こたみ さん プロフィール

  •  
こたみさん: Wildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活
ハンドル名こたみ さん
ブログタイトルWildcatと屋根付き自転車とmobikyな生活
ブログURLhttp://miijawanfather.blog.fc2.com/
サイト紹介文WildcatのMTBの足跡を訪ねたり、屋根付き自転車を作ったりするニッチなブログです
自由文今はなき世田谷のMTBショップWildcatのバイクに乗る、ショップの関係者やオーナーに会いたいおじさんのブログです。
屋根付き自転車を自作したり、折り畳み自転車mobiky出かけたり、家族を自転車ワールドに引き込もうとしたりします。ニッチな記事をお楽しみ下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供231回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2014/05/21 07:21

こたみ さんのブログ記事

  • アオバ号 魔改造ふたたび ペダルを磨いて考える
  • Wildcat号に使われていたデオーレXTのペダル。エコパル号に始まり、娘の自転車には必ず装着していたのですが、六角アナボの頭をタッチアップした程度で何もしておりませんでした。踏み込んだ際に滑らないと、娘も気に入っているので、今回も再使用しますが、そのまま装着するのもなんだかなぁなので、多少整えて使うことにします。まずは踏み板部分を分解。ロックタイトが使われていたので、かなり固かったですが、なんとか取り外 [続きを読む]
  • 横浜市電保存館へ行く(後編)
  • 横浜市電保存館のもう一つの側面は、地下鉄・バスを含む市営交通の紹介にあります。よって入場してすぐのミニジオラマは地下鉄ブルーラインだったりするわけです。これはボタン(むちゃくちゃ低いところにあるぅ)を押すと一定時間地下鉄が走るというもの。地下鉄のポスターも展示されてます。お・ね・が・い タッチ タッチ 戸塚にタッチ(^-^;)模型は市営交通に限らず展示されています。市電の入庫ゲームは幼児にはちょっと難しく。 [続きを読む]
  • 横浜市電保存館へ行く(前編)
  • むちゅことの鉄道旅、今回の目的地はリニューアルオープン間もない「横浜市電保存館」。横浜駅から根岸線に乗り換え、根岸駅へ。ガソリンの貨車が並び電気機関車が走り回る情景にむちゅこは圧倒されます。貨車が発車する際に自動連結機の噛み合わせの隙間から生じる大音響でむちゅこがビビる前に駅前からバスに乗車。10分少々で現地に到着、目の前にあるファミリーマートで昼食を買い、併設されたイートインのテラス(犬連れOK、珍し [続きを読む]
  • その「踊り子」じゃないんだがぁぁ
  • とある休日、むちゅこを横浜方面に電車旅に連れていく事にしたのですが、「グリーン車乗りたい病」が収束しつつあるむちゅこをたまには特急にでも乗せてやろうではないかと云う事で思いついたのが「踊り子」号。(画像はHPより拝借)東京〜大船間の自由席なら普通列車のグリーン車より安いという逆転現象を使い、無料の幼児とリーズナブルに特急旅を決め込もうというわけです。折角乗ってもせいぜい乗車30分で飽きてしまうでしょうから、 [続きを読む]
  • アオバ号 魔改造ふたたび ライトステー復活
  • アオバ号のプロムナード化、クランク抜けない問題と並行して部品のチョイスが進んではおりますが、ママチャリなら通常フロントフォーク左に鎮座するダイナモLEDライトを前かご正面に移します。そのためライトを避けた形状のカゴ足をストレートタイプに変更するために調達済。幅広タイプしかなったのが残念ですが、デフォルトのカゴ足だけは使いたくなかったので。またカゴ足とカゴを固定するステーにライトを正面にセットできるタ [続きを読む]
  • 暗いところで時計を見たいので
  • 三鷹から横浜のはずれまで通勤するため毎朝6時前には起床しなくてはなりませんが、年令のためか、起床時刻より結構前に目が覚めてしまいます。そんな時、何時かを確認し、二度寝するかしないかの判断をすぐにしたいのですが、使っている目覚ましはバックライトなしの液晶で、暗い時は音声で確認するというもの。家族が寝静まっているときに「ポーン!・・時・・分ですっ」と大きな音で確認というのははばかられます。かといって起き出 [続きを読む]
  • 自作プーラーで七転八倒
  • クランク抜き具をはめるネジ山をなめてしまったため抜けなくなったアオバ号のクランク。これを抜くには「プーラー」がいいよと、ぬうぼマン様のアドバイスを頂きましたー調べてみると、おお、クランクのネジ山に固定する代わりに抜きたいものにフックを引っ掛けて、ネジを回せば引き抜かれていく、というものなのね。これならクランクにネジ山があろうとなかろうと大丈夫。値段も安いものなら1000〜2000円前後からあるので買ってもい [続きを読む]
  • アオバ号 魔改造ふたたび 部品の分類とルック車充当
  • クランク以外はバラバラになったアオバ号。しくじって取れなくなったクランクをなんとかしなければ進むものも進まないのですが、出来るところからコツコツと。分解した部品のうち、手入れして戻すもの、使わずにデッドストックにするものを分類していきます。暫く屋根なしで屋外保管していたため、パーツには汚れに加えて錆が目立ちます。クロメートメッキ程度では風雨に耐えられないと痛感、デッドストックにするにしても、錆落と [続きを読む]
  • 学習机リノベーション(後編)
  • カミさんの使っていた学習机のリノベーション。まずはライト類を撤去し、廃棄します。なかなかしっかり取り付けてあり、外すのに難儀しますが、古い電器から火事でも出されてはたまらないので、気合いで外します。次に手指消毒用のジェル(ローソン100)とウエスで全体を拭いていきます。マイペット系の洗剤でもいいのですが、強力すぎて経年劣化した表面を荒らしてしまうかもしれないので、手垢やカビによる黒ずみに有効なアルコー [続きを読む]
  • 学習机リノベーション(前編)
  • 以前から来るよ来るよと予告されていた、カミさんの使っていた勉強机。なにぶん30年以上経った年代物、腐ってたり虫の温床だったりしたらと、正直気乗りしなかったのですが、カミさんの実家のスバルサンバーが退役するのでその前に、と急遽運び込まれておりました。ん〜、ヤレ具合は想定していたよりはマシか。天板がほぼ無傷、というのが良かったわー傷隠しのためか貼られたシールは剥がすというより粉々にして削るしかない状況、 [続きを読む]
  • アオバ号 魔改造ふたたび 分解着手
  • MTBルック車の改造が完了し、当面の娘の足も出来たので、晴れてアオバ号の改造に取り掛かります。組み上げて屋外保管をはさみ結構な期間経っているので、さすがにヤレが目立ちます。洗う・磨く・塗るを駆使しないとリノベにならないかも。取り外しにしくじったクランクを除き、分解は1時間も掛からず完了。泥よけとカゴがあるからか、分解しても結構嵩張ります。外し損なったクランクの根元に手持ちのドリル刃で穴をあけて取ろうと [続きを読む]
  • 住宅ローン借り換え顛末(後編)
  • 融資実行が借り換え元と調整した完済予定日に行われない事が確定し、万事休すのこたみ。このまま手をこまねいているわけにもいかず、三井住友信託銀行の住宅ローンの手引きを再度読み漁ります。すると、「完済申込み後は変更が利かない」とある「申込み」とは、電話での申込み(=受付)ではなく、その後に送られてくる書面での申込みではないか、と気がつきます。急ぎ三井住友信託銀行に電話をし、申込みの取り下げを願い出ると、あっさ [続きを読む]
  • 住宅ローン借り換え顛末(前編)
  • 我が家の住宅ローンは住宅購入当時にピタットハウスの紹介で三井住友信託銀行から22年(5年)固定年利0.73%で借りていました。固定期間が切れる前に固定金利に借り換えをと、漠然と考え、長期金利に影響する10年国債の利回りを日経で毎日チェックしておりましたが、日銀の金融政策を受けて金利は下がり、底を打つタイミングを探っているうちに、米国大統領選挙あたりからはっきりと上昇局面に来てしまった(ホントは底を打ったのはも [続きを読む]
  • MTBルック車改造完結編 そのオチとは
  • 同僚Kさんから頂いたMTBルック車。ルック車ゆえの制約に翻弄されながらも、本体価格を超えない程度のコストで改造ができました。チェーンを繋ぎ、変速調整し、ハードは仕上がりましたが、画竜点睛、やはり何らかの銘は入れなくては締まらないと。というわけで、ラゾーナ川崎のユニディで見つけた小振りのカッティングシートを購入。中身は貼り付けるシートと、粘着力が弱い転写用シート。使う分だけ切り出し、原稿を上から重ね、粘 [続きを読む]
  • MTBルック車 スタンド装着
  • リニューアルしたお古のスタンド。これをMTBルック車にあてがいますが、これがまたどうしちゃったのというフレーム形状で。BBの手前で極端に絞ってくれるものだから、そのまま装着すると応力が集中しチェーンステーにダメージがつきやすくなります。そこで、3本ローラーの防音緩衝材として、ラブロック(恒洋産業)導入前に買って使わずじまいの緩衝ゴムを取り出しまして、カッターで切って穴を開けて、チェーンステーを挟んで締め付 [続きを読む]
  • MTBルック車改造 ブレーキワイヤーどう這わす?
  • 取り付け軸長の目算をしくじり、再調達となっていたリアブレーキがやって来ました〜テクトロ900A、フロント用です。軸、長〜っ長過ぎてカッコ悪いからと短いリア用を買ったのが失敗でしたが、軸が長いということは、間に挟む部品が多いため、カッチリ固定しにくい、という事でもあります。予め作っておいたアルミ板を使い、スペーサを組み合わせ、なんとかシートポストステーに装着。制動力は及第点、といったところですが、ルック [続きを読む]
  • MTBルック車改造 サイコン装着
  • 子供車にありがちな3連メーターらしきものは今回のルック車にはついていませんでしたが、交換しないにせよ改造にあたってはサイコンは必須という事で、今回もワンパターンでキャットアイの有線式、VELO9でいくことにしました(ホント芸のない)使い慣れたモデルだから、なーんて格好つけません安くて丈夫だからっ装着場所はライトホルダーの後退防止を兼ねてステム上部と思っていたのですが、う〜ん、ちと狭い。というわけで、FDが無 [続きを読む]
  • Wildcat号 コッタレスキャップ問題解決
  • 久々のWildcat号ネタで。コッタレスキャップがいつのまにか片方無くなっていたのはレストア時に気がついていたところですが、サイクリーでのクランク祭りの際にイイもの発見。デフォルトのフィキシングボルトを外してコッタレスキャップ兼用のボルト110円/2個登場っ(爆)装着してみるとおお、イイ感じ。デフォルトよりメカメカしくなっていいんじゃない?デフォルトのボルトとキャップ片方は念のためお蔵入り。キャップの出玉がある [続きを読む]
  • 葛西臨海公園→お台場海浜公園 水上バスの旅
  • 地下鉄博物館を出て昼食をとりたくても、葛西駅前には子連れで入れるめぼしい店がなく、駅前ロータリーで途方に暮れるこたみ。東京ディズニーリゾート行きのバスがやってきたものの、こんなもんに乗せたら変な気を持たせてしまいます。そもそも車内は満員、幼児連れが乗れる状況ではなく。と、短めの行列がついたバス停に葛西臨海公園行き都バスが到着し、これで公園まで行き、何かしら食べて京葉線に乗って東京駅経由で帰る、とい [続きを読む]
  • 地下鉄博物館でいじりまくり
  • てちゅオタであることは幼稚園でも有名なむちゅこ。うんていの影を線路に見立てて遊ぶくらいなので当たり前か(爆)そのむちゅこなら地下鉄博物館くらいは当然既訪していると思った先生が話を向けたところ、「ボクまだ行ってない」と激怒したらしく。はい、まだ連れて行っておりません。行徳のミニSL広場訪問時に、車窓がなく駅間が短く時間の掛かる東西線に飽きて乗り換えコールを連発された経験から時期尚早と思っていたのと、(かと [続きを読む]
  • MTBルック車 組めるとこから組んでみる
  • リアブレーキ調達をしくじり、先に進まないルック車改造。しかし出来るところだけでも先に進めちゃお、というわけで作業に着手します。こいつの改造は最後にオチをつけるので、そこに手がつけられないのがもどかしく(´д`)まずはドライブトレーンから、といきたいところですが、今回はハンドル回りから。短く詰めたデフォルトのハンドルバーに、アオバ号のブレーキレバーとRDシフトレバー、グリップは初のクランプ固定タイプ1200 [続きを読む]
  • アオバ号 魔改造ふたたび オポジットレバー取付考
  • ルック車と同時平行に部品調達を進め、ルック車の改造完了とともに改造に着手する予定のアオバ号。アオバ自転車店といえばプロムナードでしょっ、と過日調達したヴェロ・オレンジ(受け売り(^-^ゞ)のプロムナードバーの径がロード用と同じため、フツーのブレーキレバーのクランプ部が入らない、という事態に陥っておりました。取りうるであろう策は3つ、それぞれ実現性を調べてみることに。①既存のブレーキレバー(樹脂製)のクラン [続きを読む]
  • MTBルック車改造 新品パーツ調達第2弾
  • ルック車のための新品部品調達は、第1弾がポジション変更のためのサドルとステムが中心、ドライブトレーンは中古のクランクを調達しましたが、残りの部品を調達にかかります。いつもの吉田サイクルからアオバ号用の部品と共にポチって調達。店舗がある高崎問屋町には商談会で行ったばかりで、ここに店舗があったのねとリアル店舗を偶然見かけて驚きましたが、上毛新聞が緩衝材(^-^)ルック車用に調達したのは、ブレーキ・シフターの [続きを読む]
  • 府中郷土の森公園 再訪
  • とある日曜、どこか連れてけ星人のむちゅこを近場で遊ばせるには、と思い付いたのが府中市の郷土の森公園。アクセスがクルマか自転車に限られるため、Touranを手放してからは足が遠のいていましたが、キャンバスが来たので久々に行ってみようと。バーベキューやプールの季節でもなく、イベントも無いためか、駐車場(無料)は10時前でも十分空きがありました。向かったのは交通公園エリア。むちゅこの大好物、不動車がたくさーん。前 [続きを読む]
  • プラレールを洗う
  • わが家には色々なお宅からお下がりで頂いたプラレールがあり、買ったのは湘南新宿ライン1編成と凸凹調整用の短いレールくらい(爆)なのてすが、このたび、ご近所さまから大量のプラレールを頂いてしまいましたーす、凄い量だ。現行の成田エクスプレスやスカイライナーなど、ほとんど未使用のものもあり、むちゅこは大興奮。すぐに使いたかったのですが、長期保管していたらしいものもあったので、クリーニングしてから使用する事に [続きを読む]