みやこわすれ さん プロフィール

  •  
みやこわすれさん: 野花とティータイム
ハンドル名みやこわすれ さん
ブログタイトル野花とティータイム
ブログURLhttp://nobanatealife.seesaa.net/
サイト紹介文自然な野花と遊びながらティータイムを過ごしています。(*^o^*)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供205回 / 365日(平均3.9回/週) - 参加 2014/05/10 21:57

みやこわすれ さんのブログ記事

  • 移りゆく花入れの想い・・
  • 私の小さな床に落ち着いた備前焼の花入れ友人のお父様の形見楽しんで色々な野花を生けられたのでしょう魂の移りゆく声が聴こえそうです計り知れないご縁の歓びをサザンカと雪柳で現し味わいのある焼き締めが日ごとに艶やかになるでしょう「ありがとうございました」大切にしますね、 [続きを読む]
  • 都の道に流れる汗・・
  • 青空輝く都の道 「京都マラソン」老いも若きも女性も外国の方も皆汗を流しながら走る応援しながら、何かしらの力を頂く「ありがたさ」爽やかな酸味を喉越しに名もわからない一輪の椿に寄り添いて今日の命に「穏やかにありがとうございます」 [続きを読む]
  • 三冬枯木の花・・
  • 厳しい冬がそろそろじっと耐えた木にも梅や桃、椿の話し声が賑やかにカラーの花も交え暖かい煮物椀の中にも柚子の香りが漂い少しずつ春の香りが・・雪融けの道お気をつけくださいね。 [続きを読む]
  • 春雪には、蒸したてのお饅頭で一服・・
  • 立春を迎える空より春の雪が降りてきたしだいに斜め越しに塊のような雪にまだまだ、背中には真の寒さが残るこんな日には、蒸したてのじょうよ饅頭湯気が心まで温かくしてくれ一服のお茶と薮椿の深紅の美しさ美しい名残り雪の頭上には春の青空が待っている・・風も流行っています、お気をつけくださいね。 [続きを読む]
  • 大寒にはつららが・・
  • あちらこちらで目にした氷柱に幼き日の口にした震えるほどの郷愁クリスタルのような美しさにみとれ氷柱の花入れに・・ブルーベリーの葉の先には遠い春を待つ小さな白い花と清らかな白玉椿、躊躇いも無くそのままの姿で・・無心福豆二種でテイータイム皆さまの家にも福がきますように・・ [続きを読む]
  • この季節に出番・・手焙り火鉢
  • この季節を待ってました。思わず笑みがこぼれるお多福さん炭をいこし、そっと後ろの穴からいれじわじわと熱くなり冷えた手も心もゆっくり温めてくれるデジタルでスピードの世の中に大事なことを色々教えてくれる手焙り火鉢今年も出会えた事に感謝して木瓜の枝と薄桃の椿の 口元に一枝の柊が今年の厄を追い払ってくれるでしょう今日も寒い風が吹いてます。お出かけはマスクと手袋を [続きを読む]
  • 銀閣寺のアオギリのはなし・・
  • 三寒四温の折、まだ銀閣の屋根に雪残し銀沙灘(ぎんしゃだん)向月台も春のひかりに輝き足利義正公の法号慈照院にちなみ東山慈照寺の紋果でテイータイム山の中腹にまだ葉はつけてないアオギリの木々達恐ろしいニュースが聞かれる中本当に伝えていかなくてはと・・出口の青竹に あせびと梅とサザンカより「又きてください」との空耳が・・ [続きを読む]
  • 冬ソナのメロデイーに♪
  • 日本の冬ソナに思いを寄せて細長く続くメタセコイヤの並木道何処からともなく♪レソラシ〜♪真白い雪の五線譜が舞い散る美しいピアノの音色も静かに・・ピュアな雪に融けては消え又何処からともなく流れて昨日友人宅での美味しいコーヒーを思い出し「ごちそうさまでした」器がとても素敵でした [続きを読む]
  • 雪に書初め・・
  • 真白なフワフワな雪鳥・・誰もいないわずかな太陽の光を通り抜け次から次へと白い天使が降りてくる心にも白のセーターで楽しくなる雪の花をベンチに冠雪 常盤の翠 誇らしく(年甲斐もなく雪に喜びて) [続きを読む]
  • 寒い朝に・・寒咲きアヤメ
  • 細い葉戯れるように寒い朝を謳歌するように「信じる者のしあわせ」花言葉信じれる人がいる事の幸せを教えてくれた禅の香りが黄色の文目模様から漂う背筋のばした新しい朝の気持ちを・・やはり、こんな朝はホットミルクで雪の情報が多いので滑らないようお気をつけくださいね [続きを読む]
  • 品格のある花水仙
  • 水仙にとてもよく似合う花入れ風に添って揺れていた雪柳トイレの小さな棚もそれとなく品格が・・「水仙や美人頭をいたむらし」 蕪村何となく下むき加減に咲く様子から、頭でも痛いのかと?本来の水仙は荒れた日本海の岸壁に咲くような真の強い花ですね。 [続きを読む]