るぷりあ さん プロフィール

  •  
るぷりあさん: 写真と言葉
ハンドル名るぷりあ さん
ブログタイトル写真と言葉
ブログURLhttp://rupuria.blog.fc2.com/
サイト紹介文写真と、つたない言葉を綴ります。 風景は空、花、他のものなどです。
自由文空、花を主としています。
デジカメを使用しています。
言葉は、詩のようなものを書いています。
たまに、他の写真も載せます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供194回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2014/05/17 17:17

るぷりあ さんのブログ記事

  • 夏のメッセージ。
  •   毎日暑いですが。  ご機嫌はいかが  でしょうか。  ムリをしていない  でしょうか。  お仕事、大変  ではないですか?  さりげない。  気遣いの言葉が。  胸に染みる。  今はこちらに  いるけれど。  あなたの気遣い  に溢れる。    夏のメッセージ。  それは。  離れている  からこそ。  嬉しさが増す。  暑さが続き  ますが。  水分補給は  忘れずに。  日射病、  熱中症 [続きを読む]
  • 7月の田舎
  •    7月に。   実家に   少しだけ。   滞在して。   7月の。   田舎の風景に。   ほっとした。   田舎の風   と匂いは。   やっぱり   違う。   田畑や。   自然に。   心を癒やす。   田舎の。   風景は。   8月も。   きっと。   見ること   ができる。   7月の。   田舎。   その風景は。   来月とは。   また、違う   だろう。   その日 [続きを読む]
  • とある、夏の。
  •    今の。   夏の暑さ。   厳しくて。   夏を楽しむ。   余裕さえ。   ないけど。   とある夏の。   風景を。   今年だけの。   夏を。   見ていよう。   夏雲が。   今の季節を。   告げていて。   まだ暑くなる   だろうと。   目をほそめた。   とある夏。   たくさんの。   この季節   ならではの。   物語が。   まだまだ。   続いていく。励みにな [続きを読む]
  • 夏の、花、空。
  •   夏の花。  暑い日に。    葉と花が。  キラキラと。  輝いて。  生命を感じる。  夏の空。  暑さで。  ぼんやりと  しているけど。  真っ赤に  染まっていて。  夏だなぁと。  実感する。  夏の花。  最近は。  暑くて。  何も考え  られない。  時がある。  そんな時。  涼しい時に。  歩いてみる。  夏の花。  夏の空。  今の季節の。  物語を。  造っているの   [続きを読む]
  • 伝えるもの。
  •    いつかの日に。   強く、願った。   その想いは。   今になって。   空から。   伝わってきた。   弱くて。   震えていた日。   小さな花が。   強い優しさを。   伝えてくれた。  陽のなか。  歩く人影。  その先には。  あたたかな。  幸せが  待っているの  かもと。  想うことで。  違う気持ちを。  伝えてくれる。  真夏に。  咲く花に。  チカラが伝わる。  [続きを読む]
  • 身近に感じて。
  •   毎日、暑くて。  忙しく、動いて  いると。  ふと、視線に  映る風景が。  何処か。  別世界  に映った。  汗を拭い  ながら。  空をふと。  見あげると。  そのまま。    空の果て  まで。  飛んでみたい  と思う。  花や、空を。    いつも以上に。  遠くに、感じて  しまう時は。  しばらく。  その場で。  深呼吸してみる。  そして、もう一度。  同じ風景を見て  [続きを読む]
  • 夏の、夕暮れに。
  •   夏の、夕暮れ。  暑い、太陽が。  沈んでいく  風景を。  わずかに、  緩和され  はじめて  きた。  気温を、  肌に感じ  ながら。  眺める。  季節は、夏。  気温が高く。  花たちも、  人々も。  暑さが、  続いて。  日々に、  疲れて  いるかも  しれない。  夏の、夕暮れ。  最も暑い。    日中を。  避けて。  ぼんやりと  している。  夏空に。  まだまだ [続きを読む]
  • 過ぎゆく・・・。
  •   夏だなぁと。  今。  感じている。  けれど。  すぐに。  この瞬間が。  過去になる。  今。  この瞬間。  誰かが。  悲鳴をあげ。  歓喜している。  それが。  明日に  なれば。  過去になって  しまう。  それが。  過ぎゆく。  ということ  なのだろう。  けれど。  忘れては。  いけない。  過ぎゆく。  ことたちが  ある。  今。  誰かが。  悲しみ。  喜ん [続きを読む]
  • 一緒と、同じは・・・。
  •   一緒がよいと。  そんなこと。  もう。  思わないよ。  人はひとり  ずつ。  違うからね。   隣にいても。   遠いと。   感じる。   そんな時も。   あるよね。   一緒が   いいからと。   同じには   ならない。  雨曇りが。  続く日々。  同じと。  一緒は。  違うから。  距離を、  少しだけ。  感じたら。  その距離は。  大事なもの  なのかも。  一緒が [続きを読む]
  • 紫陽花と、猫と、空。
  •   今は。  紫陽花が。  見ごろ。  少しずつ。  暑さも  感じて。  夏になる。  気配もする。  ゆっくりと。  歩いて  いたら。  ノラ猫  ちゃんと。  目が合った。  あまり。  お目にかか  らないノラ  猫ちゃん。  思わず。   微笑んだ。  紫陽花と。  猫と。  空。  外で。  散歩した。  それだけで。  気分が。  変わった。  7月の。  はじまり。  また。   [続きを読む]
  • 今月を、少しでも。
  •    6月が。   もうすぐ   終って。   7月が。   もう。   はじまる。   今月は。   どんな。   日々だった   のか。   月末に。   少しだけ。   振り返る。   いつも。   気づいたら。   月日が。   過ぎてしまう   から。   少しでも。   振り返って   みて。   次の月日を。   過ごして   いければと。   思ってみる。   今月が。   終わる [続きを読む]
  • いい感じ・・・かな。
  •    今はね。   いい感じに。   視界が。   広がって   きている。   かもしれない。   色々な   視界という。   意味でね。   いい感じに。   今はね。   人の何かを。   発見できて   いるかも。   と、思って   きている。   以前は。   気づくことが。   できなかった   ことが。   なんとなく。   わかって   きたよ。    今はね。    いい感じ [続きを読む]
  • はじまりと、終りかけ。
  •    紫陽花が。   咲きはじめた。   もっと、濃く。   紫陽花が。   彩るだろう。   はじまりの   花は。   これからの   楽しみを。   与えてくれる。   夕陽の。   はじまり。   この色を   見ると。   ずっと陽が   沈むまで。   眺めていたく   なる。   時間が   経つのを。   ゆっくりと   感じられる。   終りかけの。   バラを。   咲きはじめ [続きを読む]
  • 人並み・・・とは。
  •    梅雨入り   になって。   雨が降って。   その後に   晴れてから。   見た、夕陽。   人並みに。   色々なことを。   感じながら。   生きてきた   つもりだけど。   人並み・・・とは。   なんだろうと。   思う時がある。   この季節を。   毎年、歩いて。   人並みに。   色々なことを。   想ってきた   けれど。   人並って。   どれくらいの   こと [続きを読む]
  • 向き合う時は・・・。
  •    少しの間。   違うことに。   いっても   いいかな。   また。   逃げずに。   向き合う   から。   まだ。   心の整理が。   できてない   から。   少しだけ。   離れても   いいかな。   時がくれば。   きっと。   還るから。  青空に、花。  違うところで。  留まってみる。  向き合って。  深呼吸する。  違う、花の  方角。  離れてみて。  還 [続きを読む]
  • 昔みたいに。
  •    同じことを。   同じ時間を。   過ごしている。     そんな気も   するけど。   同じ時間は。   二度は、ない。    昔に戻りたい    とか。    たまに思う    けれど。    それは、    同じ時を。    過ごして    いないから。    昔のように。    なんて。    思うことは。    悪いことでも。    良いことでも。    ない気がする。    昔 [続きを読む]
  • 欠けている。
  •   何かと。  もやもや  しがちだなぁ。  そう思った時は。  欠けている。  元気のチカラ  を貰うために。  黄色を見てみる。  難しく考え  すぎているなぁ。  と思った時は。  夕陽を眺め。  欠けている。  柔らかさを  感じてみる。   青空と雲は。   やっぱり   いいなぁと。   穏やかに   思った時は。   欠けていた   かもしれない。   小さな優しさ   を思い出す。 [続きを読む]
  • 不安定な・・・・。
  •    今の時代は。   不安定で。   この先に。   何が待っている   のだろうと。   思ってしまう。   知らない   未来が。   どこまでも   続きながら。   人は、生きて。   今を見ている。   今の世の中が。   どうなっていく   のだろうと。   不安定な世界   を見て。   感じてしまう。   この先を。   もっと生きて   いく。   子供たちは。   どうなって [続きを読む]
  • 日々の流れを。
  •   6月のある  晴れた日に。  ようやく、  夕陽を眺める  ことができて。  それだけで。  気分が違く  なっていく。  花を眺め。  夕陽を眺め。  のんびりと  した時間を。  久しぶりに  過ごす。  6月の青空。  久しぶりの。  晴れの日を。  思いっきり  感じられた。  去年まで  とは。  少し、違う。  今年の、日々。  今年の季節は。  色々なことが。  去年と違って   [続きを読む]
  • 色彩を、感じて。
  •    大好きな。   花の色。   ふんわり、   優しい匂い。   花の色と。   香りに。   やんわりと。   包まれて   いるように。   感じる。   大好きな。    空色たち。   空は、いつも。   ちっぽけな   悩みを。   聞いて   もらって。   すっきりと   した気分を。    くれたりする。   一輪の花。   その色と。   ひとつだけ   でも感じる。   強 [続きを読む]
  • 日常の、いろいろ。
  •    ここ、最近は。   こんな空見て   ないなぁと。   晴れている   のに。   夕陽が   なかなか眺め   られず。   ちょっと寂しい   と思う。   天気がよい   時に見る花。   夕陽を眺める。   時間がない   日には。   身近に咲く   花で。   少し元気   になった   と思う。   雨が止んだ   後の空は。   不思議な   空色で。   夕陽では   なく [続きを読む]
  • 待ってくれた、かも。
  •    散歩を毎回。   していると。   少しずつでも。   季節を感じる。   忙しい日々。   それでも。   休日に、時間   ができると。   外に出てみる。   天候が悪く。   気温差が   ある最近。   そのなかでも。   太陽は。      時折姿を   見せてくれる。   その時は。     待っていたよ、   と思ってみる。   そんな時期の   散歩。   あまりできなく  [続きを読む]
  • 春の、残りを。
  •   6月になり。  梅雨の季節が。   はじまるけれど。  春はまだ。  たくさん  残っている。  忘れない  うちに。  春の風景を。  探しながら。  見ている。  ぼんやり  する。  春の空を  感じる。  6月は。  はじまった  ばかりだから。  紫陽花が。  咲きはじ  めるまでは。  残る春を。  眺めて。  感じる。励みになるので、よかったら応援よろしくお願いします。にほんブロ [続きを読む]
  • 移りを、楽しむ。
  •   もう、5月が  終わる。  6月になって。  散歩の風景  たちも。  変わっていく  だろう。    つい最近  までは。  春の風景  だったけど。  今度から。  梅雨の風景  となるのだろう。   梅雨の風景   たちから。   その次は。   夏の風景   になるだろう。   移を。   そうして。   楽しんで   いくのだろう。   楽しんだ   風景は。   次の季節   へと [続きを読む]
  • 誰でも、よくない。
  •    誰でもいい。   なんてこと。   耳にしたり   するけれど。   それなら。   誰がいいの?   と言いたくなる。   誰でもいい。   そんなわけ   ない。   誰かが   誰かを。   必要として   いるから。   世の中が   あるのでは。  たったひとり。  誰でもよくない。  誰かが  いるから。  人は必要なの  だと。  思ってみたり  する。励みになるので、よかった [続きを読む]