Chikara@MBA さん プロフィール

  •  
Chikara@MBAさん: 40歳からのMBA!オーストラリアでビジネスを学ぶ
ハンドル名Chikara@MBA さん
ブログタイトル40歳からのMBA!オーストラリアでビジネスを学ぶ
ブログURLhttp://ojisan-dreams.blogspot.jp/
サイト紹介文40代でオーストラリアのMBAに挑戦!学びに歳は関係ない!!英語、ビジネス、キャリアチェンジ!
自由文夫婦ふたりでオーストラリア/ノースシドニーに移住。普通の平社員がどうやってMBAをめざしたのか?面白おかしく書きたいと思います。40代でなんとなくこれでいいのかと思っているビジネスパーソンの皆さんへ送る、タメになる「体験秘話」を目指します!!どうぞよろしくお願いいたします。キンドル本で書籍化しました!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/15 15:55

Chikara@MBA さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • MBA卒業と『本』の出版!!
  • MBA卒業私のMBAは昨年の12月で終わり。妻の仕事の関係で3月までシドニーにいることになった。残りの三カ月をどう過ごすかを考えた結果、三つの目標を立てた。ひとつは、これからのキャリアに活かせることをやりたかったので、無償のインターンシップを自分が興味のある企業に提案した。結果はうまく採用されて、1月いっぱいはそのプロジェクトで費やした。二つめは、シドニーならではの時間を妻とじっくり過ごすこと。12月の [続きを読む]
  • 意思決定で差をつけるMBA超思考法!!
  • MBA的ロジカル思考MBAをやると複雑な問題について論理立てて考え、意思決定する力が身についてくる。変化や競争の激しいビジネス世界で、物事を俯瞰的に、そして複眼的に捉えることが重要になってくる。また、ロジカル思考であるとともに、アクションに直結しなければビジネスにならない。不確実性の多い現代社会でどのような意思決定をしていくか?そしてそれをどうやってアクションに移すか?というテーマで学んだのが最後の学期 [続きを読む]
  • リーダーの終焉。
  • リーダーとフォロワーここのところ東芝の不採算事業の売却や台湾の電子機器製造の鴻海(ホンハイ)によるシャープ売却の交渉(2016年2月7日現在)など、世界に名の知れ渡った大企業のダイナミクスが変わろうとしている。なぜだろう?MBAのなかで持ちづ付けた大きなテーマが一つある。それは、世の中が激しく変化していく中、どのような組織がこれまで生き残ってきたか?また、これからはどうなのか?ということだった。よくこう [続きを読む]
  • キャリアチェンジを目指すMBAホルダーたち!
  • キャリア・トランジションMBAを学びに来る人たちは、たいてい働いていた会社を辞めて来なければならない。私のように自費留学でも休職を認めてくれるような企業も昔に比べれば増えていると思うが、日本以外の国からの留学生はだいたい9割方、前職を辞めて来ている。各国から来たクラスメートとキャリアについての話をしてみると、将来についてどうしたいかについて、だいたい二手にわかれる。(1)ひとつは、自分が今まで培って [続きを読む]
  • Relationship Management:どうしたらEQを高められるか?
  •  And in the day-to-day world no intelligence is more important than interpersonal.日常において、人間関係における知能ほど重要な知能はない。Howard Gardner (cited in Goleman 1996)                 Emotinal Intelligence(またはEQ)の四つの構成要素のうち、すでに三つまでカバーしてきたが、最後に残ったのがRelationship Managementだ。75年におよぶリサーチ結果最近、ハーバード大の精神 [続きを読む]
  • 奨学金をゲットする!!
  • ※キンドル本出版のため、遡って書いています。ふとしたきっかけで奨学制度を知るもうひとつ早めに入学が決まっていて良かったことは、奨学制度を事前に知ることが出来て、応募したら受かったことだ。学校ごとの奨学制度については、エージェントが事前に伝えてくれることではないでの全てが自分の裁量にかかっている。応募したのは、インターナショナル生向けに出しているPartial Scholarshipという授業料の25%を学校が負担す [続きを読む]
  • MBAオファーレター取得後の準備について
  • MBA前の思考準備私たち夫婦の渡豪は、すべて妻の会社の都合で決まっていたので、ビザの取得やチケットの手配が最後の一週間でやっと全て揃うというドキドキハラハラする状態だった。ただ、MBA単体で渡豪となれば、授業が始まる一週間前などに来るのが通常だとおもうが(私のクラスメートはほぼこのようなパターンだった)そうなると逆算して会社を辞めたり、休職に入る日も結構タイトなスケジュールになってくるのではないだろうか [続きを読む]
  • ニューロサイエンスで更に仕事の能率をあげる方法!!! 
  • 前回のニューロサイエンスで仕事の能率をあげる方法に引き続き、今回は身体やまわりの環境から考えてみたい。オージーのエクササイズ嗜好オーストラリアに来て驚いたことのひとつにランニングや個人トレーナーをつけてエクササイズをしている人が多いことだ。あるとき個人トレーナーをつけているオーストラリア人女性になぜそんなにエクササイズが流行っているのか?と聞いてみたことがある。「オージーはfat(脂身)をたくさん食 [続きを読む]
  • To Evolve My Brain: 自分の行動を変える
  • 人はなぜ変わらないのか?変革に関する有名なリサーチ結果がある。医師から心臓疾患患者に食生活習慣(運動、食事、喫煙など)を今すぐ変えなければ、まもなく死に至ると言われて、実際に食生活を変えた人は、七人にひとりしかいなかったそうだ。自分の死を目前にしてでも変わらない私たちが、生活態度を変えよう、仕事のやり方を変えよう、企業文化を変えよう、戦略を変えよう、社会を変えようなんて言っているのだから、おかしい [続きを読む]
  • MBAを目指すならIELTS or TOEFL?
  • 英語を勉強してはいけない英語を勉強をしている方々が陥りやすいジレンマがある。それは、「英語を英語のために勉強してしまうこと」どういうことかというと、英語のスキルを測るテスト、英検やTOEICなどの点数をあげることを目標に設定してしまい英語がコミュニケーションをとるツールだということを忘れてしまっているということだ。英語を知っている(knowing)と英語が使える(doing)とでは大きな差があるということ。オーストラ [続きを読む]
  • ミュージカル「Matilda」を観に!!
  • シドニーでアートを楽しもう!私たちの住んでいた黒姫とは対照的なノースシドニー。ここに住んでいて楽しいことのひとつに、ハイレベルのアートパフォーマンスに触れられることがある。こちらに来てから、シルクドソレイユの「TOTEM」に始まり、「王様と私」、「アイーダ」、「レ・ミゼラブル」と素人でも名の知れたオペラやミュージカル、また、映画トワイライト・サガの俳優が主演のコメディ「The Dog The Cat」(別居中夫婦の飼 [続きを読む]
  • MBA 最後のExam!!
  • ウーロンゴンで最後のExamを受ける先週の土曜日、最後の試験が終わり、これでMBA 全てのタスクが終了した。最後の試験は、シドニーではなく、シドニー・ビジネス・スクールの本校があるウーロンゴンで行われた。ウーロンゴンは、シドニーから電車で1時間40分ほど南下したところにある。なぜシドニー・ビジネス・スクールなのにウーロンゴンなのか。私の通っているキャンパスは、ウーロンゴン大の分校のようなもので要はウーロンゴ [続きを読む]
  • 脳科学で仕事の能率を上げる方法!!
  • 間違いだらけのタイム・マネジメント日々の仕事の中で、今日こそはこの重要なタスクを終わらせなければと手をつけ始めたのは良いが、なかなか集中できななくて、エンジンがかからないことはないだろうか?こんなとき良くやるのは、to do listをつくって優先順位を決めて、順位の高いものから始める方法などがあると思うが、次から次へと飛び込んでくるメールが気になって緊急なメールや部下からの相談、報告などに対応していたら、 [続きを読む]
  • MBAでは教わらない重要なこと
  • ハードとソフトMBAでビジネスを学び始めた時にひとつの大きな疑問があった。プランだ、戦略だといろいろなモデルや観方を学ぶが、それをどのように実践するのか?誰がやるのか?良いプランを作成して、それを指示するだけでは、実際の成果まで辿り着けないのが現実だ。それぞれの部署、立場や境遇によって同じ組織の人間でも全く違う価値観や世界観を持っている中で、どうやってチームや組織をまとめていったらいいだろうか?トッ [続きを読む]
  • IPOとは?MBAをやるとちょっと違う世界が見えてくる話
  • IPOとは?つい最近妻が夕飯時に「今日は社内でIPO(Initial Public Offerings)の話になったけど、ついて行けたよ。」(IPOとは新規株公開のこと)と喜んでいた。実は、英語に関しては妻は5年間カナダにいたのでほぼバイリンガルに近い。だからいつも小論文を書いたところで妻にプルーフリーディングをしてもらっている。Proof-readとは、スペルや表現がおかしくないかを第三者にみてもらうことなのだが、これをやってもらうと自分 [続きを読む]
  • 「できる」人ほど学ばない理由
  • 学ばないクラスメートMBAも3学期を終え、早、最終章の4学期目であるT3に突入。初めの学期には、年下のクラスメートが小論文の書き方はどうしたらいいか?とかどのようなアプローチでトピックを考えたらいいだろうか?など年配ということで携帯で質問されたりしていたが、さすがに3学期目は皆、自分がどのように課題にアプローチしたらいいかわかってきたらしく、全く携帯が鳴らなくなった。皆要領のいい人たちだから一度やり方が [続きを読む]
  • クラスメートの卒業、MBAも人それぞれ
  • 一足早くクラスメートが卒業!先週、学期の終了と同時にウルルへ妻とふたりで旅行に行って来たのだが、たまたま同じ時期に日本人のクラスメートのS氏も偶然ウルルの旅行を計画していたらしく、それならウルルで会いましょうということになり、向こうで彼と彼の奥さん、私と妻の四人で夕食を共にした。実はS氏は一足早く、今回の学期で卒業。先月、香港の多国籍企業にあっさりと採用が決まり、9月からの移動の前に最後のオーストラ [続きを読む]
  • 冬休みにUluruのエアーズロックへ!!
  • 日本はお盆ですが、こちらは冬休み・・・ということで 鼻先にニンジン計画第二弾ということでパースに続き、今回は冬のウルルに行って来た。Examが終わる週末を絡めて、妻の休める日にちを含め3泊4日の旅を計画。オーストラリアに来たなら一度はエアーズロックを観ておいたほうが良いよとだいぶ前に叔母に薦められていたからだ。ウルルはノーザンテリトリーのこちらに位置する。オーストラリアのほとんどの都市が、海に近くにあ [続きを読む]
  • グローバル戦略論 M&Aで得するのは買われる企業!!
  • 増えるM&A先日の日経によるファイナンシャル・タイムスの買収は記憶に新しいが、最近円安にもかかわらず、多くの日本企業が海外の企業を買収するニュースが相次いでいる。例えば最近の大規模なM&A(合併・買収)といえば、明治安田生命のアメリカのスタンコープ社を6246億円で買収。保険業界の損保、生保業界ではここ3年間くらいで相次いでM&Aを繰り返しているようだ。第一生命が米プロテクティブ生命を約5800億円で買収。東京海上 [続きを読む]
  • 人事評価が社員をダメする理由!?
  • つい最近、日経の記事でFinancial Timesからの投稿を読んでいたら、アクセンチュアのCEOがこれまでの年次評価システムが評価に費やす200万時間が無駄だったと反省し、評価システムを廃止すると発表したそうだ。実は、社員の成績を点数ではじき出すこの評価システムが、ほとんどの社員に対してモチベーションを下げる働きをしていると脳科学の分野からサポートするデータが続々と出ている。特に数字で社員を評価し、ランキングで競 [続きを読む]
  • グローバル戦略論 Wal-Martの失敗に学ぶ。
  • 余裕がない今学期今学期は、かなりアサイメントをこなすのに追われる毎日でブログを書く余裕がなかった。前学期までは、早め早めに課題をこなすようにしていたので課題の提出ギリギリまで論文を書いているということはなかったのだが、思い返せば、それぞれ1日前ぐらいまでなんやかやと書いていたような気がする。なぜかというと、エキストラワークでエクザキュティブ・コーチングのトレーニングコースを受講したから。こちらは、 [続きを読む]
  • T1(1学期)が終わりあっという間にT2突入!
  • T1の総合評価5月の半ばにT1の期末試験結果が出そろった。心配していたマーケティングも最終的には、総合点で70点とまずまずの結果で安心した。中間テストで57点+アサイメントで78点。これが総合点の50%。ということは、残りの50%である、Examライティングが70点だったことになる。試験後の感触から、60点いくだろうか…と思っていたが、それなりの評価をもらえたということで、だいぶライティングの力もついてきたのかもしれな [続きを読む]
  • 過去の記事 …