ganeshasachi さん プロフィール

  •  
ganeshasachiさん: ganshasachiスピリチュアルQ&A
ハンドル名ganeshasachi さん
ブログタイトルganshasachiスピリチュアルQ&A
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/ganeshasachi
サイト紹介文不思議な現象も99%は、科学的に説明がつきますが、残り1%は、スピリチュアルです。
自由文数多くのご質問、有難うございます。よくある質問にお答えします。
理系のスピリチュアルカウンセラーSACHIが科学的に解析します。
不思議な出来事も99%は科学的に説明がつきますが、残り1%はスピリチュアルです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供336回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2014/05/12 20:30

ganeshasachi さんのブログ記事

  • 古民家の庭 ソテツの子
  • 古民家の庭ソテツの子昨年の夏には、花を咲かせていました。ソテツは、約10年に1回花を咲かせると言われるように、開花が貴重な植物だそうです。室町時代には、海外から輸入しないと庭木にできないことから、財力がある人の象徴として扱われていたそうで、江戸時代には、権力の象徴として大名の庭園によく植えられていた植物でしたが、現在では、公園や民家でも見れれる様になりました。 [続きを読む]
  • 心に引っ掛かったら・意味があった「おじいさんのおまじない」
  • 築107年の古民家の門の傍にその後、再び亡き祖父が現れました。次の様なメッセージが聞こえました。「代々、屋敷が守られるように まじないをかけた。」「門を結界とし、卍(まんじ)の結界としている。」生前の祖父から、このことを聞いた人は いないのですが、おまじないの「卍の結界」は、存在していたことが分かりました。卍の意味が分からず、調べて行くうちに 「打ち出の小槌鬼瓦」と「連珠三つ巴瓦」は、寺や神社に多く使 [続きを読む]
  • 心に引っ掛かったら・意味があった「おじいさんのパワー」 
  • 亡き祖父が 現れ、メッセージを残して1ヶ月半後、古民家庭の南東に位置する『離れ家を解体する』との話がありました。離れ家は、新家が管理していたのですが・・8月に離れ家の解体があり、その時に、離れ家の屋根瓦が飛ばされて、古民家 門の屋根を直撃、破損しましたが、9月に修復がされ、復活いたしました。築107年の古民家の門屋根の形は、神社仏閣を思わせます。更に不思議なことが続きました。 [続きを読む]
  • 心に引っ掛かったら・・意味があった体験談3
  • 昨年6月 庭をウオーキング中、古い門の近くを通っている時でした。          (庭は、約500坪ですが、古い門が南側にあります)急に、亡き祖父らしき姿(60位着物姿、腰に前掛けをした)が、現れ『南から入るのが良い』『なんで、南側をやったのやろ〜かぁ』と、おっしゃったのです。『おじいちゃんが、なぜこの時期に急に現れて、こんなことを言うのだろうか?』ずっと、心に引っ掛かっていたのですが、1ヶ月半後 [続きを読む]
  • 6月 スピリチュアルイベント予定
  • 【最新☆おすすめ】★すぐに予約できるイベント⇒古民家でゆったり日時 希望日時を《予約受付中》場所 古民家(SACHI塾教室)香川県丸亀市飯野町東二☆スピリチュアルイベントinサンメッセ香川【日 時】6月3日(土) 10時〜16時 当日受付6月4日(日) 10時〜16時 当日受付【場所】香川県高松市林町 サンメッセ香川大展示場※スピリチュアルイベントinサンメッセ香川は、当日受付です。ご希望の方は、当日サンメッセ香川会 [続きを読む]
  • 心に引っ掛かったら・・意味があった体験談2 
  • 何となく心に引っ掛かった、 この記事を書いていたのですが、偶然にも、今日5月21日は、母の命日だったのです。深夜に 旅立った母の訃報を、翌朝、近親者、親族などに知らせました。『知らせなければならない人は・・』と、考えている時でした。『あっ、母の友人、大阪の同窓生の女性は、母の病状を知っていたし、電話で励ましてくれていた。私の携帯電話に履歴が残っている!』(母の謎のメッセージが 心に引っ掛かっていたの [続きを読む]
  • 心に引っ掛かかたら・・意味があった体験談1
  • スピリチュアル的感性のある方が、何となく気になったり、心に引っ掛かる事には、意味があるのです。末期がんで入院中の母との体験です。3月ごろ、時々 母は その年の5月に行う予定の同窓会の話を していました。母は 同窓会の幹事を引き受けていましたが、「今年は、地元丸亀市で行うことになっているけれど、自分の体調が良くないので、大阪の友人に お願いしようと思う。」と、言っていたのです。母の身体には、黄疸と浮腫み [続きを読む]
  • Q.お守りで防げる 悪しきものとは?
  • An.「悪しき物」「悪しき」とは、文語形容詞「悪(あ)し」の連体形です。「悪しき物」は、現代文では、悪い物、良くない物 と、言う意味。 私の表現には、理系でありながら、文語表現があります。これは、守護霊様(指導霊様)の影響です。癒しのパワーは、守護霊様に導かれ授けられましたので、守護霊様の影響を受けています。 〇私の守護霊(指導霊)様は、蘭学医、霊的能力もあった方なので、【蘭学とは:オランダ語、医 [続きを読む]
  • Q.体調が悪いと、悪い物も引き寄せますか?
  • An.どんな場所でも、ふと気付くと、多くの人に囲まれ、中心なっている。買い物に行くと、入った店が空いていたのに、あっと言う間に満員になったり、誰も居ない商品棚を見ていたら、身動きできない位、人々が見に来たり・・いつも、ゆっくり買い物ができないことがある人は、オーラが大きいのでしょう。☆オーラ診断でオーラの大きさについて『オーラが大きく、更に頭頂部のオーラが縦に大きいので、憑依体質(人の感情の影響を受 [続きを読む]
  • Q.ストレスで不眠が続いていますが、改善するには?
  • An.ポイントは、規則正しい生活とバランスの良い食事です。起床したら、朝日を浴び、少しでも朝食を取りましょう。脳と腸が刺激され、脳内物質「セロトニン」の分泌量が増えるのです。「セロトニン」は、脳の中でできる伝達物質であるドーパミンやノルアドレナリンなどの働きをコントロールし、ストレスを緩和して、精神を安定させる働きを持っています。太陽光をあびると、「メラトニン」(睡眠を促すホルモン)の分泌がストッ [続きを読む]
  • Q.気分がブルーです。オーラも青くなっている?
  • An.気分がブルーな状態とは?英語のBlue Mondayの 憂鬱な月曜日のブルーな状態なのでしょう。精神的には、何となく、意欲が出なかったり、不安を感じたり、集中力が低下してミスが増えたり。身体的には、頭痛、肩こり、倦怠感、浮腫み、不眠などを感じていることが多い。気分がブルーな状態のオーラは、色の変化ではなく、頭部周辺のオーラの「くすみ」として現れます。良い睡眠が取れていない時には、頭頂部のオーラが、くすんで [続きを読む]
  • Q.心配し過ぎないようにする方法はありますか?
  • An.心配しすぎないためには、良い結果が出るような状景を想像して「大丈夫なんだ。」と、声に出して言ってみましょう。そして、「自分は必ず幸せになれる。」と信じましょう。幸、不幸は自ら呼び込むものですから、幸せを呼び込みましょう。一般的に、青系のオーラの方は心配し過ぎることが多いようです。青のオーラや青紫のオーラの方、青緑のオーラの方は、慎重なので、ほとんど失敗をしないことは素晴らしいことですが、心配し [続きを読む]
  • 白い十字型の花
  • 古民家(SACHI塾教室)の庭に どくだみの白い花が咲いています。「白い花びら」に見える部分は、葉が変化したもので、十字形の白い苞の中心に淡い黄色のおしべとめしべだけの小さな花ですが、 すがすがしい白い色をしています。「どくだみ」という名は、 毒や痛みに効くことに由来するそうで、別名「十薬」と言われ、10種類の効能があるところから名づけられました。また、 お茶にしたり、山菜として天ぷらなどとして [続きを読む]
  • Q.不思議な体験はありますか?スピリチュアルですか?
  • An.不思議な【科学的に説明がつかないこと】は、日常茶飯事です。特に記憶に残る体験談は、ブログ上「スピリチュアル体験」として掲載していますが、ラップ音、霊聴、霊視、予感、予知夢などは、日常的で慣れてしまっている状態です。オーラも常に見えていますし、癒しのパワーによる現象も、自分の中では「当たり前の事」になっています。皆様にとっても、虫の知らせや、直感、偶然にしては納得できない事、予感など・・これらは [続きを読む]
  • Q.亡くなった人は自由ですか?
  • 亡くなった人は、自由です。亡くなって49日過ぎると、自由に気が向く所で居られます。この世の人を思いやったり、心配したり、見守ったりしています。亡くなった人は、自由で気まぐれなのです。この世の人が、亡くなった人の事を思った時に傍に居ますから、亡くなった人の事を思い過ぎると、ずっと傍に居て下さり、気まぐれに自由にできないのですが・・それでも、亡くなった方も「傍で見守っていたい。」と思って下さっています [続きを読む]
  • Q.オーラが一層の人?二層の人?どこが違うの?
  • An.純粋で、本心で発言したり行動する、幼い子供(3歳未満)の場合は、頭部周辺のオーラは、ほとんど一層です。3歳を過ぎる頃、自我が芽生え、反抗期を迎えます。この頃になると、本音とは異なる行動をします。本音とは異なる行動こそ、二層のオーラの外側のオーラに現れるものです。〇頭部周辺(頭の周り)のオーラには、心(精神や気持ち)の状態が反映されています。 本音と建て前のように、本当の気持ちと、人間関係における [続きを読む]
  • Q.オーラの色に優劣ありますか?
  • An.オーラに優劣はないのです。長所は裏から見れば短所であり、短所も裏から見れば長所です。そして、オーラには、その人の精神状態や性格が反映されますので、状況や考え方が変わることで変化します。例えば、紫のオーラの人は、赤のオーラの人や赤紫のオーラの人のように情熱的ではありませんし、頑張り過ぎる事もなく、穏やかで優しい崇高なオーラです。紫のオーラの人が、情熱的で責任感が強く、頑張り過ぎる状況になりますと [続きを読む]
  • Q.自分のオーラは、人に影響しますか?
  • An.オーラが大きく輝く人は、人の目を惹きます。どなたでも、何となく、そちらが気になり、見てしまうのです。ですから、オーラが大きく輝いている人は、人の目に影響を与えているのです。そして、生きている人も、亡くなった人も、動物も.「なんだか近くへ行きたいなぁ。」と、思うように、心にも影響を与えています。特に恋愛成就のサーモンピンクのオーラに包まれた方は、まるで、空気中にサーモンピンクのチーク(頬紅)をのせ [続きを読む]
  • 不思議で素敵なスピリチュアルデーin古民家
  • 5月のスピリチュアルデーin古民家を行いました。古民家(築107年のSACHI教室)での 予約制で1人から参加できるイベントです。香川県、岡山県、徳島県、愛媛県、広島県、山口県、福岡県などから お越し頂きありがとうございました。皆様の「来て、本当に良かったです。また来ます。」の、お言葉に癒されます。 不思議で素敵なご縁に感謝いたします。一部ブログを引っ越しましたので、 よろしくお願い致しますhttp:// [続きを読む]
  • Q.第六感とスピリチュアル的直感を働かせるには?
  • An.「何となく・・な気がする」 「何となく気乗りがしない」など・・それらを『スピリチュアル的直感だ。』と、認識することが大切です。何か感じ取ったとしても『きっと気のせいだろう。』と、見逃すことなく、自分自身の感性であることに気づいて下さい。更に、耳を澄まし、目を凝らすことにより、更に感じ取ることができるはずです。そして、第六感は、どなたでも持っているものです。五感以外で感じる感覚を、日 [続きを読む]
  • スピリチュアル体験 命拾いした女性 inサンメッセ
  • サンメッセ香川で下記の様な事がありました。あるご高齢の女性のオーラ診断でのことです・SACHI「頭頂部のオーラが、くすんでいますので、良い睡眠を取って下さいネ。」女性「よく寝てますがな。」SACHI「痛み止めや風邪薬などを服用されていませんか?」女性「今は、何も薬は飲んでおらんよ。」SACHI「それでは、脳血管障害、脳梗塞などに気を付けて下さいネ。」女性「何を言いますかぁ。私は、もう脳梗塞をやって、もう治り [続きを読む]
  • Q.子供が霊を見ます、対処法は?
  • An.亡くなった人が見える子供たちは、初じめの頃には、生きている人と亡くなった人が区別できなくて、居ても気にしていないのです。亡くなった人が居ない場所なんて無いと思う程、色々な場所にいるのです。その後、ほとんどの子供は、見えても見えないふりをして無視しています。スピリチュアル的感性に優れている人々のオーラは、大きいですので、亡き人も傍に近づいてきます。幼い時には、心身共に未熟である為、傍に来た亡き人 [続きを読む]
  • Q.今更ですが、転機のオーラについて いろいろと?
  • An.転機のオーラについて よくある質問にお答えします。Q.1 転機となる事があったにも関わらず気付かなかったのは何故?An.①睡眠状態が悪く、頭頂葉のオーラがくすんだ状態であったため、見落としたり、気付かなかったり、的確な判断ができず、転機となる出来事であると認識しなかったため。②多忙であったため、転機となる事を気にも留めず、過ぎ去ったため。Q2. 転機のオーラって何?An,転機が近い場合、転機のオーラ(頭頂部 [続きを読む]
  • Q.オーラの色は、すぐに変わりますか?
  • An.オーラの色には、その人の気持ちや精神状態が反映されます。つまり、その人の気持ちや精神状態が、オーラに映し出されているのです。ですから、気持ちや精神状態が変わると自ずとオーラの色も変わります。そして、オーラの色が瞬時に変化することもあるのです。 初対面の方でした。離れた場所から拝見した時には、黄緑のオーラの方でした。 こちらへ近付くと共に青みがかってくるのです(顔色ではなく、オーラの色が・・) その [続きを読む]