室長 さん プロフィール

  •  
室長さん: ものづくり工房 技術室
ハンドル名室長 さん
ブログタイトルものづくり工房 技術室
ブログURLhttp://gijyutusitu.net/monodukuri/
サイト紹介文中学校の技術科教員を2014年に退職して工房を作りました。その工房での活動内容です。
自由文木工、電気、機械、野菜づくり、革加工などいろいろ事に取組んでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2014/05/20 22:14

室長 さんのブログ記事

  • 車載用の棚づくり
  • 食洗器の業務用洗剤を店舗などに運ぶ仕事をしている若松の方が来て一日、雨の中作業をしました。材料にシナランバーコアを使ってします。 シナ材を貼った合板と、一定に小幅の大きさに挽き割ったファカルタ材を接ぎ合わせて芯材としてその表裏にシナ材を貼ってパネル化にし、強度が高く反りもしにくい、シナランバーコア合板。表面もきれいでしかも軽い合板です。本体を少しでも軽くするためにと材料に使っています。さらに中 [続きを読む]
  • 「情報に関する技術」
  •  中学3年生の技術科の授業では「情報に関する技術」を学んでいる。決して、プログラムやコンピュータ操作だけを教えているのではない。生活や社会、産業の中で使われている情報に関する技術(情報通信やネットワーク)などのしくみを知り、最終的には社会、経済、環境などの側面から活用方法を選び評価できる人をそだてたいという目標があります。定期テストの時期になり、問題を考えています。例えば、【電子レンジはどのような [続きを読む]
  • 梅雨の雨
  •  木材について学習をしています。木材にはいろいろな種類があります。中学校の教科書に掲載されているのは杉、檜、赤松、桐、橅(ブナ)、白樫の6種類。しかもカタカナ表記で記載されている。魚がさかな辺で表すことで味わいがあるように、木材もき辺で表して欲しいと感じる。ともかく木材標本を使い50種類をみせて、触らせる。樫の木と桐の木は全員に手にしてもらい、重さの違いを感じてもらっています。木と言っても様々です [続きを読む]
  • 非正規な仕事に関わること
  •  午前中、プログラム教室、今日は小学4年生と今ブームの将棋をすることに、小学生に負けてはと本気モードで、どうにか2勝。藤井4段とAI将棋の対決が早くみたいものです。伊良原でのイベントのバンドが午前中練習にきました。3曲の歌付きの演奏ということです。中学校の先生も参加してくれたりとこちらも楽しくなってきました。バンド名は「HARAーHANA BAND」ということです。賑やかな中学生とママさんたち、当日の衣装も期待 [続きを読む]
  • ミニスタードームづくり
  •   土曜日の工房、木工旋盤教室、革教室が行われました。革教室ではカービングやバック作りをヌメ皮などの牛革で製作しています。革教室はもう3年目です、月2,3回ですが継続してくることで、皆さん本当に素晴らしいものを作っています。  木工旋盤ではクス材でぐい呑みの製作。前回、完成間近でバイトが深く入って割れてしまい、今日は慎重に作業して、見事にできあがりました。月に1回ですが、工房にきて旋盤を扱うこ [続きを読む]
  • 畑作業
  •  少年補導員の活動の一つに朝の登校の見守り活動があります。地域の小学校の登校時間にあわせて今日初めて立ちました。現職教員時代は挨拶運動などで自分の勤務する中学校の正門に立つことがありましたが、小学校に立つのは初めてです。小学生は大きな声で挨拶する子どもが多いのですが、声が出ない子もいます。今日は10人以上の大人たちが登校を見守っていました。こういった活動に見守られて子どもたちは登校していたんだと改め [続きを読む]
  • 樹から木へ
  •  中学1年生は「材料と加工に関する技術」を技術科の時間に学習している。技術の時間というと本箱や椅子をつくることがイメージとしてあるが、材料としての木材、プラスティック、金属、セラミックスなどを学んで、それを生かした構造を考え設計をして、製作するようになっている。製作も出来上がることももちろん大切であるが、試作を経たうえで、加工法や道具の使い方を検討していくことが求められている。技術科という教科の本 [続きを読む]
  • 風力発電コンテスト
  •  豊津中とみやこ伊良原学園で学習している「エネルギー変換に関する技術」の時間に、風力発電コンテストを実施している。まだ、羽根の形状を考えていく段階であるが、生徒たちもなにやらやる気になってきた。それぞれが、羽根を製作してくるようにして夏休み入る前にコンテストとして電力測定をおこなうようにした。材料は厚紙やペットボトル、アルミ缶などそれぞれが準備して製作する。創意工夫力を培うことを目標に楽しんでいま [続きを読む]
  • 星空観察会&ものづくりワークショップ in 伊良原
  •  当日のチラシが出来上がりました。みやこ町内の小中学校にチラシを配れるように後援をお願いしてきました。また、北九州市立大学のフィールドワーク研究会の方にもスタードームづくりの指南をお願いします。 当日は中学生や地域の方で作ったミニバンドが、星空にまつわる曲の演奏会など予定しています。練習に入っています。 星にまつわることで展示品や面白い科学ものなどイベントに追加参加お待ちしています。何かありました [続きを読む]
  • 星に願いを
  •  アクサリーづくりを始めた若者、革で高級車のシートの張り替え業をする日本で数人しかその技をもっていない教え子、豊前市でカフェなどに木工品を置いて販売しながら気ままに暮らしている男性、7月22日の伊良原学園で星の歌を奏でるためにバンドを結成し、楽器を持ってきて練習に来た中学生とママたち。日曜日の工房に足を運んでくれました。バンド演奏曲は「星に願いを」に決まったようです。どう考えても工房を開かなければ [続きを読む]
  • 生きものとしての人間
  • 30年前のホンダのトライアルバイクをこよなく愛している小倉の同じ年の男性が、リストアするためのフライホイールプーリを自作しに工房にきました。古いバイクのフライホイール抜きは手に入りにくく、自作して、同じバイク仲間にもプレゼントするためにと製作に来てくれました。トラック用のタイヤホイールハブに旋盤で8.5mmの穴をあけ、M10のタップでねじ切りです。いろいろ試行錯誤して、この方法でうまくいくことがわかり [続きを読む]
  • 半田づけ作業
  •  下関市内の私立中学校で、1学期は中学3年生に技術科授業を教えている。毎週1時間でも7時間目になると子どもたちの様子も分かってきて、生徒も自分という教師がわかってきたのか、楽しく授業できるようになってきました。もともと女子大学の付属中であったせいもあり、40名の中3のうち男子は2名のみです。40名を2クラスにして授業は行っています。昨年までは家庭科の非常勤教員が技術の授業もしていたそうです。半田ご [続きを読む]
  • 星空観察会 in 伊良原(第2回)
  •  今年の伊良原学園での星空観察会の内容がほほ固まりました。天候が良ければ7月22日(土)19時から星空観察会  (雨天時は星空観察会は体育館で簡易プラネタリームをつくって実施します。) 観察会前には、昨年まで福岡県青少年科学館で星空観察会などを企画していた行橋市内の中学校の教員が星や惑星の解説をします。天体望遠鏡は地元の天体愛好家が今年も協力してくれ口径の大きなものが集まりそうです。天候に関係なく、 [続きを読む]
  • 宇宙エレベーター
  • 久留米の福岡県青少年科学館で行われた宇宙エレベーターワークショップに参加しました。2050年を目標に3万5000km先の宇宙ステーションと地球とをエレベーターで結ぼうという実際の計画に基づき、行われる宇宙エレベータ競技会。この大会の可能性をみてみたいと思い参加してきました。大会自体はプログラミングの自由度や面白さはWROと同じく小中学生が行うには抜きん出ている面白さだと思います。問題点はLEGOEV3の価格の高さ [続きを読む]
  • 木工品づくり
  •  食洗機の部品交換で病院や飲食店を回っている若松区の方が仕事用の車を改造に訪れました。交換部品の出し入れが行いやすいように棚をつくり、抽斗などを取り付けにDIYするそうです。今日は棚を二つつくり、来週以降、仕事の合間に来て作り上げるそうです。とても几帳面に作業されていて感心しました。 銘木でアクセサリーづくりにチャレンジしようと小倉の方が来て、バンドソーでのカッティングとベルトサ [続きを読む]
  • 竹のぐい呑みづくり
  • 竹のぐい呑み製作にかかりました。午後から竹林から真竹の切り出し。高圧洗浄機で洗浄。電動機械で切断すると欠けや繊維が取れるので、手のこで切断しました。今日は100個製作して水に浸けておきます。明日、午後から残りの50個の切断と、飲み口をやすりで仕上げます。どうにか日曜日には間に合いそうです。後は青竹の色が保てるかです。やはり数日前に切断したものは色落ちがしてきました。水に浸けておいて、使用する前に [続きを読む]
  • 野に咲く花のように
  •  障害者施設に通っている中学生がミニ四駆を楽しみにして、放課後工房にきました。月1回、工房内でオリジナルコースを1からつくりミニ四駆を走らせます。とても丁寧にコースをつくりあげます。先日のミニ四駆大会にもお父さんと一緒に来てコース作りから手伝ってくれました。彼は高速道路のインターチェンジ図や路線図を何も見ずに書き上げます。人の可能性とそれを引き出すことに少しでもお手伝いできればと思います。 &nb [続きを読む]
  • 竹で遊び
  •  竹のお猪口づくりのついでに、午前中の授業後に工房で竹遊びしました。ぐい呑み、徳利、醤油差し、醤油皿、刺身皿、寿司皿つくってみました。試しに水につけたり、油抜きしたもの、何も手をいれてないものなどをいろいろなバージョンを作ってみました。一日置いてどのように変化するかためしてみます。赤村の新酒会はぐい呑みクラスの大きさにして欲しいということなので、こちらも研究中です。竹という有り余る素材を使って何か [続きを読む]
  • 新酒会のお猪口づくり
  •  6月4日(日)田川郡赤村で新酒まつりに使用する真竹のお猪口の試作に実行委員の方々が来て製作しました。製作工程は苅田町でヘラブナ釣り用の竿を竹で作っている方から聞きました。間竹を切り出して中性洗剤をつけた布で吹き上げます。その後、お猪口サイズに切断します。飲み口をやすりで面取りします。完成したお猪口を一日から二日間水につけておきます。使用する直前で取り出してお猪口として使います。水にはお酒をコップ1 [続きを読む]
  • プログラム教室
  •  プログラム教室に田川から来ている兄弟が取り組みました。中学2年生のお兄さんは今日初めてLEGO EV3のプログラミングに挑みました。小学3年生の弟さんはスクラッチでゲームづくりです。スクラッチはかなり使いこなせるようになり、次回はPythonでプログラムをすることになりました。お兄さんは次回は3DCadで図形づくりをしたいということです。一ヶ月後が楽しみです。  行橋市内の中学校 [続きを読む]
  • ラジオづくり
  •  行橋市内のイベントで子どもたち対象にラジオづくり教室を検討している方が工房に来てくれました。子ども相手のイベントではいかに安く材料費を抑えるかが問題になります。2000円以上を使えばスピーカーを使ったラジオが出来るのですが、1000円以下に抑えようとすると、鉱石ラジオになりイヤホーンで聴くタイプになります。スピーカーも手作りするということも検討しながら、8月のラジオづくり教室について話しました。ラジオや [続きを読む]
  • 藍の発芽
  •  伊良原学園の技術科の畑に藍を種からまいています。ようやく芽がぽつぽつとではじめました。体育大会も終わり、授業でいろいろ生徒に体験してもらうつもりです。 [続きを読む]
  • 伊良原学園 第2回星空観察会
  •  7月22日(土)に星空観察会を昨年に続き、福岡県みやこ町伊良原学園で実施することで調整しています。伊良原地区はダム工事も完成間近で道路もかなり整備されて、福岡県に忽然と現れた別世界が出来てきています。公園も整備されようとしています。ここで22日に地域の天体マニアの方々に天体望遠鏡をもってきてもらい、観望会を実施します。この日は新月の前日で、木星と土星が見える日です。 7月23日(日)は木工旋盤でお椀やボ [続きを読む]