室長 さん プロフィール

  •  
室長さん: ものづくり工房 技術室
ハンドル名室長 さん
ブログタイトルものづくり工房 技術室
ブログURLhttp://gijyutusitu.net/monodukuri/
サイト紹介文中学校の技術科教員を2014年に退職して工房を作りました。その工房での活動内容です。
自由文木工、電気、機械、野菜づくり、革加工などいろいろ事に取組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2014/05/20 22:14

室長 さんのブログ記事

  • 優秀改善賞
  •   4月1日(日)のミニ四駆走行会&コースづくりにむけてミニ四駆部長のYさんがコースづくりグッズを製作にきました。コースを嵩上げしたり、ロータリーを作ったりするためには、いろいろと工夫が必要です。単純なレースですが、本当にいろいろな要素が入っているミニ四駆だと、ますます感じています。この日に130mコースをつくる練習をして、問題点などを確認して5月6日の本番に臨むようにしています。すでに応援に行橋や [続きを読む]
  • ポンポン船レース in 行橋
  •  開催決定 ポンポン船レース in 行橋  詳細はここを して下さい。 工房初の賞金レースです。だれでも参加できます。 チームを作ってグループでも参加申し込みをして、それぞれでも参加できます。 参加費は1チーム1000円です。もちろん個人でも参加できます。20グループの参加があった時点で大会を実施します。 参加費を賞金や副賞にあてます。参加者でつくる大会を目指しています。大会の自前クラウドファンテ [続きを読む]
  • いろいろな箸置き製作中
  •  障害者支援の木工教室。箸置き製作、かわいい小鳥の箸置き製作中です。糸鋸加工、スピンドルサンダーでの加工、仕上げのやすりがけ、1つ製作するのに時間が結構掛かります。合計40セットを一人の高校生と製作中です。まだ試作中で、いろいろな形のものをつくっています。彼のペースでゆっくりと、です、が着実に出来ています。  久留米の青少年科学館に勤務しているMさんと今年の伊良原学園での星の観察会の [続きを読む]
  • ポンポン船ワークショップ。
  •  ポンポン船ワークショップ。材料が足りなくなり、買い出しにお手伝いをしてもらった地元の先生にいってもらいました。180人近い親子づれがきました。木材バージョンと空き缶バージョンで製作。「ポニョに出ていた船だー」と子どもたち喜んで製作していました。無料のイベントと言うこともありますが、北九州の親子の科学もの、ものづくりものへの関心の高さにびっくりもします。なぜ走るのかという説明にも、興味津々と聞き [続きを読む]
  • FABLABの今後
  •  イノベーションギャラリー2日目。慶応大学田中教授のこれからのFABLABの講演。全国のFABLABをつないだテレビ会議。午後からテーマごとのトークセッション。FABLABの今後について、教育分野については、FABLAB KAMAKURAの実践が1つのモデルを示していてくれるとともにトップランナーとしての意気込みを感じた。FABLABが教育機関に何かアピールできるもの。文科省、総務省を巻き込んでの取り組みは非常に興味深い。 [続きを読む]
  • イノベーションギャラリー1日目
  •  イノベーションギャラリーでの1日目、ミニイーゼルづくり。北九州マイスターの方々が工作機械の使い方など教えてくれるワークショップ。    コンターマシン、フライス盤、金工旋盤、面取り機、金属帯鋸、金工やすりのかけ方、ボール盤の切削、いずれもプロとして40年以上その道で仕事をしてきた職人技を見せてもらい、まのあたりにできました。  マイスターの技として、金工やす [続きを読む]
  • 看板設置
  • 行橋市内の中学校の新築工事が終わり、新校舎に看板が設置されました。写真をメールでもらいました。新しい校舎にこうやって掲示されるといいものです。「原死すとも看板は残る」、果たして何年持つことか。死す時は看板の前まで行って・・・。迷惑ですね。ともかく、こうやって掲示されると嬉しいものです。  いよいよ明日からイノベーションギャラリーのイベントが3日間あります。あすは金工マイス [続きを読む]
  • 砂金取り道具とミニ四駆部
  •  行橋市内の男性が砂金を取るための道具 カチャを手作りし、溶接にきました。川で救った砂の中から砂金をより分ける道具です。大分の山国川上流に砂金取りのグループで行くとの事です。いろいろな趣味の方がいるものだと改めて気づかされます。  ものづくり工房 技術室では、ミニ四駆部を作りました。部長はトヨタ自動車に勤務している、山口さんです。30代の若いパパさんです。今、彼にお願 [続きを読む]
  • 開催 ミニ四駆走行会 in ウィズ行橋
  •  5月6日(土)のミニ四駆大会in行橋にむけて 130mコースづくりと練習を兼ねた走行会を行います。 4月1日(土) 会場:ウィズ行橋   行橋市大字中津熊501番地の1   どなたでも参加してください。  当日はミニ四駆の販売はありません。持参してきて下さい。充電器などは使用できます。 参加費無料です。       13時から130mコースづくりをします。 コースづくりをぜひ体験してみてください。 [続きを読む]
  • 技術科の作品
  • 伊良原学園の授業、今日は1年生はポンポン船を作って走らせてみました。来週の最後の授業で生徒が製作するようにしました。なぜ走るのか質問しましたが、さすがに中学生です。気圧や温度差など答えることができました。スターリングエンジンを前回見せていることもあるのですが。アルミパイプの焼きなましをおこなって、コイル状にしました。熱処理の学習にも最適な題材のようにおもえます。ただ、地域の駄菓子屋には売ってい [続きを読む]
  • ものづくりスペース
  •  リビングに置いて腰掛け椅子にもなり、雑誌なども入れることのできるボックス・チェアを製作に若松の女性が来ました。1日作業して出来上がりました。材料は工房にある木材を使って製作しました。2バイ4材を脚に使ったのでしっかりとしたものになり、クリアラッカーと白いラッカーで仕上げました。ツートンがいい感じです。仕事休みの貴重な時間をものづくりをするために工房に来てくれ作業を1日しました。道具の使い方や塗装の [続きを読む]
  • ポンポン船づくり
  •  仏壇の台にラッカーをぬり、耐水ペーパー、ウレタンにで仕上げました。どのような仏壇が乗るのか明日自宅に持って行きます。  イノベーションギャラリーで3月20日のポンポン船ワークショップにむけて、本格的にポンポンと音のするエンジンををつくろうとしていますが、水漏れのしないようにアルミ缶やスツール缶を使って製作するのは結構難しいことがわかってきました。銀ロウづけや半田づけなどを試してい [続きを読む]
  • 仏壇用台座づくり
  • 行橋市内の方から母親の仏壇を自宅に設置するための台座を作って欲しいと依頼があり、製作しています。黒ラッカーで塗装してウレタンニスで仕上げる予定です。あさってには自宅に持って行く予定です。  5月6日のミニ四駆大会にむけて、ミニ四駆レースを計画してくれている教え子がきてコースの製作にはいっています。コースチェンジのコースはあまってしまうので、これを丸のこ盤でカットして [続きを読む]
  • ちゃお おそうじロボ
  •  印刷用紙の整理棚が出来上がりました。月曜日の午後、中学校に持って行きます。水性ウレタンニスを塗り、耐水ペーパーでしあげました。革教室次回は4月8日(土)13時からです。3月18日は都合で中止します。  今、話題の小学生向け漫画雑誌「ちゃお」の付録 プリちぃおそうじロボ 作ってみました。もちろん雑誌も購入しました。小さなゴミくずはすいとれます。センサーがついていて机からは落 [続きを読む]
  • 印刷室の棚製作
  •  中学校の印刷室はA4、B4、B5、A3といろいろな用紙を使用します。その用紙の整理棚を依頼されていました。数ヶ月経ってようやく取りかかりました。製作に入ると、いろいろと工夫してみたくなり、製作に集中してしまいます。コンパネを使用して製作しています。明日には完成出来そうです。  今日は京築地区のほとんどの中学校が卒業式でした。3年間持ち上がった学年の卒業式は格別の思いが教師にはありま [続きを読む]
  • 上毛町に看板設置
  •  築上郡上毛町緒方の県道226号沿いに緒方区環境保全の会の皆さんと、看板を設置しました。この会の会長さんは、20年前に校長として行橋市内の中学校で活躍された方で、退職後は地域の活動をいろいろとされています。同じ学校に勤務していた頃のことや環境保全の会のことなど話しながら作業しました。退職した教師の方々とこういった形で再会できることに感謝です。くぼての里をおみやげに頂きました。求菩提山が近くに見える [続きを読む]
  • 15歳の春に
  •  今日は福岡県立高校入試でした。伊良原学園の3年生は進学先が決まり、技術科の最後の授業でした。1年間だけの関わりでした。3学期制でテスト対策に追われる授業になってしまいましたが、プログラムでの制御やインターネットのしくみなどの実験を行うことも出来ました。少人数ならでは取り組みを、来年以降も学校で教えることが可能であれば取り組んでみようと考えています。給食時間に3年生と記念撮影して別れました。最後の [続きを読む]
  • 78歳の先生
  •  アルミ板にウサギを刻印したものを貼りたいと、行橋市の男性が持って来ました。金切りばさみで切断して、ベルトグラインダーで仕上げ、コンパウンドで磨きました。ウサギは自分の干支で、78歳です。この男性はみやこ町の中学校で理科を教えています。まだまだ現役です。しかも卓球はマスターズでは全国レベルの腕前です。 若く生き生きとしています。若い頃に出会っていましたが、同じ学校で勤務したことがなくて、78歳と58歳で [続きを読む]
  • ワールド ロボット オリンピック(WRO)
  •  World Robot Olympiad(ワールド ロボット オリンピック)2017の説明会が3月25日に日本工学院専門学校 蒲田キャンパスで行われます。ワークショップもあるので参加してきます。久々の東京です。日本工学院専門校 蒲田キャンパス 地上20階の校舎の見学もしてきます。行橋市の新図書館、若者をターゲットにするのならこれくらいの設備の複合施設を思い切ってつくって欲しい。FABLAB施設も欲しところだが。行橋の方からメールで [続きを読む]
  • 看板づくり
  • 看板製作2日目 ほぼできあがり、後は防腐処理の塗装をします。PPシートの接着は、PPシートも接着できる一番高価なボンドがやはり最適でした。当たり前なのでしょうが、実際試してみると納得できます。軽トラの荷台に積んで、あさって上毛町で保存会の皆さんと組み立てて立てます。 [続きを読む]
  • 環境保全の看板製作
  • 上毛町の男性から地域の看板を依頼されていたので、製作にはいりました。2m50cmのクス材を3枚使って製作しています。手押し鉋で面をだして、PPシートをボンドで付けます。PPシートと木材に接着には一番適するボンドがどれであるか、3種類のボンドで試作品を使って試しています。1日置いて結果がでますので、明日報告します。PPシートはイノベーションギャラリーにて午後から切断加工をしました。明日完成させて水曜日に持 [続きを読む]
  • 宇宙エレベーター競技
  • ★ 1979年にSF作家のアーサー・C・クラークが小説「楽園の泉」を発表し、宇宙エレベーターという概念を広く一般の人たちに知らしめました。 宇宙エレベーターは、地球から約3万6000km上空にある静止衛星まで人や物を運ぶ夢の乗り物です。 それから12年後の1991年にカーボンナノチューブの発見によって、宇宙エレベーターは実現可能な研究プロジェクトとして動きはじめました。 2012年には、(株)大林組が2050年に宇宙エレベータ [続きを読む]
  • 箸置きとミニ四駆
  •  苅田町の障害者の生活支援の利用者さんたちが久しぶりに来ました。木工作業が得意な高校生は、4月からオープンするカフェ施設で使用する箸置きを製作しました。寄せ木は事前に作りましたが、サンディングをスピンドルサンダーを使って上手にしてきれいに仕上がりました。  ミニ四駆は、教え子でミニ四駆レースに多く参加している男性が手伝いに来てくれ、2名の利用者さんに改造法などを教えてくれました。 [続きを読む]
  • 夕陽と少年
  •  行橋市の新図書館建設問題で、私自身がどちらが良いのか判断をする材料を求めて反対派の集会と市長との懇談会に参加してみた。どちらもが相手を批判するばかりで、行橋市会議員は2分されてきたようだ。どちらの会でも意見を言ってみたが、政治に関わるというのは難しいものと感じる。少し意見を言えば、反対派なんですね先生はとか、市会議員に出るのですかなどなど。これ以上は関わらずに、政治は政治家がすればいいのだと思わ [続きを読む]