つくぶすま68 さん プロフィール

  •  
つくぶすま68さん: つくぶすま68の備忘ログ
ハンドル名つくぶすま68 さん
ブログタイトルつくぶすま68の備忘ログ
ブログURLhttp://tsukubusuma68.blog.fc2.com/
サイト紹介文関西在住の中年工場労働者が「おもろい」本を求めてさすらうブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供141回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2014/05/19 14:29

つくぶすま68 さんのブログ記事

  • 人じゃない人もいた
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。会場では色んな人たちを見かけた。何かよくわからんアイドルらしき女の子たち。コンパニオンに群がるカメラマン達。そのカメラマン達の後ろから両手を精一杯挙げてカメラ画像が見えないまま撮った小さく写ったコンパニオン。ウルトラマン・・・は人形だった。観光PRの [続きを読む]
  • エンジンが無い!
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。BMWのブースを出た後は興の趣くままにオートバイを見ていく。ロシアのメーカー、ウラルのサイドカー。2輪駆動である。普通自動車免許を持っていたら乗れる。イタリアのSWM。そしてホンダのグロム・・・と思いきや、よく見るとガソリンタンクの下にエンジンが無い [続きを読む]
  • 俺でも乗れる、俺でも買える
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。国内4メーカーのブースを巡った後、BMWのブースへ。G310R。エンジンは水平(ボクサー)2気筒ではなく、単気筒。普通自動二輪免許(〜400cc)で乗れるオートバイである。車両重量は158,5?。跨がってみたが非常に乗りやすそうなオートバイである。次 [続きを読む]
  • 音叉とフライングK
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。1210時頃、ニューモデル体感試乗会会場を後にし、会場内へ戻った。まずヤマハブースへ。かつてのヤマハレーシングを彷彿させる白地に赤のストライプ。これを身にまとうだけでオートバイの印象がガラリと変わる。めっちゃ格好良く見えるんだよなあ。SR400。タン [続きを読む]
  • 足を着ける人がうらやましい
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。昼食を終えた後、ニューモデル体感試乗会会場へ行った。ここでは6メーカー(ホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキ、BMW、ハーレーダビッドソン)の新車が試乗できる。しかし待ち時間が毎年長い。今年も申し込んで2時間待ちはザラであった。毎年これを目当てに来る方は [続きを読む]
  • 速いぞ、くまモン
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。1115時過ぎ、昼食をとるために一旦会場の外に出た。弁当を買って食べようと思いコンビニへ歩いていたら、くまモンと遭遇。1130時から観光PRを行なうので会場内ステージへ向っている途中だった。モーターサイクルショーらしく赤いヘルメットをかぶっている。急 [続きを読む]
  • 攻殻機動隊仕様
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。ホンダの他のオートバイを見ていく。CBR250RR。水冷直列2気筒のエンジンである。現行のCBR250R(単気筒)よりはかなり顔のデザインが良くなっている。参考出品のレベル250。多分近々発売されるだろうクルーザーモデルのカスタムヴァージョン。そして [続きを読む]
  • 短足にはやっぱり無理
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。スズキのブースを出た後はホンダのブースへと向った。ホンダはメーカーのブースと販売店系列のホンダドリームのブースが出展。まずはホンダドリームのブースへ。ここには足着きを確認したかったCRF250RALLYが跨がれるように展示されていた。それも普通に駐車 [続きを読む]
  • スズキの続き
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。スズキのブースの話である。V−STROM250以外のモデルも見ていく。まずはGSX250R。4月発売予定らしい。そしてジクサー。150ccのネイキッドモデル。跨がってみたが、足着きも良く、乗りやすそうである。ただデザインが自分の好みではない。過去のモ [続きを読む]
  • 並列なのにV
  • 前回の続き。インテックス大阪1、2号館で開催された「第33回大阪モーターサイクルショー2017」(2017年3月18日〜20日)へ行ってきた話である。1020時過ぎに会場内へ入る。まず向った先は足着きを確認したかったCRF250RALLYがあるホンダのブース、ではなくスズキのブースである。CRF250RALLYより見たいオートバイがあったからである。ブースに着くとステージでスズキのえらい人(だと思 [続きを読む]
  • さんふらわあに乗って九州へ行きたいなあ
  • 前回の続き。0930時過ぎ、大阪・ニュートラム南港ポートタウン線中ふ頭駅に着いた。インテックス大阪へ歩いて行く。途中、高架の下から南港に停泊しているフェリーの「さんふらわあ」が垣間見えた。また、あの船に乗って九州へ行き、オートバイでツーリングしたいなあ。2010年のゴールデンウィーク以来九州へは行っていない。やまなみハイウェイ、由布岳、阿蘇山、JR肥薩線の駅舎巡り、都井岬の野生馬・・・再訪してみた [続きを読む]
  • これはBライフではなく、特Aライフだろう
  • 電車内ではいつものように本を読んでいた。読んでいたのは高村友也 自作の小屋で暮らそう ちくま文庫 2017年である。2011年に刊行された単行本「Bライフ 10万円で家を建てて生活する」(秀和システム)が改題、文庫化された本である。自分はこの単行本の方も読んで持っているのだが、もう1度読み直したいために最近文庫を買った次第である。内容は著者が送る「Bライフ」について、その始まりから日々の暮らしの体 [続きを読む]
  • 果たして足は着くのだろうか
  • 前回の続き。京都・四条河原町近くの新古書店を出て河原町通りを北上、丸善京都本店へ。ここで購入したのは1冊だけ。アウトライダー2017年4月号 バイクブロス隔月刊のオートバイツーリング雑誌である。毎号この雑誌を買っているのだが、楽しみの1つは連載記事「田舎暮らし、ときどき野宿」である。野宿ライダー、寺崎勉が各地の林道を走り野宿する旅を書いている。今号では房総半島の林道をレストアしたホンダCT110( [続きを読む]
  • 「嫌なことで死なない」という一文に共感
  • 前回の続き。2月末に京都・新京極へ映画「ザ・スライドショーがやって来る!『レジェンド仲良し』の秘密」を観に行った時の話である。1030時頃に上映終了。映画館を出た後は河原町通りへ向かった。四条河原町近くの大型新古書店へ寄ろうと思ったが1100時の開店には少し間がある。ちょっと早いが昼食。牛丼屋でたっぷりネギたま牛丼並盛(味噌汁付き)400円を食べる。食後、新古書店へ。購入したのは以下の3冊。①田邊 [続きを読む]
  • ひらがな3人組
  • 前回の続き。2月末に京都・新京極へ映画を観に行った話である。エスカレーターで6階のシアターへ行き、まずトイレへ。出てくると入場が始まっていた。観客は20人前後か。0845時に上映が始まった。観に行っ映画は「ザ・スライドショーがやって来る!『レジェンド仲良し』の秘密」である。「ザ・スライドショー」とはみうらじゅんが撮りためた膨大な数の写真から選りすぐりのバカネタをスライドで写し出し、いとうせいこうが [続きを読む]
  • オアシスと地下世界
  • 前回の続き。2月末に京都・新京極へ映画を観に行った話である。0815時頃、映画館に到着した。中へ入ろうとしたが、ふと1つの広告ポスターが目に留まった。「oasis FUJI ROCK FESTIVAL ’09」である。3月4日からの期間限定上映らしいこの映画は英国のバンド、「オアシス」が2009年7月24日のフジロックフェスティバルで行なったライブ映像らしい。この時が日本での最後のライブとなった。 [続きを読む]
  • 砂漠の修道院
  • 電車の中ではいつものように本を読んでいた。読んでいたのは山形孝夫 砂漠の修道院 平凡社ライブラリー 2006年3刷「第168回神戸古書即売会」(2016年11月4日〜6日・兵庫古書会館)で購入した本である。エジプト・ナイル川西岸の砂漠にはコプト教(エジプトのキリスト教)の修道院が点在している。そこへの訪問を著わしたエッセイである。この本は1988年、第36回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞した。隠 [続きを読む]
  • 風に吹かれて
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング3日目、最終日である。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を観た後、富山駅近くの宿を出発した。本日も快晴。しかし風が強い。向かうは前日行かなかった「海王丸パーク」である。国道8号線を西へ走り、富山新港へ。海王丸は商船学校の練習船として誕生した帆船である。1930年(昭和5)2月14日に進水して以来、10 [続きを読む]
  • 鱒と鰤
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング2日目、能登島を出た後は国道160号線を氷見へ向かって南下した。氷見通過後は新湊に恆久係留されている帆船「海王丸」を見に行こうと思っていたが、疲れを感じてやめた。明日ツーリング最終日に寄ろう。国道8号線を東行し、一路富山駅近くの宿へ帰った。この日の走行距離は332?。宿にオートバイを置いて富山駅へ歩いて [続きを読む]
  • 「珠洲」って「すず」と読むとは知らなかった
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング2日目、能登半島の白米千枚田を1215時過ぎに出発。国道249号線を再び北上した。能登半島先端の禄剛埼まで行きたかったが、かなり距離があり、道の駅到着時点であきらめていた。さてここから南下して引き返すのだが、来た道をそのまま走るのはもちろんおもろない。そこで能登半島脊梁部を通っている県道57号線、303 [続きを読む]
  • ハートの田んぼ
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング2日目、能登半島を国道249号線を走って北上。1200時前。「白米千枚田」すぐ前に位置する道の駅に到着した。駐車場は満車状態。道の駅周辺の道路は駐車待ちのクルマが並んでいたが、オートバイは交通誘導員がすぐに入れてくれてオートバイ用駐車場へ。もちろん道の駅内は人、人、人。ここでの昼食はあきらめて千枚田へ。 [続きを読む]
  • ライダー天国、能登
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング2日目、能登半島千里浜の「なぎさドライブウェイ」を堪能した後、国道249号線をひたすら北上する。道中意外に思ったことがある。ツーリングしているライダー達と頻繁にすれ違ったが、挨拶代わりのサインを送ってくるライダーが非常に多かったことである。もちろんアクセルを握る右手ではなく左手で。ピースサインや親指を立 [続きを読む]
  • もしかしたら日本一安全な道路かもしれない
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィーク、北陸へのオートバイツーリングの話である。ツーリング2日目、NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」を見てから富山駅近くの宿を出発した。宿に連泊するので荷物はタンクバッグだけの身軽さ。天気は快晴。絶好のツーリング日和である。前日の立ちゴケによるシフトアップのやりづらさはあるが、爽快なツーリングの始まりだ。目的地は能登半島。国道8号線をひたすら西へ。津幡町で [続きを読む]
  • 明日はどうしたもんじゃろのお
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィークの富山県へのオートバイツーリングの話である。ツーリング1日目、富山県・五箇山の世界遺産、相倉合掌集落を1500時頃出発した。ここからこの日の記憶はうろ覚え。事実と違うかもしれない。国道156号線を再び北上、砺波市で国道359号線へ、東行する。1700時前後に富山駅近くの宿に到着した。この日の走行距離は348?。部屋に荷物を置いてJR富山駅へ歩いて出かけた [続きを読む]
  • 見るなら白川より五箇山
  • 前回の続き。昨年2016年ゴールデンウィークの富山県へのオートバイツーリングの話である。ツーリング1日目、1400時前に冨山県・五箇山の世界遺産、相倉合掌集落に到着した。観光客は多かったが、渋滞もなくスムーズに駐車場へ。(駐車料金 二輪車100円)合掌造り集落と言えば、岐阜県・白川郷の方が知名度が高い。そのため、周辺道路は渋滞、集落内は混雑している。見るのであれば五箇山の方が良い。ゆっくりできると [続きを読む]