埼玉福利厚生援護会 さん プロフィール

  •  
埼玉福利厚生援護会さん: 埼玉福利厚生援護会ブログ
ハンドル名埼玉福利厚生援護会 さん
ブログタイトル埼玉福利厚生援護会ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/saitamaengokai/
サイト紹介文労働保険事務組合 埼玉福利厚生援護会のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/05/23 19:57

埼玉福利厚生援護会 さんのブログ記事

  • 給付基礎日額について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「給付基礎日額」について5回にわたり、ご案内致します。今回は第1回「給付基礎日額」についてです。労災保険給付においては、療養(補償)給付、介護(補償)給付及び二次健康診断等給付以外の保険給付は、原則として被災された方の稼得能力によって保険給付額が異なります。これは、労災保険が災害によって失われた稼得能力の補てんを目的とするからであり、具体的な保険給付額を算出する方法として、「給 [続きを読む]
  • 労働時間について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「労働時間」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第3回「労働時間の主な制度 後編」についてです。みなし労働時間制? みなし労働時間制には、「事業場外みなし労働時間制」、「専門業務型裁量労働制」、「企画業務型裁量労働制」があります。 ? 事業場外みなし労働時間制は、事業場外で労働する場合で労働時間の算定が困難な場合に、原則として所定労働時間労働したものとみなす制度です。 [続きを読む]
  • 労働時間について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「労働時間」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第2回「労働時間の主な制度 前編」についてです。変形労働時間制変形労働時間制は、労使協定または就業規則等において定めることにより、一定期間を平均し、1週間当たりの労働時間が法定の労働時間を超えない範囲内において、特定の日又は週に法定労働時間を超えて労働させることができます。「変形労働時間制」には、(1)1ヶ月単位、(2)1年単 [続きを読む]
  • 労働時間について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「労働時間」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第1回「法定の労働時間」についてです。・使用者は、原則として、1日に8時間、1週間に40時間を超えて労働させてはいけません。 ・使用者は、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を与えなければいけません。 ・使用者は、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日を与えなければなりませ [続きを読む]
  • 遺族補償給付について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「遺族補償給付」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第3回「給付の支給資格の消滅」についてです。【遺族(補償)年金】受給権者が次の1つに該当するに至った場合は受給権が消滅します。? 死亡したとき? 婚姻したとき? 直系血族または直系姻族以外の養子となったとき? 離縁によって死亡した労働者との親族関係が終了したとき? 子・孫・兄弟姉妹については18歳に達する年度の3月31日 [続きを読む]
  • 遺族補償給付について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「遺族補償給付」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第2回「給付の受給資格者」についてです。遺族補償年金又は遺族年金の受給資格者となるのは、労働者の死亡の当時その方の収入によって生計を維持していた配偶者、子、父母、孫、祖父母、兄弟姉妹です。 なお、「労働者の死亡の当時、労働者の収入によって生計を維持していた」とは、もっぱら又は主として労働者の収入によって生計を維持さ [続きを読む]
  • 遺族補償給付について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「遺族補償給付」について3回にわたり、ご案内致します。今回は第1回「給付の種類」についてです。遺族補償給付は、「遺族補償年金」と「遺族(補償)一時金」の2種類があり、労働者が業務上の事由により死亡したときに支給される労災保険給付です。労働者が業務上の事由により死亡したときには、原則として「遺族補償年金」が支給されることになっていますが、遺族補償年金を受けることができる遺族がま [続きを読む]
  • 教育訓練給付制度について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。「教育訓練給付制度」について3回にわたりご案内致します。第3回目は「給付額について」です。一般教育訓練給付は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の20%に相当する額となりますが、その額が10万円を超える場合は10万円とし、4千円を超えない場合は支給されません。専門実践教育訓練給付は、教育訓練施設に支払った教育訓練経費の40%に相当する額となりますが、その額が1年間で32万円を超える場合 [続きを読む]
  • 教育訓練給付制度について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。前回から「教育訓練給付制度」について3回にわたりご案内致します。第2回目は「専門実践教育訓練給付」についてです。厚生労働大臣が指定した講座を受講し、支払った教育訓練経費のうち、40%を支給(年間上限32万円)するというのが専門実践教育訓練給付金です。受講開始日現在、在職者であって、雇用保険の被保険者期間が10年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、2年以上( [続きを読む]
  • 教育訓練給付制度について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は「教育訓練給付制度」について3回にわたりご案内致します。第1回目は「一般教育訓練給付」についてです。受講開始日現在、在職者であって、雇用保険の被保険者期間が3年以上(初めて支給を受けようとする方については、当分の間、1年以上)あること、受講開始日時点で一般被保険者又は高年齢被保険者でない方は、その資格を喪失した日(離職日の翌日)以降、受講開始日までが1年以内(適用対象期 [続きを読む]
  • 休業(補償)給付について 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。前回に続き「休業(補償)給付」について3回にわたりご案内致します。今回は第3回目です。休業補償として支払われた給付額については非課税になっています。所得税や住民税が取られることもありませんし、確定申告の必要もありません。休業補償の金額は労災事故に遭う前に支払われた3か月分の給与から平均的な日額を計算して支払われることになっています。金額の計算の手順は以下の通りです。「休業補償 [続きを読む]
  • 休業(補償)給付」について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。前回に続き「休業(補償)給付」について3回にわたりご案内致します。今回は第2回目です。休業(補償)給付の支給日について説明します。① 休業(補償)給付の支給日は、労災で休業した4日目から開始されます。②支給日の療養開始から1年6ヶ月が経過したところで、病気やケガの具合が確認されて、傷病の等級が第1級〜第3級に該当すると判断された場合は、休業(補償)給付から傷病補償年金に切り替わって [続きを読む]
  • 休業{補償)給付について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は「休業(補償)給付」について3回にわたりご案内致します。今回は第1回目です。休業(補償)給付が認められる条件は、? 仕事中や通勤によるけがで労働ができない。? 休んでいる期間に賃金を受けていない。? 休んだ日から合計して3日間の待機期間を満たしている(就業時間中の事故でその日の一部が働けない場合は、その日を1日目と考える)。? 労働基準監督署に労災の事故の認定をされた。休業(補 [続きを読む]
  • 労災における給付基礎日額について
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は「労災における給付基礎日額」についてご案内致します。給付基礎日額は、原則として、労働基準法第12条の平均賃金に相当する額です。平均賃金は次のような方法で算定されます。労災において、最低でも平均賃金の60%が保障されますが、平均賃金である給付基礎日額はどのようにして計算するのでしょうか。平均賃金を計算する際の式は以下のようになっています。【直前の3ヶ月間の総賃金÷直前の3ヶ月 [続きを読む]
  • 雇用保険について 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は雇用保険の給付について2回にわたりご案内致します。今回は第2回目です。「雇用保険の加入期間」については、退職(失業)した日より前の2年間に、雇用保険に加入していた(被保険者だった)期間が合計で1年以上必要です。ただし、会社の都合によって失業した「特定受給資格者」の場合は、退職(失業)した日より前の1年間に、雇用保険の被保険者であった期間が合計で6ヶ月以上ある場合でも要件を満 [続きを読む]
  • 雇用保険について 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。今回は雇用保険の給付について2回にわたりご案内致します。今回は第1回目です。雇用保険とは、会社勤めの人が万が一失業した場合のライフラインとして、再就職するまでの生活費を国が支給するというものです。そもそも雇用保険(失業等給付)は、雇用保険法でいう「失業の状態」でなければ受給することが出来ません。「会社を辞めれば、それだけで失業の状態では無いのか?」このように思われるかもしれ [続きを読む]
  • 雇用保険の改正 第3回
  • 埼玉福利厚生援護会です。雇用保険の改正について、3回にわたりご案内致します。今回は第3回目です。③【65歳以上の労働者を平成29年1月1日以降も引き続き雇用する場合は資格取得届の提出が必要。ただし高年齢継続被保険者である労働者は手続きの必要なし】 現在、雇用保険の適用要件を満たすことになる65歳以上の労働者を雇用しており、平成29年1月1日以降も引き続き雇用する場合は、平成29年1月1日に雇用保険の資格を取得したも [続きを読む]
  • 雇用保険の改正 第2回
  • 埼玉福利厚生援護会です。雇用保険の改正について、3回にわたりご案内致します。今回は第2回目です。②【今後は「高年齢求職者給付金」を複数回受け取れる可能性がある】 雇用保険の被保険者が退職した場合、定められた受給要件を満たせば、被保険者が65歳に到達する前に退職した場合(=一般被保険者の場合)は「基本手当」が支給され、被保険者が65歳以降に退職した場合(=高年齢継続被保険者の場合)は「高年齢求職者給付金」 [続きを読む]
  • 雇用保険の改正 第1回
  • 埼玉福利厚生援護会です。雇用保険の改正について、3回にわたりご案内致します。今回は第1回目です。①【雇用保険の適用対象が65歳以上の労働者に拡大されて保険料の納付が必要に】平成29年1月1日から雇用保険法の法改正が施行され、これまで雇用保険の適用対象外であった「65歳以上で新たに雇い入れられた労働者」が雇用保険の適用対象となります。これまでは、65歳以上の労働者への雇用保険の適用は、65歳になる前から引き続き雇 [続きを読む]
  • 労災保険について 後編
  • 埼玉福利厚生援護会です。前編、後編、2回にわたり、「労災保険」についてご案内します。前編では、労災保険の定義や種類等についてご説明しました。後編は給付の種類の続きとなります。その他の給付障害補償給付、遺族補償給付、葬祭料、傷病補償年金、介護補償給付などの保険給付があります。いずれの給付も、労働基準監督署に請求書を提出し、給付を受けます。誰が労災保険の補償を受けられるか?労働者を一人でも雇っている会 [続きを読む]
  • 労災保険とは
  • 埼玉福利厚生援護会です。前編、後編、2回にわたり、「労災保険」についてご案内します。前編です。労災保険とは正しくは「労働者災害補償保険」といい、これを短縮して「労災保険」と呼ばれています。 労災保険は、仕事中に負った怪我、仕事が原因でかかった病気、通勤中の怪我など、仕事に関係する場面で怪我や病気をした場合の保障を行います。労災保険の種類労災保険には2種類があります。 業務上災害仕事中に、仕事が原因と [続きを読む]
  • 社会保険とは?
  • 埼玉福利厚生援護会です。「社会保険の基本」をテーマに、ご案内致します。1.社会保険とは?一般的に会社で働き始めた時に加入する「健康保険」「厚生年金」「介護保険」をまとめて社会保険といいます。社会保険料は加入者ひとりひとりが直接どこかへ支払うというものではなく、毎月のお給料から保険料を会社と折半した金額を会社が預かり、会社がまとめて支払います。 ①健康保険病気や怪我で病院に行った時には健康保険証を出 [続きを読む]
  • 特別加入制度 後編
  • 埼玉福利厚生援護会です。前編、後編、2回にわたり、「特別加入制度」についてご案内します。後編です。前編では、「特別加入制度」の概要についてご案内しました。後編では、海外派遣者・家族従事者について、ご案内します。労災保険法の適用については、法律の一般原則として属地主義がとられていますので、海外の事業場に所属し、その事業場の指揮命令に従って業務を行う海外派遣者に関しては、日本の労災保険法の適用はありま [続きを読む]
  • 工事に伴う電話不通のお知らせ
  • 平素より格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。さて、この度下記の日程にて、電話工事のため電話が不通となりますので、お知らせ致します。お客様並びに関係者の皆様には、何かとご不便・ご迷惑をおかけ致しますが、何卒ご高承賜りますようお願い申し上げます。 記<工事により、電話が不通になる時間>平成28年11月19日(土) 10:00〜16:00※上記時間帯、留守番電話には切り替わりません。 大変お手数おかけいたしますが [続きを読む]
  • 特別加入制度 前編
  • 埼玉福利厚生援護会です。前編、後編、2回にわたり、「特別加入制度」についてご案内します。前編です。特別加入制度とは、労働者以外の方のうち、業務の実態や、災害の発生状況からみて、労働者に準じて保護することがふさわしいと見なされる人に、一定の要件の下に労災保険に特別に加入することを認めている制度です。特別加入できる方の範囲は、中小事業主等・一人親方等・海外派遣者の3種に大別されます。労災保険は、日本国 [続きを読む]