kohou5382 さん プロフィール

  •  
kohou5382さん: kohou5382
ハンドル名kohou5382 さん
ブログタイトルkohou5382
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/kohou5382
サイト紹介文新潟の発展を願う一市民です。生まれてくる子供に負の遺産を残さないために政治ブログを展開中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/05/12 13:10

kohou5382 さんのブログ記事

  • 高砂義勇隊〜日本兵と共に戦った勇敢な戦友〜
  • 高砂族とは台湾原住民の総称です。大東亜戦争時、こうした台湾原住民により高砂義勇隊が創設され、日本兵と共に戦いました。高砂族総人口15万中、実に6000人が志願して大東亜戦争を戦い、約半数が戦死したといいます。応募が殺到し、血判書を持ってくる人も多かったといいます。高砂義勇隊はフィリピン、ニューギニアなど密林地帯の戦場で主に活躍し、日本兵にとって頼もしい戦友でした。ジャングルで生きる知恵に長けていた高砂義 [続きを読む]
  • 高砂義勇隊〜日本兵と共に戦った勇敢な戦友〜
  • 高砂族とは台湾原住民の総称です。大東亜戦争時、こうした台湾原住民により高砂義勇隊が創設され、日本兵と共に戦いました。高砂族総人口15万中、実に6000人が志願して大東亜戦争を戦い、約半数が戦死したといいます。応募が殺到し、血判書を持ってくる人も多かったといいます。高砂義勇隊はフィリピン、ニューギニアなど密林地帯の戦場で主に活躍し、日本兵にとって頼もしい戦友でした。ジャングルで生きる知恵に長けていた高砂義 [続きを読む]
  • 白団〜台湾軍を支援した旧日本軍軍事顧問団〜
  • 第二次大戦後、中国大陸では蔣介石率いる国民党軍と毛沢東率いる共産党軍との内戦、国共内戦が再燃し、各地で激しい戦いが繰り広げられていました。しかし、蔣介石率いる国民党軍は次第に劣勢となり、遂には大陸の覇権を失い、台湾に逃げ込むまでに追い詰められました。そんな時、蔣介石を助けるために結成された集団があります。白団と呼ばれる日本人軍事顧問団です。日中戦争時、蔣介石率いる国民党軍と日本軍は敵同士で激しく戦 [続きを読む]
  • 白団〜台湾軍を支援した旧日本軍軍事顧問団〜
  • 第二次大戦後、中国大陸では蔣介石率いる国民党軍と毛沢東率いる共産党軍との内戦、国共内戦が再燃し、各地で激しい戦いが繰り広げられていました。しかし、蔣介石率いる国民党軍は次第に劣勢となり、遂には大陸の覇権を失い、台湾に逃げ込むまでに追い詰められました。そんな時、蔣介石を助けるために結成された集団があります。白団と呼ばれる日本人軍事顧問団です。日中戦争時、蔣介石率いる国民党軍と日本軍は敵同士で激しく戦 [続きを読む]
  • 文科省の天下り斡旋問題
  • 文部科学省の官僚OBが早稲田大学に天下った一件は文科省が組織的に再就職を斡旋していたことが明らかになり、騒然となっています。事務次官の辞任にまで発展し、世間を騒がせていますが、こんなものそんなに騒ぐ出来事ではありません。何故かというと、官僚OBの天下り斡旋など全省庁で普通に行われているからです。今回の文科省の一件はやり方が下手で、たまたま表面化しただけなのです。今さら、何を騒いでいるのかと思います。霞 [続きを読む]
  • 文科省の天下り斡旋問題
  • 文部科学省の官僚OBが早稲田大学に天下った一件は文科省が組織的に再就職を斡旋していたことが明らかになり、騒然となっています。事務次官の辞任にまで発展し、世間を騒がせていますが、こんなものそんなに騒ぐ出来事ではありません。何故かというと、官僚OBの天下り斡旋など全省庁で普通に行われているからです。今回の文科省の一件はやり方が下手で、たまたま表面化しただけなのです。今さら、何を騒いでいるのかと思います。霞 [続きを読む]
  • 毛沢東〜日本軍と共謀した男〜
  • 毛沢東率いる中国共産党軍(紅軍)といえば、日中戦争時、対日全面抗戦を叫び、日本軍に対してゲリラ戦で徹底的に戦ったというイメージがあります。しかし、それは中国共産党の創作であり、裏で日本軍と毛沢東が共謀していたのです。昭和39(1964)年、日本社会党委員長佐々木更三と毛沢東が面会した際、佐々木は毛沢東に対して「中国国民に多大な損害を与えて申し訳ない」と謝罪しました。それに対して毛沢東は次のように述べまし [続きを読む]
  • 毛沢東〜日本軍と共謀した男〜
  • 毛沢東率いる中国共産党軍(紅軍)といえば、日中戦争時、対日全面抗戦を叫び、日本軍に対してゲリラ戦で徹底的に戦ったというイメージがあります。しかし、それは中国共産党の創作であり、裏で日本軍と毛沢東が共謀していたのです。昭和39(1964)年、日本社会党委員長佐々木更三と毛沢東が面会した際、佐々木は毛沢東に対して「中国国民に多大な損害を与えて申し訳ない」と謝罪しました。それに対して毛沢東は次のように述べまし [続きを読む]
  • 法輪功学習者を殺しても無罪〜中国共産党の恐ろしい実態〜
  • 中国共産党の江沢民国家主席時代の1999年、法輪功への大弾圧が開始され、数十万人の法輪功学習者が摘発監禁され、数千人が拷問等で死亡したとされています。法輪功学習者は急速に数を増やし、1999年には推定一億人に達しました。それは中国共産党員7千万人を越えるものであり、政権維持に危機感を覚えた江沢民総書記が弾圧を命令したといいます。「法輪功学習者を殺害しても無罪」「殺害しても追及せず、自殺と見なす」という中国 [続きを読む]
  • 法輪功学習者を殺しても無罪〜中国共産党の恐ろしい実態〜
  • 中国共産党の江沢民国家主席時代の1999年、法輪功への大弾圧が開始され、数十万人の法輪功学習者が摘発監禁され、数千人が拷問等で死亡したとされています。法輪功学習者は急速に数を増やし、1999年には推定一億人に達しました。それは中国共産党員7千万人を越えるものであり、政権維持に危機感を覚えた江沢民総書記が弾圧を命令したといいます。「法輪功学習者を殺害しても無罪」「殺害しても追及せず、自殺と見なす」という中国 [続きを読む]
  • 海賊と呼ばれた男〜出光興産創業者出光佐三の物語〜
  • 12月10日より「海賊と呼ばれた男」(主演岡田准一)が全国の映画館で上映されています。http://kaizoku-movie.jp/index.htmlこの物語は海賊と呼ばれた男として恐れられた出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにして、「永遠のゼロ」で有名なベストセラ−作家である百田直樹氏が描いた作品です。この作品の最大の見せ場は何と言っても「日章丸事件」です。昭和28年、一隻の日本のタンカーがイランのアバダンに極秘入港しました。当時 [続きを読む]
  • 海賊と呼ばれた男〜出光興産創業者出光佐三の物語〜
  • 12月10日より「海賊と呼ばれた男」(主演岡田准一)が全国の映画館で上映されています。http://kaizoku-movie.jp/index.htmlこの物語は海賊と呼ばれた男として恐れられた出光興産創業者の出光佐三氏をモデルにして、「永遠のゼロ」で有名なベストセラ−作家である百田直樹氏が描いた作品です。この作品の最大の見せ場は何と言っても「日章丸事件」です。昭和28年、一隻の日本のタンカーがイランのアバダンに極秘入港しました。当時 [続きを読む]
  • 尼港(ニコライエフスク)事件
  • 尼港はサハリン(樺太)の対岸、中国黒龍江(アムール川)がオホーツク海に注ぐ河口に位置する町です。1920年(大正9年)1月、ここでとてつもない惨劇が発生します。尼港(ニコライエフスク)事件です。1920年当時、1917年に勃発したロシア革命による混乱を抑えるため、日本はシベリアに出兵していました。共産主義革命によりロシアは大混乱に陥り、無政府状態となっていました。そのため、英米日の三国はロシア国内の治安維持と自 [続きを読む]
  • 尼港(ニコライエフスク)事件
  • 尼港はサハリン(樺太)の対岸、中国黒龍江(アムール川)がオホーツク海に注ぐ河口に位置する町です。1920年(大正9年)1月、ここでとてつもない惨劇が発生します。尼港(ニコライエフスク)事件です。1920年当時、1917年に勃発したロシア革命による混乱を抑えるため、日本はシベリアに出兵していました。共産主義革命によりロシアは大混乱に陥り、無政府状態となっていました。そのため、英米日の三国はロシア国内の治安維持と自 [続きを読む]
  • 中国共産党に貢ぐ第二のODA〜中国の日本人に対する仕打ち〜
  • 2010年、尖閣沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船が体当たりした事件がありました。日本は中国人船長を逮捕したわけですが、中国側は船長の釈放を求めて猛抗議してきました。その事件の直後、中国政府は突如、中国河北省で軍事管理区域に侵入し、違法に軍事施設をビデオ撮影したとして日本人4人を拘束しました。この4人は準大手ゼネコン「フジタ」の社員でした。このタイミングでの拘束は日本人を人質にとって日本政府に圧力をかけ [続きを読む]
  • 中国共産党に貢ぐ第二のODA〜中国の日本人に対する仕打ち〜
  • 2010年、尖閣沖で海上保安庁の巡視船に中国漁船が体当たりした事件がありました。日本は中国人船長を逮捕したわけですが、中国側は船長の釈放を求めて猛抗議してきました。その事件の直後、中国政府は突如、中国河北省で軍事管理区域に侵入し、違法に軍事施設をビデオ撮影したとして日本人4人を拘束しました。この4人は準大手ゼネコン「フジタ」の社員でした。このタイミングでの拘束は日本人を人質にとって日本政府に圧力をかけ [続きを読む]
  • インド独立戦争に貢献した日本
  • 第二次大戦時、インド・マニプル州の州都インパールを攻略する、いわゆるインパール作戦は2万人以上の日本将兵が戦病死した無謀極まりない作戦として非難されています。退却する際に飢えと戦病傷によって兵士がばたばたと倒れ、屍が累々と連なる「白骨街道」と呼ばれました。「補給なき愚かな作戦」インパル作戦の評価です。インパール作戦は無意味な作戦と散々避難されています。確かに数万人もの犠牲者を出したわけですから、軍 [続きを読む]
  • インド独立戦争に貢献した日本
  • 第二次大戦時、インド・マニプル州の州都インパールを攻略する、いわゆるインパール作戦は2万人以上の日本将兵が戦病死した無謀極まりない作戦として非難されています。退却する際に飢えと戦病傷によって兵士がばたばたと倒れ、屍が累々と連なる「白骨街道」と呼ばれました。「補給なき愚かな作戦」インパル作戦の評価です。インパール作戦は無意味な作戦と散々避難されています。確かに数万人もの犠牲者を出したわけですから、軍 [続きを読む]
  • カジノ法案について思うこと
  • カジノを含む統合型リゾートを解禁する法案が臨時国会の最終日に可決成立しました。カジノ解禁については賛否両論ありますが、私はカジノ解禁には反対です。厚労省調査によれば、日本のギャンブル依存症の人は成人の4・8%で536万人にもなるそうです。米国('02年)1・58%、香港('01年)1・8%、韓国('06年)0・8%と比較して高くなっています。これだけギャンブル依存症が日本中に蔓延しているにもかかわらず、更に傷を広げる [続きを読む]
  • カジノ法案について思うこと
  • カジノを含む統合型リゾートを解禁する法案が臨時国会の最終日に可決成立しました。カジノ解禁については賛否両論ありますが、私はカジノ解禁には反対です。厚労省調査によれば、日本のギャンブル依存症の人は成人の4・8%で536万人にもなるそうです。米国('02年)1・58%、香港('01年)1・8%、韓国('06年)0・8%と比較して高くなっています。これだけギャンブル依存症が日本中に蔓延しているにもかかわらず、更に傷を広げる [続きを読む]
  • 株式の譲渡が制限されている新聞社〜新聞社の既得権〜
  • 当たり前のことですが、株式を誰が保有するか、つまり株式を自由に売買、譲渡してよい、これは資本主義社会では当然のことです。日本は正真正銘の民主主義かつ資本主義社会ですが、そうした日本で株式の譲渡制限が設けられている領域があるのです。それは新聞社です。日刊新聞紙法によって、日本の新聞社は株式の譲渡制限が設けられているのです。株式の譲渡制限があるということは、会社のオーナーが代わることが絶対にないという [続きを読む]
  • 日本移民の排斥に動いたアメリカ
  • 明治期以降、数多くの日系人が海を渡り、アメリカ西海岸のカリフォルニアに移民しました。当時のアメリカ西海岸はゴールドラッシュに沸き、鉱山労働や鉄道建設工事等の肉体労働に対する需要が旺盛でした。日本人をはじめとするアジア人労働者は勤勉で重宝されましたが、財を蓄え、土地を買って自立するようになると白人と対立するようになりました。特に、特に土地を得るために西海岸を目指したアイルランド系移民と亀裂を深めてい [続きを読む]
  • 根本博〜ソ連軍から在留邦人を守り抜いた司令官〜
  • 1945年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、日本に対して宣戦布告を行いました。8月15日に日本はポツダム宣言を受諾して連合国に降伏しますが、ソ連軍は侵攻をやめようとはしませんでした。満州を守っていた関東軍は為すすべもなく壊滅してしまいました。満州に侵攻したソ連兵は容赦ない略奪・狼藉の限りを尽くし、日本開拓団をはめじ数知れない日本人が被害に遭いました。8月14日には避難中の日本人のお年寄り、女性、子 [続きを読む]
  • 葛根廟事件〜ソ連軍による日本人虐殺〜
  • 1945年8月9日、ソ連は日ソ中立条約を一方的に破棄し、日本に対して宣戦布告を行いました。8月15日に日本はポツダム宣言を受諾して連合国に降伏しますが、ソ連軍は侵攻をやめようとはしませんでした。当時、日本軍の主力は南方にありソ連戦線は手薄の状態でした。そこにソ連軍は200万近い兵力で侵攻してきたのですから防げるわけがありませんでした。満州に侵攻したソ連兵は容赦ない略奪・狼藉の限りを尽くし、日本開拓団をはめじ数 [続きを読む]
  • 旧齋藤家別邸の紅葉
  • 新潟市中央区にある旧齋藤家別邸の紅葉を見に行ってきました。旧齋藤家別邸は新潟の豪商であった旧齋藤家の別荘で、現在は新潟市の公有財産として開放されています。http://saitouke.jp/砂丘地形を巧みに取り込んだ回遊的庭園と開放的な近代和風建築が一体化しています。旧齋藤家別邸は新潟市の街中に位置するオアシスでもあります。 [続きを読む]