ろびまろ さん プロフィール

  •  
ろびまろさん: Moose Nose〜スウェーデン生活〜
ハンドル名ろびまろ さん
ブログタイトルMoose Nose〜スウェーデン生活〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/arieriii/
サイト紹介文ヘラジカのような鼻を持つ彼と、スウェーデンでのノホホンとした生活を書いた日記です。
自由文スウェーデンはヨーテボリにて、カルチャーの違いに度肝抜かれる日々。
優しい相方に支えられ、スウェーデンの楽しみ方を模索中。
怒ったり泣いたり笑ったり、そんなスウェーデンライフを二人で送っています☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/21 19:14

ろびまろ さんのブログ記事

  • スウェーデンの結婚記念日
  • 2月7日。2年前のこの日、私達はスウェーデンで結婚式を挙げた(ブログ『スウェーデンの教会で結婚式』参照)。ママからこんなテキストが送られてきた。スウェーデンでの結婚2周年おめでとう!それに対しての私の反応。普通に忘れてた。結婚…え?なんのこと?と一瞬訳が分からず。ちなみに相方にもママから「おめでとう」の電話があったようだ。それに対しての相方の反応。二人してど忘れ。私は去年は覚えていたのだが、今年は学校 [続きを読む]
  • ママの誕生日会
  • 2016年の11月初旬、ママの誕生日を祝うべく、家族皆が集まった。プレゼントを渡すと、孫たちがお婆ちゃんのところに寄ってきた。「僕が開けてあげる〜!!」とお婆ちゃんのプレゼントを開けるのをお手伝い。子供たちもママもすごく楽しそうで、周りのみんなは微笑みながらその光景を眺めていた。こんな風に微笑ましく幸せそうな彼らを見て、私はふと考えてしまった。もし私に子供ができたら、こんな風に幸せな時間を、うちの両親に [続きを読む]
  • バターの理由
  • 12月21日、我が家に新しい冷蔵庫がやってきた。パパママからの少し早めのクリスマスプレゼント。仕事帰りに電気屋へ向かったパパと相方は、前から目をつけていた冷蔵庫を購入。台車にのせ、そして二階まで運んだ。スウェーデンでは、こういったことは業者に頼むのではなく自分たちでやる人が多い(と思う)。周りにあるビニールを取り、キッチンへと運ぶ相方とパパ。前の冷蔵庫は左開きであったが、今回購入したものは右開きであっ [続きを読む]
  • 6通り
  • 学校が始まって、1週間とちょっと。しょっぱなから課題でヒーヒー言った1週間となった。今週も課題で大忙し。だけど、ここらでちょいとブログ休憩としたい。前回のブログで、冷蔵庫の小話があると言ったが、それはまたゆっくりブログが書ける別の機会ということで、今回は思わず一人でツッコんでしまったことを綴ろうと思う。ちょっと前に、『let's deal』というアプリを見ていた時の事。let's dealとは、前に紹介したグルーポンア [続きを読む]
  • 我慢の限界
  • クリスマスブログにも書いたが、相方両親からクリスマスプレゼントに冷蔵庫をもらった。以前持っていた冷蔵庫は前の住人が置いてったものをそのまま使っていた。そして2年前の夏ごろから、その冷蔵庫の調子が悪くなった。冷蔵で保存していた野菜が凍るようになったのだ。冷蔵庫の温度を高めにしても凍る。最初のうちは、中の物が凍ってしまう日は決まって気温が高い日であった。外気温が高いため、冷蔵庫は中の物を腐らせまいと、 [続きを読む]
  • 久々当たり、スウェーデンのレストラン
  • 12月初旬、友人とランチ会をした時に訪れたこのレストラン。HP:http://www.lagerhuset.net/LAGERHUSET Bar & Restaurangこの建物、元は港の倉庫だったようだ。 店内夜はだいたい180〜250SEK(約2300円〜3200円)ほどするが、昼は105SEK〜(約1300円〜)で食べられる。お肉、魚、ベジタリアンの3種類があり、お肉とお魚に関しては毎日違うランチが楽しめ、サラダバー、コーヒー&ちょっとしたお菓子(クッキーなど)付きだ。 [続きを読む]
  • スウェーデン、元旦のディナーと言えば…
  • 2017年1月1日。この時期食べたくなるのが…、お汁粉母が送ってくれた切り餅を入れて?し・あ・わ・せ相方はあずきが苦手。豆が甘いのが受け付けないらしい。こんなにも美味しいのに…。ま、独り占めできるからいいけど そして、スウェーデンの元旦のディナーと言えば、ピザなんだそう。なんでも31日の大晦日は飲んだくれて新年を祝う人が多いので、次の日は必然的に寝不足&二日酔いになる。日本だと朝起きて、家族と御節を一 [続きを読む]
  • それでもレストランよりは安い
  • 2016年12月31日。この日は相方がスペシャルディナーを作ってくれるということで、その前日、シティーで買い出し。Fiskekyrkan(フィスケシルキャン)と呼ばれる魚市場へ。画像はhttp://www.visitsweden.com/ImageVault/Images/id_2361/conversionFormat_13/scope_0/conversionFormatType_Jpeg/ImageVaultHandler.aspxより拝借。fiskeは漁場、kyrkanは教会と言う意味で、昔の古い教会を魚市場にしたことからこの単純なネーミングに [続きを読む]
  • なぜにこのタイミング…
  • 12月20日、早朝。この日は今年最後の学校だった。慌ただしく学校へ行く準備をし、仕上げの髪をセットしていた私。ぬらした髪にワックスをもみこみ、ドライヤーで無造作ヘアを作るのだ。ちょっとすると、ガッ!!という大きな音が出て、その後、カラカラカラカラ…と音を立て、ドライヤーの熱が出なくなった。私は慌てて電源を切った。 壊れた…。まだ髪も半分濡れた状態。しかし学校へ行かなければならない。家を出るまでには [続きを読む]
  • しぼる
  • 25日クリスマス。この日は相方家族揃っての1日遅いクリスマスパーティーをした。 まずは朝食を食べた後、パパ、ママ、相方とちょっと車でお出かけ。で、そこからウォーキングを45分ほど。歩くのが速いママ。パパよりも速い。私はついて行くのに必死だった。のんびり海辺を眺めて〜…なんてしてたら、いつの間にか置いてかれる。 ウォーキングが終わり家に着くと、クリスマスパーティーの準備。相方はママの料理の手伝い [続きを読む]
  • 伝統
  • 24日クリスマスイヴ。13時半ごろ相方実家に到着。ママの作ったニシンのクリームソースがけをお昼に。実は私、家でお昼を済ましてきたのだが、「テレビで紹介していたレシピよ。初めて作ってみたの。」というママの初レシピに興味が勝り、そこまでお腹が空いていないのに2個も食べたという魚の卵(どの種類の魚かは忘れた)とディルを混ぜ、ニシンでそれをくるくるっと包み焼いただけだとか。とっても美味しかったです。 昼食 [続きを読む]
  • 編み物にハマった
  • ラトビア旅行から少しして、編み物を始めた。スウェーデンに来てから編み物をし始めた、という友人に影響を受けたのだ。 実は、スウェーデンに戻ったらやってみようと、ずっと前に日本で買ったにも関わらず、ずっと放置していた編み物本がある。これをようやく手に取った私。色んな編み方を絵で説明しているので、編み物に少し慣れた今見るとすごくわかりやすい。しかし、最初は絵でもちんぷんかんぷんで、そんな時はYoutube [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中17〜エピローグ〜
  • 今日のブログは写真多めの少々長い記事になっております。 =================== いつのまにか、私がマヨリに行きたがってることになっとるがな…写真撮りたいだなんて、一言も言ってないけどな… それにしても、まさか観光マップにユールマラビーチの情報が載っていたなんて。ビーチに行く際もこの地図持って行っていたんですがね、道中地図を見ることは一切ありませんでしたよ最後の最後まで、 [続きを読む]
  • 世界遺産の夜景
  • 夕飯を食べ終わった後、リガ最後の夜を楽しもうと世界遺産である旧市街の夜景を見てまわった。昼間とはまた違った幻想的な雰囲気を味わえる。3日目の夜も散策したので、その時の写真も混ざっています。 まずはブラックヘッドハウス前の広場。 キラキラと賑やかなレストラン街。 ひっそりとした雰囲気の街並み。 昼間見た、『3兄弟』と呼ばれる建物も [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中16〜ディナータイム〜
  • リガシティーに戻り、着替え&荷物を置きにまずはホテルへと戻った。少し休憩した後、夕飯を食べに旧市街へ。行ったのは、前日に相方が目をつけていたここ。 ブラックヘッドハウスの横にある、ラトビア料理が堪能できるレストラン。この建物の、写真左側にレストランがあります。 席は勿論テラス席。メニューを注文し、しばしの間旧市街の街並みをボーっと眺めていた。 目の前には市庁舎が。 すると、相方が口 [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中15〜理由〜
  • マヨリ駅から、かなりの人が電車に乗ってきて、車内は瞬く間に満員となった。私達の前の席には女性三人組が座った。ビーチで楽しいひと時を過ごしてきたのであろう。3人とも顔、胸元、そして腕がほんのりと赤く、日焼けしていた。 私達はというと…、炎天下の中、1時間以上も歩いたので、相方は鼻の頭を、私は肩の部分が日に焼けていた。 しばらくすると3人組の女性たちが寝始めた。ビーチで沢山はしゃいだに違いない。& [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中14〜ありのまま〜
  • ビーチから歩くこと30分、スローカ駅に到着した。10分後、リガのセントラルステーション行きの電車がやってきた。乗り込む人もあまりいなかったので、余裕で座ることができた。さぁ、セントラルステーションまで休憩だ。・・・しばらくすると例のマヨリ駅が見えてきて、駅には沢山の人が電車を待っていた。これで私は確信した。スローカでなはく、マヨリが観光客に人気の場所なのだと。おばちゃんがマヨリマヨリと連呼していたこと [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中13〜回想〜
  • 駅に戻る前に、もう限界だった足を少し休ませたかった為、ベンチで一息ついた我々。二人でしばしの間ボーっとしていた。その間私は、今までのことを思い出していた。 【出発前】 【セントラルステーションでの会話】 【私達の服装&持ち物】・・・・・・相方は単純で、私が笑った=今までのことを全て許してくれたと考えるタイプなので、もう少し彼には反省してほしかった私は、ブフッと吹きだてしまった後すぐに真 [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中12〜理由〜
  • 50分かけてようやくビーチへ到着したものの、しばらくして、と発言した相方。続きです↓。・・・・・ ・・・・・・・・・あんさんも同じこと思っていたのね…。 二人の意見が一致したところで、よし、帰ろう ホテルから海まで4時間かかった。滞在時間は10分だった。 続く。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中11〜限界〜
  • 最近やや忙しい日々を送っていて、ブログを更新する時間も読む時間もあまり取れずゆっくりでもマイペースに、これからも更新していきたいと思います。 では、『ズッコケ珍道中』の続きです↓。================ 本当に長い道のりだった。まさか50分も歩くことになるとは思いもしなかった。途中で喧嘩もしたし、ギブアップもしそうになった。そして時刻は15時。数々の困難を乗り越え、私達は遂にユ [続きを読む]
  • ボードゲームのフリマへ
  • 今日はヨーテボリネタです。 昨日はシティーでボードゲームのフリマがやっているということで行ってみました。11時からオープンのこのフリマ。普通のフリマみたいな感じで、たいして人もいないだろうと思い、オープン時に着くように向かったのですが、めっちゃ並んでる〜 ちなみに入口はここ(赤矢印)。たいした列じゃないじゃないって?いやいや、私達の後ろにも写真と同じくらいの列ができていて、スウェーデン人にし [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中10〜ビーチはどこだ?〜
  • 相方にブチ切れてしまった私。相方からは、再び駅に戻ってマヨリ駅まで行くか、もしくは先に進むか、という選択をせまられた(詳しくは前回のブログ参照)。ここまで来たらゴールはあともう少しだ!と、最後の気力を振り絞り、先に進むことに決めたのだった。 トト○BGM、カモン!♪ちゃ〜ちゃららら〜ら〜ちゃ〜ちゃららら〜ら〜ちゃ〜ちゃらら らんらんらんらんらんちゃらららんっ ・ [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中9〜ハングリーアングリー〜
  • ここ1週間ほど有り難いことに予定が沢山詰まっていたので、やや更新が滞ってしまいました。 さて、前回のブログでついに堪忍袋の緒が切れた私。勿論、言い合いになりましたとも。以下はその時の様子。・・・・・・人間キレると、最後は自国の言葉で言い返す・・・と思う。最後のセリフ、思わず日本語が出ちまっただよ…(怒りのあまり、少々汚い言葉になっております) 相方の考えはこうだ。ろびまろは、ハングリー(空 [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中8〜歩こう〜
  • 14時頃、ようやく目的地のスローカに到着した。 「ビーチまではだいたい10分くらいかな〜。可愛い町だし、ショッピングできる場所もあるからね!」と相方。駅は結構地味目だけど、ビーチに近づくにつれて可愛い町並みになってくるのかな。体のだるさ半分、ワクワク半分。喉は痛いけど、ゴールは目前だ。頑張れ、自分!!さぁ、ビーチへ行こうじゃないか!! (ト○ロBGM)♪ちゃ〜ちゃららら〜ら〜 [続きを読む]
  • ズッコケ珍道中7〜選択〜
  • ようやく電車がやってきた。最初はガラガラだった車内も、発車時刻が近づくにつれ徐々に人が乗ってきて、 出発する頃には満員。殆どの乗客は、見た感じ私達と同様、海に行く人々であろう。 ユールマラのビーチはロングビーチとして有名らしく、その長さはなんと約32キロにも及ぶらしい。※画像はネットより拝借。相方いわく、観光客からも地元民からも人気のビーチとのことだった。 景色をボーっと眺め、ラトビア電 [続きを読む]