シュワリン さん プロフィール

  •  
シュワリンさん: 手話のイラスト by シュワリン
ハンドル名シュワリン さん
ブログタイトル手話のイラスト by シュワリン
ブログURLhttp://yaplog.jp/sign_language/
サイト紹介文手話単語をイラストで紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2014/05/18 11:11

シュワリン さんのブログ記事

  • 手話のイラスト 会う meet
  • みなさん、こんにちは!誰でもいいから一人だけ会わせてくれるとしたら、誰と会いたいですか?私は芸能人やスポーツ選手もいいけど、歴史上の人物とか、スクリーンのヒーロー・ヒロインなんかにも会ってみたいです。というわけで、今日、紹介する手話は『会う』です。『合う』は別の手話があります。会うmeet両手の人差し指を立てて前後から(左右でも良いそうです)近づけます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 結婚 marriage
  • みなさん、こんにちは!6月も、あと1週間です。6月といえば、ジューンブライド!ご結婚された方、これからする方、おめでとうございますというわけで、今日紹介する手話は『結婚』です。結婚marriage片手の親指を立てて、もう片方の手の小指を立てます。左右から立てた親指と小指を近づけます。 [続きを読む]
  • Eテレ 働く聴覚障害者座談会を見て 『会議』と『飲み会』
  • みなさん、こんにちは!Eテレで放送された働く聴覚障害者座談会を見ました。色々な話題が出ましたが…『会議』と『飲み会』、人がたくさん集まる場所での悩みは多いようです。議論はわかるけど参加できない。意見を出した時には話題が終わっている。話が盛りあがっている最中に、聞き取れないことがあっても中断するのが悪くて言い出せない。飲み会、最初のうちは筆談をしてくれるけど、お酒が入るとみんな忘れてしまい、とても孤 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 友達 Friend
  • みなさん、こんにちは!一人一秒づつ出会っても世界中の人と会うには100年以上かかるそうです。その中で、友達になれるって、それ自体が奇跡ですね(スピードワゴン小沢さんの名言を参考にしています)というわけで、今日、紹介する手話は『友達』です。手話を通じて友達が増えるといいなーと思います友達Friend胸前のあたりで両手を強く握り合わせます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 父の日 Father's Day
  • みなさん、こんにちは!明日は父の日ですね!私のまわりのお父さん方の話を聞くと、(子供が)小さい頃はプレゼントもらったけど、今は全然だよ。というぼやきが多かったです。というわけで今日、紹介する手話は『父の日』です。『お父さん』という手話と『日』の手話は以前紹介していますので復習もかねて覚えてくださいね ↓父の日Father's Day人差し指を頬に当ててから、親指を立てます。この時、親指は自分の目より上にあげま [続きを読む]
  • NHK(Eテレ)で聴覚障害者座談会 6月13日 火曜日放送
  • 明日、13日(火)EテレのハートネットTVは、『働く聴覚障害者限定! 静かで熱い座談会』が放送されます。以下 引用働く「聴覚障害者」だけが集まって座談会を開催。 医療現場・飲食店・IT業界など様々な分野で働く20代・30代の6人が参加しました。企画したのは聴覚障害のあるNHKディレクター・長嶋愛。これまで聞こえる人と共にどう働くかに悩み、同じ立場の当事者からヒントを得たいと、この座談会を開きました。「会議につ [続きを読む]
  • 手話のイラスト はじめて First
  • みなさん、こんにちは!みなさんが初めて覚えた手話は何ですか?私は、『おはよう』だった気がします。朝いちばんのコミュニケーションが無いとなんだかモヤモヤしますよねというわけで、今日紹介する手話は『はじめて』です。はじめてFirst水平にした左手の甲に右手の指先をかぶせるように乗せます。そこから、人差し指を立てて、他の指をすぼめながら右手をあげます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 白 White
  • みなさん、こんにちは!今日、紹介する手話は『白』です。この手話は白い歯のイメージから来ていますよ。良い子のみんなは歯をみがいたかな?たべたら みがく やくそくげんまん白White右手の人差し指で歯を指して、左にスライドさせます。歯が見えるように少し口を開きましょう。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 遊ぶ Play
  • みなさん、こんにちは!今日紹介する手話は『遊ぶ』です。『遊ぶ』の手話は『会社』の手話と似ています。少しの違いで意味がまったく変わってしまうので注意してくださいね遊ぶPlay両手の人差し指を立てて、顔の横で交互に前後させます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 緑 Green
  • みなさん、こんにちは!今日は神奈川県川崎市にある、『SOLSO FARM』に行ってきました〜。ここは、植物・ランドスケープデザイン・施工のプロフェッショナル集団『SOLSO』の週末限定ショップです。植物を使った空間デザインを手掛けているだけあって、どこを向いてもお洒落、お洒落、お洒落。お買い物はもちろん、軽食スペースもあるので緑に囲まれながらゆったり過ごせます。ハンモックに揺られてたチビッ子もいました♪ただ、周 [続きを読む]
  • ツイッターはじめました
  • みなさん、こんにちは!手話のイラスト by シュワリン のツイッターをはじめました!!ブログと連動しているので、更新するとツイッターにもお知らせが行くようになっています。と言いながら、いまいち使い方がわかっていませんが…笑ブログと合わせて、よろしくお願いします。こちらから↓シュワリンツイッター [続きを読む]
  • 手話のイラスト 高い High
  • みなさん、こんにちは!スカイツリーは、高尾山(東京)の標高よりも高いんですよ今日、紹介する手話は『高い』です。これは物理的な高さを表す手話です。金額が高いはこちらの手話を使いましょう。『金額が高い』高いHigh4本の指をコの字に曲げて、肩口から上にあげます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 帰る go home
  • みなさん、こんにちは!5月病には、なっていませんか?とにかく、もう学校や家には帰りたくない…大人になっても、そんな時はありますよね。今日、紹介する手話は『帰る』です。帰るgo home開いた手を、斜め下へ降ろしながら指をすぼめていきます。 [続きを読む]
  • 手話のイラスト なぜ Why?
  • みなさん、こんにちは!この手話はなぜ、この形なの?って疑問に思うことありますよね。例えば、黄色の手話はニワトリのトサカを表しているからだそうです…Why?? Japanese sign language!!トサカは赤だし、ニワトリは白だろーー!!(厚切りジェイソン風)ちなみにニワトリの子供ひよこは黄色だからといった理由だそうです。今日、紹介する手話は『なぜ?』です。『どうして』という意味でも使われます。なぜ?Why?左手を水平に置 [続きを読む]
  • 手話のイラスト 教える Teach
  • 皆さん、こんにちは!今日、紹介する手話は『教える』です。覚えた手話はぜひ、お友達にも教えてあげてくださいねついでにこのブログの事も教えて頂けると嬉しいです教えるTeach人差し指を横に立て、こめかみの高さの位置から指先を相手へ向けて振り下ろすようにして軽く2回振ります。自分のほうへ振り下ろすと教わるになります。 [続きを読む]
  • 『手話の世界へ』オリバー・サックス著 感想3
  • 『手話の世界へ』感想続き最後の章では、アメリカの聾学校ギャローデッド大学における、ろう者の学生運動を取り上げ、ろう者のアイデンティティについて書かれています。ギャローデッド大学は、聾学校だったものの、設立から6代目の学長までろう者の学長はいませんでした。6代目の学長が辞任する際に学生たちは、次の学長はろう者からという期待にあふれていました。候補者にろう者はいたものの結局、学長は聴者が選ばれ、選出し [続きを読む]
  • 『手話の世界へ』オリバー・サックス著 感想2 手話は言語か?
  • 『手話の世界へ』次章では手話が言語なのかを科学的な調査結果とともに説明しています。というのも文化的には手話は言語であるという意見と、身振り手振り(ジェスチャー)の延長でしか無く言語と呼べるものでは無いという論争が長い間行われていて、日本でも手話が言語であると法律で定められたのは2011年の障害者基本法が改正されるまではありませんでした。では科学的にはどうなのか?言語は脳の左側で処理され、右側では視覚的 [続きを読む]
  • 『手話の世界へ』オリバー・サックス著 感想1
  • オリバー・サックス著『手話の世界へ』という本を読みました。(長いので3つに分けます)オリバー・サックスは映画『レナードの朝』の原作者で知られる神経学者で、その経験を活かしたノンフィクション作品がいくつもベストセラーになっています。『手話の世界へ』は、ろう者の歴史をはじめ、科学的に見て『手話』が言語であるかなど様々な視点から手話について語られています。私が以前に読んだ『みんなが手話で話した島』や『グ [続きを読む]
  • グラハム・ベル 聴覚障害者のために 2
  • グラハム・ベル 聴覚障害者のために 1 の続きそんな電話の発明家として富も名声も得たベルでしたが、職業を聞かれると、「聴覚障害者の教師」と答えていたそうです。ベルは聴覚障害の一番の問題は障害者が社会から孤立していることだと考えていました。ベルは聴覚障害者がコミュニケーションをとるために読唇術と発声法を学ぶことをすすめ、手話には否定的でした。それは、手話を聴者が覚えない以上、仲間うちでしか使えない方 [続きを読む]
  • グラハム・ベル 聴覚障害者のために 1
  • みなさん、こんにちは!今日は、電話を発明したことで知られる偉人、グラハム・ベルを紹介します。(長いので2回にわけます)内容は、『グラハムベル 声をつなぐ世界を結ぶ』(大月書店)から引用しています。ベルは電話を発明したことから科学者としてのイメージが強いですが、両親の影響から聴覚障害児のための学校で補助教員としても働いていました。ベルの父親、メルヴィルは大学の教授として演説や発声法を教えていました。 [続きを読む]