ナルシスト伊藤 さん プロフィール

  •  
ナルシスト伊藤さん: デストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
ハンドル名ナルシスト伊藤 さん
ブログタイトルデストピア経典〜曼荼羅畑でつかまえて・改
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/shinbashi_naki69
サイト紹介文B級・カルトな特殊映画、ホラーにアニメ、酒にメタルにフィギュアに銃。過剰なる偏愛を以てご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/05/22 14:30

ナルシスト伊藤 さんのブログ記事

  • 大戦は神の遊ぶ双六か。 幼女戦記 ♯11
  • 『トレンチガン!? 条約違反だぞ野蛮人め!』 帝国に対し“遅すぎた介入”をしてきた連合王国。その中に義勇兵として参加していた協商連合の航空魔導師、アンソン・スー。 手にしているのはトレンチガンの異名を持つ散弾銃、ウィンチェスターM1897。 ドイツ帝国政府が戦時国際法に抵触する(散弾銃はハーグ陸戦条約における『不必要な苦痛を与える兵器』に該当する)として抗議したものの認められなかった [続きを読む]
  • 最悪の佃煮。 逃走車 VEHICLE 19
  • やっと着いたぜヨハネスブルグ。飛行機遅れるわ、税関手間取るわ、大遅刻だ。アンジー怒ってねえかな。ええっと予約したレンタカーは…あれ? 指定した車と違う…。 取り替えている時間はない。このまま行こう。右ハンドルに左側通行? クソ、道が分からねえ。足下に何か落ちている…って拳銃? 最も悪いと書いて最悪。 「逃走車」(2011年/ムクンダ・マイケル・デュウィル監督) アメリカ人マイ [続きを読む]
  • デトロイト良いトコ。 S.W.A.T. 闇の標的
  • 『あるSWATチームに最新の人質救出技術を教えてやってほしい』『場所は?』『デトロイト』『ホノルルやマイアミに派遣されている奴もいるのに?』 どうやらデトロイトは超貧乏くじの様です。 確かに「ロボコップ」では財政破綻した挙句、警察はオムニ社に買収され、治安最悪の街になっていました。 そりゃ映画の話だろ、と言うなかれ。2013年にデトロイトは連邦破産法9条の適用を申請、負債総額180億ドル超え [続きを読む]
  • パンツァー・フォー! 幼女戦記 ♯10
  • 『分かっているとは思うが帰るまでが遠足だ! 勝利の宴に参加しない内にヴァルハラへの抜け駆けは許さんぞ!』 ストレートに『死ぬな!』と言われるより愛を感じますね。 「幼女戦記/第拾話・勝利への道」(2017年3月18日深夜TOKYO MX放送/小野田雄亮演出) 人類初の超音速飛行によって一切合財を振り切って“ただ真っ直ぐ”に飛んできた203魔導選抜中隊。 『追加加速装置の着弾成果は?』「ドアノッ [続きを読む]
  • 最恐の男、逝く。 追悼:渡瀬恒彦
  • 東映最恐(即ち日本最強、世界最凶)の男、マッド・ドッグ渡瀬恒彦氏がお亡くなりになりました。 2017年3月14日、胆嚢癌。72歳。 最近は心優しい男の代名詞のような役柄が多かったようですが、やはりこの人は抜き身の刀。視界に入ったら寄る前に斬られる音速の当たり屋。 プライベートな武勇伝に関しては『最も「極道役」が似合っていた男性芸能人ランキング』の記事を見て頂くとして、今回はマイフェイバリ [続きを読む]
  • 理系の異種格闘技戦。 亜人(デミ)ちゃんは語りたい ♯10
  • 『要は観測という行為は何か特別な意味がありそうだ、と言いたかった。 先ほどの現象の話で言えば人間が観測することで現象の結果は変わるという事だ! この宇宙に人間がいる必然性を感じないだろうか!』 デュラハンに関する考察がいつしか宇宙における人間のレーゾンデートルにまで。 ちょっとした知的興奮を味あわせてもらいました。 「亜人(デミ)ちゃんは語りたい/第10話・デュラハンは時空を超えて」 [続きを読む]
  • やはり捨て枠であったか…。 テレ朝プロレス総選挙
  • 歴代最高プロレスラーを決める「現役・OBレスラー200人&ファン1万人がガチで投票! プロレス総選挙」が12日20時58分から放送予定…でしたが、WBCの中継が景気よく延長したため、日付を跨いだ深夜枠に押し込められてしまいました。 ゴールデン特番が結局深夜。その予定調和な意外性も含めてプロレスでありました。(私も視聴断念。後からNetで結果だけ確認しました。いやお恥ずかしい…) まあ、“WBCの煽りを喰ら [続きを読む]
  • V1ミサイルキター! 幼女戦記 ♯9
  • 『速度や方向の調整は出来るのでしょうね』『調整? そんなモノは必要無い! ただ真っ直ぐ飛べば良い! ただ真っ直ぐ進み続ければ良いのだ! その最高速度はマッハ1.5! 人類史上初の超音速によって一切合財を…一切合財を振り切るのだ!!』 空飛ぶ棺桶、V1飛行爆弾登場です。 「幼女戦記/第玖話・前進準備」(2017年3月10日深夜TOKYO MX放送/丸山裕介演出) 何としても共和国との戦争にケリを付けた [続きを読む]
  • 解せねえ…。 21世紀の最高のファイトシーン27
  • 米Colliderが2001年以降に公開された映画の中から「21世紀の最高のファイトシーン27」を発表しました。 “対象は映画のみで、1作品につき1シーンに限定。飛び道具なし、至近距離での肉弾戦”がルールだそうで。ベスト5は 1.「キル・ビル」ザ・ブライド対ゴーゴー夕張&クレイジー88 2.「オールドボーイ(2008)」廊下での乱闘3.「ザ・レイド」ラマ&アンディ対マッド・ドッグ 4.「イップ・マン 序章」ドニー・イ [続きを読む]
  • 37年早かった西部警察。 自衛隊16式機動戦闘車公開!
  • 3月5日、「OSAKA防衛・防災フェスティバル2017」の一環で、陸上自衛隊16式機動戦闘車が一般公開されました(関西では初)。 機動戦闘車…何という中二スピリッツを刺激する名称! 車輪走行という履帯走行する戦車とは異なるフォルムを持った装輪装甲車(←この漢字の並びにもグッときます)。 戦車ではありませんが、大口径の主砲(52口径105mmライフル砲)を砲塔に備える姿から、俗に装輪戦車とも呼ばれてい [続きを読む]
  • 仁義前年、破滅の美学。 現代やくざ 人斬り与太
  • 『一度負け癖がついた犬はな、それっきり噛み付くことさえ忘れちまうんだ。俺達だって同じことよ。一度逃げ足を覚えた奴は絶対に浮かび上がることはできねえよ』 仁義なき戦い前年、無政府主義の原野を駆け抜けた野良犬の挽歌。 「現代やくざ 人斬り与太」(1972年/深作欣二監督) 菅原文太が清々しいまでに最低(笑)。 愚連隊のリーダーとして大暴れ。喧嘩、カツアゲ、女は集団レイプした挙句、女郎 [続きを読む]
  • 挽歌。 サム・ペキンパー/情熱と美学
  • 『以上が彼の生涯だ。得たものより失ったものの方が多い。妻や友人たちを失くし、正気すら危うく、時間を浪費した』 以前、カーペンターの研究本「恐怖の詩学/ジョン・カーペンター」を紹介した際、 語るべき監督は突き詰めれば、ロメロとペキンパーとカーペンターの三人だけのような気がします(リンチやホドロフスキーはスノッブが好みそうで嫌だ)。 なんて事を書きましたが、この反骨3兄弟(←今勝手に命名し [続きを読む]
  • 一般市民も焼き払う…。 幼女戦記 ♯8
  • 『グランツ少尉。逃した敵はまた銃をとるのだ。我々を撃つためにな。奴らを逃せばあの中から帝国に憎悪を燃やす新兵が生まれるだろう』『だから…だから殺せと!?』『これは上からの命令だ。敵は撃たねば撃たれるのだ。少なくとも撃つなと言われるまでは撃たねばならん。先程までの言葉は聞かなかったことにしてやろう。もう一度だけ言う、これは上からの命令だ。銃を…とりたまえ』『駆逐してやる!』な憎悪を滾らす少年。 [続きを読む]