o-rudohime さん プロフィール

  •  
o-rudohimeさん: グッドタイミング
ハンドル名o-rudohime さん
ブログタイトルグッドタイミング
ブログURLhttp://jetegami.exblog.jp/
サイト紹介文絵手紙にはまって毎日描いています。 すべての絵は自己満足、辛口コメント歓迎。
自由文奥の深い絵手紙沢山見て勉強したいわ。
見ると描くでは大違い落ち込むときの方が多いのよね。
でも見てほしい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供345回 / 365日(平均6.6回/週) - 参加 2014/05/23 15:31

o-rudohime さんのブログ記事

  • ミステリー・アイランドに立ち寄るのがミステリー 〜バヌアツ〜
  • バヌアツ共和国は72の島から成り その中には無人島も含まれている。面積1平方キロメートルにも満たない無人島「ミステリー・アイランド」に立ち寄った。ここには第二次世界大戦の時に使われた滑走路があり今でも草ぼうぼうながら現役。それ以外は何もなくただ青い澄み切った海があるのみ。浅瀬で桟橋もないので大きな船は着岸出来ない。船に積まれているライフボート(救命ボート)で上陸する。歓迎の... [続きを読む]
  • 鰻のかば焼きの境界線  〜カラメル画〜
  • 国技館のある両国(結婚当時からしばらく住んで居た)は鰻 どぜう屋さんが多く 店売りしているところもある。舅は鰻の好きな人で一人前だけ自分で買ってきて 焼き直して食べていた。匂いだけをおすそ分けされる身になれば店で食べてくればいいのにと思ったものだ。その舅は土用の丑の日に家で皆揃って鰻を食べた日に亡くなった。普段一人だけで食べていたバチがあたったわけでも 鰻にあたった訳でもなく心臓麻... [続きを読む]
  • 天国に一番近いと言うより天に近い島 〜ニューカレドニア〜
  • シドニー発着のクルーズに3月末の誕生日に合わせ出かけた。誕生日も過ぎ・・美しい夕日を見た翌日は初寄港地ニューカレドニアの首都ヌメアに着いた。民族衣装で出迎えを受けた。ニューカレドニアはフランス領なので公用語はフランス語 勿論英語も通じる。モナコ公国より小さく森村桂作の「天国に一番近い島」で日本人にも一気に知られた。ツアー会社の観光なので街を散策することもなく簡単な観光だっ... [続きを読む]
  • 死んだふりする風船カズラ
  • ベランダにはエアコンの外機が熱風をまき散らしています。エアコンの外機から一番離れた所に風船カズラを植えてあります。隣まで侵入しそうになり見た目は気にせず網を張り Uーターンさせました。小さく可愛い花を付ける風船カズラ ふと気が付けば風船がそよかぜに揺れていました。直接日が当たる時間は夕暮のひと時 その頃葉はシナシナ 今にも死にそうに見えます。ここで死なれると大変 朝な夕なに水... [続きを読む]
  • 人間社会は少子化なんだって
  • 現代は結婚率が非常に低いと言われている。女性の社会進出も理由の一つだと思う。昔は当たり前だった2世帯 3世帯が同居することも少なくなった。10匹ほどのメダカを飼い始めたが雄雌の比率は解らなかった。何時の間にやらドンドン増え今では大小合わせて5個のケースになってしまった。一番豪邸に住んでいるメダカはほとんどが黒メダカ 卵をホテイアオイに産んでいる。壺がおおきいので夏でも水がぬる... [続きを読む]
  • 自分の分相応の査定
  • 日々を分相応に過ごすのが気楽で一番いいと言う言葉には納得させられる。「一般的」 に悟りを開いていない人はつい隣の芝が青く見えるように自分と他人を何らかの形で比較してしまうのではないかと思う。特に自分より上の人が気になる。ウインドーショッピングしか出来ない自分 誰がこんなステキで高価な品を買うのだろうかと妬む心がある。身近の人があっと言う間に資産家になった話を聞くと どうやって儲... [続きを読む]
  • 立っていろと言われれば立っていますよ
  • 20数年陶芸をやっていたが やめて6年が過ぎている。作陶をされている方のブログを見るともう一度始めてみたいと思うがそんな場所もなくあきらめざるを得ない。高さ50cm 39.4cm×18.5cm偶然出来た梅花皮(カイラギ)もどき 高さ52cm 36×17.5cm金彩を施した。高さ54cm 上径42cm 下径21cmつるバラのつもり時にはよじれて立っていられない作品も出来... [続きを読む]
  • 目先だけ見ていても生きていける
  • 数日前にとんぼの絵に「極楽とんぼ」と言う言葉を使った。あの時は他人事の様に書いたが まさに自分が極楽とんぼだと思う。行き当たりばったりの生活 考える前に行動に移る。当然「しまった!」と思うもあるが「まぁ〜 いいか!」でこの年まで生きて来れた。未来の計画を立てても今どきの時代 どうなるか解らない・・極楽とんぼの考え。ゴクラクチョウカ(ストレチア)今 思ったことをすぐ実行するのも... [続きを読む]
  • 金庫発見か? 
  • 相変わらず断捨離が進んでいます。気前よく処分した中に3月から4月にかけて旅行に行った 南太平洋クルージングの書類まで捨ててしまいました。未アップです 何とかしなければ。旅の話が進まない内に次の旅が間もなく始まります。・・・という訳でつなぎの話題(笑い)を。ずっしりと重い鍵穴のある木箱が出てきました。縦17cm 横19cm 奥行15cm 鍵は行方不明中身が気になり 空けたく... [続きを読む]
  • 自然の中の人間
  • ツアーで海外旅行をしていると必ずと言っていいほど世界遺産(文化遺産 自然遺産 複合遺産)と名の付くところを訪ねている。多い時は同じ町にある世界遺産をはしごすることもある。世界遺産巡りが趣味で何カ所回ったと話す方もいる。自然豊かな所が世界遺産に指定され それまで訪れる人は数えるくらいだったのがドッと人で賑わい経済効果がある。反対にゴミを残し 禁止区域を歩く 植物などを持ち帰る 建物... [続きを読む]
  • 尊き命
  • 昨日ペットのもも太郎が人生の半分を過ぎようとしている事を書いた。もも太郎も(は)メタボなので後5〜6年の寿命ではと思う。私と同時期になりそうだ。もも太郎に「お前よりは先に死なないからね」とは言い聞かせている(独り言ではない)がこれだけは「指切りげんまん嘘ついてごめんなさい」になるかも知れない。前回住んで居た家にはキバタンが群れてやってきていた。庭先の木がネグラなので朝夕はにぎや... [続きを読む]
  • 出っ歯なんて言わないで げっ歯類なの
  • 最近のトマトの種類を調べただけでも33種類もあった。その中に「ももたろう」と言う名前のトマトがある。ペットの袋モモンガも「もも太郎」と言う。出生証明書によると今年で6歳になる。寿命が12〜15年と言うから人間なら40〜50代 男盛りの年齢(60代の方 言葉のあやなのでお許しを) おじさんと呼ばれる年齢ではない。夜行性なので眠っているのを無理やり起こした。普通 寝顔は可愛いと言... [続きを読む]
  • 群れていても独り
  • 小学生の時の通信簿にはいつも「協調性がない」と書かれていた。一人っ子で 父親の教育方針だったのか小学生の頃は近所の子達と遊ぶのを禁じられていた。大人になった現在でも群れるのが苦手。と言いつつも 親しい仲間が何々会を作れば参加したい 飲み会となると率先して参加する。シカトされるのは耐えられない。ある人の言葉に感銘を受けた。「生きぜしもひとりなり 死するも独りなり されば人と共にす... [続きを読む]
  • エルミタージュ美術館 完結編
  • 数日をかけて書いたエルミタージュ美術館の静かな話題も今日が最終日となる。ミケランジェロの「うずくまる少年」先ず正面を写したいと思ったが かぶりつきの女性(少年の後ろ姿からかすかに頭が見える女性)がこの少年に何かを語りかけているのか動いてくれず後ろ姿を厭きるほど見てから前に回った。「1812年祖国戦争」の画廊ナポレオン戦争の勝利を記念し戦争に参加したロシア軍人332名の肖像画は描か... [続きを読む]
  • ドラえもんのポケット
  • 1日1枚は絵(絵手紙)を描こうと思っているが 何を描こうか思いつかない日がある。昨日は夕焼けが美しかった。70×38cm パステル画パステル画を描き始めて間もなくの作品で2007年7月4日とご丁寧に日付を書いてある。先生に これは朝日? それとも夕日? と聞かれ返事に窮した覚えがある。だって本を見て描いたのだからそんなこと解らない。昨日の夕焼け空が美しかった。刻一刻と移... [続きを読む]
  • 名付け親の顔が見たい
  • 植物の花を描くことが多いので図鑑で名前や葉の形 葉の並び方等を調べる。「シクラメン」を和名では「ぶたのまんじゅう」と呼ぶ。聞けばなるほどと思わなくもないが豚(いのしし)がシクラメンの球根の好んで食べたことから英訳の「豚のパン」からきているそうだ。「ナンジャモンジャ」 という花も何となく納得。「金のなる木」 を挿し木で増やした。少しも金持ちになれなかったがあやかりたいとほしがる人... [続きを読む]
  • 日常の心がけ
  • 日々思っていることが つい口をついて出てしまう事がある。先日病院で薬の処方箋を貰うだけに小一時間待たされた。薬局でも結構待たされイライラ。薬剤師さんが「薬の飲み忘れは無いですか」と聞かれ 思わず「飲み忘れる程ボケていませんよ」と悪たれをついてしまった。数種類の薬を飲んでいるが何故だか(この段階でボケたのかなと思っていた)残った薬の数が合わない。素直に薬剤師さんの前で「はい」が... [続きを読む]
  • ここだけの話よ
  • さもさもビックニュースの如く 「誰にも言わないで」とささやかれる話の内容は噂話 それもつまらない噂。どうもうさんくさい内容なのでサラリと聞き流す。経験上 調子に乗って一緒に話すと噂の出元がいつの間にか自分になっていたことがあった。知っているのは自分だけかと思う間もなく周りの人はすでに皆知っていた。あれ程親しく思っていた女性とプツッ!と交流が途絶えた。原因は私にあると思う。こん... [続きを読む]
  • お迎えする人もいないお盆
  • 間もなくお盆が訪れる。関東地方では7月13日の盆の入り 14日の中日(お中元は梅雨が明けなくてもこの日から贈れる)16日の盆明けまでお休みになる所が多い。地域によっては8月の13日が盆の入りになる所もある。あの世から胡瓜の馬に乗って早く帰って来るように 茄子の牛に乗ってユックリあの世へ帰る様にそして亡くなった人の魂が鬼灯の空洞に宿って帰れるようにとお盆の飾りをする。鬼灯(ホ... [続きを読む]
  • 命 預からせて頂きます
  • ツアキエダシャクの蛾です。事情があって・・・・去年枯らしてしまったが山椒の木を育てていた。春 山椒の木にアゲハチョウが卵を産み葉は食べつくされ 丸裸になった。秋近くにやっと新芽が出始めた頃に又もやアゲハチョウが卵を産んだ。食糧難でさなぎになったのは1個だけだった。越冬し春になり孵化 羽が乾くのを待って飛び立った。忘れられない想い出。ピーナツを育てている事はいつか書いた。... [続きを読む]
  • エカテリーナ宮殿 最終編
  • 7月8日「美の巨匠たち」〜関東地方ではテレビ東京 関西地方ではテレビ大阪〜 がエルミタージュ美術館を放映していた。エカテリーナ宮殿の次に書こうと思っていたので 熱の冷めないうちにと慌てた。宮殿についてはこれにて打ち切り〜エカテリーナ宮殿にはエカテリーナ2世の公室「アラベスクの間」や絵画が壁一面に飾られた部屋 等が続いてある。東洋風の部屋には陶磁器が飾られ「中国風青の客室」と呼ば... [続きを読む]