にーやん さん プロフィール

  •  
にーやんさん: にーやんのブログ
ハンドル名にーやん さん
ブログタイトルにーやんのブログ
ブログURLhttp://nihyan.hateblo.jp/
サイト紹介文三振したにーやんが再ロー・予備にチャレンジして司法試験に合格する物語(予定)である
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2014/05/17 10:39

にーやん さんのブログ記事

  • 過去問のすゝめ
  • まいどでーす。修習の書類をやっと送ったにーやんでーす。教えてないのに,さっそく色んなところからメールが届いてくるもんなんだなと困惑。成績がまだ届いてないのであれですが,なんか参考になることでも書こうかなと。この長い受験生活の反省なんかを書くと,きっと反面教師的に参考になると思ってます。今日は,受験生が陥りがちな失敗例。過去問について。過去問ってやっぱり本試験の闘いそのものなので,実力が付いてからや [続きを読む]
  • 司法試験の合格の喜びと不合格のつらさ
  • まいどまいどにーやんです改めて、やっと司法試験に合格できました。10年以上勉強して、まだ全然合格の実感がないけれども、合格してました。心臓バクバクで何回も確認して、番号発見したときはずっと手の震えが止まりませんでした(汗)合格の日は、ずっとお世話になった先生や友だちに連絡したり、連絡がきたりしてました。本当に感謝しかなくて、こんなに小生のような人間のことをみてくれて、お祝いのお言葉をくださって、しあ [続きを読む]
  • 三振・再ローが平成29年度の司法試験でとうとう……
  • 司法試験に合格できました!!!!晴れて,このブログも「三振したにーやんが再ローを経て司法試験に合格した物語である」に変更です。本当に長かったなと合格したらとんでもなく嬉しいんだろうなと思っていたけれど,落ちた友だちが連絡してくれて,色々思うところがあるのです……色々書きたいこと(特に落ちたことについて)もあるのですが,落ち着いたらということで。 [続きを読む]
  • 水曜日のダウンタウンでやってた適用されてない犯罪ベスト10
  • www.tbs.co.jpまいどまいどー。ご無沙汰のにーやんです。もうすぐ合否発表だと思うと、どきときです。水曜日のダウンタウンが好きでして、たまってる録画を少しずつ見てます。この時期じゃないと処理できないなとか思いながら、さっさと処理中そんな中おもしろいやつがあった。レア犯罪ランキング!!!!第10位 決闘罪これはたまに刑法の教科書にも載ってて知ってた。親のかたきをうつみたいな理由で、昔は権利として認められて [続きを読む]
  • パクリのややこしさ。の巻
  • 前回の記事でパクリについて書いた。思想それ自体のアイデアは共有して、パクりまくって良いもの創ったほうがいいといったことを書いたけれども、法務部の人の話を聞く限り、そう簡単にはいかない難しさがあるようだ。著作権法は具体化された創作性のある表現を保護するので、具体化される前の抽象的なアイデア自体は保護されない。具体化された表現でもそれがありふれた表現で創作性が認められないものなら、やはり著作権法で保護 [続きを読む]
  • 無題(ダウンタウンが好きな人)
  • まいどでーす。仕事してますた。まぁ、いいや(よくない)。で、違う話同期がとあるテレビ局の法務部で活躍中で、喜ばしい話です。知財選択で同じ師匠を持つ者同士からか、最近も、その相談される。そんな話を聞くと、改めて思うことがある。まぁ、昔マンガ家や映画監督、ミュージシャン目指してたってのもあるからだけど。「パクる」っていう言葉について自分の思うところをまとめると、著作権法違反になるような「パクリ」はダメ [続きを読む]
  • 1ヶ月ぶりくらいのただの日記
  • ご無沙汰でございます。にーやんなのだ。最近、色々と忙しい。今さらながら学生時代にもっとまじめに本気で勉強してたら……なんてことをまた痛感する今日この頃法教の笠原武朗先生の商法演習がなかなかおもしろくて、毎月楽しみ。あ、7月号の小池信太郎先生の記事は司法試験において答案の面で実戦的な教育をしているんだなと、とても参考になりました。ロースクールでよくある質問についてわかりやすく解説されてるなーと。また [続きを読む]
  • 既判力が及ぶ場合についての誤解と補足
  • 民訴はもうええやろ。と、思ってたら、下記の記事にコメントがありました。nihyan.hateblo.jpそこで、(もうお腹いっぱいだと思いますが)すこし補足します。 コメントに対する補足 以下のようなコメントがありました。 イーブイ 2017-06-21 22:37:36 以前何度か書き込ませていただいた者です。 高橋重点講義の趣旨は、同一関係、矛盾関係、先決関係は、既判力が作用する類型をまとめたものである。 そのため、 [続きを読む]
  • 訴訟物が異なる場合において既判力が作用する場面について
  • まいどでーす。短答の通知きました。無事通過。よかったよかった。(毎回結構そうだけれど)全然できた感じなくて、20分くらい時間余った憲法の点数が結構よかった。憲法は択一も運ゲーなんだなぁとか思った。ということで、以前書くかもといっていた既判力の作用について。民訴はもうお腹いっぱい。 既判力の基本的な理解 訴訟物が異なる場合に既判力が作用する場面 先決関係が問題となる訴訟物の関 [続きを読む]
  • クジラックスと成年コミックの規制と「模倣」犯の意味。の巻
  • 全国の死亡率というニュースをおかんとみてて、こういう統計って意味あんのかなと思った。高齢者が多い田舎が死亡率高いのは当たり前じゃないか?そういえば、最近こんなニュースがあった。www.saitama-np.co.jp 強制わいせつ容疑の男「漫画を真似」 県警、作者に異例の申し入れ 「検査」と称して女性の身体を触ったとして、強制わいせつ容疑などで県警に再逮捕された男が、成人向け漫画同人誌を読んで手口を真似した [続きを読む]
  • 引換給付判決における引換給付部分に既判力は生じるのか?
  • まいどでーす。もういい加減、民訴はいいかなって本当に思いました。はい。特に、訴訟物理論なんかはどっかで聞いたこのある「法律学の森」そのものであり、深入り禁止である。前回の続き引換給付判決における引換給付部分に既判力は生じるのか? 引換給付判決において引きか給付部分である反対給付に既判力が生じるか 勅使河原和彦先生がこの点について次のように説明しています(法教416号134頁)。  民訴法11 [続きを読む]
  • 司法試験と関係ない松山ケンイチの珍遊記の話。の巻
  • chinyuuki.com映画版の珍遊記みました。感想は、最高かつ最悪かつ最強におもんなかったです。どれくらいおもんなかったかというと、30年以上生きた人生で最もおもしろくない映画で小生の中でナンバーワンの称号をゲットするくらいのレベルでした。小生、松山ケンイチ大好きなんだけどね。小生の尊敬する人は結構います。漫☆画太郎先生もその1人です。さすがは漫☆画太郎先生。映画でも逆ナンバーワンをあえてゲットするなんて。映 [続きを読む]
  • 司法試験制度に対応する能力。の巻
  • まいどでーす。日曜日ということもあって、好きなことやってました。実務家になったら、絶対に必要になるだろう知識のひとつ民事執行法、民事保全法なんかの勉強してました(ひとつじゃない)。必ずしも司法試験に直結するようなことじゃないかもしれないけれども、例えば、担保物権法の理解なんかもこれまで表面的な理解だったなとか反省しながら、民事執行法の勉強してました。こういうことが好きで、試験対策ちゃんとしてないか [続きを読む]
  • 訴訟物と既判力の関係について
  • まいどでーす。梅雨入りして、なんかしんみりな感じしますね。もう民訴はいいかなとも思ったのだけれども、似たような質問が結構ありまして、質問の根本的な原因は何かなーと思ったところ、訴訟物の理解がかなり曖昧な点にあるのかなと思いました。で、今日は訴訟物について、なんか書こうかなと。 訴訟物 旧訴訟物理論(藤田広美・解析民事訴訟法35頁) 旧訴訟物理論の帰結(リークエ民訴47 [続きを読む]
  • 平成29年司法試験短答式試験の合格点は……
  • まいどでーす。短答の合格点が出ました。ななななな、なんと短答式試験の合格点は108点!!!!http://www.moj.go.jp/content/001225941.pdf去年よりだいぶ下がりましたねえ。にーやんは択一苦手なんですが、短答通過者平均を超えていたのでとりあえず第一関門はクリアです。短答通過者平均は一つの目安だったので、良かったです。思い返してみると、予備試験の短答を含めると10回近く連続で短答は通過してるので、ほんと論文対策ちゃ [続きを読む]
  • H29民訴論文設問3 再考――法的性質に既判力が生じるという意味
  • H29民訴論文設問3では、売買契約の成否及びその額には前訴の既判力が及ばないという点については、以下の記事でみました。nihyan.hateblo.jpnihyan.hateblo.jp小生の説明不足からか、正確に伝わっていないようです。申し訳ございません。ご質問を受けました。 受験生 すいません 質問なんですが にーやんさんは「売買契約に基づく」という部分を訴訟物を特定するための手段に過ぎないという趣旨の書き方をされていまし [続きを読む]
  • H29民訴論文設問3 補論
  • 補論 コメントで、民訴設問3に関して、「売買契約に基づく本件絵画の引渡請求権」の存在に既判力が生じるとすると、「売買契約に基づく」という部分も既判力が生じるから、後訴はやはり売買契約の不成立の主張に遮断効が生じるんではないか?という質問を受けた。この点に関してもこの記事で検討したつもりです。nihyan.hateblo.jpそれよりも、旧試の平成15年度第2問が今年の民訴の解答を提供しているにもかかわらず、この [続きを読む]
  • H29民訴論文の設問3について
  • ままま、まいどです。友人に質問されたので、民訴の設問3についても触れておこうかと。既判力に関する部分の検討は基本事項の確認みたいなものかと思います。実はこれ旧試の平成15年度第2問で似たような問題が出されているところでもある。問題文では、  上記の訴訟(以下「前訴」という。)においては,「Yは,Xから200万円の支払を受けるのと引換えに,Xに対し,本件絵画を引き渡せ。」との判決がされ,この [続きを読む]
  • 処分権主義における「申立事項」とH29民訴論文設問2?
  • 前回の続き 設問2の答案構成 設問2小問?1 Stg:XのYに対する贈与契約に基づく本件絵画の引渡請求権 1個? 第1回口頭弁論期日におけるXの「仮にこの取引が売買であり」という部分は、訴訟物で主張する贈与契約と両立しない。→ 予備的請求として訴えの追加的変更をするか釈明求めるべき仮に、予備的請求として追加すれば、引換給付判決の余地あり? 予備的請求が追加されたことを前提にすると、Yの契 [続きを読む]
  • H29の民訴論文は去年に引き続き問題文がよくない!と思いました。
  • まいどまいど〜。にーやんです。早くも試験終了から一週間近く経ちそうです。今日は民訴の話。「おい!民訴の設問1!課題が何かわかりにくいやんけ!」そう思ったのは小生だけではないはず。J1は「あなたの言うような判決を直ちにすることができるのでしょうか。」ということをPに聞いており、これも課題のひとつと考えてしまっちゃうのもやむを得ないことでございます。まぁ、配点が15点分で、「まず,Yの代理人AとXとの間で [続きを読む]
  • 再現答案(H29刑訴法)を振り返った反省文
  • まいどまいど元気ハツラツのにーやんです。前回、刑訴の問題の再現アップして、証拠1を甲の供述録取書と決め打ちして書いた点について、調査官解説調べました。結論としては、大丈夫だったかなと。ただ、それは結果論。要反省。 再現答案  1 証拠1? Sが証拠1の取調べ請求をした理由は、甲証言の証明力を争うためであり、これは328条に基づく請求と解される。  328条により許容される証拠は、現に証明 [続きを読む]
  • H29刑事系第2問(刑訴法)の論文のにーやんの再現答案
  • まいどでーすにーやんでっす。なんか一時期閉鎖していたにもかかわらず、にーやんのブログを見てくれる人が結構いてくれてありがとうございました。叱咤激励のメッセージ送ってくれた人もありがとうございました。ずっと再現答案作ってて、ほぼ完成しました。今日は、「刑訴簡単だったけれど、にーやんはどう書いたか教えてほしい」とのコメントを頂いたので、にーやんの再現をさらそうかと思います。ただ、まったく自信はない。個 [続きを読む]
  • にーやんのブログでした。
  • ご無沙汰してます。にーやんでっす。色んな人に合否の問い合わせ頂き、ありがとうございました。こんな糞ブログを御覧の方が意外に多くいてくださり、嬉しいかぎりです。実は司法試験落ちました。あー死にたいまぁ、試験初日から設問飛ばすとかやらかして不合格になるのは間違いないとか思ってました。再現答案とか書いて、ちょっと色々調子に乗ってました。ゼミを頼まれてやったゼミ生は合格してました。俺、落ちてますわ。なのに [続きを読む]