Okosho さん プロフィール

  •  
Okoshoさん: London smiles
ハンドル名Okosho さん
ブログタイトルLondon smiles
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/okosho/
サイト紹介文英国人の夫と日本人の妻の食いしん坊コンビと日本生まれのスコティッシュフォールドのクーのロンドン生活。
自由文2012年4月にイギリス人のシェフと結婚、
7月に彼との新生活をスタートするため、
スコティッシュフォールドのクーと一緒に
ロンドンにやって来ました。
日本の友人への手紙変わりに、日々の出来事を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2014/05/11 07:52

Okosho さんのブログ記事

  • Blueberry Farm Shop。
  • 先週土曜日、イーストボーンのお義父さんの家から車で15分ほどのとこにある、アーリントン(Arlington)のブルーベルファームのショップに、チキンを買いに行った。ここは、ブルーベルが盛りの4月に、ブルーベルが一面に咲く、奥の森を公開している。とても綺麗で、緩い傾斜があったり、池があったり、変化に富んだ素敵な森だった。この農場で育てられたチキンは、凄く美味しいので、たまに買いに来るが、金曜日と土曜日しかオープ [続きを読む]
  • 水陸両用バスは怖い。
  • 先週のこと。レスター・スクエアで仕事を終え、時間ぎあったので、チンタラ二階建てバスを乗り継いでサウスフィールズの自宅まで帰ることにした。もちろん二階席の窓際に陣取り、外の景色を見ながら帰るのが好き。安いし。ピカデリーの目抜き通りにある高級時計店の前には、素晴らしい生花が。ちとブレてしまった、生けてバスが動き始めてしまったので。でも綺麗さは伝わるかと。通行人も思わず手で触っていた。そのまま、ホテル・ [続きを読む]
  • 衝撃。
  • ロンドンでまたテロが起こってしまった。場所は、ロンドン・ブリッジとすぐそばにあるボロ(バラ)・マーケット(Borough Market)だ。日本でも情報が詳細に渡り報道されているようだが、ボロ・マーケットは、先日ブログに書いたばかりだ。http://blog.livedoor.jp/okosho/archives/49608605.htmlダンナも私も良く知っているところで良く行くので心底ショックで、正直言ってまだ立ち直れない。3人の犯人達は、バンで歩行者をなぎ倒した [続きを読む]
  • 伝染性単核球症(伝染単核症)(再編集済み)
  • 先週から、ロンドンは気温がグングンと上がり、金曜日は5月として、127年ぶりの高気温を記録したそうだ。日陰に入ってしまえば、かなり涼しいのだが、日差しが強くて湿気がないから、ちょっと直射日光を浴びただけで、すぐ日射病にかかりそう。更年期障害で汗を主に頭から掻くようになり、朝せっかくメイクしても出かけて駅に着くまでに、ドロドロである。さて、4月から5月にかけての体調不良の原因がわかった。28年前のうら若き頃 [続きを読む]
  • テロとラリー。
  • マンチェスターのテロは、本当に酷かった。アリアナ・グランデのファンは、まだ10代にも届かない小さな子供たちが多いという。犠牲者の中にやはり子供達も居たそうで、胸が潰れる想いだ。そんな中で、マンチェスターの人々は災難に遭った人たちを一所懸命助けていたそうだ。隣接するビクトリア駅は、事件後すぐ閉鎖され、電車も止まってしまったので、帰宅するには車しかなく、でも遠方だとタクシー代を払えないケースもあっただろ [続きを読む]
  • 長いウサギ。
  • イギリスのペットショップは、主にペット洋品販売中心で、生体販売は大手チェーン店"Pet at Home"だとウサギ、ハムスター、モルモット、砂ネズミ(Tegu)、チンチラ、熱帯魚、トカゲなどが対象。また、感心なのは、飼えなくなったウサギやモルモット等の譲渡コーナーが常設されていること。このコーナーが空だと凄く嬉しい?数日前、熱帯魚の水草を買いに行ったら。。死んでるのではありません。後ろ足を伸ばしてリラックスしてい [続きを読む]
  • 2017 ユーロビジョン優勝は。。。
  • 速報。今年のユーロビジョン優勝は、ポルトガルのSalvatir Sobralの"Amar Pelos Dois"に決定。今年は早くから、ポルトガルが良いという話は聞いていた。こちらがその歌。(日本から観られるかな?)女性とのデュエットなのだ。朗々と歌い上げる曲が多い中で、なんかホッとする感じが良かったのか。歌詞はラブソングだということしか、わからないが、ポルトガルがユーロビジョンで優勝とは、たいそうな"事件"らしく、かなり盛り上がっ [続きを読む]
  • ウルフドッグ。
  • wimbledonのLidl(格安スーパー)に行ったら、大きな犬が居て、あれはもしや?と、すかさず近寄り、飼い主さんに話しかけた。「これはもしやウルフドッグ?」すると「そうです、その通り」初めて生でみるウルフドッグ。美し〜。2歳の女の子で、名前は。。。「オカミといいます。」と飼い主さん。一瞬ぽかーんとしましたが、「ああ、オオカミ!それ、日本語でウルフという意味ですよ、私日本人なんですが。。」と申告。飼い主さん、「 [続きを読む]
  • ウィンブルドン第一コート。
  • 先週日曜日に何の他の症状もなく、突如として40度熱が出て、熱冷ましを飲んで一度37度に下がっても、また40度までどうしても戻って来てしまうというのが、水曜日の夜まで続き、さすがに参った。かかりつけの医者は満員で予約が取れなくて、代わりに先生が、電話で相談に乗ってくれた。風邪かインフルエンザで、時間がかかるから、軽い熱冷ましだけ飲みながら気長に直せとのこと。眠いと思ったら寝て、ゆっくり休むことだそうだ。こ [続きを読む]
  • クー6歳に。
  • 6年前の今日、丁度東京都知事選の4月10 日日曜日の午後、恵比寿の坂の上の小道で、鼠みたいな汚い小さな小さな子猫を見つけた。いつもなら通らない道なのに、何故か その日は、そこを通ろうと思って角を曲がったら、 ニャーニャー叫んで彷徨うクーが居たのだ。よく見れば、耳が垂れたスコティッシュフォールドじゃありませんか!その8ヶ月前に行方不明になったままのスコティッシュフォールドのおこしょが、遣わせてくれた気がして [続きを読む]
  • 洋梨の花とジンジン。
  • 今年はロンドンに春が来るのが早かったと感じる。タンポポとかも、例年だと4月後半から沢山咲き始めるのに、今年は既にかなり咲いている。そうそう、こちらは木蓮が華やかで美しいのだが、今年はもうピークが過ぎてしまい、写真を撮り忘れた。うちのフラットの隣の敷地に洋梨の木があり、毎年、小鳥とリス達が実がなるころはウハウハなのだ。もう終わりの方なのだろうが、綺麗だ。林檎とか梨・洋梨の花って、透明感のある白色で、 [続きを読む]
  • クー恍惚?
  • ロンドンでのテロも含め、色々なことがあった1週間だった。幾つになっても、人間関係は難しいし、面接には慣れないし。まあ、これらのことは後日書くとして。。。ダンナが新しい仕事に就き、黒いTシャツを制服として支給されており、5枚しかないから殆ど毎日洗濯する。とにかく朝も早よから夜遅くまで忙しくて大変な仕事で、汗も沢山かく。今朝もTシャツを洗濯機にいれようとしたら、クーがやってきて、なにやらクンクンスリスリし [続きを読む]
  • Cambridge - FritzbilliesのChelsea Bun。
  • 最近、"ケンブリッジに住む58の理由"という記事がオンラインで紹介され、その写真の数々の美しさにダンナ共々魅了され、急遽、先週一泊で行って来た。しかし。忘れていたのは、季節が冬っていうこと。ケム川沿いを歩いても、停泊中のナローボートの風で飛ぶのを防ぐために屋根に肥料の袋がおいてあったり、あまり美しくない。しかも、この日は気温6度。寒いことこの上ない。灰色の世界で、全然素敵じゃない。自分達の現実把握力と [続きを読む]
  • 今年の水仙。(編集済み)
  • 今は、普段お義父さんの家には誰も住んでないので、庭がいくら綺麗でもそれを鑑賞する人もいない。水仙の蕾が沢山あり、せっかくなのでロンドンに持って帰って来た。蕾だから、どの種類の水仙なのかわからないまま、摘んで来たが、今朝一気に開花。昨日のブログに登場した水仙の他に、こういうのが。なんて複雑で美しいのか。これも何本か。真ん中の花びらの縁だけ赤く、変わっている。こちらも上と同じかなと一瞬思ったけれど違っ [続きを読む]
  • イーストボーンは春だった。
  • 2ヶ月ぶり位に、イーストボーンのお義父さんの家へ。モノクロームだった冬の庭は、水仙が咲き乱れ、春の訪れをしっかりと示している。私が来なかった間に、庭師のフレディーが丹精込めて手入れしてくれたのだろう。八重の水仙なんてあるのね〜。今の時期、イギリスは水仙で溢れ返り、大変美しい。ムスカリも咲き始めていた。可憐で私の大好きな花。確か、ドイツすずらんという筈の花。他にも、レンギョウ、金魚草みたいなの、パン [続きを読む]
  • 世界最大のドッグショー、Crufts。(編集済み)
  • 先週木曜日から本日まで、バーミンガムで、世界最大のドッグショーと言われるCrufts (クラフツ)が開催された。イギリスのThe Kennel Crubが主催するイベントで、使役犬(Utility dog), 愛玩犬(Toy), テリア((Terrier)等、イギリスでの犬の種類分けに応じたグループ毎のコンテスト、アジリティ、フライボール(ボールを使った変則リレーみたいなの)、フリースタイル等々に世界中から自慢の犬を連れて参戦、それはそれは犬好きには見応 [続きを読む]
  • クー、その後。
  • 3日前、様子が変だったクー、翌日も今一歩ご機嫌が直り切らない。スコ座りをする時は、大体はルンルン気分の時の筈なのだが、この朝は、こういう状態。ビミョーに顔が怖い。毛を梳いてやったら、沢山毛が取れたので、丸めておまたに乗せてやっても(白っぽいのがそう)全く反応なし。話が出来ればねぇ。アンタの望みはなんなのさ! [続きを読む]
  • ヴィクトリア&アルバート博物館のカフェ。(編集済み)
  • ダンナの職探しにもメドがついて来たし、あまりにも良いお天気なので、午後から出掛けることにした。3月7日のブログに書いたように、花粉が怖かったのだが、日本で買ったイオンスプレーで、花粉を寄せ付けないよう準備し、ダンナのバイクの後ろにまたがる。行き先は、Sourh Kensingtonにある、Victoria & Albert Museum, 通称V&A。在ロンドン5年目にして、初めて本格的に訪問。2013年のボウイのエキシビション(今、東京で開催中の [続きを読む]
  • ましゅうさんと京橋美々卯へ。
  • 先月の里帰りには、限られた時間の中で、なるべく多くの友人と会ったが、その中でもかなり嬉しかったのが、私のブログにコメントを下さったことがきっかけで、親しくなった、"ましゅう"さんとの初対面だった。手根管症候群で苦しんでいた時のブログに、似た経験があるということからコメント頂いたのがきっかけだ。メールのやり取りを始めて、びっくりしたのが、下の名前が同じだったことだ!そんなに、良くある名前ではないので、 [続きを読む]
  • 京橋 美々卯。
  • 先月の里帰りには、限られた時間の中で、なるべく多くの友人と会ったが、その中でもかなり嬉しかったのが、私のブログにコメントを下さったことがきっかけで、親しくなった、"ましゅう"さんとの初対面だった。手根管症候群で苦しんでいた時のブログに、似た経験があるということからコメント頂いたのがきっかけだ。メールのやり取りを始めて、びっくりしたのが、下の名前が同じだったことだ!そんなに、良くある名前ではないので、 [続きを読む]
  • クー不調?
  • 昨夜からクーが元気ない。お気に入りの猫じゃらしをふりまわしてやっても全然ノッてこないで、爪研ぎの上に乗って気だるそうにしている。いつもは、ダンナが先にベッドに入ると、自分が私に遊んでもらえるとヤル気満々なのに。今朝も、お気に入りのおもちゃを出してやっても"ちがう〜"と言っている。いかにもつまんなそう。なんだ、どうした? [続きを読む]