るぷりあ さん プロフィール

  •  
るぷりあさん: 写真と言葉
ハンドル名るぷりあ さん
ブログタイトル写真と言葉
ブログURLhttp://rupuria.blog.fc2.com/
サイト紹介文写真と、つたない言葉を綴ります。 風景は空、花、他のものなどです。
自由文空、花を主としています。
デジカメを使用しています。
言葉は、詩のようなものを書いています。
たまに、他の写真も載せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供174回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/05/17 17:17

るぷりあ さんのブログ記事

  • 夏名残りと、秋。
  •   夏の名残りと。  秋の気配が。  交差している。  今は。  そんな時期。  夏から秋へ。  気温も、風景も。  変わっていく。  夏が残る。  空と、花。  秋の気配の。  空と、花。  色々な表情が。  心のなかに。  浸透していく。  夏残りが  終わって。  秋がきて。  秋から冬に。  また、時が  過ぎるのだろう。  季節の変化を。  感じれることが。  どんなに大切か。  いつも [続きを読む]
  • 時間が過ぎても。
  •    最近は、ずっと。   眺めるだけ   だった。   カメラを。   ようやく、手に   持って。   少しの時間。   歩くことが   できた。   忙しくて。   必ずして   いた行動が。   できなくなり。   どうして。   何故、こんな   ことに。   なんて。   思ったけど。  まぁ、そういう。  時期もあるかな、と。  時間が過ぎて。  思うようになり。  少しずつ。  今 [続きを読む]
  • いつか・・・きっと。
  •    いつも。   この場所に。   訪れてくれる。   すべての。   人たちに。   何か。   少しでも。   感じて。   言葉を。   残して。   くれるだけで。   嬉しかった。   どれくらいの。   時になるか。   まだ、わからない。   けれど・・・。   きっと。   つたない。    写真と。   想いを。   伝えたい。   いつか・・・きっと。※ 突然ですが。諸事情が [続きを読む]
  • 雨、曇で。
  •    雨、曇で。   晴れの。   空をずっと。   見てないから。   7月の。   帰省の夕陽を。   ひっぱり出して。   懐かしんでみた。   白い蓮の。   次は。   クリーム   色の。   蓮を。   曇日で。   あったけど。     雰囲気が。   よいかもなぁ。   なんて。   思った。   雨が。   降り続く。   ある日は。   傘を持って。   カメラを構えた。   [続きを読む]
  • 一年ほど前と、今。
  •     お盆の。    帰省で。    行事があり。    ある、お寺で。    白い蓮を。    はじめて。    発見した。    幼い頃は。    遊び場だった。    そのお寺。    白い蓮に。    出逢って    いたかも、と。    思った。   今の。   日常は。   常に。   広い空を。   探している。   一年ほど前の。   日常では。   探さなくても。   目の前に [続きを読む]
  • 雨のお盆休み。
  •     お盆休み。    ずっと。    雨が降って    いた。    それでも。    実家で。    過ごせた    だけでも。    休むことが    できた。   一瞬だけ。   空が。   晴れた。   後は。   ずっと。   雨の。   お盆休み。   それでも。   いつもは。   会えない。   家族が。   集まって。   散歩も。   傘をさして。   懐かしみ   ながら [続きを読む]
  • 8月、お盆の帰省。
  •    一年ほど。   前までは。   夏で。   お盆の時期に   なると。   想い出の   場所に。   いつでも行く   ことができた。   今年の。   お盆休み。   曇、雨が。   帰省しても。   続くけど。   空は、広い。  都会での。  喧騒が。  自然の。  声になり。  安心する。    8月の。  帰省で。  聴こえる  声を。  風景を。  帰るまで。  堪能して  い [続きを読む]
  • 閉じ込めていた。
  •     ようやく。    ゆっくりと。    時間ができる。    忙しさに。    忘れていたこと。    閉じ込めて。    いたこと。    次々と。    想い浮かべる。   最近。   見てない。   こんな空。   雨と。   曇が続いて   いるけど。   休息できる   ようになり。   ある時の空を。   閉じ込めていた。   想いとともに。   脳裏に浮かべる。   この時期の [続きを読む]
  • 休日の、ゆっくり散歩。
  •     休日にしか。    ゆっくり。    楽しめない。    空の流れ。    休日にしか。    できないこと。    それは。    ゆっくり。    散歩すること。    雨の日の。    休日で。    スズメさんに。    出逢った時は。    ゆっくりと。    その瞬間を。    待つことが    できる。       休日しか。    できないこと。    ゆっくりと。     [続きを読む]
  • 仙台、七夕祭り2017年の風景。
  •     お祭りは今年。    行けないかな。    と思っていました。    けれど。    仕事場の    近くだったので。    七夕祭りの    風景を。    数年ぶりに    見ることが    できました。    毎年、たくさんの    人が訪れる。    宮城、仙台の    七夕祭り。    2017年。    今年もたくさん    の人が訪れて    おります。    曇や雨が。   [続きを読む]
  • 色に、あふれる。
  •     夏は。    大好きな。    色たちが。    たくさんある。    大好きな、白。    夏の花は。    白が。    涼しげに。    華やいでいる。    気がする。    好きな。    色であふれる。    夏の自然たち。    空も。    好きな。    雰囲気の。    色になる。    元気になれる。    色も多い。    好きな色は。    夏に。    あふれて [続きを読む]
  • 夏の風物詩は。
  •    8月になり。   猛暑がまだ。   続いていく。   夏には。   それぞれの。   夏らしいものが。   各地でたくさん。   あるだろう。   それが。   夏の風物詩。   けれど。   今年の夏は。   夏の風物詩   である。   花火や、   お祭りを。   楽しむことが。   難しいかも。   と思うけれど。   咲いている。   花とか。   空とか。   夏でしか。   感 [続きを読む]
  • ファインダーから。
  •    白の花。   夏に見ると。   涼しく感じる。   ファインダーから。   見る風景たち。   いつかの。   夏の夕陽。   花も、空も。   ファインダー   から。   覗いて。   肉眼で。   眺める。   雨の日の。   小さな、雫。   どんな天気   でも。   ファインダー   から。   覗くことが   好き。   ファインダー   から。   覗いてみて。   失敗した [続きを読む]
  • 観察の仕方。
  •   最近は、曇が多く。  雨も降っているから。  この時期に。  切り取りをして  いた空を。  引っ張り出す。   花は。   曇でも。   眺める   ことができる。   曇の空に。   陽が射す。   空の表情が。   とても、好きで。   今まで。   色々な観察。   してきたよ。   雨の日だって。   こんなに。   美しいと思う。   ものがある。   観察の仕方は。   これから [続きを読む]
  • 苦手なことが。
  •   苦手だった。  あることが。  日々を重ねると。  苦手では  なくなる。  なんてことが  ある。  以前は。  その世界さえ。  知ろうと  しなかった。  苦手だと。  思い込んで。  けれど。  苦手だと思う。  そのことが。  あるきっかけで。  知ることになり。  少しずつ。  もっと知りたいと。  思うようになった。  まだまだ。  苦手なことは。  たくさんあるけど。  苦手だ [続きを読む]
  • 雨と、夏の。
  •   今は、雨が。  多いけど。  この空雲は。  この時期に。  見えたもの。   雨粒に   濡れて。   なんだか、   少し嬉しそう。   そう感じるのは。   気のせいかな。   この空も。   この時期に。   見えたもの。   曇、雨と。   夏の暑さが。   今の日々。   陽がない。   日々の時に。   少しだけ。   切り取って   おいた。   風景を拝見。   雨と、夏の。 [続きを読む]
  • 風景の囁きを。
  •   風景が。  たくさんの  囁きを。  届けてくれる。  今だけの。  瞬間を。  感じる。  今年は。  もう、最後と。  なるだろうと。  思う。  あじさいも。  来年への。  希望の囁き  になる。  まだ、暑い。    日々のなか。  風景たちが。  届ける。  多くの場所で。  色々な、囁きが。  聴こえる。  見つめて。  感じていよう。  来年の今も。  同じであり。  また、違 [続きを読む]
  • 夏のメッセージ。
  •   毎日暑いですが。  ご機嫌はいかが  でしょうか。  ムリをしていない  でしょうか。  お仕事、大変  ではないですか?  さりげない。  気遣いの言葉が。  胸に染みる。  今はこちらに  いるけれど。  あなたの気遣い  に溢れる。    夏のメッセージ。  それは。  離れている  からこそ。  嬉しさが増す。  暑さが続き  ますが。  水分補給は  忘れずに。  日射病、  熱中症 [続きを読む]
  • 7月の田舎
  •    7月に。   実家に   少しだけ。   滞在して。   7月の。   田舎の風景に。   ほっとした。   田舎の風   と匂いは。   やっぱり   違う。   田畑や。   自然に。   心を癒やす。   田舎の。   風景は。   8月も。   きっと。   見ること   ができる。   7月の。   田舎。   その風景は。   来月とは。   また、違う   だろう。   その日 [続きを読む]
  • とある、夏の。
  •    今の。   夏の暑さ。   厳しくて。   夏を楽しむ。   余裕さえ。   ないけど。   とある夏の。   風景を。   今年だけの。   夏を。   見ていよう。   夏雲が。   今の季節を。   告げていて。   まだ暑くなる   だろうと。   目をほそめた。   とある夏。   たくさんの。   この季節   ならではの。   物語が。   まだまだ。   続いていく。励みにな [続きを読む]
  • 夏の、花、空。
  •   夏の花。  暑い日に。    葉と花が。  キラキラと。  輝いて。  生命を感じる。  夏の空。  暑さで。  ぼんやりと  しているけど。  真っ赤に  染まっていて。  夏だなぁと。  実感する。  夏の花。  最近は。  暑くて。  何も考え  られない。  時がある。  そんな時。  涼しい時に。  歩いてみる。  夏の花。  夏の空。  今の季節の。  物語を。  造っているの   [続きを読む]
  • 伝えるもの。
  •    いつかの日に。   強く、願った。   その想いは。   今になって。   空から。   伝わってきた。   弱くて。   震えていた日。   小さな花が。   強い優しさを。   伝えてくれた。  陽のなか。  歩く人影。  その先には。  あたたかな。  幸せが  待っているの  かもと。  想うことで。  違う気持ちを。  伝えてくれる。  真夏に。  咲く花に。  チカラが伝わる。  [続きを読む]
  • 身近に感じて。
  •   毎日、暑くて。  忙しく、動いて  いると。  ふと、視線に  映る風景が。  何処か。  別世界  に映った。  汗を拭い  ながら。  空をふと。  見あげると。  そのまま。    空の果て  まで。  飛んでみたい  と思う。  花や、空を。    いつも以上に。  遠くに、感じて  しまう時は。  しばらく。  その場で。  深呼吸してみる。  そして、もう一度。  同じ風景を見て  [続きを読む]
  • 夏の、夕暮れに。
  •   夏の、夕暮れ。  暑い、太陽が。  沈んでいく  風景を。  わずかに、  緩和され  はじめて  きた。  気温を、  肌に感じ  ながら。  眺める。  季節は、夏。  気温が高く。  花たちも、  人々も。  暑さが、  続いて。  日々に、  疲れて  いるかも  しれない。  夏の、夕暮れ。  最も暑い。    日中を。  避けて。  ぼんやりと  している。  夏空に。  まだまだ [続きを読む]
  • 過ぎゆく・・・。
  •   夏だなぁと。  今。  感じている。  けれど。  すぐに。  この瞬間が。  過去になる。  今。  この瞬間。  誰かが。  悲鳴をあげ。  歓喜している。  それが。  明日に  なれば。  過去になって  しまう。  それが。  過ぎゆく。  ということ  なのだろう。  けれど。  忘れては。  いけない。  過ぎゆく。  ことたちが  ある。  今。  誰かが。  悲しみ。  喜ん [続きを読む]