地域資源利活用研究会 さん プロフィール

  •  
地域資源利活用研究会さん: 緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ハンドル名地域資源利活用研究会 さん
ブログタイトル緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ブログURLhttp://ameblo.jp/morimori551961/
サイト紹介文地域文化を楽しんで「まち」の「活性化」に繋げるためのプレゼンテーションをおこなっています。
自由文自己紹介/人と人の交流によって地域文化を楽しむ(楽しい時間を過ごす)場を創り、その価値を求める人へ届ける価値交換市場とする、持続可能な「まち」の「活性化」の仕組み創生への実験・研究をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/08 20:07

地域資源利活用研究会 さんのブログ記事

  • ひあたり
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・帯広は、最高気温が「18.3℃(14:20)」最低気温「6.5℃(06:07)」の「雨後晴れ」の天候となりました。4月15日(7.4℃)以来の、今年2度目の最低気温「5℃」を超えた暖かい日となりました。昼間の「日当たり」は、暖かい「春」を感じさせてくれました。昨日(28日)には、札幌市で「ソメイヨシノ」が、平年より5日早く、去年より3日遅く開花だそうです。札幌管区気象台によると、2月と3月に気温 [続きを読む]
  • みるかんじる
  • 緑が丘公園内「北海道立帯広美術館」では、特別展「見る感じるアートのチカラ」展が4月29日〜6月18日まで)が開催されます。特別展を紹介するパンフレットには『見る感じるアートのチカラ/Power of art-Selected Works from Our Collectiom/何が見えますか?何を感じますか?/美術の現場でよく語られる「力」といえば、表現力、写実力、デザイン力ですが、アートから伝わってくる「力」は、それだけではありません。絵の中の色 [続きを読む]
  • かしわ
  • 一昨日の20日は、二十四節気の「穀雨(こくう)」でした。「穀雨」は、「春季」の最後の節気で、次の節気は暦の上では「夏季」の始まりになる「立夏(5月5日)」です。「穀雨」は、春雨が百穀を潤すことから名づけられ、雨で潤った田畑は種まきの好期になるそうです。「清明になると雪が降らなくなり、穀雨になると霜が降りることもなくなる」という言葉があるように、冬服やストーブとも完全に別れる季節なるそうです。二十四節気 [続きを読む]
  • はちねんぶり
  • 昨日18日、緑が丘公園のある北海道・帯広では、日本海側から前線を伴った低気圧が急速に発達しながら接近したため、荒れた天気となり「重く湿った雪」が降り続き、10?の降雪を記録しました。帯広で4月中旬に5?以上の積雪があるのは「8年ぶり」だそうです。一方、東日本では、南から暖かい空気が流れ込んだ影響で、気温が上昇し夏の陽気となったそうです。群馬県高崎市では、最高気温が7月下旬並みの「30.6℃」まで上がり、 [続きを読む]
  • ごがつ
  • 緑ヶ丘公園内の「帯広百年記念館」ロビーでは、5月7日(日)まで「五月人形展」(入場無料)が開催されています。ごあいさつパネルには『旧暦5月5日を節句とするのは、古く、中国で始まりました。この日には家の軒に菖蒲をさし、菖蒲の鉢巻きをして菖蒲湯に入りました。菖蒲を使う理由は、もともとは菖蒲の持つ匂いが蛇や虫を寄せ付けない事が知られるようになり、その根を煎じて飲めば解毒作用があると信じられたためでした。 [続きを読む]
  • とととととーん
  • 新緑の季節を迎える前の緑が丘公園は、木々に葉が少なく野鳥を観察するにはとても良い時期です。園内では、「トトトトトーン」と「キツツキ」の仲間が、嘴で木を高速でつつく小気味よくリズミカルなドラミングの音があちこちらから聞こえてきます。キツツキの仲間の「アカゲラ」等は「森の番人」と呼ばれ、幹をつついて虫類や害虫を食べて木や森を守っているそうです。「アカゲラ(漢字名:赤啄木鳥)」は、アイヌ名では「エそクソ [続きを読む]
  • ふぃふぃ
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広では、一昨日の6日、上空に暖かい空気が入り込み、晴れた影響で最高気温「22.6℃(14:49)」と7月中旬並みの暖かさになりました。帯広測候所によると、日高山脈を越えて暖かい風が吹き下ろすフェーン現象も加わり気温が上昇して、春を飛び越え、一気に夏の陽気となりました。緑が丘公園では「シジュウカラ(四十雀)」とスズメ目の仲間の「ゴジュウカラ(五十雀)」も暖かさのなか元気に、木を逆さまに [続きを読む]
  • つつぴー
  • 昨日4月4日は、二十四節気のひとつ、春分から数えて15日目「清明(せいめい)」でした。清明とは、春先の清らかで生き生きとした様子を表した「清浄明潔」という語を略し、清々しく明るく美しい季節とのことだそうです。緑が丘公園のある北海道・帯広では、南からの暖かい空気が流れこんだ影響で4月中旬並みの、最高気温が10℃を超え「15.2℃(13:32)」となりました。この陽気で、緑が丘公園の内の野鳥たちも元気に飛び回ってい [続きを読む]
  • かんさつ
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広では、3月30日午後から雪が降り始め、31日の朝までに約5センチの降雪となりました。本日の最高気温「6.2℃(11:27)」最低気温「-2.9℃(05:42)」となり、冬と春がせめぎ合いを続け、また冬景色に戻ってしまいました。4月に入っても「冬日」が続き、天気予報では4日から「冬日」から「暖かい」日に変わるようです。(最低気温が0℃未満の日を冬日)緑ヶ丘公園内の雪上で、「キタキツネ」の「 [続きを読む]
  • やたがらす
  • 公益財団法人日本サッカー協会( Japan Football Association、略称:JFA)は、日本サッカー界を統括し代表する団体として、サッカー競技の普及および振興を図り、もって国民の心身の健全な発達に寄与することを目的とする団体です。そのシンボルマークに描かれた鳥は、日本神話に出てくる八咫烏(やたがらす)と同一視される、中国古典の三足烏です。日本サッカー協会の公式サイトでは、「中国の古典にある三足烏と呼ばれる鳥であ [続きを読む]
  • やこう
  • 2月20日〜23日に緑が丘公園のある北海道・帯広で開催された、アジア最速スケーター決定戦の「2017年冬季アジア札幌大会帯広」の大会公式マスコットは「エゾモモンガ」をモチーフとした「エゾモン」でした。『エゾモン/赤いマフラーを巻き、青いマントを身に包んだ目立ちがり屋のエゾモモンガ。出身:北海道(エゾ)好きなもの:牛乳趣味:空中散歩得意なこと:ウインタースポーツ』「エゾモモンガ」は、大きさは頭から尾まで約20c [続きを読む]
  • もどる
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広は、「春分の日」を過ぎたにもかかわらず、21日夕方から降り始めた「雪」が約10センチ積もり、緑が丘公園は、また冬景色に戻ってしまいました。本日、最高気温「7.8℃(13:38)」最低気温「0.0℃(00:48)」となり、19日の最高気温「7.2℃」最低気温「0.1℃」以来の今年2度目の「真冬日」「冬日」とならない暖かい日となりました。 (最高気温が0℃未満の日を真冬日、最低気温が0℃未満の日 [続きを読む]
  • ちゅうこう
  • 本日、緑ヶ丘公園のある帯広では、日の出時刻「5:35」日の入り時刻「17:37」でした。(気象庁帯広測候所発表)昼間時間は「12時間2分」になり、昼と夜の時間が逆転しました。明後日の20日は「春分の日」です。「春分」とは「昼と夜が同じ長さになる日」とのことだそうですが、若干の誤差があるようです。暖かくなってゆく日差しに、長い間冬を過ごした動物たちも元気に動き始め、「昼行性」の「エゾリス」も、やる気に [続きを読む]
  • わがし
  • 緑が公園内の「帯広百年記念館」の「特別展示室」では、平成28年度に新たに収蔵した資料を展示した、企画展『新着資料展』(3月26日まで/入場無料)が開催されています。趣旨を説明した「ごあいさつパネル」には『…。博物館活動のひとつに、資料の収集があります。博物資料を収集する際には、資料を集めるだけではなく、寄贈いただいた方から由来や使用時期・使い方・資料に対する思いなど、関連する情報もまた「収集」していま [続きを読む]
  • いちごいちえ
  • 3月14日は「White Day」。ホワイトデーは、バレンタインデーの「Answer Dayアンサーデー」として、チョコレートのプレゼントを受けた男性が「お返し」の意を込めたプレゼント贈る日のイベントなっているそうです。緑が丘公園のある北海道・帯広の「まちなか」のお菓子屋さんの「柳月」を覗いてみると、「ホワイトデーのトリセツ」が置いてあり、その中では『迷っているならこれが一番!真っ白なホワイトデーバウムをどうぞ!/三方 [続きを読む]
  • ぐらふぃっく
  • 緑が丘公園内の「北海道立帯広美術館」では、特別展「グラフィック・デザインの100年」展(3月23日まで)が開催され、「ポスター」の誕生−街頭の絵画」コーナーに25作品、近代デザインへ−明快な表現の追求」コーナーに28作品、「現代のグラフィック・デザイン−多彩な表現、多様な技術」コーナーに61作品、3コーナー合計114点の「ポスターコレクション」が展示されています。十勝の生活応援マガジン「ちゃい(No287/2017/2月 [続きを読む]
  • てんじ
  • 緑ヶ丘公園のある北海道・十勝の池田町には「DCTgarden IKEDA」というミュージアム施設があります。『故郷の池田町のために貢献したいとの想いを抱いていた吉田美和さんと、DCTとして町の施設を利用した何らかの展開を希望していた池田町の思いが一緒になり、2005年10月「DCTgarden IKEDA」ができました。DCT吉田美和さんにまつわるたくさんのアナログなアーカイブ(資料)を保管・展示することを目的としたSTRORAGE(倉庫)、それ [続きを読む]
  • かなう
  • 「2017冬季アジア札幌大会」のイメージソングDREAMS COME TRUEの「WINTER SONG 〜 DANCING SNOWFLAKES VERSION 〜」は、WE LOVE DANCE「〜オドッチャオ!で冬季アジア札幌大会を盛り上げよう〜」に採用されNHK札幌放送局と北海道内4つのプロスポーツチーム〔北海道日本ハムファイターズ(野球)北海道コンサドーレ札幌(サッカー)レバンガ北海道(バスケットボール)エスポラーダ北海道(フットサル)〕がタッグを組み、「みんな [続きを読む]
  • かつやく
  • 2月19日に開幕した「2017年冬季アジア札幌大会」が、明日までとなりましたが、帯広の「明治北海道十勝オーバル」で開催「スピードスケート」競技は23日に一足先に閉幕しました。今大会イメージソングの「DREAMS COME TRUE」の「WINTER SONG 〜 DANCING SNOWFLAKES VERSION 〜」は『DREAMS COME TRUE は、日本のトップアーティストであると同時に、ボーカルの吉田美和さんが北海道出身であるなど、深い縁があり、北海道をこよなく愛 [続きを読む]
  • きょうぎ
  • 「2017年冬季アジア札幌大会」が2月19日に開幕しました。32の国や地域から、およそ2000人が参加する史上最大規模の大会だそうです。冬季アジア大会は、26日まで「スキー」「スケート」「バイアスロン」「アイスホッケー」「カーリング」の5競技64種目の競技がおこなわれ、「スケート」競技の「ショートトラック」「フィギュアスケート」は、札幌でおこなわれていますが、「スピードスケート」だけは、スケート王国である十勝 [続きを読む]
  • びーと
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広は、小麦や乳製品、小豆や砂糖の原材料となる甜菜(てんさい/ビート)などの原材料生産地です。帯広・十勝は、北海道特産の砂糖の原料になる「砂糖大根」の「甜菜(ビート)」の全国屈指の産地で、全国の生産量の「約44%」が十勝産で占められているそうです。フランス、ドイツなどのヨーロッパでは、砂糖といえば「甜菜(ビート)」が原材料となる「甜菜糖」のことだそうです。『パリで食べたフラ [続きを読む]
  • にど
  • 2月11日は、今年2度目の「満月」でした。1月12日の「満月」、1月28日の「新月」から14日をかけて、だんだんと大きくなり今年2度目の「満月」となりました。「新月」と「満月」の違いは、月の位置が「太陽」と同じ方向にあるか、「太陽」と逆の方向にあるかとの違いによるそうです。「新月」の時には「太陽」と同じ方向にあるので「太陽」の明るさに隠れて「月」が見えない状態になっているそうです。これが「月」が出ていないよう [続きを読む]
  • しょこら
  • 2月14日は「バレンタインデー」ですね。『Happy Valentine Day/ローマ由来の愛の日/国ごとに違う行事/時は3世紀。ローマの皇帝は兵士の士気を高めるため結婚を禁じていました。しかし、バレンタイン祭司は多くの兵士達の結婚させたことで皇帝の怒りを買い、2月14日に処刑されてしまいます。死も恐れず若者達の愛を成就させたバレンタイン祭司はその後恋人達の守護神に。今では多くの国が2月14日をバレンタインデーと [続きを読む]
  • まちなか
  • 2月3日〜5日の3日間、緑が丘公園のある北海道・帯広では、「第54回おびひろ氷まつり」が「緑ケ丘公園」「夢の北広場(帯広まちなか)」「帯広広小路商店街(帯広まちなか)」「ばんえい十勝競馬場」の4会場で『愛の国「幸福物語」〜ここからはじまる幸福物語〜』をコンセプトに「ありがとうで『スマイル十勝』」をテーマにおこなわれました。3日間の4会場への来場者数が、前年比6700人増の18万2900人になり、過去最多の人出を記 [続きを読む]
  • ごじゅうよん
  • 緑ヶ丘公園では、帯広の「冬」を彩る「第54回おびひろ氷まつり」が、2月3日〜5日の3日間開催されています。今年のテーマは『愛の国「幸福物語」〜ここからはじまる幸福物語〜』のもと、『ありがとうで、「スマイル十勝」』のコンセプトはで実施しているそうです。会場内には、「モニュメント」や「氷の滑り台」備えた氷雪像と共に、21基の小型氷雪像が白樺並木道に設置され、『(おびひろ氷まつりは)十勝・帯広の厳しい冬 [続きを読む]