とうらく さん プロフィール

  •  
とうらくさん: 「とうらく陶房」日々器
ハンドル名とうらく さん
ブログタイトル「とうらく陶房」日々器
ブログURLhttp://toraku.exblog.jp/
サイト紹介文運転免許で言えば仮免陶芸家の創意工夫の日々です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供686回 / 365日(平均13.2回/週) - 参加 2014/05/15 14:22

とうらく さんのブログ記事

  • 染付皿、染付カップ、染付クジラ
  • 亀に見えますかぁ!染付が始まっています。中皿へワンポイント亀!そして・・コーヒーカップにもワンポイント亀!亀の裏側には・・小さな模様、さて、これは何でしょう。サボテンなんですって・・素焼きで尾が折れてしまったクジラにも染付装飾が施されています。亀が可愛いかな!?ランキングに参加していま... [続きを読む]
  • 横浜ウォーキング
  • 運動不足解消に歩きます!(横浜駅西口 高島屋前)横浜駅付近に用事があって、歩いて行ってきました。自宅から約3km。(西口ターミナル)横浜駅はいつも工事中です。(西口前 横浜ベイシェラトン)ここからも横浜港が一望できます。(マドロス少年像)子供がタバコを吸って良いのか?(狸小路)いまほど家系ラーメンが多くない頃、... [続きを読む]
  • 大皿を水挽き
  • この大きさは久しぶり・・大皿を挽いてみました。水引き後の直径は、41cm。大きな作品のための練習です。決して上手な水挽きとは言えないかもしれませんが、少しずつ大きなものが作れるようになっています。さて、この大皿・・どうする!?ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸h... [続きを読む]
  • めし碗の削り
  • MIX土のめし碗を削りました。目の細かい赤土と黒土を50%ずつ混ぜた土で水挽きした飯碗です。重さの前後はありますけど、1個あたり400gくらいの土で水挽きしています。水挽きは大きさを測った訳ではありませんけど、大体同じ大きさになるものです。それほど厚く作っているわけではないのですが、削るとそれなりに削りカスがでます。最近は、1個挽きにしてい... [続きを読む]
  • 縁起の良い?花器!
  • 亀です♪高台部分を亀型に彫っているようです。個性豊な妻の花器です。このまま作業を終えそうでしたので、もっと装飾したら・・と、無責任な発言をしてしまったら、甲羅に見立ててイッチン装飾が完成!後ろにもニョロニョロと細長い花器が並んでいます。亀は万年!ご利益ありそうです。形状的には、ヤドカリでも良かったかもです。ラン... [続きを読む]
  • いろいろと素焼き、完了です。
  • 素焼きの作品です。妻の染付カップとチューリップの箸置き。白化粧の小皿、このあと装飾と思われます。今回の妻の作品群です。ここからは私の作品。コーヒードリッパー、蓋なしポット、一輪挿しなど、白物作品全体です。こちらは黒土の作品。黒土は大皿のほか、マーブルグラスとマーブル片口酒器、面取り一輪挿し。そして、奥に赤土の花器が2... [続きを読む]
  • 抹茶碗を削りました。
  • 4個水挽きのうち、3個生き残りそうです。抹茶碗3タイプを削り終えました。轆轤で挽いたものですが・・削りは手で行います。ちょっと柔らかめでしたが・・高台たの当たり線を書いてから、粗く削っていきます。面取り風、太陽のような文様を入れようとしたら、あまり良くなく、向日葵に変化させてみましたが、これもイマイチですね。荒々しく・・そして静かに... [続きを読む]
  • MIX土、めし碗を水挽き!
  • 試作というか習作というか・・赤土と黒土のMIXめし碗です。水挽き直後、まだ亀板が濡れています。約400gの土で挽いていますので、やや大きめの飯碗です。とりあえず6個、作ってみます。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸http://art.blogmura.com/ceramics... [続きを読む]
  • 大鉢(直径31cm)の削り
  • ザラザラ白土の大鉢です。乾いてきましたので削りを行いました。目の粗い土、中に石のような硬いものが入っていて、削ると引っかき傷のようになってしまいます。<削り後>今回は、内側も波紋のように・・鎬を入れてみました。現在の大きさ31cm。このあと乾燥でも縮みますし・・素焼き・本焼きと焼きしまっていきますので、もっと... [続きを読む]
  • イッチン装飾の花器
  • これもコラボなんですけど・・水挽き後、妻に装飾を任せた花器です。暫くビニール内で保管されていましたがイッチンの装飾が施されました。裏面には、葉っぱに乗ったバッタがいます。それほど大きな花器ではありませんけど、装飾があると華やかになりますね。このあとの展開は聞いておりませんが完成を楽しみに待ちたいと思います。ランキングに参加... [続きを読む]
  • 今回もいろいろと素焼きです。
  • 半磁土シリーズグラス、片口酒器、一輪挿し、蓋なしポットとコーヒードリッパー、作り直しの(黒)マーブルグラス、妻のカップ類や皿などの素焼きです。1段目、2段目、4段目、3段目は撮り忘れ・・最上段。大きな鉢は皿も入れたかったのですが・・乾きが甘いので次回へ繰越しです。陶芸体験の花器も面取り花器もまだ半乾きでし... [続きを読む]
  • これって、コラボ作品?
  • マーブルグラスの残土で挽いた大鉢!直径25cm程度ですので、大鉢じゃなく中鉢?!この器・・削り後に、妻に装飾を任せたものです。フチに穴を空けてホタル手にするようです。ほたるでとは、穴を開けた部分を釉薬で埋めて透かす技法。全体には、イッチンで大きな向日葵が描かれています。ほたるでとイッチンの組み合わせ・・どんな出来上がりになるのでしょう。... [続きを読む]
  • 抹茶碗を水挽き
  • 抹茶碗の練習です。水挽きしました。削りも行いますが・・まずは雰囲気のあるものを水挽きしたい。腰の高さや引目などを考えながらの水挽きです。4個挽き終えましたが・・水分が多かったからか粘土の腰が弱いからかヒビを発見!仕方ない、歩留まり50%を目指します。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    ... [続きを読む]
  • 知らぬ間に・・
  • 素焼き前ですが象の装飾品です。私、「象だぞう・・」なんて言いたくなる世代ですが・・リアル象!ちょっと怖いです。言うまでもありませんけど・・キリン好き、象好きの妻の作品です。ちょっと赤味を加えて可愛くなったでしょうか?象好きなだけあって、よく特徴を掴んでいると思います。ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^... [続きを読む]
  • 余った体験粘土で花器づくり
  • 体験の余り赤土で花器を作ってみました。当たり線を描いて・・今回は、ピーラーで面取りです。削り終了!ただ・・ 途中、乾きを促進させるためドライヤーをかけていたら、あちらこちらに亀裂が発生!!一応、補修して削り終えましたが・・この先、乾燥が進むなかどうなりますか?タタラの花器と、面取りの花器。タタラの花器は、もうすっかり乾いています。... [続きを読む]
  • これは・・なに!
  • 妻がちっちゃな花器を作っている!?本当に花器?高さは5cm程度・・裏面は、穴・・これって、ペンダント?だとしたら・・ちょっと重たい気もするし、そして大きすぎる気もする。装飾品のことは分からないけど・・ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸http://art.blogmura.com/cerami... [続きを読む]
  • 白系大鉢の水挽き
  • 先日、練り直した粘土で水挽きです。練習鉢として制作しています。直径32cm、高さ13cm。花器のような鉢のような形状。約3kgの土を使っていますが、もっと伸ばせるのかな?ランキングに参加しています・・・ ポチッっとお願いします ^^    にほんブログ村 陶芸http://art.blogmura.com/ceram... [続きを読む]
  • 固めの粘土の水分調整
  • 1年ほど経過した未使用粘土です。少し硬くなってしまったので・・硬さ調整したいと思います。まず、3cm程度の厚さに切ってから、さいの目状に溝を入れます。次に溝に水を含ませて馴染ませてから、粗練り、菊練りを行って・・約3kg・・2個、4kg・・1個の完成です。練習粘土として使うつもり・・ランキングに参加しています・・・ ポチッ... [続きを読む]
  • 大きな鉢の削り
  • 黒土の鉢を削りました。現在の大きさ、直径25cm。練習用に制作したものですので、使い道は考えていません。大きくなってくると内側の形状にあわせて削るのが難しい。薄ければ良いというわけでもないし、適度な厚みはどれくらい?それでも何とか削りが終了。横から見るとこんな感じです。微妙?・・ ^^;ランキングに参加しています・・・ ポ... [続きを読む]
  • 猛暑の中をテクテク・・
  • 一昨日ですが・・37度の猛暑予報のなか表参道に行ってきました。表参道から六本木方面に向かいます。オシャレなお店が多い・・・表参道駅から7分後、目的の根津美術館へ到着。やきもの勉強会という展示にきました。熱中症になりそうな中、やっと到着と思ったら・・雨が降りそうだから、先に庭園をみましょう!と妻の発声 (°д°)暑さでフラフ... [続きを読む]
  • ワラビ(形状は)完成。
  • フレンチブルドック:名はワラビ我が家の長男が手掛けていたものですが・・久しぶりにアトリエに遊びに来て作り途中の愛犬の置物を作り上げました。モデルは、長男が飼っている黒のフレンチブルドック(女の子)です。今回はデフォルメして頭が大きめ・・・何かを狙っているポーズ。先代、先々代との揃い踏みです。後ろ姿も可愛いでしょ♪何体もいると面白い・・... [続きを読む]
  • 土嚢の残土を再生
  • 土嚢に入れた残土。試験的に土嚢を使って水分調整している半磁土です。ケイカル板を用意して・・土嚢から土を出しました。そして四分割!伸ばして更に水分を抜いていきます。細切れにして、裏返して、更に水分調整。最後に練って再生終了です。3kgが6個、4kgが1個、合計22kgの再生土が出来上がりました。この状態で暫く寝かして... [続きを読む]
  • ブロ友の陶芸体験
  • 昨日のことですが・・ブログのお友達、yumeさんが遊びにきてくれました。画像は2本目!丁寧な水挽きです。こちらは1本目!こちらも丁寧に挽いていましたが、歪みが取れず断念。轆轤歴は1年ちょっとだとか・・丁寧な土殺しと水挽きを見ていると、しっかりとした陶芸への取り組みが伺えます。3本目!綺麗に挽き上がっています。ここから難しい工程の... [続きを読む]
  • 模様替え
  • アトリエの展示コーナー配置替えをおこないました。ブログのお友達yumeさんのブログで昨日紹介していただきましたが、模様替えホヤホヤです。理由は、この古い家具を置くため!これ・・我が家で保管していた妻の母の嫁入り道具なんです。四角い箱の配置を変更したり・・片口酒器がのっている棚を移設したりと、いろいろと配置が変わりました。引き出しには猪... [続きを読む]
  • 白土の花器
  • それほど大きくはない白土の花器です。これは削り後、轆轤の土がちょっと余ったので、細長い花器を水挽きしてほしい・・と、妻からの依頼があり、水挽きしました。結果、細くもない、高くもない花器が出来上がりました。たまにこんなことをやってみると、自分の実力の無さが身にしみます。ここからは、妻の装飾に委ねます。もっともっと基礎体力をつ... [続きを読む]