地域資源利活用研究会 さん プロフィール

  •  
地域資源利活用研究会さん: 緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ハンドル名地域資源利活用研究会 さん
ブログタイトル緑ヶ丘公園は 楽しいミュージアム
ブログURLhttps://ameblo.jp/morimori551961/
サイト紹介文地域文化を楽しんで「まち」の「活性化」に繋げるためのプレゼンテーションをおこなっています。
自由文自己紹介/人と人の交流によって地域文化を楽しむ(楽しい時間を過ごす)場を創り、その価値を求める人へ届ける価値交換市場とする、持続可能な「まち」の「活性化」の仕組み創生への実験・研究をおこなっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/08 20:07

地域資源利活用研究会 さんのブログ記事

  • いべんと
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広では、13日19:30〜「第67回勝毎花火大会(十勝毎日新聞社主催)」が十勝川河川敷特設会場でおこなわれました。朝から厚い雲に覆われたこの日の十勝は、時折小雨も混じるあいにくの空模様になりましたが、雨は午前中に上がり「最低気温(℃)13.5℃(03:35)」「最高気温(℃)18.5℃(13:28)」の涼しい日となりました。1929(昭和4年)年に始まった勝毎花火大会は、地域と共に長い歴史を重ね、今年で第 [続きを読む]
  • かんばん
  • 北海道を舞台にした映画に数多く出演した俳優、高倉健さんのすべての作品のハイライトシーンを見ることができる展示会が、北海道・釧路市の「北海道立釧路芸術館」で開催されています。3年前(2014年(平成26年)11月10日)に亡くなられた高倉健さんの功績を知ってもらおうと、生前、出演した作品が時系列にあわせて映像やポスターなどで紹介されています。出演した205本すべての映画のハイライト部分の映像が紹介され、北海道 [続きを読む]
  • おわり
  • 緑が丘公園内の「北海道立帯広美術館」では、北海道新聞社創業130年記念「放浪の天才画家 山下清展」(9月3日まで)が開催されます。山下清氏は「昭和を歩み、駈けぬけた」天才画家です。展示内容は『放浪の天才画家山下清展/Ⅰ、少年期から放浪へ/①少年期の山下清/●「昆虫と清」6点●「学園での出来事」12点●「風景画に生かされた清の静物画」10点/②学園から飛び出して、放浪へ●「戦争そして、放浪へ」4点●「放浪の思 [続きを読む]
  • あう
  • 緑ヶ丘公園のある北海道・帯広の「七夕」は、明後日の8月7日になります。北海道に限らずに、各地でも8月に行われるところがあるようです。北海道の主な地域では8月7日、全国的には7月7日ですから1ヶ月遅れということになるそうです。そのわけは、お盆と同様に、「旧暦」が「新暦」変わるとき、旧暦の7月7日に行われていたものが、新暦の8月7日に変更されたからのようです。「七夕」は「おりひめ(織女)」と「ひこぼし(牽牛)」が1年 [続きを読む]
  • じどうかん
  • 緑が丘公園内にある「帯広市児童館」の1階には、2014(平成26)年11月1日リニューアルオープンした「科学展示室」があります。350?の展示室は、「見て・触れて・ためす」を基本にした参加体験型の展示品が設置され、こどもから大人までが科学の原理と法則を学ぶことができるようになっています。「暮らしから宇宙へ」テーマに、科学展示室内は5つのコーナーで構成されています。『●とかちの自然(十勝・帯広の自然に関連した体 [続きを読む]
  • ゆいつ
  • 緑が公園内の「おびひろ動物園」は、北海道内で2番目の動物園として1963(昭和38)年7月に開園しました。現在、73種400点の動物を飼育しているそうです。動物園内には、遊園地や植村直己記念館も併設されています。 「おびひろ動物園」は、北海道で唯一「ゾウ」が飼育されている動物園です。飼育されている、インドゾウの「ナナ」は、1964(昭和39)年におびひろ動物園に来園しました。現在国内で飼育されている「アジアゾウ」とし [続きを読む]
  • こうくう
  • マックスバリュ稲田店(帯広市西5条南35丁目2-26)の催事スペースでは、「マックスバリュ北海道×帯広百年記念館」の夏休み自由研究企画として、「十勝100年展」が開催されています。(展示期間/7月16日〜8月20日)「十勝100年展」の展示趣旨は『帯広は1833(明治16)年に開拓団体の晩成社が開拓したのが町の始まりです。その後1903(明治36)年に帯広監獄の設置から急激に発展したしたそうです。それから約100年、農業を中心に大 [続きを読む]
  • ろびー
  • 緑が公園内の「帯広百年記念館」では、ロビー展「荘田喜與志写真コレクション12/昭和からの伝言」が7月30日(日)まで開催されます。(入場無料/9:00〜17:00)HOME PAGEでは『当館が所蔵する郷土の写真家・荘田喜與志氏の写真コレクションから、昭和30〜50年代の十勝・帯広のくらしを記録した写真を紹介します。』と掲載されています。莊田喜興志氏は『1930(昭和5)年3月30日帯広市出生/2008(平成20)年小説「広小路人情譚 [続きを読む]
  • よぼう
  • 気象庁は本日、関東甲信と東海、近畿、中国の各地方に続き、四国地方でも梅雨明けしたとみられると発表しました。四国の梅雨明けは、平年比と昨年比でいずれも1日遅いそうです。本格的な厳しい「夏」がやってきます。緑が丘公園のある北海道・帯広では、7月13日から15日の3日連続の今年5回目の「猛暑日」から一転、最高気温が20℃を割る肌寒い日が2日続きました。〔18日16.6℃(15:19)19日19.7℃(11:18)〕本格的な厳しい「夏 [続きを読む]
  • みずべ
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広は、南からあたたかい空気が流れ込んだ影響で、本日も気温が上がり、3日連続の今年5回目の「猛暑日」となりました。〔本日37.1℃(14:17) 14日36.2℃(13:26)13日35.3℃(14:07)〕気象庁帯広測候所によると、3日連続の「猛暑日」は、帯広では1925(大正14)年7〜8月以来の「92年」ぶりになるそうです。猛暑日の日には、水辺の景観が一服の涼感を感じさせてくれます。緑が丘公園の「十勝池」でと [続きを読む]
  • おうこく
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・十勝は「晴天」の天候と南から暖かい空気が入った影響で気温が上昇し、最高気温「31.7℃(14:57)」の7月に入ってから9度目の「30℃越えの日」となりました。この「晴天」の天候が十勝の「農業王国」に繋がるのです。『十勝農業王国の確立/十勝農業は、1883(明治16)年、晩成社の移住によって本格化した開拓の初めから、基幹産業として成長してきました。それは、府県とはまったく異なる寒冷な気候風 [続きを読む]
  • ふぁーまー
  • 本日、緑が丘公園のある北海道・帯広は、晴れて気温が大幅に上昇し、最高気温「35.5℃(13:47)」の昨日に続く2日連続の「猛暑日」となりました。北海道内173観測地点の75地点で、最高気温が30℃以上の「真夏日」になったそうです。昨日7月7日は、二十四節気の本格的暑さの到来を告げる「小暑(しょうしょ)」で、最高気温が「35.2℃(13:20)」と名称とおりのとても暑い、北海道で今年初めての「猛暑日」となりました。帯広でも、 [続きを読む]
  • ふくろう
  • 緑が丘公園内の「帯広百年記念館」では、収蔵美術作品展「武田伸一回顧展〜ふくろうの夢〜」が特別展示室で開催されます。(6月23日(金)〜7月17日(月)まで/9:00〜17:00/入場無料)『★百年記念館が収蔵する美術作品群から、今回は十勝の美術作家を代表する作家の一人、武田伸一の油彩作品・版画など45点を紹介します。武田伸一(1932〜1985)は、帯広出身の画家。十勝の風土を意識した抽象作品やフクロウを題材とした作品を多く描 [続きを読む]
  • やそうえん
  • 本日の緑が丘公園のある北海道・帯広は、強い日差しと上空に暖かい空気が入り込み、日中にかけて気温が上昇して「最高気温32.6℃(14:20)」の「真夏日」になりました。昨日に続き2日連続の今年3回目の「真夏日」の暑い日になりました。一気に日差しの強い「夏」がやってきた感じです。日差しの強い日は、緑が丘公園内の「帯広市野草園」の「木漏れ日」の「清涼感」がとても気持ちの良い場所になります。帯広市野草園は、緑が丘公園 [続きを読む]
  • ほうろう
  • 緑が丘公園内の「北海道立帯広美術館」では、北海道新聞社創業130年記念「放浪の天才画家 山下清展」(7/1〜9/3)が開催されます。山下清氏は『1922(大正11)年東京生まれ。3歳のころ重い病気を患い、軽い言語障害、知的障害がのこる。12歳で八幡学園に入園。貼絵と出合い、才能を開花させる。18歳の時放浪の旅に出るようになり、戻っては放浪先での記憶をもとに絵を制作、手記も書きのこす。戦後、1950年代半ばからは国内外で注 [続きを読む]
  • せいりょう
  • 21日には、東北地方の北部と南部、北陸地方が梅雨入りし、全国各地が「梅雨」入りしました。翌22日には、沖縄地方が「梅雨」明けしたとみられると気象庁によって発表がされました。平年より1日早く、昨年より6日遅いそうです。緑が丘公園のある北海道・帯広では、湿度は低いながらも「梅雨」のよう「はっきりしない」「ぐずついた」「ぱっとしない」天候が続いています。ほんのつかぬ間の青空の下、緑が丘公園内の「十勝池」が創 [続きを読む]
  • ひばり
  • 1966(昭和41)年に選定された「帯広市の木、花、鳥」は、花「クロユリ」木「シラカバ」鳥「ヒバリ」です。ヒバリは、緑が丘公園のある北海道・帯広では「夏鳥(春に渡来し夏を過ごし、秋に南方に渡って越冬する鳥)」のになるようです。『ヒバリ/学名/英名Alauda arvensis/Skalark/全長(L)17?翼開長(W)32?/姿/全体が黄褐色で、頭、背、翼の上面においては淡褐色の羽縁と黒褐色の斑がある。中雨おおい、小雨おおいが赤褐 [続きを読む]
  • しらかば
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広は、週末が晴天の「晴れ」に久しぶりになりました。本日は、6月になってから3度目、3日ぶりの最高気温が「25.4℃(15:17)」の「夏日」となりました。梅雨のない北海道は、湿度が低いため、気温のわりには過ごしやすい陽気の日となりました。1966(昭和41)年に選定された、北海道・帯広市の「市の木」は「シラカバ」です。緑ヶ丘公園の中にも「白樺」の樹木がたくさん植栽され、素晴らしい自然景 [続きを読む]
  • くろゆり
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広の名の由来は、アイヌ語の「オペレペレケプ(河口がいくつにも分かれている川)」がなまって「オベリベリ」となり「オビヒロ(帯広/おびひろ)」になったといわれています。1966(昭和41)年に「帯広市の木、花、鳥」は、花「クロユリ」木「シラカバ」鳥「ヒバリ」と選定されたそうです。緑が丘公園内の「帯広市野草園」は、昭和33年7月に開園し、43,530?の敷地内に82科375種あまりの野草樹木が、十勝 [続きを読む]
  • しにせ
  • 緑が丘庫園内の「帯広百年記念館」ロビーおこなわれている「川西・大正・帯広合併60周年記念写真展」(6月3日まで/観覧無料)では、60年前の合併祝賀パレードの様子を写した写真が展示されています。『川西・大正・帯広合併祝賀パレード/昭和32年6月15日/西二条通り 藤丸デパート前/昭和32年6月15日、120台もの車両が連なり、新旧市域を一巡する合併記念パレードが行われました。音楽行進と広告パレードを兼ねたものなので、 [続きを読む]
  • あめのひ
  • 本日(27日)緑が丘公園のある北海道・帯広は、最低気温「10.7℃(05:15)」最高気温「13.5℃(14:15)」の「雨」降りの一日でした。5月16日以来11日ぶりの、最高気温が「15℃」に届かない肌寒さを感じる日になりました。雨の日には、屋内施設「北海道立帯広美術館」で開催されている「見る.感じる.アートのチカラ」(6月18日まで)を見て感じに、学芸員さんの解説案内「ギャラリーツアー」を聴きに行ってきました。WEEKLY MAGAZ [続きを読む]
  • がっぺい
  • 緑が丘庫園内の「帯広百年記念館」のロビーでは、「川西・大正・帯広合併60周年記念写真展」の展示が6月3日までおこなわれています。(観覧無料)展示内容は『昭和32年、当時の川西村と大正村が帯広市と合併し今日の帯広となり、今年で60年となりました。本展では、合併前後の川西・大正地区の写真を中心に展示・解説します。』となっています。ごあいさつパネルには『ごあいさつ/昭和32(1957)年4月1日、川西村・大正村と帯広 [続きを読む]
  • ざいらいしゅ
  • 昭和33年7月に開園した、緑が丘公園内の「帯広市野草園」は、43,530?の敷地に82科375種あまりの野草樹木が自生していた昔のままの姿で残されているそうです。帯広市野草園では、日本在来種の「エゾタンポポ」が花を咲かせていました。「セイヨウタンポポ」はヨーロッパ原産の帰化種だそうです。「エゾタンポポ(漢名:蝦夷蒲公英/えぞほこうえ)」(キク科タンポポ属)茎の高さは20〜40?で、約4センチの黄色の花を1個つけ [続きを読む]
  • じゅうだん
  • 5月14日には、釧路でエゾヤマザクラが開花し、翌15日には、根室でチシマザクラ開花したそうです。釧路でエゾヤマザクラの開花は、気象庁の全国58カ所の観測地点の最後で、昨年より4日遅く、平年より3日早い開花で、2年ぶりの「遅咲き日本一」になったそうです。根室でチシマザクラの開花は、サクラ前線の終着点として、本年も日本一遅い桜の開花となったそうです。(平成24(2012)年より6年連続)『チシマザクラ/バラ科/別 [続きを読む]
  • みどり
  • 緑が丘公園のある北海道・帯広は、最低気温「5.8℃(06:08)」最高気温「11.9 ℃(15:38)」の「花曇り」の1日となりました。花曇り」とは、桜の花の咲くころの、薄くぼんやりと曇った空模様のことだそうです。天気予報では、明日、明後日も同じような「花曇り」の天候になるようです。気象庁の全国58箇所の「桜の開花状況」観測地点(沖縄県〜北海道)で、開花宣言されていない「釧路市」に「桜前線」は、この肌寒い陽気で釧路の手前 [続きを読む]