xufang さん プロフィール

  •  
xufangさん: 開心笑話
ハンドル名xufang さん
ブログタイトル開心笑話
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/xufang106
サイト紹介文中国笑話、謎謎、故事説話等々開心笑話!
自由文笑う門には福来る!ユーモアのある生活を!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1141回 / 365日(平均21.9回/週) - 参加 2014/05/09 15:33

xufang さんのブログ記事

  • 中国笑話「顔のしわ!」
  •  妻は最近顔のしわを気に病んでいて、いろいろ試しているが、なかなかうまくいかな。 ある日、ぼくは見ていられなくなって、彼女に、「いい方法があるよ。皺が取れるよ。」と言ってやった。 妻はひどく感激したようだ。 「どういう方法なの?早く言って」 ぼくは悠々として言った。 「簡単だよ。毎朝、早く起きて、自分の顔を百回たたくんだ。そうやって顔を晴らすだけで、皺は見えなくなっちゃうよ。」 《笑?集 - 夫妻 - [続きを読む]
  • 中国笑話「殴られずに済むと思った」(一年前の再編集)
  •  ぼくは小さいころ、何度もいたずらをしては、いつも殴られていた。 ある時、いつものように追いかけられた時、ぼくは庭に逃げ出して、木に登った。 父はちょっと太っていて、木には登れないのだ。 何回か木の周囲をぐるぐる回りながら、どうしようか考えていたが、最後には腹を立てて行ってしまった。 ぼくは心中喜んだ。 「しめしめ、こんな方法があったんだ。これからは殴られないですむぞ。」 その後、またいたずらをし [続きを読む]
  • 中国笑話「ファイナンシャル・アドバイザー」
  •  朝早く、電話がかかってきた。 「わたくしFAなんですが・・・」 「FAって何ですか?」 「ファイナンシャル・アドバイザーです。御主人の財産に関して有効活用のご相談に乗ります。」 「もういるよ。」 「どちらの会社でしょうか?」 「うちの女房だよ。」 「御主人、その他の投資についてはいかがでしょうか。例えば貴金属類は考えてみませんか。」 「貴金属なら投資してるよ。」 「どういう貴金属に投資していらっ [続きを読む]
  • 中国笑話「はにかむ男」(一年前の再編集)
  •  中学生の時、好きな女の子がいたが、ずっと片思いだった。 ホワイトデーの前日にハート型の箱に入ったチョコレートを買っておいた。 そして、当日昼休みに、彼女にこれをあげて、告白をしようと思っていた。 ところが、その日の昼休み、学校で一番、怖いと言われている不良生徒に絡まれて、ポケットの中身を全部出すように言われた。 ぼくはその時のことが永遠に忘れられない。 ぼくがポケットから出したチョコレートをその [続きを読む]
  • 中国笑話「恐妻家」
  • A「ぼくの給料は月に1万元なんだけど、給料が振り込まれる銀行のカードは妻が握っているんだ。ぼくは500元だけ小遣いとしてもらえるんだ。」B「きみはまだいいよ。ぼくにとって、給料は一枚の紙きれにすぎないんだ。」《笑?集 - 夫妻 - 嘿嘿,都是夫妻惹的笑(03)2017/8/13》 [続きを読む]
  • 中国笑話「金より大事なもの」(一年前の再編集)
  •  富豪が女性と一年間付き合った後で、金の延べ棒をプレゼントして、結婚を迫った。 だが、彼女はその申し出を断って言った。 「あなたにはわからないかもしれないけど、世の中には金よりも、ずっと大事なものがあるのよ。」 富豪はそれを聞いて、恥ずかしく思った。 その後、彼女はダイヤモンドを売る会社の社長と結婚したそうだ。《開心笑吧2016-08-09「有些?西比金子更珍?」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「失恋」(一年前の再編集)
  •  夜、焼肉店に行ったら、仲のいい友人が悲しい顔をして一人で酒を飲んでいた。 どうしたのか聞いたら、彼が悲しそうに言った。 「失恋したんだ!」 「まさか、あんなに仲がよかったじゃないか。確か彼女の家へ行ってお父さんに会うって言ってたよね!」 「彼女の家へ行く途中、携帯電話の電池がなくなっちゃってね。道を歩いていた男の人に携帯電話を借りて彼女にかけたんだ。彼女の番号を押したら、何と、画面に『ベビー』っ [続きを読む]
  • 中国笑話「赤ん坊を抱っこしてあげる」
  •  バス停で女の人が赤ん坊を抱いて左手から右手に持ち替え、非常に疲れた様子をしていた。 ぼくは急いで彼女の前に行き、提案した。「お姐さん、ぼくが抱っこしてあげましょう。」 「ありがとうございます。」 彼女は感激して言った。 「でも知らないあなたにそんなご面倒なことをおねがいできません」 「問題ないです。気にしないでください」 そう言って、ぼくは彼女から赤ん坊を受け取り、女性といっしょにバスに乗った。 [続きを読む]
  • 中国笑話「夫婦(2)」マドンナ
  •  大学の同窓会に出た夫が帰ってきた。 妻が尋ねた。 「あなたのクラスのマドンナはどんなふうに変わってた?」 夫が感慨深げに答えた。 「彼女は大学の時と同じだったよ。少しも変わってなかったよ。」 妻はちょっと嫉妬したように言った。 「二十年余り会っていないんでしょう。少しも変っていないないってことは、整形手術でもしたんじゃないの?」 夫は少しいらだちを込めた声で答えた。 「俺が言っているのは、彼女の [続きを読む]
  • 中国笑話「夫婦(1)」
  •  夫婦が銀行へやってきて、入り口の左右にそれぞれライオンの石像が有るのを見つけた。 夫が、ずっと話し続けていた妻のおしゃべりを遮って質問した。 「おまえ、この二頭のライオンのうち、どっちが雄で、どっちが雌かわかるか?」 「そんなの私にわかるわけないじゃないの!」 「教えてやろう!口を開いているほうが雌で、口を閉じているほうが雄だよ。」 「どうして?」 「女はよくしゃべるからな!」 《笑?集 - 夫妻 [続きを読む]
  • 中国笑話「イケメンがハート形の紙を・・・」(一年前の再編集)
  •  同僚の女性の話だ。 彼女は今日、バスに乗っていたら、後ろに座っていたイケメンの男性から、一枚の紙を渡された。 それもハートの形をしたものだったという。 そのイケメンは、ハート型の紙を渡されて唖然としていた彼女に、「誰もいないところで開けて!」と一言囁いてから、バスを降りて行った。 この同僚はすごく喜び、バスを降りる彼を笑顔で見送った。 その後、バスが自分の最寄りのバス停に着いて、バスを降りてから [続きを読む]
  • 中国笑話「決して焦るな!」(一年前の再編集)
  •  昨年の暮れ、ぼくは義父と魚を釣りに行った。ウキが沈むのを見たぼくはすぐに竿を引き上げた。だが、どうしても引きあがらない。これはきっと大きな魚がかかったのだろうと、思い切り力を込めて引き上げた。 その結果、勢い余って、バランスを失い、後ろにいた義父の背中に思い切りぶつかってしまった。60歳を過ぎた義父はその勢いで、川に落ちてしまった。それから、岸に上がってきた義父は、一言つぶやいただけだった。「水 [続きを読む]
  • 中国笑話「彼女は?」
  •  お盆に実家に帰ると、毎年のように、親戚のみんながぼくに聞いてくる。 「彼女はできたか?」 ぼくは何も答えず、親戚の子を見つけて、「期末テストの成績はどうだった?」と聞く。 親戚に「彼女は?」と聞かれた苦痛を紛らわすために聞くのだ。 親戚の子が答える。 「おじさん、ぼくの彼女が一番で、ぼくは2番だったよ。ところで、おじさん、彼女はできた?」 「・・・」《笑?集-儿童-爆笑,小盆友要把你?都笑?掉03:2 [続きを読む]
  • 中国笑話「迫真の演技」(一年前の再編集)
  •  高校生の時、ぼくの学校で、戦争ドラマの撮影が行われた。 ぼくらの学校と隣の学校の生徒たちがエキストラになった。 ぼくの学校の生徒たちは国軍の兵士、隣の学校の生徒はゲリラ隊を演じた。 どういう演出だったのかよく覚えていないが、戦闘シーンになった時、両校の生徒同士は、演じていることも忘れて本気で喧嘩を始めた。 ドラマの助監督が止めようとしたが、監督が止めるなと言った。 そして、迫真の戦闘シーンを撮り [続きを読む]
  • 中国笑話「歯磨き」(一年前の再編集)
  •  朝から妻と小さなことで喧嘩をしてしまった。 昼過ぎても、一言も口をきいてくれなかった。 夕方になって、いろいろ反省した。 「そうだ!小さなことで妻を怒らせても意味がない。キスをして、恨みも流し去ろう・・・」 そう思って、しっかりと歯を磨いてから、彼女にキスをしようと迫った。 ところが、思いもよらないことに、妻は恐ろしいものでも見たように、後ずさりして、逃げ出した。 「あなた、何か気づかなかった? [続きを読む]
  • 中国笑話「バー残業」(一年前の再編集)
  • 友人が僕をバーに連れて行ってくれた。ぼくはバーの「残業」という名前を見て不思議に思った。「このバーはどうして『残業』っていう名前なんだ?」「まあ、見てろよ。」友人はそう言うと、携帯電話を取り出して、電話の相手に言った。「もしもし、おれだけど!今、『ザンギョウ』なんだ。うそじゃないよ。」《開心笑吧2016-08-10「佳班酒吧」》 [続きを読む]
  • 中国笑話「エアコン」
  •  レストランに食事に行った。 ドアを開けたら、店内はすごい熱気だった。 ぼくは店員に聞いた。 「どうしてエアコンをつけないんだ?」 店員が答えた。 「店長が言うんです。エアコンをつけたら、電気代がもったいなって。」 「じゃあどうして、窓を開けないんだ?」 「店長が言うんです。窓を閉めてたら、外にいる人がみんなエアコンをつ蹴照って思うからだって。」 ぼく「・・・」《笑?集-> 社会 -> ?事一串,笑?好几 [続きを読む]
  • 中国笑話「妻と上司」
  •  社長はぼくによく、「言う通りにしろ!」と言うが、妻もぼくに同じように、「言う通りにしろ!」と言う。 社長と話す時、その顔色をうかがわなければならないが、妻と話す時も、その顔色をうかがわなければならない。 社長はぼくをバカにしているが、妻もぼくをバカにしている。 社長はいつも秘書とこそこそやっているが、妻もいつも隣の王さんとこそこそやっている。 社長のバックにはもっと恐い会長がいるが、妻のバックに [続きを読む]
  • 中国笑話「お互い様」(一年前の再編集)
  •  高校生のある日、初めて遅刻をしてしまった。 校門で守衛さんにクラス名と名前を書くように言われた。 こんな時、自分の名前を正直に書き残すのは愚か者のすることだと思ったぼくは、クラスメートの名前を書いてから、教室に入った。 すると、運よく、ぼくが名前を書いたクラスメートはまだ来ていなかった。 思ったとおり、遅れてやって来た。 昼休みになって、クラス担任がぼくとそのクラスメートを呼びつけて、グランドを [続きを読む]
  • 中国笑話「上海ファッション」
  • 上海の最新流行のファッションを身にまとった女性が山岳地帯にやってきた。すると、次のような事が起こった。畑を耕していた二人のおじいさんの会話だ。一人のお爺さんが言った。「アイヤー、あんたの服、とても涼しそうだな!」もう一人のお爺さんが言った。「涼しいには涼しいだろうけんど、背中をお日さまに晒してて、日焼けして痛いんじゃないかのう!」《笑話集-幽默笑?-笑?集原?笑?精品展第162期02》 [続きを読む]
  • 中国笑話「遅かれ早かれ!」(一年前の再編集)
  •  小さいころ、我が家はネズミの害に悩まされていた。 ある日、ママが市場へ行ってネズミ捕りの薬を買ってきた。 その薬を売っていたおじいさんの話によると、自分で配合した薬を麦粒に混ぜたもので、効きめはかなり強いということだった。 ところが、粗忽者のママは買ってきた薬を車から下して、庭に置いたまま家に入ってきた。 すぐに、庭へ取りに戻ったが、何と、庭で飼っている鶏たちがその薬をきれいに食べてしまった後だ [続きを読む]
  • 中国笑話「受け入れられない!」
  •  小さなことで、妻と喧嘩してしまった。 「なあ、夫婦はお互いに受け入れるっていうか包容力がなくちゃいけないよ。」 妻はぼくの提案を受け入れようとしない。 「あなたを受け入れることはできないわ。」 「どうして?」 「きのう、あなたにカバンを買ってくれるように言ったのに、あなたは買ってくれなかった。新しいカバンがなければ、あなたを受け入れられないじゃないの!」 「???」《笑話集-幽默笑?-笑?集原?笑? [続きを読む]
  • 中国笑話「三人の男」
  •  男女の取り持ちをする女の人が李さんの娘さんのために、三人の男を紹介し、李さんに選ばせることにした。 一人目は無鉄砲な男!二人目はスリを生業にする男!三人目は愚か者! 三人は李三の家に入ってきてから、李さんは一目見て、ひどく不満に思い、追い出そうとした。 無鉄砲な男が叫んだ。 「ぼくは爆弾を体中に着けています。もしお嬢さんを私に下さらなければ、火をつけます。ぼくたちみんなここで死にますよ。」 二番 [続きを読む]
  • 中国笑話「魚釣り!」
  • 長年会っていない同級生が家にやってくるというので、秦さんが言った。「この同級生は川魚が好きなんだよ。」次の日、秦さんは朝ごはんを食べてから、釣り竿を抱えて川へ釣りに出かけた。夜戻ってきた時、秦さんが手ぶらなのを見た奥さんが尋ねた。「あなた!釣った魚は?」秦さんは自分の頭をたたいて言った。「アイヤー、お前に言われなかったら忘れる所だったよ。釣り竿はマージャン層に置いてきちゃったよ。」《笑話集-幽默笑 [続きを読む]
  • 中国笑話「自分の力を信じろ!」(一年前の再編集)
  •  職場の同僚の中に好きな女性がいるが、彼女はとても優秀な社員なので、断られるのが恐くて、躊躇していたら、先輩がぼくを勇気づけてくれた。 「やってみもしないで、どうしてうまくいかないってわかるんだ?失敗っていうのは挑戦しないことだぞ。」 そう言われて、ぼくは思い切って、告白することにした。 その結果、思った通りだった。 「男は自分の力を信じるべきだ!」 このことが確かに証明された。 そう、ぼくは、き [続きを読む]