Bunbuku さん プロフィール

  •  
Bunbukuさん: Bunbuku's Blog
ハンドル名Bunbuku さん
ブログタイトルBunbuku's Blog
ブログURLhttp://ameblo.jp/music-watch-travel-life/
サイト紹介文ダウン症で2012年12月生まれの長男の成長を中心に、家族や趣味の旅行、音楽、腕時計の事も。
自由文2015年7月に次男が誕生しました。今後は「きょうだい児」の事や、ダウン症に限らず、いろんな事を書いていければと思います。極力毎日更新できるように頑張ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/05/16 05:28

Bunbuku さんのブログ記事

  • 誕生日ウィーク、だったのですが…。
  • 先週は私の誕生日がありました。まー、この歳になりますと、正直「あー、また歳とったな」位の気持ちなんですが、それでも、家族はお祝いしてくれました。もはや毎年恒例になっている、8年前に結婚式を挙げた場所のケーキ。確か去年も同じケーキだった記憶が(苦笑)。 今年の私の誕生日は平日だったので、ケーキは妻に取りに行ってもらったのですが、そこで私達の式を担当してくれた方と妻は、約1時間ほどおしゃべりをしたそ [続きを読む]
  • ダウン症を知らない医療関係者があまりにも多すぎる現実
  • 「わが子がダウン症と告知された81人の『声』」。これが全国に確実に広がっているようです。 改めてじっくりと読んでみると、わかることがあります。それは、医療関係者がダウン症に関して『無知』であるということ。厳密には『知識』としては知っていても、『医療』という一面からでしか捉えていない。そういう人が多いのではないかと思いました。そして、私もそうでしたが、当事者になって初めて知ったことも多いのではない [続きを読む]
  • 若者(子供)に世界一優しくない国、日本。
  • 以前のブログでもちょっと書いたことがありますが、今の日本は「若者に世界一優しくない国」なんだそうです。収入が労力の割に低く、年金などを納めていても、それが将来自分に戻ってくることはない。今の高齢者にがっぽり持っていかれてしまう。年収が低いから、結婚とか子供を作るとか、そういう夢を持つことが出来ない。その日ぐらしをするのが精いっぱい。それも関係しているのか、人間関係も希薄で、結婚することに興味を持て [続きを読む]
  • 自分の亡きあとに、何を残せるんだろう?
  • ここ最近、色々考えることがあります。それは、少し前のブログに書いた、「親亡き後」の事。 私の高校時代の同級生が亡くなったことで、一層それを考えるようになりました。「屈強なスポーツ」とあの時は書きましたけど、そのスポーツとは、アメリカンフットボール。 私の通っていた高校は、実はアメリカンフットボールでは、かなりの強豪らしく、毎年好成績を上げています。その同級生も六大学にすすんで、活躍がテレビ [続きを読む]
  • うたのおにいさんが変わって…
  • 「おかあさんといっしょ」のうたのおにいさんが変わって、ちょうど1週間が経ちました。 いやー、ゆういちろうおにいさん、けっこう頑張ってますね。すでに白目をむいた変顔とか(笑)、かぞえてんぐの後釜になりそうなシルエットはかせ。とりあえず初回ということもあり、まだ大人しかったけど(笑)、徐々に変態化していくことでしょう(爆)。 それにしても、何だかんだ言っても、NHKは人を選ぶ力はあるなぁと思います [続きを読む]
  • 次男の保育所での一週間
  • 次男が保育所に通い始めて一週間が経ちました。最初どうなるか心配な面もありましたが、思った以上に次男はうまく溶け込んでくれたようです。 多分、色んな所に次男を連れて行ったからかなと思いました。それは、実は大半は長男絡み。療育センターやセミナー、ダウン症のイベントなど。次男は何が何だかわからなく連れて行かれた感があった。きっとそうなんだろうなと思います。でも、それが結果として、色んな環境への適応能 [続きを読む]
  • 今日は8回目の結婚記念日
  • 今日、4月5日は私たち夫婦の8回目の結婚記念日です。 今の場所に私が引っ越したのは、2005年のクリスマスイブの日でした。その時は一人きり。 それから2年後、妻と出会い、1年半の交際を経て、8年前の今日結婚。それから約3年半後に長男が誕生。さらに2年半後に次男が誕生。 すっかり賑やかな家になりました。 最初は一人きりですから、家に帰っても、誰もいません。 それが、結婚すると、帰りを待ってい [続きを読む]
  • 次男も保育所に通い始めました
  • 今月から次男も、保育所に通い始めました。残念ながら、長男と同じところというわけにはいきませんでしたが、それでも入れただけ、有難いと思わないといけないですね。 今週は慣らし保育期間で、少しずつ時間を延ばして、次男の保育所に適応する力を身につける期間。しかし、以外と次男はすんなり溶け込んだようです。 どうやら、長男の療育に連れて行っていたり、親のエゴであちらこちらに連れて行っていたのが良かった [続きを読む]
  • 高校の同期の死で考えた事
  • ちょっと今日のブログは重いです。ダウン症とは直接の関係ありませんが。 先日、私の高校時代の同期が亡くなりました。享年45歳。赴任先の海外の地で、突然の心臓発作か心臓麻痺かで亡くなったそうです。 その人は、Facebookをしていたのですが、亡くなる当日も普通に更新や、他の人へのコメントをしていました。 その後、ゴルフコンペのようなものがあったそうですが、そこで突然倒れて、そのまま帰らぬ人となった [続きを読む]
  • 明日でだいすけお兄さんとは事実上お別れです…。
  • 実際には番組に登場するのは土曜日までですが、金曜日と土曜日は、ファミリーコンサートの放送なので、実質的には明日で最後の登場となります。そして、5月のNHKホールのファミリーコンサートで、だいすけお兄さんは「おかあさんといっしょ」とはお別れです。そのコンサート、かなりの倍率だったようで、我が家も応募しましたけど、残念ながら全滅でした。(一応、キャンセル抽選はあるようですが)当たった人、いるのかなぁ?&nbs [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第6話を見て感じたこと
  • そして今日は最終回。やっぱり全6話は短いなぁ。 最後は婚約あり、ライヴあり、ダウン症という現実に向き合おうとしたり、それぞれが自分の次のステップに進んで行く回でした。 思ったのは、やはりアメリカは療育面では、日本よりもずっと進んでいるという事実。もちろん、日本の方が良い面もあるでしょうけど、残念ながら、日本はダウン症をはじめとした、障害者に対する療育の面では、後進国と言わざるを得ません。&n [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第5話を見て感じたこと
  • 今回は第5話。「自立」がテーマの会でした。働くことや、苦手を克服すること。それぞれの苦手に立ち向かい、それを乗り越えることで、新しい自分になる。それが今回のテーマ。 そして、それぞれの母親が集まり、お互いの気持ちを話す。いわゆる「ママ友会」の映像もありました。 そんな中で、それぞれの家族に共通していることがあります。それは、「家族が一つになって、ダウン症の子供を支えている」ということ。&nbs [続きを読む]
  • 「わが子がダウン症と告知された81人の『声』」届きました。
  • このブログを書いているゆかさんが作った本、「わが子がダウン症と告知された81人の『声』」第二集。私の手元に到着しました。第二集ということは第一集もあったわけです(第一集は「87人」)が、実はこの81人の中に私も含まれています。どれが私が書いたものでしょうか、解りますか?(笑)書き方からなんとなく解るかもしれませんね。 書き方も2通りの二部構成になっていて、第一部は箇条書き形式の物、第二部はエッセイ式 [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第4話を見て感じたこと
  • 今日は第4話。女好きの男の話。彼氏持ちの女の子に言い寄ったりする、ある意味こまったちゃん。でも本人はお構いなし。自分の思ったままに行動します。彼女が欲しくてたまらないという感じ。 他の人たちを見ていて、うらやましいのかな。 結局、なんとか彼女を作ることができたけど、あの調子だとちょっと心配だなぁ。 次回は来週です。 先日、この番組に出演しているエレナさんの講演に参加した方のブログを [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第3話を見て感じたこと+IDEA2004
  • 今日は第3話。ダウン症のラッパーの青年がステージで歌ったり、赤ちゃんを産みたいという女性と母親との葛藤など、面白くもあり、重たくもある内容。自分のやりたいことを全力でやる姿は共感させられますね。 それと並行して、AbemaTVでは、龍園愛梨さんが出演して、アメリカの法律である「IDEA2004」のことも紹介されていました。 「IDEA2004」は、ざっくりというと、障害のある子供たちを親や教師、病院の先生などで [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第2話を見て感じたこと
  • 今日は第2話。家族との関わりや同じダウン症を持つ一人一人の人間としての関わりが描かれていた感じがします。 同じダウン症を持ってる人でも考え方は違う。アメリカの社会では、それに対するケアがしっかり行き届いている。 日本ではどうなんだろう?グループホームを作るにも拒否する人が少なくありません。「障害者が自分の住んでいるところにいるなんてとんでもない」そう思っている人が多い。特に高齢者に。 [続きを読む]
  • 「BORN THIS WAY」第1話を見て感じたこと
  • 今日は世界ダウン症の日。そして、「Abema TV」で「BORN THIS WAY」のオンエアが始まりました。もちろん、私たちもPCで見ました。 あべけん太さんクラスのダウン症の人達が集まってるな、というのが第一印象。そして、アメリカと日本でのダウン症の考え方の違い。それは文化の違いもありますし、移民の国であるアメリカと、単一民族の日本。そこでも違いがあります。 全6話と短いのですが、今後が楽しみでもあります。 [続きを読む]
  • 長男を過小評価している?
  • 先日、と言っても少し前の話ですが、親の会でのセミナーのようなものがあり、私たち家族で参加してきました。 セミナーと言っても、質問形式で、親御さんが困っていることや悩みを先生に話して、それに先生が答えるという方式です。 そこで、今回の先生に言われたことがありました。 「お子さんを過小評価していませんか?」 曰く、思った以上に私達の長男はいろんなことを肌で感じている。ただ、それを表に出 [続きを読む]
  • 「まほうのくつ」
  • とうとう3月になっちゃいました。うちの会社も繁忙期で忙しくなってます。 さて、世間では「だいすけロス」なんてのも出始めてるようですし、「おかあさんといっしょ」のファミリーコンサートの受付ももうすぐ始まります。(今回からインターネットでの抽選方式になり、今までの電話抽選ではなくなったので注意!更にスマホ等の電子チケットになったようです。紙でも発行できるようですが…)今回もだいすけお兄さんが最後だ [続きを読む]
  • サ・ク・ラ・・・
  • 今日で 2月も終わりですそして 我が家の次男の入園はいかに!! 結果は・・・・・ サ・ク・ラ・サ・ク でした!!!!! やったぁぁぁぁぁ〜(涙)よかった よかった これで何とか長男の退園もなくなりました! 去年も待機児童になった次男0歳枠は かなりの激戦なのでダメなのは元々わかってましたなので 去年落ちたのは想定内 そして 育休を延長してもらい4月入園を目指 [続きを読む]
  • 自閉症の僕の七転び八起き(東田直樹さん)
  • こんばんは ママです 今日も寒かったですね〜早く暖かくならないかなぁと心待ちにしていますが 来ました この季節・・・ 先週から花粉症の症状が現れ早速 眼科で薬をもらいました しばらくマスクとティッシュがお友達になりそうです(涙) さて 今日はご紹介したい本があります 東田直樹さんの「自閉症の僕の七転び八起き」 昨年 NHKのドキュメンタリーでもすでに2回放映されてたのですが [続きを読む]
  • これは良かったかも!と思えるものとは?
  • ダウン症持ちの長男 4歳 は〜 早いなぁ 本当に早い今年は七五三の予定なのですが今から着物着れるのか(いや着てくれるのか?)そんな先々の心配までしてしまいます そして長男イヤイヤ期と違う第二次反抗期なのかとてもとても手を焼いております毎日溜め息ばかりですよ・・・トホホお願いだから 七五三までには落ち着いてくれ〜!! まだ赤ちゃん期のママさん達は療育施設でのリハビリで忙しい頃ですよね&nbs [続きを読む]
  • 成長の速度は人それぞれ
  • 昨日のブログはパパが書きました もう〜なんでしょう・・・高齢出産 高齢育児となると体力の消耗が激しいのか?子供を寝かしつけながら気がついたら寝てました(汗) しかも2時間!!その間パパは洗濯を干し洗濯をたたんでくれて「そろそろ 起きた方がいいよ〜もう11時だよ・・・」 ひゃあーーーーーー 寝すぎた・・・そんなこんなで私が寝ている間にせっせとブログを書いていたようです(汗) パパ  [続きを読む]