ぐっさん さん プロフィール

  •  
ぐっさんさん: 30代・胃がん・腹膜播種・ステージ4からの人生再出発
ハンドル名ぐっさん さん
ブログタイトル30代・胃がん・腹膜播種・ステージ4からの人生再出発
ブログURLhttp://sunrise2013330.blog.fc2.com/
サイト紹介文35才で胃がんになりました。突然大転機を迎えた二児のお父さんの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供149回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2014/05/16 21:45

ぐっさん さんのブログ記事

  • 大好きなパパ
  • みなさまたくさんのコメントをありがとうございます。妻です。ぐっさんもきっとどこかで読んでいてくれていると思います。そして私たち家族にとってもみなさまのひとことひとことは、宝物です。みなさまの言葉は私たち家族を癒し、励ましてくれています。色々考えて、ここにぐっさんの写真を公開させていただくことにしました。ぐっさんは、「ブログを終わる時はどうしよう。顔写真を出して、挨拶することになるのかな」と話してい [続きを読む]
  • みなさん、ありがとう
  • ブログを愛読していただいている皆さまに大切なお知らせがあります。私はぐっさんの妻です。ぐっさんの代わりにこの記事を書かせていただきます。最近の記事(4月29日)でぐっさんは入院のことを書いていましたが、その数日後の5月3日に、安らかに旅立ちました。みなさまには連絡が遅くなり、ご心配をおかけしました。家族はまだまだ悲しみの中におりますが、今日が暦の上での四十九日にあたり、この日にみなさんへお伝えしたい [続きを読む]
  • 昨晩の痛み
  • しんどかった〜もんどりうって、最後はレスキューのアブストラクトでなんとか寝入ることができた。ご飯をしっかり食べようとすると内臓に負担がかかりどうしてもこうなる。でも痛みを恐れて食べなければ筋力が落ちて寝たきりになってしまう、、、。このバランスの両立が非常に難しい。毎日ギリギリの駆け引きの中を生きている。少しでもバランスを崩すと、、、、。ここのところ筋力の低下が甚だしくて、考えるだけでも恐ろしい。 [続きを読む]
  • 夏の日の儚さ
  • 春風どころではない。この暑さと風の匂いは夏のものだった。今昼寝から起きて気づいた。ノースリーブで汗ばんだ4歳の次女が西日に照らされて、そのなんとも言えないノスタルジーさが遠い私の記憶の引き出しをそっと開ける。せつなさと悲しさと儚げさと美しさが記憶の涙腺を刺激し涙を抑えずにはいられない。あぁ消えないでおくれ。私も連れて行っておくれよ。 [続きを読む]
  • 春の風
  • 今日は夏日ということで、珍しく窓を開けた。懐かしい涼しさが頰を撫でて行く。昨晩は一晩中痛みに悩まされた。今は平和。NHKののど自慢が平和らしさに拍車をかける。最近輪をかけて身体の調子が下り坂。それでもこうやって調子の良い時間帯がある。なんとかブログも更新できた^_^ありがたい。 [続きを読む]
  • 春の雨と静けさと
  • 全国的な雨、久しぶりな気がします。椅子に座っていても痛みの無い状態、これも久しぶりです。静かです。これから昼の入浴。体を温めながらくつろぎ、痛みの発生を予防します。お昼のお風呂に入る時はいつも風呂場の電気はOFFにします。静かにめい想したいから。静かさと心の平穏、このバランスを整えるのも日課のひとつです。 [続きを読む]
  • 「5年目」という響き
  • 一昨日はサイ・パクさんの3週目&輸血でした。朝5時30分に起床してから精算まで、ほぼ半日べットに寝っぱなし。春休みということもあって、妻の運転で子どもたちも来てくれたのですがあいにくの雨、ずーっと病院近くのアウトレットモールを楽しんでました。そうそう、今回の診察。大木先生(仮名)と一緒に闘う、そう決めてから丸4年という節目でした。なので記念に2ショット写真をパシャり??これ、毎年やってるんです。厄除けの [続きを読む]
  • 一度だけのお願い
  • 人生でたった一度だけのお願いだからどーしても聞いてちょうだいっ!!??ってフレーズ、今まで何回も使ったことあるんだけど??ほんとのほんとに最後のお願いっちゅうもんをまとめてみました。いわゆる「私が死んだらこうしてほしい」っていうお願い事一覧。別に今すぐ死ぬわけではないので、半分ノリ、半分真剣に書いてみたものです。とりあえず思い浮かぶまま列挙して、見直してみたら・意識がなくなった時の治療方針について [続きを読む]
  • 痛みのバカヤロー!
  • おかしい。腰が全く痛まない。もう痛み止めを10時間も飲んでない。フェントスも8mgから7mgに減らしたのに。痛まない時間が珍しいもんだから、一睡もせずにこの奇妙な現象を楽しんでいる。きっと痛みの神様がサボってんだろう。なんか笑けてくる。とにかく笑ける。痛いときはあんなに「もう死にたいよ〜」って思うのに、痛くないと「バカにしてんのかっ!」って笑けてくる。なんだか情けなくって涙が出てくるやい。くそっ、痛みの馬 [続きを読む]
  • 空をスイスイ
  • 痛みがない時は、空をスイスイ飛んでいる感じ。さっきまでは想像できなかったくらい今は痛みが引いている。なんで?今頃になって何が効いて来てるわけ?今は横になってるより立ったり座ってたりする方が良いみたい。調子こいて録画してた「東京タラレバ娘」見ながら、確定申告の医療費控除の書類完成させたった?? [続きを読む]
  • 痛み止め、どれだけ飲んだらいいの?
  • 痛み止めが効かない。現在の1日あたりの痛み止め量・フェントス 8mg・トラマール 400mg・ロキソニン 180mg・アブストラル 4錠 フェントスは7mgから8mgに上げたばかり。トラマール、ロキソニンは1日の上限に達した。アブストラルも、一度に二錠飲んでもいいと言われている。が、、、痛みが和らぐ気配なし。トラマール+ロキソニンを飲んだ時に最も痛みが引くので、寝る直前に服用し最低限の安眠をなんとか確保している状況。私がこ [続きを読む]
  • 睡眠中に痛み止めが切れると・・・
  • 朦朧とした意識のままただ彷徨う。どっちが右なのか、左なのか皆目見当がつかない。天を仰いだかと思った瞬間に激しく頬を床にぶつける。あてもなく彷徨いながら全身をそこかしこに強くぶつける。それでもなんとか、そして何度も立ち上がろうとする。あぁ、どうやら俺は今“出口”を探しているらしい。視界は真っ暗なまま。なにより全身が激しく痛む。こんな夢を見ながらたった今起きました。おはよーございまーす??なんて酷い夢 [続きを読む]
  • 春の一雫
  • 湯舟に首まで浸かって極楽の世界を楽しんでいると、窓に雨粒の当たる音。それがなんとも優しく、心地よく響く。春の雨は優しい。もうすぐ春ですよ、とまだ眠たい体を起こしにくるから、激しくゆさぶるようなことはしない。きっと人間にだけでなく、動物にも植物にも、同じように語りかけているんだろう。そんな雨の音が耳の涙腺をそっと撫でる。あぁ、春なんだね。今年も春を迎えることができたんだね。無意識のうちに私の頬にも一 [続きを読む]
  • 再現率100%
  • 祝・退院??約2週間の入院生活を終え、我が家に還ってきました。落ち着く。この自由度がなんとも言えません。帰宅に当たって一番の心配が食事でした。入院終盤、病院ではずっと刻み食。これから刻み食で生きていこう、そう心に決めてはいましたが、実現できるのか。頼れるのは妻のみ。妻、すでに研究してくれてました??今朝のメニューは・三分粥・野菜の細かい味噌汁・鶏そぼろ+刻み野菜のソース・温かい林檎ジャム写真は食後の [続きを読む]
  • 刻もう!
  • 絶食入院生活も一週間が過ぎた。米粒のないお粥(というか糊)から始まった食事も三分粥まで進化。そしておかずも食べられている。このおかずが思ってたより美味しくて入院生活を味気あるものにしてくれている。とにかく何でも刻んである。ものすごく刻んである。オムレツもツナも白身魚も白菜も。 それだけでなく飲み込みやすいよう、汁気を多くし、全体的にべちゃっとさせている。味付けがしっかりしているので、食べていても空 [続きを読む]
  • ファミサポさんこんにちは
  • 今日の次女の保育園のお迎えは、ママでもなくパパでもなく、じぃじ、ばぁばでもなく、ファミサポさん。ファミサポとは地域の社会福祉協議会(社協)が運営する「ファミリーサポート」という制度のことで、社協が間に入り、家事や子育てなどのヘルプを第三者にお願いしたい家庭と時間などに余裕があってヘルプが可能な方をつないでくれるサービスです(有料)。仕事でお迎えに間に合わないこともある妻、体調が不安定な私、助けても [続きを読む]
  • 娘をコーデ ??
  • 療養生活が続くと子どもたちと共有する時間が自然と多くなる。登園・登校の準備や習い事などのスケジュールに気をかけるし、学校での流行りや興味のあることなどを話すことも多いから、娘たちの嗜好性についてある分野では妻より詳しいかもしれない。最近、ちょっと自信が芽生えてきたのがファッションの分野(*´?`*)洗濯物をしまうときに「こんなん持ってるんや〜」「まだこれ着んのかな〜」「なんかこれとこれ被ってない?」な [続きを読む]
  • 仕事への情熱
  • 寝る直前に飲んだ痛み止めが効いて今朝は気分がいい。目下私の幸せは痛みがない・あったかい・美味しいの3つの要素で成り立っている。状態がよいと自然と家族でしたいイベントが浮かんでくる。あれが欲しいこれが欲しいが強くなる。そして、仕事のアイデアがわんさか浮かんでくる。ベッドの上で見ているたくさんのテレビ番組に素敵だなぁと思えるプロフェッショナルが登場する。自分なりの仕事の流儀を思い起こす。これまでの経験 [続きを読む]
  • 感傷注意報
  • 入院してから、いつになく感傷的になっている。とにかく涙する回数が多い。ほとんどテレビを見てる時なんだけど。ドキュメンタリー、ドラマ、バラエティ、どのジャンルでもとにかく誰かが頑張ってるエピソードがちょっとでも出てくるともうダメ。ここ3日で半年分くらい泣いたんじゃなかろうか。そのうち自分が涙の湖の中にいるのか外にいるのかわかんなくなっちゃいそうなので、早く家に帰らないとヤバイな。そうそう、今日は泣き [続きを読む]
  • 流動食スタート
  • 絶食が解除され、今日の昼食から流動食がスタート!待った待った、待ちに待ちましたよこの時を??昼は「シルキー定食」 → ホットミルクに粥(というか糊)夜は「感じろ!グルタミン定食」 → 鰹のだし汁に粥(というか糊)ほのかな米の香りと心からホッとする出汁の味わいを堪能??↑シルキー定食↑感じろ!グルタミン定食 [続きを読む]
  • 生きる力を嗅ぐ
  • 昨日、お見舞いに来てくれた妻と娘たちが蕾のふっくらとした桃の花とミモザを生けてくれた。ミモザを嗅ぐと、まぁなんて春いっぱいの香り。新鮮すぎる命の刺激が鼻の奥の涙腺をつついて思わず涙がボロボロとこぼれて来た。こんなに小さな花なのに大きな大きな生命力。だめだ、ミモザに負けかけてるぞ、俺。なんとミモザの香りが、私の生きたいという本能を強く引き出してくれたようだ。こんなことってあるんだ。 [続きを読む]