は、学校生活も大変になると思います [続きを読む]
  • 発達障害の検査(ウェクスラー式について)
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪発達障害かどうかを検査して調べることが出来ます。検査と一概にいっても、色々種類があります。今回はその一つであるWISC式知能検査の概要と特徴を紹介します。◎ウェクスラー式知能検査1938年刊行のウェクスラー・ベルビュー知能検査を起源とする、70年以上の歴史を持つ知能検査です。この検査は、知的発達の変動や個人差の大きい幼少期にはほとんど用いられることはありませんが、児童期 [続きを読む]
  • 会話が苦手
  • こんにちは、発達障害コーチの山本です♪発達障害のお子さんの中には、会話をするのが苦手な子がいます。あまりにもその苦手が顕著な場合、ソーシャルスキルトレーニングをお願いすることもあるでしょう。そもそも、発達障害の人は一般的な人と「物事のとらえ方、感じ方」が違うために会話で不快な思いをさせてしまうことが理由です。自分が考えていることが、他人には「当たり前でない」「非常識だ」と思われてしまい、不快な思い [続きを読む]