Taric S さん プロフィール

  •  
Taric Sさん: 絵描き暮らしです
ハンドル名Taric S さん
ブログタイトル絵描き暮らしです
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/no6go7
サイト紹介文描いた絵が溜まってきました。風景画が多いのですが。おいおい肖像画、写真なども載せていきたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2014/05/17 17:02

Taric S さんのブログ記事

  • 秋の入り口
  • 春になるというのに秋の絵とは気が利かない。昨年の秋に描き始めて途中放棄してたやつを今頃仕上げました。この光景も昭和記念公園内のものです。今ではあまり見ることのない武蔵野の里山を模した場所ですが敷地も広く歩いていて気持ちの良いところです。この同じ場所の新緑の頃をいづれ描いてみたいと思っています。 [続きを読む]
  • 通用門
  • この絵は以前載せたものです。全体の明暗や細部を加筆修正したので再度載せました。ベニヤに描いた地味な小品なんですが、愛着のある絵で時々いじったり眺めたりしています。「通用門」という題にしてありますが、梅雨時に新宿御苑の周りを歩いたときに見つけた光景です。新宿御苑は旧い公園なので巨木が多く、都心の中で貴重な緑地となっています。今年の梅雨時にまた行ってみようかなと思っています。 [続きを読む]
  • 広場(昭和記念公園)2
  • 前作と同じ昭和記念公園の広場です。季節は10月初旬といったところでしょうか。雲を描いてみようということで描いたのですが、雲はちょっとやりすぎたかなという自己感想です。空の青がかなり派手に出てしまっています。実際の絵ではもっと落ち着いた色味になっています。西洋絵画(時代的には印象派以前)では雲をダイナミックに描きますよね。あれ何ででしょうか。 [続きを読む]
  • 広場(昭和記念公園)
  • 久しぶりの投稿になります。新年のご挨拶をいただいた方には、何の応答もせずにいたことをお詫びします。絵についての考え方、方法などいろいろ改めたいと思っているのですが、なかなか道筋が見つけられません。描いては途中放棄を繰り返しています。ただのアマチュアなんだからお気楽にやれば、ということなんだけれど。 [続きを読む]
  • 犬たち
  • 私の弟の家族は動物好きです。娘夫婦のも含めて絵を描いてくれということでメールで写真を送ってきました。鉛筆で素描してアクリル絵の具で色付けしようと思っていたのですが、久々の鉛筆デッサンが面白くなってしまい上のような絵になりました。色はいらないと思いました。 私も動物好きですが、アパート暮らしなのでままなりません。もし飼えるなら猫がいい。それも雑種の。犬を飼うとしても雑種がいい。特別理由はないんだけど [続きを読む]
  • JR立川駅北口前
  • 私がよく行く立川の画材店「世界堂」はこの絵の背後のビルにあります。だからこの絵の光景はなじみのあるものです。いろいろゴチャゴチャ煩雑に描き込んでいますが、「俺の絵は絵画芸術としてどうなんだ?」なんてことを考えずにちまちま筆を運んでいくのはそれはそれで楽しかったです。この絵の左側のビルの地下に昼間からやっている飲み屋があり画材を買った帰りに寄ってまずは生ビールを呑みます。昼日中から赤い顔になることに [続きを読む]
  • カボチャとベーコン
  • 私の偏見と思ってくれていいのですが、カボチャは女子供の食い物だなどとよく人に言っていたものです。たしかに私はいままでカボチャの煮付けが嫌いという女子にであったことがない。スーパーで何か絵になるものはないかと物色していたところこのカボチャを見つけました。絵を描いた後で冷蔵庫にたまたまベーコンのブロックがあったので甘辛の醤油でいっしょに煮てみました。まあ旨かったけれどベーコンではなくふつうの豚バラのほ [続きを読む]
  • マンゴーとキューイ
  • 何か絵の材料になるものがないかとスーパーに行ったら大きめのマンゴーが安かったのでキューイと合わせて買いました。静物画は構図のことがよくわからない、地平線みたいなものを描いてみたけれど、どうなんだか。 [続きを読む]
  • 野菜とウイスキー
  • 絵の中のウイスキーのモデルはブラックニッカです。ニッカブランドの中でも一番安いものです。このところずっと愛飲しております。ニッカには好みのモルトウイスキーがいくつかあるのですが財政的になかなか手が出ません。取り合わせが雑だなあ、今度静物画を描くときはもう少し考えたものを並べよう。酒を出すならなにか肴になるものをおいてみるとか。ロックにして氷をいれるとか。相変わらずブルーが鮮明に出てしまう。 [続きを読む]
  • 白い建物
  • この建物は東京都東大和市の住宅街の一画にあります。ペンキは剥がれかかっているしポスターだの貼り紙だのがべたべた貼られているし、店舗でも住居でもなさそう、いったい何の用途に使われているのかよくわかりません。よく調べればどこかに案内書きでもあるのでしょうが、私としては謎のままにしておきたい気持ちです。 [続きを読む]
  • 日没前
  • この絵は以前描いた「夏の夕」と同じ立ち位置からの光景です。出来はともかく、いろいろ勉強になった絵です。毎度のことですが実際の絵と比べて青味が勝ちすぎています。実際はもう少し黄味がかっています。ところで「日没前」という言い方あるのかな。 [続きを読む]
  • 玉川上水 2 (福生市内)
  • この2ヶ月あまり新作を上げることが出来ませんでした。その間訪問された方々には何の対応もせず礼を失していたことをお詫びします。絵を描かなかったのではありません。描いては放棄を何度か繰り返しておりました。試行錯誤ってやつですかね。それで、やっとこさっとこ描き上げることが出来たのがこの絵です。試行錯誤していたという割には進境が見られないと思われるかもしれません。むしろ退行しているのじゃないか、と描いた当 [続きを読む]
  • 山桜
  • 桜の季節ですね。F4のベニヤ板に描きました。私は桜を観るのは大変好きですけど、桜に限らず花を前にすると「花の美しさというものはない」という小林秀雄の言葉をよく思い出します。まあそんなひねた言い回しは脇に置いといて、酒でも呑んでただただおおらかに愛でればいいのでしょうね。 [続きを読む]
  • 冬のボート乗り場
  •  この絵は以前も描いたことのある武蔵関公園の池です。練馬区にある都立公園、あまり知名度はないようですが私は絵の題材をさがしによく行く場所です。 しばらく絵が描けないでいました。ただのアマチュアなので壁に突き当たったなんて大仰なことは言いたくありませんが、そんなことを漠然と感じてはいました。それでしばらくぶりのこの絵、いままでの絵と比べてどこか進化したところがあるのかと問われると自分ではわかりません [続きを読む]
  • プラタナス 2(昭和記念公園より)
  • 明けましておめでとうございます。旧年中私の絵をご覧になっていただいた皆さまには心から感謝いたします。今年もよろしくお願いいたします。以前描いた絵を描き改めました。サイズを大きくしました(F10をF30に)。今までの経験上描き直すと二番煎じということでいい結果が出ませんでした。この絵もそうなってしまったのか自分ではよくわからない。今年は題材にしても描法にしても何か新しいことをしたいと思っています。昨年の暮 [続きを読む]
  • 五日市線(熊川付近)
  • またまた鉄道の絵です。私は鉄道マニアではありません、とは前に言ったことですが、でもこういう絵は描いていて気分が入り込めます。左端の信号機についてはどんな機能があるのか全くしらなかったので調べてみました。中継信号機というものだそうです。この点燈の状態は進行してよろしいということです。普通の赤青黄の信号機の補助的な役割を果たすものらしいです。横に三つ並ぶと停止、斜めに並ぶと注意ということをついさっき知 [続きを読む]
  • 神田川(高田の馬場付近・2)
  •  この絵は前の絵の反対側の光景です。西欧風の塔と橋がありますがロンドン橋を模したものなんですかね、某大学の施設です。昔このあたりは染め物業者が多くいたということで、下落合近辺で反物をさらしているのを西武線の窓から見たことがあります。当時はそんなにきれいな水じゃなかったんですけど。 なんか国籍不明な感じで描いてて面白かったです。私は私の住まいの近辺のごくふつうの街とか自然を描いて、それで絵として成り [続きを読む]
  • 神田川(高田の馬場付近)
  •  20代のころ、私はJR山手線池袋駅〜新宿駅の間の路上に毎日のように出没していたと公言しても自分では言い過ぎではないように思います。それでなつかしさもありよくうろついた界隈に行ってみたりします。もちろんと言うべきかまさかと言うべきか、どこへ行ってもビルがひしめき合い、盛り場も様変わりして昔の面影はほとんど見出せません。 この絵は20代前半の一時期よく通った橋の上からの光景です。もちろん現在のです。 空は [続きを読む]
  • 玉川上水(福生付近)
  •  この絵は去年の春先に描き始めて途中放棄したのをこの秋再開したものです。そのせいかどうか、季節感が曖昧だな、というのが自己感想です。それと今までと同じく実際の絵と違って青が勝ちすぎるというか綺麗すぎるのです。いろいろ調整するのですが上手くいきません。 [続きを読む]
  • 給水塔
  •  東京都昭島市にある某工場の敷地内にある給水塔です。私は子供の頃より送電塔とか給水塔を眺めるのがすきでした。この絵の出来はともかくとして、この給水塔、素敵だと思いませんか? [続きを読む]
  • ゴーヤ
  •   ゴーヤをいただいたので絵にしました。卵三個はチャンプルの材料のつもりで添えました。はじめて卵を描いたのですが、卵がこんなに難しいとは知らなかった。 絵のモデルを終えたゴーヤはもちろん美味しくいただきました。正式なレシピを知らないので自己流で調理しました。 [続きを読む]
  • 台所
  •  キッチンという題より「台所」のほうがこの絵にはふさわしいな。 静物画を描こうと思ったのですが、悲しいかな我が家にはいわゆる絵になる上等な家具調度が全くありません。それなら台所をそのまんま描いちゃおうということでこの絵になりました。 徹夜してしまったので疲れました。健康に悪いのはわかっているのですが。 [続きを読む]
  • ヨウシュヤマゴボウ
  •   だいぶ気が早いのですが、秋の草紅葉、ヨウシュヤマゴボウです。名前のとおり外来種です。全草毒草ということはご存知の方も多いのではないかとおもいます。 子供のころは空き地がたくさんあってこの草をよく見かけました。今は私の住まいの近辺ではめったに見なくなりました。 茎も葉も毒々しいほど鮮やかに色付き、実も潰すと濃い紫の汁が出ます。私は実を一度口にしたことがあるのですが、苦みはなくかすかに甘みがあ [続きを読む]
  • 夏の夕
  • 「暑いっ!」というと「うるさいっ!言うんじゃねえ」と叱られそうなほど毎日暑いですね。「夏の夕」という涼しげな題ですが、ごらんのとおり暑っ苦しい絵になってしまいました。ごめんなさい。謝ってもしょうがないけど。 国立市の南端、中央道のあたりで見つけた風景です。 [続きを読む]