加藤 喬 さん プロフィール

  •  
加藤 喬さん: びょうそくで司法試験(労働法1位  論文36位で合格した秘訣 )
ハンドル名加藤 喬 さん
ブログタイトルびょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣 )
ブログURLhttp://ameblo.jp/byoosoku/
サイト紹介文平成26年の司法試験に労働法1位、論文36位で合格しました。
自由文3回目で上位合格した経験を生かして、youtubeでの講義・合格体験談の配信、ブログでの質問回答を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/05/22 17:47

加藤 喬 さんのブログ記事

  • 「取捨選択」、「削る」ということの意味 〜司法試験論文〜
  •  近年、司法試験の論文試験で求められる検討事項が多くなってきており、最後まで書き切ることの重要性が増してきました。  最後まで書き切るための「取捨選択」、「削る」という手段には、2つの意味があります。  それは、①ある検討事項の分量を減らすことと、②検討事項を丸々落とすことです。  第一次的に試みるべきは①であり、②は最終手段です。  答案練習では、①のために、前置き、論証、規範、当てはめについて [続きを読む]
  • お薦めの通読用の基本書 〜司法試験・予備試験・法科大学院入試に共通〜
  •  通読用の基本書としては、原則として、できるだけ薄く、かつ、学者の癖が少ないものを選択するべきであると考えています。  そして、不足部分は、判例百選や演習書、過去問をやる過程で補うことになります。 以下が、科目ごとの通読用の基本書となります。  なお、詳細は、下記動画の1:28:30〜1:36:20で説明しています。 (憲法) 初学者であれば、「憲法」(著:芦部信喜、補訂:?橋和之‐岩波書店)です [続きを読む]
  • 2018年合格目標加藤ゼミ 東京第1期・関西第1期の募集を開始させて頂きます
  •  大変お待たせ致しました、「2018年合格目標加藤ゼミ」の東京第1期・関西第1期について募集させて頂きます。  詳細はこちらとなります。  東京第1期  概要  特商法に基づく表示  関西第1期  概要  特商法に基づく表示※関西第1期は、定員10名に達したため、募集を締め切らせて頂きました。東京第1 期(残り2名)につきましては、引き続き募集を継続させて頂きます。  2017加藤ゼミとはカリキュラムや参加費が異 [続きを読む]
  • 来年の司法試験合格のための勉強計画
  •  6月3日・11日の「7科目横断分析会」におけるご質問・ご要望が多かったため、急遽、6月16日(金)19:00から、youtube生放送により、来年の司法試験合格のための勉強計画についてお話させて頂くことになりました。  生放送では、①はじめに今年の短答試験の科目ごとの出題傾向(出題の範囲、深さ)について説明した上で、来年の短答対策について科目ごとにお話し致します。  今年の短答試験が難化し、過去問を回すだけでは対応 [続きを読む]
  • 9月までの短答・論文のバランス
  •  ASKでも質問があったので、今回は、今年の短答試験に合格できなかった方が、今年9月までにやるべき勉強について、記事にさせて頂きました。 →短答対策に関する記事はこちら  まずは、9月までの間に、平均して130点付近を取れるくらいの実力を身に付ける必要があります。  受験者の3分の2くらいが合格する短答試験に落ちているということは、短答が苦手か、あるいは対策不十分のどちらかです。  そして、公法・刑事は、全肢 [続きを読む]
  • 1年ぶりの大阪でした
  •  昨日は、大阪で「7科目横断分析会」を開催してきました。  資料配布ご迷惑おかけすることになりましたが、50数名もの受験生の方に参加して頂き、休憩時間や分析会終了後も多くの方から質問を受けることができました。  また、分析会後の懇親会にも多くの方に参加して頂くことができ、受験生間の輪も広がり、良い分析会になったと思います。  大阪に行くのは1年ぶりで、関西で受験生の方と直接お会いするのは約2年ぶりでし [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 短答試験の合格点
  •  今年の短答試験の合格点は108点でした。  なお、 受験者平均113.8点 合格者平均125.4点 合格者数3,937人(採点対象者数5,929人)  問題の難しさに対応して、合格点が6点も下がりました(平成28年は114点)。  111〜113点という採点結果の報告が数件あったため、安心しています。  他方で、あと1〜2点足りないという報告例もこれからあると思います。  以下では、来年の短答対策に [続きを読む]
  • 6月10日の資格スクエア&BEXA共催の司法試験分析会について
  •  6月3日(土)に開催された資格スクエア主催の「7科目横断分析会」との違いについて、お問い合わせを頂きましたので、回答を共有させて頂きます。→6月10日の分析会の詳細はこちら  資格スクエアでの「7科目横断分析会」は、解答筋を模範答案及び速報動画(→こちら)で把握してもらっていることを前提として、論点ごとの元ネタ及びそれを踏まえた科目ごとの勉強方法について中心的にお話し致しました。  これに対し、 [続きを読む]
  • 弁護士の実情について
  •  6月9日(金)、資格スクエア主催で「弁護士のリアル2017」というイベントが開催されます。  「弁護士のリアル2017」では、4つの弁護士事務所の代表弁護士、所長弁護士、パートナー弁護士をお招きして、仕事内容、専門分野の確立の仕方、弁護士の就職の実情などについてお話しして頂きます(第1部)。  また、第2部では、一時間程度のグループディスカッション(少人数座談会形式)により、弁護士の1日の生活ス [続きを読む]
  • 本日、東京四谷での「7科目横断分析会」には、86名の方に参加して頂けました
  •  本日は、東京四谷での「7科目横断分析会」に参加して頂きありがとうございます。  86名もの方に参加して頂き、熱気のある分析会になったと思います。      今回の 「7科目横断分析会」では、びょうそく再現答案及び速報動画を閲覧・視聴して頂いていることを前提として、科目ごとに、論点の元ネタになっている新司過去問、予備過去問、旧司過去問、市販演習書、百選の事件番号・解説箇所などに言及することで、科目ごとの過 [続きを読む]
  • 6月3日(土)の「7科目横断分析会」はキャンセル待ちとなりました
  •  以前からお知らしていた、6月3日(土)東京四谷での「7科目横断分析会」は、申込件数が定員90名(80名から増枠)に達しましたので、現在はキャンセル待ちという状況です。  参加希望の方は、資格スクエアにお申込状況ご確認頂きますようよろしくお願い致します。 (開催情報) 開催時間  6月3日(土)10時00分(9時30分開場)から、3時間程度 開催場所  TKPスター貸会議室 四谷         〒160‐0004 東京 [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 来年以降の司法試験対策(論文)
  •  今年の論文試験の7科目の模範答案を作成して感じたことは、新司過去問からの出題が増えたということです。  科目ごとの雑感記事はこちら 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴  特に、行政法、民事訴訟法、刑法においては、半分くらいが新司過去問からの出題です。  また、科目によっては、旧司過去問からの出題もあります(民訴設問2、刑訴捜査①〜③・弾劾証拠など)。  さらに、市販演習書 [続きを読む]
  • びょうそく再現答案及び速報動画に関するお詫び
  •  びょうそく再現答案及び速報動画のアップロード作業におけるミスが複数あり、大変ご迷惑お掛け致しました。  具体的には、民事訴訟法と刑事訴訟法の速報動画がyoutube上で非公開設定になっており、行政法の答案としては平成28年過去問完全攻略講義の答案のアップロードされておりました。  資格スクエア側のアップロード作業について、配信開始から直ちに、私の方でもチェックするべきでし [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 刑事訴訟法論文
  •  今回は、刑事訴訟法論文の雑感となります。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  設問1捜査①は判例百選(第9版23、第10版A6)、捜査②③は事例演習刑事訴訟法(著・古江先生)109〜112頁、設問2小問1は旧司H20第2問からの出題です。  まず、今回の出題傾向 [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 刑法論文
  •  今回は、刑法論文の雑感となります。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  今年の刑法は、事例演習教材、新司過去問、旧司過去問からの出題がほとんどです。  クレジットカードによる腕時計購入及び売上表用紙の記名・提出については、事例演習教材第13問とほぼ [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 民事訴訟法論文
  •  今回は、民事訴訟法の雑感です。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  平成25年〜平成28年の判例の射程・応用に重点を置きすぎた出題から一変し、昔の新司法試験・旧司法試験に近い、バランスの良い問題になりました。  そして、設問1〜3を通じて、新司・旧司 [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 商法論文
  •  今回は、商法論文の雑感となります。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  去年に比べて、やや難化しました。  難易は、受験生のタイプによって異なるとも思います。  問題は、設問1(1)(2)は典型論点から出題であり、特に捻りはありませんが、設問 [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 民法論文
  •  今回は、民法論文の雑感となります。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  設問1〜3を通じて、問われているのはほとんど典型論点です。  しかし、その典型論点の論じ方(設問1)や、典型論点に辿り着くまでの捻り(設問2、3)があるため、分析が甘いと簡単 [続きを読む]
  • 2017年司法試験雑感 行政法論文
  •  今回は、行政法論文の雑感となります。  平成29年の論文雑感はこちら  → 憲法 行政法 民法 商法 民訴 刑法 刑訴 総括  詳細につきましては、こちらの模範答案及び解説動画で確認して頂ければと思います。  全体的な印象としては、去年に比べて問題文が約半分になり(去年13頁、今年7頁)、その分だけ、論点又は法律構成の抽出が難しくなりました。  問題文では、出題者が使って欲しがって [続きを読む]
  • 今年の短答試験について
  •  普段は、試験直後は論文試験に関する質問や報告、相談が多いですが、今年は短答試験に関するものばかりです。  短答試験の出題内容については、受験生からのまた聞きでしか把握していませんが、特に憲法が難しかったようです。  私もそうでしたが、基本的に、初受験に比べて2回目以降の短答試験の点数が下がるということはありません。  浪人中は、法科大学院在学中に比べて短答対策に費やせる時間が増えるか [続きを読む]
  • 司法試験お疲れ様でした(憲法の解説あり)
  •  司法試験、本当にお疲れ様でした。 この5日間、体力的にも精神的にもきつかったと思います。 試験の手応えにかかわらず、短答発表辺りまではゆっくり休んでもいいと思います(※大手事務所の就活をする場合は、できるだけ早く行動しましょう。)。 まだ公法系の模範答案しか完成していないため、全科目にわたって雑感を述べることはできませんが、少なくとも公法系は去年に比べて難化しました。 去年の公法系は、人権(憲法 [続きを読む]
  • 来年以降の受験生の方は、まっさらな状態で論文試験を解いてみましょう。
  •  予備校の解答速報や2chなどで、今年の本試験の解答筋について解説・議論されていますが、来年以降の受験生の方は、そういった情報に触れる前に、まっさらな状態で今年の本試験の問題を制限時間内に書いてみましょう。 問題文はこちら  憲法 行政法  民法 商法 民事訴訟法  刑法 刑事訴訟法 解答筋を知った状態で解いた場合、司法試験の論文試験の本当の難しさや、自分と合格の距離を見誤るおそれがあります。 ま [続きを読む]