ハヤテ さん プロフィール

  •  
ハヤテさん: なつかしの映画
ハンドル名ハヤテ さん
ブログタイトルなつかしの映画
ブログURLhttp://fanblogs.jp/tougai/
サイト紹介文むかしなつかしい映画やテレビドラマ等 独断と偏見で語ります。話題は脱線することもありますがお許しを
自由文主にカルト映画や封印作品、B級、隠れた名作等語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供111回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/05/11 16:41

ハヤテ さんのブログ記事

  • 「ヤヌスの鏡4」杉浦幸、山下真司、大沢逸美
  • 大沼ユミが東涼子に打ち明けた計画とは、河本達之の宝石店に押し入り強奪することだった。さすがの涼子もこの話には驚き、計画に加わるのをためらった。だがユミは達之から秘密の隠し経路を聞き出していたので、逃げ道を確保してのユミの周到さに感心し仲間と加わることにした。大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌスの鏡 後編 [ 杉浦幸 ]価格:18,468円(2017/6/1 16:53時点)感想(0件)しかし犯行当日ユミは裏切り自分は逃走したあと、警 [続きを読む]
  • 「ヤヌスの鏡3」杉浦幸、山下真司、高橋悦史、大沢逸美
  • 堤が暴力を否定するのは理由があった。堤は以前の高校では体罰主義者であり、不良生徒は殴ってでもいうことを効かせる今とは正反対の教師だったのだ。そしてある不良少女を更生させようと力で抑えつけていた。少女は表面上は更生したかに見えたが実は深い恨みを抱いていた。そしてある日堤の家の前で待ち伏せして堤の妻を刺殺したのだ。堤は無力感と喪失感から絶対的な暴力否定論者になったのだ。大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌス [続きを読む]
  • 「ヤヌスの鏡」2 杉浦幸、山下真司、石橋正次、風見慎吾
  • 突如夜の六本木に現れた謎の少女大沼ユミに、高校を中退してふらふらしていた達也(風見慎吾)は惹きつけられた。自由奔放で何者も恐れない豪胆さに一目ぼれしてしまったのだ。しかしユミ(杉浦幸)のそんな態度は、六本木を根城にする不良少女グループ野獣会からすれば我慢ならないものだった。特にリーダーの東涼子(大沢逸美)はユミを目の敵にして激しく対立する。大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌスの鏡 DVD-BOX 後編新品価 [続きを読む]
  • 「ヤヌスの鏡」杉浦幸、山下真司、大映テレビ、
  • 1985年のテレビ放映された宮脇明子原作の「ヤヌスの鏡」は多重人格をテーマにした創作物のはしりともいえる作品である。おとなしく祖母のいいなりに生きる小沢裕美(杉浦幸)が、実ももうひとつの凶悪な人格である大沼ユミとの相克で苦しみ様々な事件を起こすストーリーである。大映テレビ ドラマシリーズ ヤヌスの鏡 DVD-BOX 前編新品価格¥15,871から(2017/5/29 16:52時点)製作はこの手の出生の秘密や訳ありのドラマを描いたら [続きを読む]
  • 「草の乱」秩父事件、緒方直人、林隆三、杉本哲太
  • 明治17年に発生した秩父事件は、士族反乱である西南戦争と違い農民を中心として行われた明治政府に対する反乱事件である。そしてこの事件を取り扱ったただ一つの映画が2004年公開の「草の乱」である。1918年(大正7年)、北海道で一人の老人(緒形直人)が死を迎えようとしていた。老人は今わの際に妻と長男を呼び寄せ、自分のほんとうの身元を知らせる。草の乱 [DVD]新品価格¥3,926から(2017/5/22 16:55時点)老人のほんとうの [続きを読む]
  • 「オールナイトロング」グロ、R指定、松村克弥、通り魔、
  • 松村克弥監督が1992年に製作した「オールナイトロング」は封印映画扱いを受けている問題作である。しかし今の基準からすればそれほど過激と言うわけではない。全く関係のなかった若者たち三人が、偶然出くわした通り魔事件をきっかけに殺戮のかぎりをつくすスプラッターグロ映画である。オールナイトロング [VHS]中古価格¥2,489から(2017/5/15 17:42時点)航空整備士を目指して夜間高校に通う斎藤慎治(鈴木亮介)と一流大学目 [続きを読む]
  • 「獣の剣」1965平幹二朗五社英雄天知茂加藤剛
  • 1965年製作の五社英雄監督の「獣の剣」は下級武士の悲哀を描いた時代劇である。時は幕末の安政年間、浪人平木弦之助(平幹二朗)が飯富宿をふらりと訪れる。平木は藩政改革を訴えて,守旧派の城代家老山岡監物を同志とともに斬って捨てた。獣の剣 [VHS]中古価格¥434から(2017/5/12 16:59時点)次席家老星野頼母(天知茂)の承諾を得ていたので、これで新しい時代が開けると信じて行った義挙だったのだ。しかし星野頼母は最初からそ [続きを読む]
  • 「ゴーストイン京都」スーザンジョージ、服部まこ
  • 1982年製作のアメリカ映画「ゴーストイン京都」は日本で撮影されたB級ホラー映画である。時は天保年間の京都で、若い男女が裸で一軒家で抱き合っている。二人が快楽の極にあったそのとき中年のひげを生やしたサムライが日本刀を持って立っていた。女(服部まこ)はそのサムライの妻で弟子の若い男と密通していたのだ。サムライは男を首チョンパして妻も惨殺し自ら切腹してはてた。それから時は流れ1980年代の京都。アメリカ人作家 [続きを読む]