加藤 喬 さん プロフィール

  •  
加藤 喬さん: びょうそくで司法試験(労働法1位  論文36位で合格した秘訣 )
ハンドル名加藤 喬 さん
ブログタイトルびょうそくで司法試験(労働法1位 論文36位で合格した秘訣 )
ブログURLhttp://ameblo.jp/byoosoku/
サイト紹介文平成26年の司法試験に労働法1位、論文36位で合格しました。
自由文3回目で上位合格した経験を生かして、youtubeでの講義・合格体験談の配信、ブログでの質問回答を行っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2014/05/22 17:47

加藤 喬 さんのブログ記事

  • 能力不足だと錯覚して諦めない 自分に合った勉強方法を見つける
  •  司法試験の勉強には、文章を覚えるという特徴があります。  私は、司法試験の勉強を始めるまで文章を読むという機会がほとんどなかったため、学習開始から半年間は本当に苦労しました。  当初は、伊藤塾基礎マスターテキストの論点の結論・理由を完璧に暗唱できるようになるまで何回も繰り返すということをやっていましたが、理解が伴っていいなかったため、憶えては忘れるということを繰り返していました。  民法の後半あた [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 刑法・刑事訴訟法の分析会レジュメ
  •  遅くなりましたが、刑法・刑事訴訟法の分析会レジュメ、解説動画、講師作成答案を公開させて頂きます。 (刑法)分析会レジュメ講師作成答案刑法の雑感記事 (刑事訴訟法)分析会レジュメ講師作成答案刑事訴訟法の雑感記事 --------------------------講義のご紹介-----------------------【2017年リニューアル版 司法試験過去問 秒速・完全攻略講座】  平成18年〜平成29年の司法試験の論文過去問及びプレテストの論文問題につい [続きを読む]
  • 〜途中答案対策〜 「字」は汚くていい。文章を判読できればいい。
  •  途中答案対策の方法としては、これまで10行で書いていたことを5行に凝縮して書くというスキルを身に付ける、的確な取捨選択の視点を身に付ける、知識・演習の量により抽出のスピードを高めるなどの方法が考えられます。  これらに加えて、字が綺麗な人には、字を雑に書くことで1頁あたりの所要時間を短くするという、力業も残されています。  字は、その文章が何を意味しているのかを把握することができる程度であれば問 [続きを読む]
  • 〜民法の答案の書き方〜 使うべきところで頭を使う
  •  民法の答案を読んでいて気になるのが、要件の頭出しをするという書き方です。  確かに、請求や設問の指示によっては、要件の頭出しを要する場合があります。  例えば、共同不法行為に基づく損害賠償請求では、条文からだけでは要件が一義的に明らかとならないため、要件を頭出ししたほうが書き易い・伝えやすいです。  また、平成29年設問1のように、「反論が認められるために必要な要件を説明した上で」という指示がある [続きを読む]
  • 司法試験 論文対策のための問題集
  •  前々回の「司法試験予備試験 論文対策のための問題集」に引き続き、今回は、司法試験の論文対策のための問題集について、今年の出題傾向を踏まえて記事にさせて頂きました。 ※司法試験論文対策としての優先順位は、基本的に、新司過去問→予備過去問→問題集・旧司過去問となります。以下では、この優先順位を前提として、問題集・旧司過去問のいずれも不要であると考える科目についてのみ、新司過去問・予備過去問を取り上げさ [続きを読む]
  • 司法試験予備試験 論文対策のための問題集 
  •  来年以降の予備試験の論文対策として、どういった問題集をやるべきかについて質問を頂いたので、記事にさせて頂きました。  問題集に関するご質問であるうえ、旧司過去問の有用性は(科目によっては)予備校講座受講の有無により左右されるため、基本的に、市販演習書→過去問という優先順位で説明させて頂きます。 (憲法) 新司・旧司の過去問になると思います。   旧司過去問を言い分方式に従って自分なりに書いてみまし [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 民事訴訟法の分析会レジュメ
  •  今回は、民事訴訟法の速報動画及び分析会レジュメの公開となります。  今年の民事訴訟法は、平成25年〜28年における判例の射程・応用を中心的内容とする出題から一変し、平成24年以前の新司や旧司に近い出題内容になりました。  そして、ほとんどが新司、旧司、予備試験の過去問からの出題です。  設問1は、新司平成24年設問1(2)で出題済みです。  設問2は、旧司平成15年第2問からの出題です(なお、権利抗弁・事実抗 [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 商法論文の分析レジュメ
  •  今回は、商法の速報動画及び分析会レジュメの公開となります。   今年の商法は、設問1では典型論点の正確な論証・当てはめが問われています。  設問2では、既存論点とともに、条文操作(831条1項柱書、基準日制度、株式併合における説明義務など)が問われており、問われている論点・条文は基本的なものですが、抽出がやや難しいという問題です。また、時間制限との関係で、論述のメリハリ付けも重要になってきます。   [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 民法論文の分析会レジュメ
  •  今回は、民法の速報動画及び分析会レジュメの公開となります。  今年の民法は、設問1〜3を通じて、問われている論点は典型論点ですが、論点の論じ方又は論点に辿り着くまでの過程に一捻りある問題でした。  ただ、いずれの捻りも、基本知識を使うものですから、薄めの基本書で論点以外の基本事項をしっかりと定着させることで、十分対応することができます。  手広く演習をすることで対応するようなことではないと考えて [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 行政法論文の分析レジュメ
  •  今回は、行政法の速報動画及び分析会レジュメの公開となります。  憲法に引き続き、来年以降の司法試験対策にお役立てください。  →行政法の分析会レジュメ→行政法の雑感記事  なお、科目ごとの雑感記事(ほぼ解説です)については、下記の記事から飛んで頂けます。→「2017年司法試験雑感 来年以降の司法試験対策(論文)」  (2018合格目標加藤ゼミ) 現在、東京第1期は2名の空きがございます(関西第1期は定員10名に [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 憲法論文の分析レジュメ
  •  資格スクエア主催の「7科目横断分析会」に出席できなかった方々から、分析会で配布したレジュメを公開して頂きたいという声がありましたので、随時、科目ごとに公開させて頂きます。  なお、資格スクエアの速報動画も公開されておりますので、分析会レジュメ(問題文、解説冊子、答案)と併せて、来年以降の司法試験対策にお役立て頂ければと思います。 →憲法の分析会レジュメ→憲法の雑感記事  なお、科目ごとの雑感記事( [続きを読む]
  • 「取捨選択」、「削る」ということの意味 〜司法試験論文〜
  •  近年、司法試験の論文試験で求められる検討事項が多くなってきており、最後まで書き切ることの重要性が増してきました。  最後まで書き切るための「取捨選択」、「削る」という手段には、2つの意味があります。  それは、①ある検討事項の分量を減らすことと、②検討事項を丸々落とすことです。  第一次的に試みるべきは①であり、②は最終手段です。  答案練習では、①のために、前置き、論証、規範、当てはめについて [続きを読む]
  • お薦めの通読用の基本書 〜司法試験・予備試験・法科大学院入試に共通〜
  •  通読用の基本書としては、原則として、できるだけ薄く、かつ、学者の癖が少ないものを選択するべきであると考えています。  そして、不足部分は、判例百選や演習書、過去問をやる過程で補うことになります。 以下が、科目ごとの通読用の基本書となります。  なお、詳細は、下記動画の1:28:30〜1:36:20で説明しています。 (憲法) 初学者であれば、「憲法」(著:芦部信喜、補訂:?橋和之‐岩波書店)です [続きを読む]
  • 2018年合格目標加藤ゼミ 東京第1期・関西第1期の募集を開始させて頂きます
  •  大変お待たせ致しました、「2018年合格目標加藤ゼミ」の東京第1期・関西第1期について募集させて頂きます。  詳細はこちらとなります。  東京第1期  概要  特商法に基づく表示  関西第1期  概要  特商法に基づく表示※関西第1期は、定員10名に達したため、募集を締め切らせて頂きました。東京第1 期(残り2名)につきましては、引き続き募集を継続させて頂きます。  2017加藤ゼミとはカリキュラムや参加費が異 [続きを読む]
  • 来年の司法試験合格のための勉強計画
  •  6月3日・11日の「7科目横断分析会」におけるご質問・ご要望が多かったため、急遽、6月16日(金)19:00から、youtube生放送により、来年の司法試験合格のための勉強計画についてお話させて頂くことになりました。  生放送では、①はじめに今年の短答試験の科目ごとの出題傾向(出題の範囲、深さ)について説明した上で、来年の短答対策について科目ごとにお話し致します。  今年の短答試験が難化し、過去問を回すだけでは対応 [続きを読む]
  • 9月までの短答・論文のバランス
  •  ASKでも質問があったので、今回は、今年の短答試験に合格できなかった方が、今年9月までにやるべき勉強について、記事にさせて頂きました。 →短答対策に関する記事はこちら  まずは、9月までの間に、平均して130点付近を取れるくらいの実力を身に付ける必要があります。  受験者の3分の2くらいが合格する短答試験に落ちているということは、短答が苦手か、あるいは対策不十分のどちらかです。  そして、公法・刑事は、全肢 [続きを読む]
  • 1年ぶりの大阪でした
  •  昨日は、大阪で「7科目横断分析会」を開催してきました。  資料配布ご迷惑おかけすることになりましたが、50数名もの受験生の方に参加して頂き、休憩時間や分析会終了後も多くの方から質問を受けることができました。  また、分析会後の懇親会にも多くの方に参加して頂くことができ、受験生間の輪も広がり、良い分析会になったと思います。  大阪に行くのは1年ぶりで、関西で受験生の方と直接お会いするのは約2年ぶりでし [続きを読む]
  • 平成29年司法試験 短答試験の合格点
  •  今年の短答試験の合格点は108点でした。  なお、 受験者平均113.8点 合格者平均125.4点 合格者数3,937人(採点対象者数5,929人)  問題の難しさに対応して、合格点が6点も下がりました(平成28年は114点)。  111〜113点という採点結果の報告が数件あったため、安心しています。  他方で、あと1〜2点足りないという報告例もこれからあると思います。  以下では、来年の短答対策に [続きを読む]
  • 6月10日の資格スクエア&BEXA共催の司法試験分析会について
  •  6月3日(土)に開催された資格スクエア主催の「7科目横断分析会」との違いについて、お問い合わせを頂きましたので、回答を共有させて頂きます。→6月10日の分析会の詳細はこちら  資格スクエアでの「7科目横断分析会」は、解答筋を模範答案及び速報動画(→こちら)で把握してもらっていることを前提として、論点ごとの元ネタ及びそれを踏まえた科目ごとの勉強方法について中心的にお話し致しました。  これに対し、 [続きを読む]