Chiara さん プロフィール

  •  
Chiaraさん: ハーブな贈りもの
ハンドル名Chiara さん
ブログタイトルハーブな贈りもの
ブログURLhttp://chiara-herb.jugem.jp/
サイト紹介文フラワーレメディ、アロマ、ハーブの癒しで、薬剤師セラピストが穏やかなライフスタイルを提案します。
自由文代替医療として注目されるセラピーの中から、植物由来のレメディをお伝えします。エッセンスやハーブを上手に生活に取り入れて、こころとからだのバランスを整え健やかな毎日を過ごす手助けとなりますよう。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/05/17 21:20

Chiara さんのブログ記事

  • 八朔(はっさく)1〜広島尾道の贈りもの、紅八朔のお話
  • 八朔(はっさく)を頂きました。 品種は、紅八朔(べにはっさく)。広島からの贈りものです。 東京ではなかなかお目にかかりません。関西出身の私にとってあまりに美味しく嬉しかったので、八朔(はっさく)について調べてみました。 八朔(はっさく)は西日本で生産され、農水省の《特産果樹生産動態等調査》によると、和歌山、広島、愛媛の順に生産高が並んでいます。 原木は、江戸時代に広島県 [続きを読む]
  • 菜の花畑1〜黄色い絨毯 
  • 黄色い絨毯にミツバチが集まる季節。ご無沙汰しています。久しぶりの『ハーブな贈りもの』は、菜の花畑から。 近隣の都立公園で、菜の花が満開。ミツバチがたくさん集まって、夢中で蜜を取っています。 暖かい春の日差しが眩しく、黄色い花がさらに輝いて見えました。 その昔、北ヨーロッパや西アジアで、大麦畑の一面に広がる雑草だった菜の花〜アブラナ。自然交配でたくさん [続きを読む]
  • 梅雨を彩るアジサイの花、花、花〜紫陽花〜
  • 日本の春を代表する花が、桜なら、梅雨を彩る花は、何と言ってもアジサイ〜紫陽花でしょう。@武蔵野,Tokyo紫陽花の原種は、日本原産のガクアジサイ。花が縁(ふち)どる『額咲き(がくさき)』と呼ばれます。@小平,Tokyoおなじみのこんもりまるいアジサイは、手毬咲き〜手まり咲き〜。ホンアジサイ とも呼ばれます。@小金井公園、Tokyo他にも品種改良されたいろいろな種類が見られます。@小金井,Tokyoアジサイの花は、実は、萼 [続きを読む]
  • 愛らしく清らかなブルー〜チコリの花満開1
  • 愛らしさ満開の花 チコリみなさん,ご存知ですか?あの、野菜のチコリの花です。新芽が出たら覆い(おおい)をしたり、水耕栽培で作る、白くて柔らかい食用の野菜、チコリ。本当は、陽の下で、ありのままに育ててあげると、野菜の姿からは想像がつかない、背丈は約1メートル、青々として、ギザギザの葉を茂らせ、ブルーの可愛い花を咲かせます。このブルー、清らかな聖母マリアのまとう、ブルーの衣の色とも言われるそうです。昨 [続きを読む]
  • ハーブの安全性〜植物を知ること
  • ハーブの安全性は、 植物を取り入れるときに一番に大切にしなければなりません。 植物は、安全からだにやさしい効き目が穏やか と言われることが多いのですが、 本当は、 安全で、身体に優しく、  効き目が穏やかな植物 を選んで適量を取り入れることが大切なのです。 植物すべてが、安全なわけではありません。むしろ、そのまま食べると、毒性がある植物は多い と知っていて欲しいと思います。& [続きを読む]
  • 梅酢がポイント〜桜の塩漬け作りのお話2
  • さて、塩をして、一晩寝かせた桜の花は、こんな風になりました。8)水気はリードペーパーで丁寧に拭き取ります。9)梅酢に浸します。    これは、毎年母が漬けて送ってくれる梅干しの梅酢。  しその濃い赤が、桜の色を引き立てます。10)サランラップで包みます。11)おもりを置いて、冷蔵庫で一週間寝かせます。13)梅酢に漬かった桜の花を丁寧に広げ、  天日で3日間、干します。  14)出来上がり。  ビンに詰め [続きを読む]
  • 暑い日の桜のゼリー〜桜の塩漬け作りのお話1
  • 五月晴れ。初夏を思わせる日のレッスンのデザートに手作りの桜の塩漬けを添えたこんな桜のゼリーを作りました。即座に、作り方を教えて。。というリクエスト。てっきりゼリーの作り方だと思ったら桜の塩漬けの作り方を。。ということでした。というわけで、もう、桜の季節はおわってしまいましたが、4月に作った桜の塩漬けの記録を、ご紹介します。爽やかな香りと塩分が、暑い季節の、一服の清涼剤になるといいな。。。1)手摘みし [続きを読む]
  • 松(パイン)の花咲く季節〜自分を肯定するフラワーレメディ
  • 日本では昔から、神聖な、神の宿る木といわれる松(a Pine Tree/パイン)。多くの植物が春に花を咲かせるように、松の木も、春が花の季節です。『花』というと、愛らしい花びらが風に揺れるイメージですが、松などの植物たちは、ちょっと違います。新しい枝の根元にできた白い房が雄花。(おばな)写真のちょうど 真ん中、丸くできた小さな赤い球花(きゅうか/丸い花)が雌花。(めばな)松ぼっくりの姿を連想させますね。松の花粉 [続きを読む]
  • クスノキ〜生命力あふれる芳香の木
  • 緑豊かな山陰地方を訪れ、出会ったクスノキ。楠、樟 (Cinnamomum canphora)クスノキ科ニッケイ属一年を通して青々とした葉を讃えるクスノキは、常緑の高木で、成長が早く、大樹となります。4月の終わりから5月にかけて古い葉が落ち、同時に輝くばかりの新緑の葉を讃えます。やがて、特徴のある小さな白い花が咲き始めるでしょう。主成分は、樟脳(ショウノウ)。着物をはじめ、衣類の防虫剤の成分として有名ですね。樟脳の別名は [続きを読む]
  • タイムの季節〜香りさわやかなキッチンハーブ
  • 庭に咲き始めたタイム紫色の小さな花をつけています。品種が多く、世界を見渡せば、300種は下らないとされています。我が家には、2種。花を咲かせ始めたコモンタイム(タチジャコウソウ)の葉は、若々しい緑色、シトラスの香り、レモンタイムの葉は、明るい緑に黄色の縁取りがあります。小さな葉は密集し、日を浴びて、こんもりと茂って行きます。6月まで、可愛い花を楽しませてくれることでしょう。タイムは、多年性の植物。草の [続きを読む]
  • クラブアップル(姫リンゴ)満開〜育てる楽しさ
  • 3回目の春を迎えるクラブアップル(姫りんご)。3年前の春に購入した、小さなクラブアップルの苗木、植木鉢で育てて、初めて花を咲かせたのは、2年前の5月のことでした。細々とした幹に、花がついて、嬉しかったな〜。(こちらの記事)クラブアップル1~姫りんご残念ながら、この年は、実がよく育ちませんでした。すくすくと背が伸び、昨年の春は、花が増え、秋に、姫リンゴの収穫が69個もあって、感激しました。小さな姫リンゴの皮 [続きを読む]