愚耕禿聖士 さん プロフィール

  •  
愚耕禿聖士さん: 古聖の方丈記
ハンドル名愚耕禿聖士 さん
ブログタイトル古聖の方丈記
ブログURLhttp://ameblo.jp/gukoutokuhiziri/
サイト紹介文僧に憧れながらも僧になれなかった乞食のような聖、苦悶の日を送り続ける聖がここで書き記す。
自由文私の前世には僧に憧れながらも僧になれなかった乞食のような聖だったような気がする。悟りの境地に入りたいが容易に入れず、毎日飢えを凌ぐのがやっとで、苦悶の日を送り続ける聖。この古の聖はやがて野垂れ死にするのだが、それまでここで書き記す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供445回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2014/05/22 07:34

愚耕禿聖士 さんのブログ記事

  • 山水経について
  •  お早うございます。昨日は悲しい事故、事件が相次いで起き、遣り切れない想いで心が荒む中、私は4月からの仕事が続けられるかどうか、採否の連絡を待っておりました。午後3時過ぎに携帯に連絡が入り、失業することなく、これまで通り仕事を続けることになりました。 朝からその連絡を待っておりましたので、何処へも出かけられず、自宅でブログ等SNSの更新や新規登録等をしておりましたが、頭の中はずっと「山」を考えてお [続きを読む]
  • 八甲田が呼んでいる。
  •  冬山から春スキーにお出でと、八甲田が呼んでいる。 今日、4月からの仕事の求人先からの採用の通知を待つ。 私は三好達治の詩が好きです。「花筐」から。遠き山見ゆ ―――序にかへて 遠き山見ゆ遠き山見ゆほのかなる霞のうへにはるかにねむる遠き山遠き山々いま冬の日のあたたかきわれも山路を降りつつ見はるかすなりかのはるかなる青き山々いづれの国の高山か麓は消えて高嶺のみ青くけむれるかの山々彼方に遠き山 [続きを読む]
  • 新横綱稀勢の里、奇跡の逆転優勝!
  • 私は相撲の神様が稀勢の里に宿ったと思いました。13日目に傷めた左肩のけがのせいで、14日はまともな相撲がとれなかった新横綱稀勢の里は12勝2敗と、13勝1敗の大関照ノ富士のから☆一つ後退して千秋楽に対戦。誰もが照ノ富士の有利と思われたでしょう。ところが、一度は立ち合いで「待った」があり、二度目の立ち合いから左に変わった稀勢の里は照ノ富士に右前まわしを取られて後退した後、突き落としで逆転の勝利。これ [続きを読む]
  • 優勝の行方は照ノ富士か?
  •  新横綱稀勢の里は十三日目の日馬富士との対戦で左肩を怪我し、十四日目の対戦横綱鶴竜との一戦では、立ち合いこそぶつかり合ったものの、力なく鶴竜に寄り切られてしまった。優勝の行方は千秋楽の大関照ノ富士との一戦で決ります。 これまでの力士の成績を星取表で見てみましょう。 すると拡大画像が出ます。 また、本ブログでは優勝予想が当たった場合+20点の加算があります。また勝ち越し力士には+10点、三賞受賞の [続きを読む]
  • 全勝稀勢の里を先輩横綱日馬富士が破る
  •  横綱稀勢の里が痛い黒星を喫した。土俵上か、寄り倒されてからの土俵下か、右の肩を負傷してしまった。かつて、横綱千代の富士は何度も肩を脱臼したことがあり、その都度肩を入れ直したときいたが、巨漢の稀勢の里、果たしてどうか。 相撲はこれで優勝争いが俄かに盛り上がってきました。1敗で稀勢の里、大関照ノ富士の二人で、3敗に日馬富士、高安、栃煌山登なっています。 すると拡大画像が出ます。 勝ち越しすると [続きを読む]
  • 春場所、千秋楽まであと3日
  •  横綱稀勢の里が連勝を12勝まで続けております。横綱鶴竜は玉鷲に敗れ、4敗目を喫し、優勝戦線から振るい落とされました。また今場所10勝で大関への返り咲きを狙う琴奨菊は宝富士に敗れ、5敗目。これから横綱大関戦があるだけに10勝、つまり明日から3連勝はかなり険しい!まずは、星取表からご覧ください。 すると拡大画像が出ます。 勝ち越しの力士が増えてきました。採点で勝ち越し力士に+10点の加算を忘れ [続きを読む]
  • 関脇高安の連勝、横綱鶴竜が止める。
  •  大相撲春場所は終盤戦に入り、上位陣の争いとなってきました。幕下の栃煌山が10勝と白星を伸ばし、大関照ノ富士も1敗を堅持し、横綱日馬富士と横綱鶴竜は勝ち越しを決める8勝3敗となりました。関脇高安は横綱鶴竜に敗れ、1敗となりましたが、兄弟子となる横綱稀勢の里は11連勝と勝ち続けております。 11日目を終えて、星取表はこうなりました。 すると拡大画像が出ます。 皆様の得点結果はこうなりました。ク [続きを読む]
  • 春鰯
  •  おはようございます。今朝の青い森は曇っていて、雨が降ってもおかしくないような空模様です。先ほど外に出てみたら、昨夜のうちに雨が降ったようです。考えてみれば、普通の年では雪が降ってもおかしくない頃です。 桜田門外の変は、安政7年3月3日(西暦1860年3月24日)に江戸城桜田門外(現在の東京都千代田区霞が関)で水戸藩からの脱藩者17名と薩摩藩士1名が彦根藩の行列を襲撃、大老井伊直弼を暗殺した事件です。この日は [続きを読む]
  • 横綱稀勢の里、関脇高安、共に全勝を守り勝ち進む
  •  今晩は。大相撲春場所をテレビ観戦し、興奮冷めやらぬ間にブログでの更新です。 今日は横綱鶴竜が嘉風に敗れ、3敗目と優勝圏内から逸脱したようです。星取表を見ると、2敗の力士がいなくなり、9戦全勝の横綱稀勢の里と関脇高安、1敗に大関照ノ富士、平幕の栃煌山、3敗に横綱日馬富士と鶴竜、関脇琴奨菊、千代の国、千代翔馬、徳勝龍と続いております。 星取表はこうなりました。 すると拡大画像が出ます。 皆様の [続きを読む]
  • 彼岸
  •  おはようございます。しばらくお休みしていた「食の歳時記」を久しぶりに書いてみます。 私が住んでいる処では、春の彼岸はお墓参りをしないそうです。お墓が雪で覆われているからです。ところが生まれ故郷の弘前では、お墓参りをする方が少なくありません。私が都合が良ければお墓参りをするし、私の都合が悪くても彼女がお墓参りをするので、彼岸にお墓参りは欠かしたことがありません。昨日もお墓まりする方とすれ違う際に、 [続きを読む]
  • 横綱稀勢の里、関脇高安、共に全勝!
  •  大相撲春場所は九日目を終え、横綱稀勢の里と関脇高安が勝ち進み、全勝を続けております。一方2敗で追っていた横綱日馬富士は伏兵荒鷲の上手投げに軽く飛ばされ、最後は寄り切りで土俵を割りました。1敗の栃煌山は徳勝龍を叩き込みで破り勝ち越しの8勝目。大関照ノ富士は勢を寄りきりで破り勝ち越しを決め、カド番を脱出しました。 九日目を終えて星取表はこうなりました。 すると拡大画像が出ます。 皆様の得点結果 [続きを読む]
  • 横綱稀勢の里、関脇高安、勝ち越し全勝で折り返す
  •  前職で相撲好きのN先輩が、稽古熱心な高安を褒め注目していたのは、かれこれ10年近く前の事。現在も稀勢の里と同じ田子の浦部屋です。その二人が春場所で中日八日目で勝ち越し、全勝で折り返しました。1敗で追うのは大関照ノ富士と栃煌山で、横綱日馬富士と鶴竜は2敗で追っています。さらに平幕で2敗は、大関帰り咲きを狙う琴奨菊と千代の国、千代翔馬、徳勝龍です。 中日八日目を追えた星取表はこうなりました。上の画像 [続きを読む]
  • 七戦全勝は横綱稀勢の里と関脇高安のみ
  •  七日目を追えて、七戦全勝は横綱稀勢の里と関脇高安の二人だけ。まずは星取表をご覧ください。 すると拡大画像が出ます。 七日目を終えた皆様の得点結果はこうなりました。 すると拡大画像が出ます。 累計得点をグラフで表すと上位グループが決まりつつあります。 すると拡大画像が出ます。 順位表を見ると上位4名が決まりつつあります。落ち着いています。 すると拡大画像が出ます。 10勝予 [続きを読む]
  • 豪栄道休場へ。若干の寂しさ漂う春場所六日目
  •  勝ち星乏しい大関豪栄道、地元開催に期待も高まる中、遂に休場となりました。大相撲春場所六日目は全勝の大関照ノ富士が高安に負け、横綱鶴竜が松鳳山に金星を贈呈しました。 これまで稽古に励んできた若手のホープが、着磁鬱に実力をつけ成長してきたせいでしょうか。 六日目を終えた星取表をご覧ください。全勝の新横綱稀勢の里の他に、関脇の高安、前頭の栃煌山が6連勝です。 すると拡大画像が出ます。 さsて、そ [続きを読む]
  • 横綱白鵬、春場所五日目で休場。
  •  新横綱稀勢の里の誕生で、約十年ぶりの四人横綱で始まった春場所(大阪の陣)でしたが、期待の片翼を担う白鵬が右足負傷で五日目から休場となりました。昨年の七月名古屋場所で右足の親指を損傷し、次の秋場所を全休して手術しておりましたが、今場所の四日目で勢と対戦し(結果は寄り倒しで負け)、また痛めたようです。【休場に伴う得点ルール】今場所は、魁聖が初日から休場しましたので、魁聖を投票した方は控え1の力士に変 [続きを読む]
  • 荒れる春場所、四日目は二横綱一大関が敗れる波乱
  •  大相撲の面白いことろは、確かに強い横綱の勝ち続ける相撲もありますが、時として強いはずの横綱が敗れる波乱があることでしょう。 四日目は、大関から陥落した琴奨菊が初日の日馬富士に続き、横綱鶴竜をも倒したことでしょう。元大関ですからその力が無いわけではありませんが、やや落ち目に見られがちな琴奨菊が、頑張っております。 また、上位陣との戦いが続き三連敗の勢が、横綱白鵬を寄り倒し、物言いのがありましたが、 [続きを読む]
  • ふのり
  •  おはようございます。今朝の青い森は雲の多い空ですが、午後からは晴れる予報です。最高気温は5℃、最低気温は0℃と比較的穏やかなお天気でしょう。 さて、今朝のお題は「ふのり」ですが、青い森の下北半島でふのりの収穫が始まったというニュースは先月末か今月に入って間もなく聞きました。私は味噌関連会社に長く勤務しておりましたので、みそ汁の具材については少しばかり詳しいと自負しております。「ふのり」については [続きを読む]
  • 横綱日馬富士、大関豪栄道が手痛い二敗目
  • 今晩は。大相撲春場所は荒れる場所ですね。三日目は横綱日馬富士と大関豪栄道に土がつき、早くも手痛い二敗目となりました。皆様の得点結果はこうなりました。累計得点をグラフで見るとこうなります。順位表はまだ序盤ながら、かなり変動が激しいですね。10勝予想力士はこうなりました。優勝予想力士はこうなります。星取表ではこうなっております。明日もお楽しみに。 [続きを読む]
  • 路傍の石
  •  お早うございます。昨日の青い森は、朝から晴天で、ゴミ出しも爽快な気分でした。朝食を済ませた後に、道元の『正法眼蔵』虚空の巻きを読んでおりましたが、路傍の石も悟っているかと言う説法を読み、亡き母を想い出しました。 路傍の石でさえ説法を説いているのではないかと、先師古仏は言っており、それも聞こえぬのはまだ修行が足りないからだと言うのです。 母は一人で欧州を旅したこともあり、幾度目かの旅の際、私にお土 [続きを読む]
  • 大相撲春場所、二日目は横綱・大関が安泰。
  •  大相撲春場所は初日に二横綱が敗れる波乱からスタート。横綱白鵬に土を付けた正代は、+10点です。また、大関から陥落し、今場所10勝以上で大関復帰が期待される琴奨菊は、日馬富士をガブリ寄りで押し出し+10点です。 二日目は波乱が無く安泰で得点はこうなりました。 累計得点をグラフで見ると、鉄爺28号さんがトップですね。 星取表はこうなっております。 10勝予想力士と優勝予想力士は明日以降に発表します。 [続きを読む]
  • つぶ貝
  •  お早うございます。既成の季語である旬の食材にも飽きてきて、ここらで既成概念をぶっ壊してみたい衝動に駆られ、書いてみたいと思います。春の季語に「栄螺さざえ」がありますが、青い森では「つぶ貝」の人気が上回ります。冷凍保存技術の発達で、今では年中店頭にあります。おでんに入れたり、煮物にしたり、また寿司のたねにもなります。 この「つぶ貝」は一体いつが旬なのでしょう。毎日市場をチェックしておりますと、この [続きを読む]
  • 春雪
  •  おはようございます。 青い森は、しんしんと雪が降っておりますが、所詮春の雪。湿気の多い雪にて、高く積もること無し。また湿気を多く含み雪トロケには重い雪で、身体に応えます。 今朝はブログをお休みします。 道元の『正法眼蔵』の山水経を読んでおります。  今朝はこの辺で。  ブログランキングに参加しています。 このブログがオモシロかったら、ポチッと応援をお願いいたします。人気ブログランキングへにほ [続きを読む]
  • 大相撲春場所の投票、届く。
  • 今夕、鉄爺28号さんから連絡あり、コメントで投票しようにも、コメントが書けないとのこと。最終的に仕事の合間を見てお電話いただき、その投票を受けました。また、私こと古聖も発表します。今度の日曜日が初日です。投票をお済みでない方は明日までにお願いいたします。 [続きを読む]
  • レタス 萵苣
  •  おはようございます。もう3月も中頃に近いというのに、昨日来の降雪で冬景色に戻されてしまいました。今朝も早くから、玄関前の雪トロケの重労働。終わった後の朝食が進みます。私はご飯とみそ汁と納豆が基本の朝食です。鱈の三五八漬けを焼いたのが残ってましたので、それもおかずに茶碗一杯のご飯です。 食事の西洋化した昨今では、サラダとして胡瓜、トマトとともに一年中食卓に上がる生野菜「レタス」。私は「萵苣ちしゃ」 [続きを読む]
  • 春場所の投票が届いております。
  •  おはようございます。 一昨日から投票が来ました。昨夜は一斉に届きましたのでご報告いたします。新横綱の稀勢の里は相撲稽古中に、頭同士をぶつけ11針も縫うけがをしたそうですが、本番には影響ないそうです。投票された6名の方、ご確認をお願いいたします。  食の歳時記はお休みします。 今朝はこの辺で。 ブログランキングに参加しています。このブログがオモシロかったら、ポチッと応援をお願いいたします。人気ブロ [続きを読む]