椿 さん プロフィール

  •  
椿さん: そういう病気を支えた日々
ハンドル名椿 さん
ブログタイトルそういう病気を支えた日々
ブログURLhttp://kibougamienai.blog.shinobi.jp/
サイト紹介文自称多重人格にとかかわった日々、そこから抜け出すまでの壮絶な出来事の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2014/05/18 19:55

椿 さんのブログ記事

  • ひたすら耳を傾けて積極的傾聴をさはてみる。
  • どれだけ社会のシステムや、自分の気の持ちようと促しても環境のせいにしたり、そんな障害のせいにして進んでいけない方達。そんな生き方はしんどく行きづらいと思います。精神医学と臨床心理士、コーチングを習ってプロではないですがプロに近い目線でお話を遮らずに、コーチングをしていきたいと感じ募集します。私にコーチングされても良いとおっしゃってくださる方、メール下さい。tubaki_toiawase@yahoo.co.jpです、追っ [続きを読む]
  • 頑張らない、という言葉。
  • この言葉は、支える側が念頭に置き振り返ってほしい。精神疾患をもつ方との情に引っ張られないようにするには意識が必要です。奉仕精神が過剰になっていることに自分じゃ気づけない。相手に合わせて合わせてバーンアウトする…。案外支えている側に多いのです。ダメになる1職業的にも、介護や看護職に多い。親身になりすぎると自分がなんとかしなきゃと背負えないはずのものを背負おうとし、相手のすべてを受容しようと [続きを読む]
  • ちょっと見なくなった間に。。。
  • また振り出しに戻ったような典型さんがランキング上位にいらしてますね。ランキングが上位だからって現実世界、何一つ変わりませんしねえ。5歳が主人格…5歳が…5歳5歳で解離性同一性人格障害を把握しりかいでてる・・・だと。コナン君の見すぎだ。あとは悲惨な数々の過去をどの人格にどう分配されてて、基本人格もわかってって、人格をまとめる役の方がいらっしゃる…と。それDIDちゃう。。ただの過去 [続きを読む]
  • 支える側の疲れ。二次鬱病
  • うつ病やDIDだけじゃなく、様々な精神病がある中、身近な肉親でも恋人でも友人でも「理解しようと」頑張れば頑張るほど、その方自身が疲れ切って鬱状態になってしまうことは多い。それだけは、共倒れだけは絶対に避けたい現実で、誰もが幸せになれず、負のスパイラルだ。かといっても、そういった一生懸命支えようと必死の方は、「大事な方の背負っている闇」を一緒に背負ってしまう。人間強くありません。他人の痛みを背負え [続きを読む]
  • ありがとうございます。
  • 自己満足な文章で自己満足に意見を押し付けて、全て自己満足で期待も何もしてないこのサイト。それが貴方のお話しを聞けて、貴方の決断を聞けて、私が救われた気になれました。サイトをやってて良かったと心から救われた気がしました。こちらこそありがとうございます。貴方様の人生が少しでも幸せであるよう願います。穏やかな時間を。 [続きを読む]
  • サバイバー
  • 去年くらいにはよく見かけましたが、今もあるのかな?「虐待のサバイバー」という言い回し。これは昔の「そういう病気」さんには無かった発想ですね。ナウな流行です。AC(アダルトチルドレン)の代わりに流行ってきたような傾向が見れます。サバイバー。これは精神医療用語としてあります。ただ、幾分前の記事にもしましたがナウなそういう病気さんが使う、ニュアンス=定義とまったく違います。戦争でたまたま生き残った兵士が [続きを読む]
  • 意識無意識への拍手コメント返信
  • 大変遅くなった返信となりましたご容赦ください。H様のおっしゃるとおり本来「無意識の抑圧」が解離性障害です。幼少期のころの断続的な負荷や、突然の己への惨劇を無意識に心が受けとめられず、無かったことにする=忘れることで、自己防衛します。生きていく上で耐え切れない出来事の記憶なので抑圧が起きます。「そういう病気」さんは意識的な抑制=自分で忘れたいor忘れたふりをします。これを抑制と読んでいいのかも疑問 [続きを読む]
  • 解離が必ず多重人格ではない。
  • タイトルは簡易に書きましたが、解離性障害の内の同一性障害が、いわゆる多重人格というやつです。解離って言うのは用語としてよく使います。感情と行動が解離するなど、他人と自分の認識が解離していた、など、かけ離れることを解離と呼びます。だから「解離」って単語が医学用語で精神疾患独特の用語ではではありません。解離性障害も=多重人格・同一性障害(DID)ではなく、解離性健忘もあります。健忘は簡単に言えば忘れる [続きを読む]
  • 支配力
  •  両親は子供にある程度支配力がある。生まれたばかりの子供・まだまだ手のかかる幼児は親の世話なしには生きていけない。だから子供が成長しても、その過去の自分が世話しないと何にもできないといつまでも思い込み、子供はいつまでも自分の支配化にあるという考えになる。もうひとつ、両親の育った環境の世代は親が絶対だったのだろう。子供の人権は今より確立されていない。ゆえにその子供が子育て世代になったとき自分の両 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます。
  • おそばせながら、あけましておめでとうございます。始まりましたね2016年。心機一転、今年を楽しんで過ごせたらいいですね。拍手コメントなんですけど、いくら記事にピンポイントで誰かに何かを求めてない、と書かせていただいてるのにも関わらず、自己を押し付けたよくわからないアドバイスをしたくて仕方ない方の対応が面倒になったので、拍手コメント自体を無くしました。私の記事に思うことがあるなら自サイトにいくら [続きを読む]
  • 変化する心情と本音
  • 最近このサイトに書く内容に以前より無駄にパワーを使っている。これは私が「そういう病気」さんに対しての心の有り様が変化してきており、本心から「情」がなくなってきているのが原因だと思っているあまりマイナスな言葉を使いたくはないのだが、変に気を使う「いいこちゃん」の文章が億劫になってきている。学年が上がるにつれて、今取り組んでいる専門に必死になってきて、「メンヘラ」さんや「そういう病気」さんに向けた [続きを読む]
  • 生きていると迷惑?※追加あり
  • 朝ものすごく寒いわりに、昼間になると良い陽気だったりしますね。寒がりにはうれしい限りです。そうそうtwitterなんですが、そろそろ「そういう病気」要素でtwitterするの辞めます。もう気持ちが落ち着いてきて「そういう病気」に触れるのはこのサイトだけにします。別に私の呟きが見たいという奇特な方は今までどおり拝見くださっても大丈夫です。本当に結構、そういう病気にかかわった事での心の闇が落ち着いてきました。さ [続きを読む]
  • 目が点
  • 皆様に寒くなったので体調にお気をつけ下さい、と言いながら、インフルエンザA型に見事感染してました。辛かったです。皆様くれぐれも、ご注意下さい。噂には聞いたことがあったんですが、twitterで凄いのを見てしまい目が点になりました。以下引用です。『解離性同一性障害で、数年間入院します。助けてくださる、スポンサー様、病院代がありません。募金は楽天銀行ドラム支店213口座番号 普通 4259089 名義オカバヤシ ジュン [続きを読む]
  • 読者様への注意喚起
  • めっきり寒くなりました。北海道は62年ぶりのこの時期の積雪量みたいですね。インフルエンザも猛威を振るってくるころです、皆様暖かくしご自愛くださいね。寒い冬は熱い湯船にざばっと浸りたいところですが、冬の冷えた温度と、熱い湯の急激な気温差で心臓に負担がかかり、風呂場で倒れる事例がよく発症されています。お気をつけください。さて、今回は読者様にご注意していただきい事がございます。私自身もこんなことある [続きを読む]
  • 拍手コメントの返信
  • 申し訳ございません。時間がとれず、更新が怠っていました。まあ、ネットなんて時間があるときにするものと認識していますので、そのあたりはご容赦ください。M様M様が一歩間違えばそういう病気になっていたのを、思いとどまらせ地に足をつけて、自分の行動をまちがってなかったと確信を持てたのは、私の記事の影響もあったかもしれませんが、M様自身の力です。どうか、そのことを自身を持って誇ってください。ハンデを持って [続きを読む]
  • 拍手コメントの返信
  • 名前の記入がない方へ私が彼女の面倒をみなければいけない義務もなければ、彼女の虚言に付き合い受け止め続ける理由もありません。そういう病気さんを甘やかし受容し続けるマゾでもないんで、逃げ出してもアマちゃんにはならないと思いますよ?私が彼女を更正させれるまで財力や精神力を費やさなきゃいけないんでしょうか?他人の粗探ししてるのはあなたですよ。自分のことを人に転換させないでください。めんどうなんで拍手コ [続きを読む]
  • そういう病気さんを生み出した周囲の環境
  • 最後になった意識、無意識シリーズ。もう辞めとこうかと思ったタイトルだったんですが、書くと言った手前頑張って書こうかと。ごめんなさい、無理でした。と謝罪して終わろうかともした稚拙にしか纏まらず苦労しました。と、言うのも家庭環境なんて人の数だけ存在し一概に提示出来ない繊細さを秘めているので、あくまで統計的に書くので、内容を見て「そんなことない!」て感じて貰って当然ですので、それを前提でお読み下さい [続きを読む]
  • 意図。
  • 最後の意識・無意識シリーズを後回しにします。(環境・親御さん視点の意識無意識は記事にするのが難しく、中々構成が纏まりません)私がこのブログを書く意図というのは、体験記を振り返る・文章を書く楽しさ・文章を構成する練習・自己満足と書いたことがあったが実は他にもある。今までかこの意図を書いたところで伝わることはないだろうし、それこそ究極の自己満足の賜物でしかないと感じていたので書かなかったが、結構そう [続きを読む]
  • 「そういう病気」さんの意識と無意識
  • 前回の記事へのコメントを頂き、回答が長文になり、かつ、もともとこの話題は3回に分けて書こうと思っていた内容なので「記事にて返信」とさせて頂くとさせてもらおうとします。1.私が回復していく過程での意識・無意識2.彼女たち「そういう病気」さん視点の意識・無意識←今ここ3.彼女たちを生み出した環境や親御さんの意識・無意識この話題を書くときに最初にこの3回に焦点を分けて書きます、と記しておくべきで [続きを読む]
  • 意識は無意識になる。
  • 最近ハロウィンは猛烈に人権を得てきて、結構若者の間では1大イベント的になってますよね。まあ、仮装=コスプレは受けがいいイベントで、恋人じゃなくて趣味の合う気楽な仲間内で悪ふざけできるイベントだから現代にフィットしたんでしょうね。このハロウィンでネット仲間と合って趣味に興じるなんて方も多くいらっしゃるのかと。いわゆるハロウィンオフ会ですね。楽しくやれればすべて良し。なんですが、こういうのって後日 [続きを読む]
  • 【死】
  • 小学校からの同期の友人。いわゆる地元の友人のお父様が1週間前に亡くなられたと人伝に伺いました。密葬で、親族のみの通夜・葬儀で済ましたらしいです。その地元の同じ年の友人は、家庭を持つ子をもつ母であり、お父様から見たら孫の顔が見れて幸せだったのかもしれませんし、孫の成長をもっと見たかったのかのかもしれない。満足した死を迎えたのか、未練が残った死を迎えたのか、「死人にくちなし」もう、生きてる人間の創 [続きを読む]
  • 拍手コメントへの返信
  • HAHAHA様二度に分けてなの拍手コメントありかとうございます。まず、私の 文章からあなた様が感じたことは私がとやかく言う義理はないので、貴方様のがそう思われたら、貴方の正解なんでしょう。おっしゃる通り、医師の指示を模範的に守り、通院し、生活の向上を目指している方を「メンヘラ」医師の指示に反発し模範にそわず、治そうとしない向上しない方を「そういう病気」と区別してます。これはどの文章を読んで頂いておっ [続きを読む]
  • 拍手コメントへの返信
  • まず、顔文字だけの拍手コメントを下さった方。意味がわかりません。伝わるようにコメント下さい。その顔文字だけのコメントいりません。M様もしくはH様そうですね・・・。生まれてきたくて生まれたわけじゃない生命にとっては、「生まれた世界」に適応していく術を学んでいくしかないですから、嫌でも好きでも、こればっかりは仕方ないと諦めるしかないのかもしれません。ですが、マイナスな諦め方でなく、腹をくくって「どうせ [続きを読む]
  • メンヘラさんとそういう病気さん
  • 私はこの二つを私の中で区別している。病名はどうでもいとして「治そう」「日常生活を向上していこう」通院やカウンセリングに通っている方=自分で強く治したいと奮起してらっしゃる方。これを「メンヘラ」さんと定義してます。一方、通院やカウンセリングを受けていても、愚痴不幸語りばかり。治そうとするどころか医療者の指導にも「ヤブ医者だ、わかっちゃいない」と自分が治したいわけじゃなく、可哀想だね不幸だね報われ [続きを読む]