halohalo さん プロフィール

  •  
halohaloさん: Halo halo on line
ハンドル名halohalo さん
ブログタイトルHalo halo on line
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sakumaru40-ryokufudo/
サイト紹介文料理レシピ、映画、TV番組、時事ネタ等々思いついたことを何でも書いてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2014/05/14 15:39

halohalo さんのブログ記事

  • タモリ倶楽部 6月23日放送〜コックピットから滑走路まで 出張航空ジャンク市
  • ロケ地:江東区・新木場今年は国産初のジェット旅客機MRJの組み立て工場が見学できることになる、というお話。ゲストはカンニング竹山隆範さん、乃木坂46松本絢音さん、チャーリィ古庄さん。飛行機の古タイヤ1本8000円。成田空港。成田空港に隣接する航空科学博物館。航空に関する実物や模型などを展示。ここでは年2回(春と秋)航空ジャンク市を開催しています。飛行機や空港のジャンク品を販売します。今回はこの航空ジャンク市 [続きを読む]
  • 水曜日のダウンタウン 6月21日放送〜「お寿司の達人」第4弾
  • プレゼンターはバイきんぐ小峠英二さん。ゲストはこちらの方々。最初に挑戦するのはアントニー、ボビー、アイクのアフリカ系3人衆。LEVEL2の「スシ食いねェ!」からチャレンジ。危なかったが、なんとかクリア。中堅のボビーにサボり疑惑wセカンドステージはLEVEL3「食べ物曲メドレーⅡ」。1曲目は「おべんとうばこのうた」。ボビーは小物を選んでいるw2曲目は「きのこの唄」。ホクトのCMソングですね。怒涛のきのこ攻めwアウト [続きを読む]
  • マツコの知らない世界 6月20日放送〜冷やし中華の世界②
  • 第3位発表の前に、竹下さんが20年研究した究極の冷やし中華が登場。仕上げにスダチを絞る。具だくさん。タレは少しずつかける。店を出せるレベル。具に白身魚を加えているのが竹下さんのこだわり。タレを作るのに12時間かける。マツコ「店やれねえな」w利尻昆布と野菜ダシをベースに11種類の具材を12時間煮込んで作る。隠し味にバニラアイスとコーラ。これで究極のコクが生まれる。第3位 とことんラーメン(末広町) 6位→3位こ [続きを読む]
  • マツコの知らない世界 6月20日放送〜冷やし中華の世界①
  • 「冷やし中華の世界」の案内人は”冷やし中華の扱いに不信感を抱く男”竹下栄吾さん(44)。この問題提起をしたのが、ジャズピアニストの山下洋輔さんやタモリさんが立ち上げた「全日本冷やし中華愛好会」。冷やし中華に虚無感、怒り、脱力感を覚える竹下さんwこちらが竹下さんのプロフィール。並々ならぬ”冷やし中華愛”が伝わってきます。概して冷やし中華はハズレもなく、アタリもない。1500軒以上食べまわって得た結論がこれ [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月17日放送〜名古屋・熱田②
  • 港が発展した様子は地形からもわかる場所がある。緩やかだが高低差がある。低い場所はかつては海。少しでも土地を増やすため海を埋め立てていた。家康による名古屋の町づくり。台地の北に強さと広さのある名古屋城を築きます。城の南に碁盤割の城下町。東西南北どの通りも賑わうように工夫されました。熱田は港町として繁栄しました。名古屋の出発点は、家康の町づくりだったのです。こんなに良い場所(台地)なのにどうして家康の [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月17日放送〜名古屋・熱田①
  • 熱田神宮からスタート。名古屋城の南にある熱田神宮。今回の案内人は京都大学の山村亜希先生。町の歴史を地理からひも解く専門家です。旅のお題は先週に引き続き「尾張名古屋は家康でもつ?」。現在タモリさんたちは南北に細長い熱田台地の南端にいます。なぜ家康は台地の上に城と城下町を作ったのか?その理由がわかるのが、台地の南の端。最近は天候に恵まれている「ブラタモリ」。年間700万人もの参拝客が訪れる熱田神宮。宝物 [続きを読む]
  • タモリ倶楽部 6月16日放送〜荒汐部屋の猫写真集まさかの3社かぶり
  • ロケ地:日本橋浜町浜町公園は旧細川家の下屋敷があったところ、というお話。ゲストはビビる大木さん、山根千佳さん、浦風親方。元小結大豊、荒汐親方が創設した荒汐部屋。この相撲部屋にはモルとムギという二匹の猫が飼われていますが、この猫たちの写真集が業界のタブーを破り、3社からほぼ同時に出版されました。今回は、各出版社の担当編集者を集めて、この前代未聞の事件を検証してゆきます。タレントの山根千佳さんはスー女 [続きを読む]
  • 陸海空 こんな時間に地球制服するなんて 6月13日放送〜ナスD気絶編
  • 「陸海空こんな時間に地球制服するなんて」は深夜放送のバラエティ・紀行番組。番組内の部族ア−スのコーナーでは陸路では行けない都市、ペルーのイキトスを船旅で目指しますが、番組出演者でもあるゼネラルプロデューサーの友寄英隆さん(通称:ナスD)の破天荒な行動が話題になっています。そもそもなぜ友寄氏はナスDなのか、それをまず説明します。旅立ちの時、彼はちょっと日焼けした普通の日本人でした。ところが旅の途中、現 [続きを読む]
  • ギョサン(樹脂製ビーチサンダル)を買ってみる
  • 夏に備えてビーチサンダルを買いました。なるべく安くて丈夫なものをという観点で探して、ギョサンに行きつきました。ギョサンとは漁業従事者が履くサンダル、もしくは漁協で売っているサンダルの略だそうです。プロの漁師さんが愛用するビーサンなら、いかにも実用的で丈夫そうです。下の写真の青い方はメンズLLネイビーブルー鼻緒3本タイプ、白い方はカリプソメンズLLホワイト。いずれも上州屋南田中店で購入しました。値段 [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月10日放送〜名古屋②
  • 名古屋城を後にしてタモリさんたちがやってきたのは、城から1kmほど南の街の中心部。案内をしてくれるのは、名古屋市教育委員会の木村有作さん。まず注目するのは名古屋の町割り。城の南に正方形の区画が並ぶ。江戸時代の絵図と見事に一致。家康が作った城下町の町割り(碁盤割)がそのまま残っています。歩数を数えて、区画の長さを確かめる。昭和のオジサンたちと平成生まれのコンパスの差w区画の一辺は約100m。家康は一辺約1 [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月10日放送〜名古屋①
  • 名古屋城正門前からスタート。大都市なのに通過点になりがちな名古屋。正門をくぐるとすぐにしゃちほこのレプリカがある。2メートルある。名古屋人の友達が多かったので、名古屋弁が得意になる。タモリさんの名古屋ネタの秘密。旅のお題は「尾張名古屋は家康でもつ?」。最初の案内人は名古屋城の発掘を担当している学芸員の市澤泰峰さん。信長や秀吉は名古屋(尾張)出身だが、家康は三河の人。なぜ「尾張名古屋は家康でもつ?」 [続きを読む]
  • マツコの知らない世界 6月6日放送〜ソフトクリームの世界
  • 「ソフトクリームの世界」の案内人は、”ソフトクリームに1000万円以上つぎこんでしまった男”森川勇一郎さん(42)。ソフトクリーム界のドン、日世株式会社。フリーザー(機械)やソフトクリームミックス、コーンのシェアが高い日本№1ソフトクリーム会社。誰でも目にしたことがあるソフトクリームのディスプレイ。日世ソフトクリームコーン21種類。ワイドトップコーン:クリームが垂れないように外側に受け部分がある二重構造の [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月3日放送〜倉敷②
  • なぜ倉敷の商人たちは自由に新田開発ができたのか?その理由を探るために、タモリさんたちは鶴形山から南に200mほどの通りにやってきました。倉敷紡績 旧本社工場:明治22年創業、倉敷初の紡績工場江戸時代、この敷地には別の施設があった。それがあったことにより、商人たちは自由に土地開発ができた。この道は、もとは道ではなかった。江戸時代の絵図を見ると、堀だったことが分かります。敷地内に入ります。堀の一部が残って [続きを読む]
  • ブラタモリ 6月3日放送〜倉敷①
  • 美観地区から船に乗ってスタート。時代劇のセットのような景色。タモリさんも近江アナも初倉敷。街のイメージは「これしかない」。確かに水路の印象が強い倉敷。1970年代後半から1980年代にかけてアンノン族の聖地だった倉敷。今回の旅のお題は「なぜ美しい町並みが倉敷に?」最初の案内人は倉敷市教育委員会の藤原憲芳さん。なまこ壁は瓦を並べて漆喰で固めた壁。高価なため城や豪商の建物に多い。江戸〜戦後まで様々な年代の建物 [続きを読む]