ハヤテ さん プロフィール

  •  
ハヤテさん: なつかしの映画
ハンドル名ハヤテ さん
ブログタイトルなつかしの映画
ブログURLhttp://fanblogs.jp/tougai/
サイト紹介文むかしなつかしい映画やテレビドラマ等 独断と偏見で語ります。話題は脱線することもありますがお許しを
自由文主にカルト映画や封印作品、B級、隠れた名作等語ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/05/11 16:41

ハヤテ さんのブログ記事

  • 「やくざ戦争日本の首領」佐分利信鶴田浩二松方弘樹黛敏郎
  • 1977年製作の「やくざ戦争 日本の首領」はそれまでの東映実録映画とはやや趣が異なりやくざ版大河ドラマというべき作品である。山口組をモデルにした関西の大組織中島組の関東進出を巡っての関東の大組織稲川会をモデルとした錦城会の対立を軸に経済やくざ化していく過程や組長たちの家族の生活を描いている。やくざ戦争 日本の首領 [DVD]新品価格¥2,484から(2017/1/16 17:38時点)大阪に本部がある巨大組織中島組のもとへ、アベ [続きを読む]
  • 「神戸国際ギャング」高倉健、菅原文太、丹波哲郎
  • 1975年の高倉健主演の「神戸国際ギャング」はボンノこと菅谷正雄の若き日の無頼の日々をモデルにした映画である。ジャンルとしてはやくざ映画になるのだろうが、どこか洋風ギャング映画の香りがする作品である。戦後の混乱期の昭和22年国際都市神戸は戦争による焼け跡から復興しつつあるとき、町では無法者や愚連隊が群雄割拠していた。神戸国際ギャング [DVD]新品価格¥2,610から(2017/1/13 16:11時点)団正人(高倉健)はそんな [続きを読む]
  • 「修羅の群れ1984年」松方弘樹北大路欣也菅原文太鶴田浩二
  • 1984年製作の「修羅の群れ」は大下英治原作の稲川会稲川角二総裁をモデルとしたやくざ映画である。昭和の初期横浜の柔道場で柔道に打ち込む青年がいた。若者の名は稲原龍二(松方弘樹)。一本気な若者で警察から誘いを受けていた。そこへ訪ねてきたのが横浜の博徒の親分加東伝三郎(丹波哲郎)であった。そしてこの道場の中から見込みのある若者を探していて抜擢されたのが稲原だった。修羅の群れ [DVD]新品価格¥2,506から(20 [続きを読む]
  • 「激動の1750日」中井貴一萩原健一夏八木勲渡瀬恒彦
  • 1990年の「激動の1750日」は山口組分裂に伴う山一抗争をモデルにした映画である。日本最大の暴力団神岡組は、神田組長が病気で亡くなり続いてナンバーツーの若頭山地も急死し混乱の渦に中にあった。そして跡目が決まらないうちに時はすぎるが、直参が集まる定例会において古参の川井(夏八木勲)が立候補する。入れ札でリーダーを決めようというのだ。大方の組長は賛成だったが山辰組二代目組長・若竹正則(中井貴一)は反対す [続きを読む]
  • 「制覇」1982年ベラミ事件三船敏郎岡田茉莉子菅原文太
  • 1982年の「制覇」は山口組と松田組の抗争いわゆる大阪戦争をモデルとした準実録映画である。日本最大の暴力団田所組の首領田所正雄(三船敏郎)がクラブでくつろいでいるところを対立する組織の若いやくざに狙撃される。田所は首すじに銃弾を受けてかかりつけの病院に駆け込む。幸い弾は急所をはずれ大事には至らなかった。制覇 [DVD]新品価格¥2,200から(2017/1/12 14:10時点)だが若頭の河上(菅原文太)は首領を的にかけられ [続きを読む]
  • 「実録外伝大阪電撃作戦」松方弘樹渡瀬恒彦明友会事件
  • 1976年製作の「実録外伝大阪電撃作戦」は明友会事件をモデルにした実録やくざ映画である。昭和35年の大阪やくざ世界は、地元の中小組織の集合体で日本最大の暴力団川田組の進出を恐れていた。しかもミナミを中心に勢力を拡大してきた愚連隊双竜会の傍若無人なふるまいにも手を焼いていた。そしてミナミでは石村組と南原組がしのぎを削りそこへ双竜会は加わってみつどもえの抗争を展開していた。一方かねて大阪進出を目指して [続きを読む]
  • 「凶気の桜」窪塚洋介須藤元気原田芳雄
  • 2002年公開の映画「凶気の桜」は右翼思想を持つ若者が、ありあまる青春のエネルギーを暴力にぶつけていく物語である。渋谷に生まれ育った若者山口進(窪塚洋介)は、今の日本の現状に苛立ちを覚えネオトージョーと名乗る結社を設立した。そして仲間の小菅(須藤元気)や市川(RIKIYA)とともに不良やちんぴらにいいがかりをつけては痛めつけて歩いていた。だが純粋な思想的な活動ではなく女を強姦するなどちんぴらと変わらない凶気 [続きを読む]
  • 「人生劇場飛車角」鶴田浩二高倉健月形竜之介尾崎士郎
  • 1963年製作の「人生劇場飛車角」は、尾崎士郎原作の「人生劇場・残侠篇」を映画化した任侠映画である。東映プロデューサーの岡田茂が原作では主人公ではない飛車角を主役に据えて映画化したのが予想外にヒットして東映は低迷していた時代劇路線を捨てて任侠路線に転換した記念碑的作品である。人生劇場 飛車角 [DVD]新品価格¥2,722から(2017/1/4 15:08時点)時は大正時代、遊郭の女おとよ(佐久間良子)と駆け落ちしてやくざの [続きを読む]
  • 「独眼竜正宗」中村錦之助、伊達政宗、月形竜之介
  • 1959年製作の東映時代劇「独眼竜正宗」は、戦国大名伊達正宗の若き日を中村錦之助主演で描いた作品である。陸奥の若武者伊達正宗はその勇猛さと知略は、時の覇者豊臣秀吉の耳に入るほどだった。秀吉は自分の地位を脅かす正宗を恐れ警戒していたのだ。そんなある日秀吉と対立している北条家から姫と縁組してほしいとも申し入れがあった。独眼竜政宗 [DVD]新品価格¥3,378から(2017/1/3 17:35時点)しかし正宗政略結婚を望まずこれを [続きを読む]
  • 「山口組外伝九州進行作戦」菅原文太夜桜銀次梅宮辰夫
  • 1974年の「山口組外伝九州進行作戦」は夜桜銀次と呼ばれた伝説のやくざ平尾国人をモデルに九州各地の抗争を交えて描く実録やくざ映画である。九州のやくざ夜桜銀次(菅原文太)は、その無茶ぶりから地元やくざからも恐れらていた。その身を案じた兄弟分の石野一郎(梅宮辰夫)は神戸の大組織兵頭組で銀次を預かってもらうことにする。しかし一匹狼で人に指図を受けることが嫌いな銀次はここでも浮いた存在だった。ある日パチン [続きを読む]