saizo さん プロフィール

  •  
saizoさん: 楽天イーグルス観戦ブログ
ハンドル名saizo さん
ブログタイトル楽天イーグルス観戦ブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/saizo_2014/
サイト紹介文楽天イーグルスについて、思った事を遠慮なく綴るブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 18日(平均8.2回/週) - 参加 2014/05/21 22:47

saizo さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 辛島投手について
  • 4/25の記事にて、3試合連続で結果を残した辛島に触れなかったので、ここで取り上げたいと思う。当日しっかりテレビ観戦できたことにより、辛島の評価について変更が必要になったからだ。どうやら今キャンプより投球フォームを見直していたようで、オープン戦ではまだ仕上り途中、シーズン入ってからの活躍はそれが奏功しているようだ。前回登板では投球のリズムも良く、それはつまり自信の表れだと思われる。さて、その辛島の投球 [続きを読む]
  • 【4/26 楽天11−7ロッテ】後味の悪い圧勝
  • 今日は則本が先発。過去2度とも連勝ストッパーとなってしまったが、3度目の正直で今季2勝目。過去2試合が強力打線の西武相手という事で仕方ない部分もあったが、今日はロッテ相手に当然のごとく好投して見せた。そういう意味では、ともに打線好調な来週のオリックス→西武との6連戦をどういう形で終われるか。イーグルスの先発投手陣の真価が問われる一週間となるだろう。余談だが、梨田監督が試合後のコメントで、4球以内に [続きを読む]
  • 【4/25 楽天4−2ロッテ】3連勝でついに貯金は10に!
  • 順当にロッテを下した首位イーグルス。貯金はついに二桁まで膨らんだ。ロッテの打順を眺めてみると分かるが、バリバリ一軍レベルの選手は鈴木と井口と田村ぐらいなもので、これでは1.5軍レベルと言わざるをえない。しかも、調子が良くて先発に名を連ねているのでもなく、消去法で押し上げられただけなので、怖さも勢いもない。そんな打線相手にそうそう点を取られるとは思っていなかったので、4得点の2失点は想定通りの結果だっ [続きを読む]
  • vs ロッテ3回戦の展望
  • イーグルスのホームゲームだが、場所は東京ドームに移しての一戦。現在5位と低迷するロッテ相手に、この2連戦取りこぼしは極力避けたいところだ。チーム打率は.188、チーム本塁打5本は共にリーグ最低で、デスパイネが抜けた穴を埋めるはずの助っ人は大ハズレ、頼みの清田も不振、中堅どころも鈴木大地以外は軒並み働かず、伊東監督も手の打ちようがない惨状だ。ちなみに二桁安打は、直近13試合も出ていない。チーム打率.275、チ [続きを読む]
  • 【4/23 ソフトバンク1−2楽天】アクシデントも鷹に勝ち越し!
  • 試合開始直前に、先発予定だった岸が腰痛で急遽回避。代役は一軍に上がってきてまだ一度も投げていない、戸村に白羽の矢が立った。そもそも、緊急用人員として戸村をメンバーに入れているのだから、当然といえば当然な人選だが、あまりにも時間が無さすぎた。その影響もあり2回まで制球はバラバラで、毎回のピンチを背負うも、なんだかんだやり過ごして無失点にするのは、昔からよく目にする戸村の姿だった。3回以降は制球も安定 [続きを読む]
  • 【4/22 ソフトバンク1−11楽天】初回の攻撃が全て
  • 試合開始時点でオーダーを確認したところ、今江が6番に入ったくらいで大きな変更がなく、分かってはいたが若干の拍子抜け。しかし蓋を開ければ15安打11得点。内5本塁打と久々に打線が爆発したイーグルス。初回の銀次、今江の働きが全てだった。茂木の二塁打と、当たり損ねのペゲーロの内野安打、ウィーラーの四球で無死満塁の絶好のチャンス。続く4番アマダーが、期待通り先制の併殺打で倒れてしまう。解説者が言っていた通り、こ [続きを読む]
  • 【4/21 ソフトバンク4x−3楽天】これは流石に…
  • 今日は全く観戦できなかったため手短に試合成績から感想を。今日の試合後に梨田監督が「いい試合がてきているから延長までいく」と、昨日の当ブログのようなコメントをしているが、これは無理やりポジティブに捉えているだけで、6回以降無得点ではさすがに説得力はない。そして2試合連続での延長12回サヨナラ負けは、初の連敗と相まって、選手、監督、ファンともに精神的なダメージが大きいのは間違いない。12回に敗戦処理の青山 [続きを読む]
  • 今江がこのタイミングで復帰する意味
  • 開幕当初、打ちに打ちまくった今江が、絶好調のまま登録抹消。思えばその頃から得点力が落ちてロースコアな試合が増えている。単打しかでない銀次以降の打線では3安打で1点、良くても4安打で2点という程度の攻撃力で、中距離打者の今江が6か7番に座ることで、溜まった走者を一掃する可能性が高まる。相手投手から見ると、銀次以降は連打に気をつければいいだけだったが、そこに今江というアクセントが加わることで感じるプレッシ [続きを読む]
  • 【4/19 西武5x−4楽天】簡単には負けない強さ
  • 西武との2連戦を五分で終えたイーグルス。則本の粘投も不運な形での失点で同点に追いつかれ、勝ちパターンの中継ぎ陣を投入してのサヨナラ負け。則本は結果同点に追いつかれてしまったが、チーム事情を考慮した続投による8回の不運な失点を除けば、十分仕事は果たしたと思う。ここまで接戦を全て勝ちきってきたイーグルスだけに中継ぎフル回転の末の逆転負けで、正直ダメージは大きいと思うが、逆に簡単には負けない強さを西武に印 [続きを読む]
  • 【4/18 西武0−2楽天】辛島の出来が良すぎた!
  • という事は当然のごとく、無惨にも私の結果予想は大外れした訳である。5点勝負の打撃戦と踏んでいたのが、蓋を開ければ1点勝負の投手戦。年に一度と思わせるほど、イーグルス先発の辛島の出来が良く、好調の西武打線に仕事をさせなかった。とくに右打者のインコースへの制球が素晴らしく、内と外の揺さぶりと、高低へのアクセントもキッチリと決まっていた。結果、右の強打者たちは間合いも長く、球も遅い辛島の術中に嵌まり、知 [続きを読む]
  • vs 西武ライオンズ2回戦の展望
  • 今回もまた性懲りもなく試合展望してみようと思う。結果を語るは易し。他の人が避けて通るであろう結果予想を、敢えて敢行して自爆したいのが、当ブログ管理人である。さて本題に。今日からは西武との3連戦。個人的には序盤の山場と思えるほど重要なカードだ。直近3カードは、ロッテ2試合−西武1試合−日ハム3試合。チーム状態の良い上位チームは西武との一戦のみで、他のロッテ、日ハムは最悪のチーム状態。ご存知の通りその [続きを読む]
  • 4/16 楽天4x− 3 日ハム
  • 延長10回、右中間を破る聖澤の会心の一撃により日ハムを3タテし、パ・リーグ最速の10勝に到達。正直、一番固い試合だと思っていたら、逆に一番厳しい試合となってしまった。日ハム先発のメンドーサは、自身が絶好調と語るその通りに、低めと両コーナーにボールを集め、隙のないピッチングを披露。私の想定を大きく裏切り、好調イーグルス打線をしても、攻略が難しいほどのナイスピッチングだった。対するイーグルスのエース岸は [続きを読む]
  • 4/15 楽天 4−2 日ハム
  • 順当に最下位の日ハムに勝利し、これで9勝2敗の貯金は7つ。この調子で、2013年以来の貯金を2桁に乗せたいところ。今日の試合も日ハムの貧打に助けられた形だが、美馬の背中に頼もしささえ感じられたマウンド捌きが、自身初の二桁勝利を予感させた。今日も全体的には良かったものの、不意に絶好球を投じてしまう悪癖は相変わらずで、日ハム打線がそれをミスショットしまくってくれたお陰で、結果としての好投を手にした。この辺の悪 [続きを読む]
  • vs 日本ハム二回戦の展望
  • 今日の予告先発は美馬 vs 有原開幕投手同士の投げ合いだ。昨年に比べ今年の美馬は特に直球に力があり、直球でカウントを稼げるようになったからこそ得意の変化球が活きている印象。私の中では、今年は釜田より美馬の方が信頼度は上だ。対する有原は、昨年の活躍により今年はローテの軸として期待されるも、ここまで2試合とも不甲斐ない結果となっている。展開としては、今の日ハム打線に美馬が打ち込まれる想像がつかないため、有 [続きを読む]
  • 4/14 楽天3−2日ハム
  • 懸念した通り、日ハム初登板の吉田に苦戦し、ロースコアに持ち込まれての苦しい試合展開。裏を返せば日ハムの思惑通りに進んだ試合展開だった。しかし、福山、森原、ハーマン、 松井裕の無安打、無失点リレーにより辛くも連敗は避けられた。主力のいない日ハム打線だからこそ危なげなく逃げ切れたものの、これは完全なる結果オーライの試合。13安打3得点という数字が示す通り、再三のチャンスを潰したのは、イーグルス打線にぽっ [続きを読む]
  • vs 日本ハムファイターズ戦展望
  • 下位のロッテ、日ハムが揃って連勝。ソフトバンクは予想外のもたつきで貯金を食い潰し勝率は5割に。上位と下位の差が一気に縮まり、2位以下は混沌とした状況だ。とはいえ、まだカード一回りもしていないこの時期に、順位を気にしていても仕方がないのだが、滅多にお目にかかれない首位・楽天の順位表を、一日でも長く眺めていたいのがファンの心理というものだろう。さて、結果を論ずるは易し。という事で、性懲りもなく試合展望 [続きを読む]
  • 4/12 楽天 5−10 西武
  • 勝ちの公算が高いと予想していた本戦、エース則本がまさかの6失点で完敗。連勝は3でストップとなってしまった。今日のポイントは、四球がことごとく失点につながった則本の内容よりも、西武の継投にフォーカスしたい。西武期待の先発・多和田は、前項で予想した通り楽天打線の猛威にさらされながらも、初回の3失点の後は2イニング失点せず、何とか凌いでみせた。そんな折、西武が4回に逆転。その裏、多和田は無死1、2塁のピ [続きを読む]
  • 4/12 vs西武ライオンズ戦の展望
  • まぁ今日は予定通りの雨天中止で、水を差されたというよりは、梨田監督の言うようによき休息日となってもらいたい。さて、明日の先発は則本 vs 多和田。スライド登板の多和田は、前項で説明した通りなので省略するが、イーグルスの先発が則本に変わった事で、かなり優位に試合を進められるはずだ。ライオンズの打線では、主力の栗山、メヒア、浅村が好調で、特にメヒアは2試合連続HR中。メヒアの前には無駄な走者を出さないよう注 [続きを読む]
  • 4/11 対西武ライオンズ展望
  • 雨天中止の可能性が高い本戦。一応、展望しておこうかと。予告先発は辛島 vs 多和田。どちらも前回登板はオリックス戦だが、その結果は明暗分かれている。辛島は5回1/3を6被安打2失点で勝ち投手。多和田は4回9被安打6失点で負け投手。イーグルスに次いで好調なオリックス打線を相手に、打ち込まれてしまった多和田。大量点差と持ち前のテンポの悪さで煙に巻いた辛島。試合が行われた場合は弱雨で、グラウンド状態が悪い前提で、辛 [続きを読む]
  • やっぱり心配?イーグルスの不安要素
  • 開幕から3カードを消化して7勝1敗。誰がどう見ても出来すぎな位のスタートダッシュを切った我が楽天イーグルス!昨年もカード一回りして首位だった事を考えると、手放しでは喜べないイーグルスファンも多い事だろう…。だがしかし、昨年と比較して今年は不安要素がかなり少なく、フロック的な見方は排除して問題ないと思っている。その根拠を説明していてはきりがないので、ここであえて不安要素3つほど挙げてみます。①先発投手 [続きを読む]
  • ブログ再開にあたって
  • みなさまはじめまして。(と言っておきます)地元、仙台の球団を東京から応援しては一喜一憂、文句を垂れ流してる者です。みなさんも感じている通り、今シーズンの楽天イーグルスは一味違う!という事で、久々に執筆意欲が湧いてきた今日この頃。(笑)およそ2年ぶりにブログを再開させようかという気持ちになりました!とはいえ、執筆に取れる時間も限られるなか、書き出すと止まらない執筆意欲をぐっと堪え、継続できる範囲の文字 [続きを読む]
  • 過去の記事 …