marumi-housing さん プロフィール

  •  
marumi-housingさん: ナチュラルインテリアの家を造る建築士のブログ
ハンドル名marumi-housing さん
ブログタイトルナチュラルインテリアの家を造る建築士のブログ
ブログURLhttp://blog.marumi-housing.co.jp/
サイト紹介文埼玉県越谷市のマルミハウジングでナチュラルな家を造る日記
自由文マルミハウジングは埼玉県越谷市を中心に注文住宅・輸入住宅を展開する工務店です。南欧自然素材でプロヴァンス・ナチュラルフレンチスタイルを得意としたリフォームから店舗デザインまで自然な暮らしの家づくりならお任せ下さい。ブログは住まいとインテリアについてマルミハウジングの建築士&インテリアコーディネーターが綴ります。http://www.marumi-housing.co.jp
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供186回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2014/05/23 19:38

marumi-housing さんのブログ記事

  • 埼玉県民。
  • 木造+RC混構造の家がけを根切をして只今こんな状況。ブルーシートにがっつり覆われてケガしたヒトみたいになってるーwww根切り部分はRC駐車スペースになりこの上に和な家が建ちます。高台の家です。本日はこちらの家のヒノキや杉なんかの建材などを見るため展示場やらショールームやら都内を廻って只今少々ぐったりな夕方です。さて埼玉県は比較的高低差が少ない平坦な土地柄で建築にガケ地やら要壁とかがからむことが少ない [続きを読む]
  • おねだん以上。
  • リビングの壁に沿ってびしーっと造作家具を収めた家。テレビボードと壁面収納シェルフ。ドアや造作材とペンキの色と合わせています。数年前の案件です。ナチュラルなおうちにあわせたナチュラルなデザインの無垢材の扉の造作家具。造作家具はおねだんはイイですがおうちにぴったりのものが造れます。さて。あたりまえですが、家具が好きです。仕事じゃなくっても家具ってモノが好きです。別に高いものじゃなくても好きです。インテ [続きを読む]
  • フレンチシックなニッチ。
  • ニッチとは壁の厚みを利用して造る飾り棚です。厚みはかぎられますがさまざまなカタチはできます。左官の壁に小さく凹ませて塗りこんで洞窟みたいにするのが一時は流行っていましたがフレンチシックなインテリアにはナチュラルすぎてちょっと似合いません。フレンチシックににあうエレガントなニッチは四方にモールディングを廻して中をクロス貼にします。すると可愛いけどナチュラルすぎない額縁みたいなニッチになりました。クラ [続きを読む]
  • 夏のノスタルジー。
  • 先週末の完成現場見学会にはたくさんのお客様に足を運んでいただきありがとうございました☆“ノスタルジックな家”がテーマのこちらのおうち、ちょっとご紹介。吹き抜けの階段ホールは北欧カラーをMIX。和と北欧は相性がよいのです。ペンダントライトのフローラガラスがさりげなく、和ノスタルジック。施主様が古道具やさんで購入したレトロな建具は現代には小さいので木を継いで大きさをだしてリメイク。新品には出せない味わ [続きを読む]
  • 沈黙の答え。
  • 高校1年女子。大学1年女子。40半ば母。女3人で暮らしていたら365日平和なわけがなくそりゃケンカもします。友達親子はいいけど親行も忘れてはならんと思うから叱るときは激しく叱ります。物が飛び、愛犬は怯えて隠れる。(たまーにですよ、たまに笑)先日の朝は次女と携帯の使い方をめぐって言い争い。子供は子供の言い分があるのはわかるが未成年のうちは親の考えに従わせるのが私の教育方針であーるwwwというわけで話し [続きを読む]
  • 好きな色は。
  • 本日と明日、完成現場見学会を開催してます。吉川市T様邸。和ノスタルジックがテーマ。ちょっと懐かしい感じの落ち着いた家です。美容室を併設した店舗併用住宅ですがまだ美容室部分は工事中〜です。お客様の好きな色はまず最初に確認したい。そこでだいたいのイメージがつかめます。T様のカラーはブルー&ブラウン。ホワイト塗装だった照明器具のかさを監督リメイクで渋茶に塗りました。画像奥に見える引き戸の建具は古道具やさ [続きを読む]
  • ホームセンター。
  • ときどき現場にいるとこれ買ってきてーとおつかいに出されることがあります。たいていはホームセンターです。ガラ袋とかそんなんが多いですが金物を頼まれるときは注意。だって種類が多すぎて、まずわかんない。実物を写メで撮っていっても大きさや径、太さ、形状、材質etc間違えて買ってかえって買いに戻ったことは1回や2回ではなく…笑なので金物のおつかいは実物を1つ、てのひらににぎりしめて買い物に行きます。コドモみた [続きを読む]
  • 住宅展示場論。
  • 7月イベントDECOアンブレラ、楽しく終了しました。ご参加頂きました皆様ありがとうございました☆傘をデコした後はモデルの庭で臨時の大雨を降らせてみんなで大はしゃぎー。さて。住宅展示場ってめっちゃ入りずらいですよね。実際私も住宅展示場ってなかなか行けません。ホントはいろんな家、見てみたいですが見込み客以外は絶対寄せ付けない雰囲気で簡単に入ることができない…大手HMの営業さんたちの家買ってくださいっ!!! [続きを読む]
  • 和ノスタルジック + MUSIC。
  • リビングの吹き抜けにぶらさがったレトロなシャンデリアとちいさな箱。さーてこれはいったいなんでしょーか。正解はスピーカーでした♪ROCKをこよなく愛するご夫妻のおうち。吹き抜けのシャンデリアとからめてTaguchi Craftの木製スピーカーをつけました。六面体のすべての面にスピーカーです。木製でインテリアとしても素敵です。リビングを見上げるとこんな感じ。和ノスタルジック+MUSICなこちらの家、今週末完成現場見学 [続きを読む]
  • 大人の男前の家。
  • 先週末の流山市の見学会にお越しくださった皆様ぜんぜん工事が終わらず完成見学会でなくって工事中見学会になってしまいました。ごめんなさいーさてこちらのおうちはスキップフロアを採用しています。スキップフロアとはフロアの高さに高低差をつけた間取りです。横に広がる空間と縦に広がる空間のつながりでリズム感のあるおうちになります。間取りを考えるときには平面だけでなく縦方向の断面でも検討します。図面を上下さかさま [続きを読む]
  • あなたのために。
  • とっても問い合わせの多いこちらの壁面ディスプレイ収納はクレイ教室を併設したおうちの作品ディスプレイ用に造作したマルミオリジナルです。さて。昨日ほんとに事務所にかかってきたまだ若いと思われるお兄さんからの電話には驚いたのを通り越して笑ってしまった。「あ、すみませーん○○県の建設会社のものですけど○月○日のブログに乗ってる画像のクロスのメーカーと品番を教えてくださーい」「…はっ?」「○月○日なんすけど [続きを読む]
  • 大人と子供のあいだ。
  • ココンフワットの白いテラスに絵になるかわいい姉妹。こちらはここふわスタッフのお嬢さんたちです。今週末のイベントはデコ傘つくり。子供って傘なくしますよね(え?なくさないって?!)自分で作った傘ならばなくさないハズ。そして目立つこと間違いなし。イラスト描きがとっても上手なスタッフがお手伝い♪日時:7/2(SUN)10:00〜/14:00〜(二部制)場所:マルミハウジングモデルハウスココンフワット☆ご予約メール info@ [続きを読む]
  • 求められるもの。
  • 新モデルハウスココンフワットオープンして約半年。たくさんのお客様にご来場いただいています。実験的にいろんなインテリアテイストのお部屋をコーディネートしてみましたところ私たちに求められているものが何かうっすらとわかった気がしています。小さな住宅メーカーはひとつの色に染まるのは怖いものです。もしその流行が終わってしまったら大打撃を食らうから。でもねいちばん大事なのはそこじゃなくって安全で信頼できる家を [続きを読む]
  • オリジナルキッチンデザイン。
  • マルミハウジングの標準仕様のキッチンは○XILでも○イージーでも○-ヨーキッチンでもなくセミオーダーです。ある程度のカタチが決まっていてチョイスする感じ。ですが、それじゃ満足いかないこだわりやさんにはフルオリジナルデザインのオーダーも対応してます。画像のキッチンの奥様はシャビーシックなキッチンをお求めで既製品には存在しないっってことでフルオーダーでデザイン、造作しました。いわゆるコの字型です。キッチンという枠 [続きを読む]
  • 熱い現場。
  • 本日見学会の千葉県流山市K様邸工事が遅れておりまして見学会やってますが現在絶賛工事中(笑)監督いしいちゃん、室内物干し取り付け中。天井も壁も羽目板を貼って壁はブルーグレイに塗装。汚してるわけではなくって白いタイルに黒い目地。タイルやさん施工中。フェイククロスじゃありません。ホンモノ古材です。ランチフェンスをヘリンボーン貼りに。こちらリビングのアクセント壁。吹き抜け足場がようやく取れたぁ。当然ですが [続きを読む]
  • わいわい。
  • 今月から来月にかけてマルミハウジングイベント、目白押しです☆明日は千葉県流山市のおうち完成見学会。施主様のこだわりがぎゅーっとつまったおうち。お近くの方はぜひ。モデルハウスココンフワットオープンと同時にお手伝いの女性スタッフ2名が仲間に加わってくれました☆そしたら華やかさと活気がでてお仕事の幅がぐーんと広がりました。モデルハウスの管理、季節のディスプレイ、イベント企画、運営、宣伝、フライヤー作成。 [続きを読む]
  • 和ノスタルジックなまこ壁。
  • なまこ壁って知ってますか。こんなんです(※画像はお借りしてます)平らな瓦を壁に張り継ぎ目をしっくいでかまぼこ状に盛り上げた壁。和ノスタルジックな家&美容室、吉川市T様邸。なまこ壁みたいにしたいねーってハナシになったけど予算を考えるとムズカシー。で、職人歴半世紀、左官番長にお願いしてちょこっとだけ、そんな雰囲気をだしてもらってます。番長曰く、「なまこ壁みたいなタイル使えばいいっぺー笑」やだやだそんな [続きを読む]
  • 描いては消し、消しては描く。
  • プランニングに煮詰まってます。他のことをしていてもぼーっと上の空。頭の中にあるCAD画面で描いては消し、消しては描きをひたすら延々くりかえしています。私はCAD画面上でプランニングをします。描いてる途中はJWの画面は線だらけで他の人が見てもなんだかわかりません。PC上なので消しゴムのカスが出ないのは助かります。便利な世の中です笑1箇所でもしっくりこないと前に進めません。普段はずぼらでいーかげんな性 [続きを読む]
  • 愛車のはなし。
  • オンボロと評判の私の愛車。オートロックではありません。がちゃがちゃと鍵で開け閉めします。ナビがぶっ壊れていて作動しません。もちろんテレビも見れません。社内BGMはラジオオンリー。給油ランプってものがないのでよくガス欠しかけて青ざめてますwwwルーフトップの塗装がハゲハゲなのはちょっとみっともないです笑この子に乗らない日はほぼありません。さすがにボロすぎるので車を買おうか、と考えるのですが走ればいーんだ車 [続きを読む]
  • 和の建築。
  • この夏着工のK様邸。梅雨前のまばゆいばかりの晴天の下週末に地鎮祭をおこないました。立派な尾頭付きの鯛新鮮な野菜や果物。お神酒に米、塩、水。9割注文住宅のマルミではほとんどの施主様が地鎮祭をおこないます。やり方は宗派とかあるのでさまざまです。式は何度列席してもやっぱり緊張します。よい家が建ちますように、と安全な工事になりますように、と土地の神様にお願いします。真壁、床の間、床柱、障子。純和風がコンセ [続きを読む]
  • 6月。
  • 壁にアイアンやガラスを埋め込むと空間に抜け感が出て素敵です。さて。今月は私の誕生日月です。梅雨生まれの雨女です。梅雨生まれの雨女でも雨がきらい。気圧の変化にものすごーくヨワイのでいちばんニガテなのは低気圧の王様、台風。気分体調ともに不良になる。ぜんぜん自覚はないのですが友人にも家族にもスタッフにも業者さんにも「機嫌が声でわかる」と、言われます。笑顔なのに目が笑ってないのと同じで笑顔なのに声が怖いって [続きを読む]
  • 風水とか。
  • モデルハウスココンフワットの2階トイレ&手洗い。昔風とモダン、ふたつの表情を融合した水廻りデザイン。さて間取りを描く前のヒアリングのとき「方位とか風水とかあんまり気にしませんが、水廻りだけ鬼門をさけてほしいなー」という施主様のご要望は結構あってトイレをどこに置くかはちょっと悩んだりします。家を建てるときに方位や風水を気にするか気にしないか。気にし始めればほんっとに気になるし気にしなければぜんぜん気に [続きを読む]
  • たわごと。
  • 都内に出るのがキライな腰の重い私に合わせてくれて北海道と群馬からわざわざ越谷まで足を運んでくれた業者さんと地元のしぶーい居酒屋で飲み会。ひさびさ飲みすぎて完璧酔っ払うー。井の中の蛙にならないようにいつまでも柔らかい感性で人の話を聞くのは必要だと思います。でも人の意見に振り回されないように自分の軸をぶらさないことはもっと必要だと思っています。私はもうベテランの域の年齢。新たに何かを吸収するのも大切だ [続きを読む]
  • BABYクロゼット。
  • 海外の子供部屋ってホントに夢があって洋書やインスタ画像を見るの大好きです。「洋書で見るような子供部屋にしたいー」と思っても現実は子供が大きくなったときのことを考えてシンプルに落ち着くことが多いのですが子供でいられる時間には限りがあるのだから夢のあるお部屋を造るのもよいですね。大きくなったときのことはまたそのとき本人の好きなお部屋にしてあげる、ってことで(笑)画像はモデルハウスここふわに造ったBABY [続きを読む]
  • 私のカントリー。
  • 節ありのパイン材の家具赤いチェックのファブリック星条旗のタペストリーホーローのカントリー雑貨アン&アンディのお人形etc…アメリカンカントリーインテリアは今から20年くらい前に流行しました。かくいう私もアメリカ開拓時代を描いた海外ドラマ“大草原のちいさな家”を見て海外インテリアへの憧れを募らせた世代です。アメリカンカントリーとナチュラルカントリーとなにが違うの?とよく聞かれますがそういう話は長くなるの [続きを読む]