谷川鹿男 さん プロフィール

  •  
谷川鹿男さん: 子羊の婚宴
ハンドル名谷川鹿男 さん
ブログタイトル子羊の婚宴
ブログURLhttp://sunsheeps.blogspot.jp/
サイト紹介文天における大祭司キリストの務めと再臨について
自由文ここでは皆様がご存じないことを書きたいと思います
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供77回 / 129日(平均4.2回/週) - 参加 2014/05/24 06:47

谷川鹿男 さんのブログ記事

  • 殺されなければならない は 本当ですか?
  • 本当です 今でなくても 最後の審判で死ぬことになります 仲保者がいなければのことですが 殺されなくても罪のある人間はすべて 滅ぼされます又キリストの贖いを無駄にし 聖化されないものも同じです キリストの死は私たちの身代わりで素晴らしい 愛の現れですが その死を 申し訳ないとも思わず 自責の罪を犯し続けるのも信じているとは思えませんこれらは最後の時に滅ぼされます 思い出してください 決して死ぬことは [続きを読む]
  • 律法(トラー)の実態と影 2
  • 前回律法(トラー)とキリストの実態と影 1で書きましたが キリストの実態のために影となった律法をどう考えるかと言う事ですが確認したいのは律法は規定以外廃棄されたのですが さらなる 実体が廃棄されたのであって 意味合いは変わっていません。では キリストの実体はどんなものかといえばヤシュア キリストを知らなければ解らないようになっています。 実体のレジュームは十戒ですが一番いいのは新約の言葉を十戒のど [続きを読む]
  • 音楽という楔
  • 前回律法(トラー)とキリストの実態と影 1で書きましたが キリストの実態のために影となった律法をどう考えるかと言う事ですが確認したいのは律法は規定以外廃棄されたのですが さらなる 実体が廃棄されたのであって 意味合いは変わっていません。では キリストの実体はどんなものかといえばヤシュア キリストを知らなければ解らないようになっています。 実体のレジュームは十戒ですが一番いいのは新約の言葉を十戒のど [続きを読む]
  • 羊毛と亜麻糸を混ぜて織った着物を着てはならない
  • 申命記22:9 ぶどう畑に二種の種を混ぜてまいてはならない。そうすればあなたがまいた種から産する物も、ぶどう畑から出る物も、みな忌むべき物となるであろう。22:10 牛と、ろばとを組み合わせて耕してはならない。22:11 羊毛と亜麻糸を混ぜて織った着物を着てはならないよくある話ですが 日本人はイスラエルである 吉田松陰の言葉を聖書と重ねる 仏教徒御言葉を重ねる 人の話 言い伝えなどと混同する など 時々クリスチャ [続きを読む]
  • 聖霊様に祈ると言うニューエイジの危険性
  • 皆さん聖霊と言うのは 認めるとか 認めないと言うものではなくキリストを指し示すために働いておられます  しかし聖書のどこに聖霊に祈れと書いてあるでしょうか?  祈るのは キリストの名前により天父に祈れと書いてあります キリストに対して祈ることもあります が どこにも 聖霊に対して祈れと書いてはなく 御霊によってと書いてあります それは御霊がキリストを示すからです ではなぜこのような ミスリード 誤謬 [続きを読む]
  • 尊い労苦とその能力を与えていただけるもの
  • 普段の生活において キリストに仕える者は 心を尽くし 人に使えなければならない自分の利より 人のために働かなければならないのですが ところが そんなに 最初から能力があるものでもありませんそのような 働きができ 人の役に立つには相当な経験や忍耐が必要です要するにそれが出来れば神の栄光を表すことの一つになりますこれは自力ではできません しかし 本当にあなたが 天父の栄光を表したいのなら又そういう信仰 [続きを読む]
  • 律法(トラー)の実態と影 
  • 律法(トラー)の実態と影 この律法に関して言えばコロサイ2:17 これらは、きたるべきものの影であって、その本体はキリストにあるこれは前後を見ればわかる通り その方法に対してジャッジしてはいけないという事でありそのもの自体はあるという事です 自分の都合で解釈すると違う意味になります 指導者も同じような間違った理解をしています。この律法の廃止と言う間違った考え方について書きたいと思っています。皆さんご存 [続きを読む]
  • 聖書による携挙の時期と有様
  • 携挙には艱難前携挙説 と 艱難後携挙説 があります 艱難前携挙説はそもそも イエズス会リベラにより1588年に宗教改革に対抗し反キリストは未来に出現すると言う神学を立てたこれに影響を受けたダービーの解釈を黙示録の開設に付けられたため 現在の偽教理の艱難前携挙説が主流を占めるようになった もともと ローマ教皇が666の獣であることを 宗教改革のリーダーたちがこぞって 述べたため この隠蔽工作の為に作ら [続きを読む]
  • あなたがたの父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。
  • ルカ6:35 しかし、あなたがたは、敵を愛し、人によくしてやり、また何も当てにしないで貸してやれ。そうすれば受ける報いは大きく、あなたがたはいと高き者の子となるであろう。いと高き者は、恩を知らぬ者にも悪人にも、なさけ深いからである。6:36 あなたがたの父なる神が慈悲深いように、あなたがたも慈悲深い者となれ。憎いやつが必ずいます どう見ても こいつ ひどいなあ というような奴です さてどうしますか? 仏も神 [続きを読む]
  • ダニエル書2300日と再臨運動
  • ダニエル書2300の朝と夕ダニエル8:14 彼は言った、「二千三百の夕と朝の間である。そして聖所は清められてその正しい状態に復する」ではエルサレム再建命令から2300日の夕と朝つまり2300年はいつでしょうか 起点をエルサレム再建命令にする根拠は後ほど書きます紀元前457年から2300年は1844年になりますこれを裏付けるものが 2つあります一つは ダニエル7:25 彼は、いと高き者に敵して言葉を出し、かつ、い [続きを読む]
  • 試みの時信仰が試されます 
  • その時が来ると 神様ごめんなさいでは通用しなくなります。今はほとんどが用意されています キリストが手本となられたからです今はどの人も良いクリスチャンの様に見えますが試みの時にはその姿ははっきりしてきます 自分に対するご利益なのか キリストに対する愛なのかがはっきりしてきます その時までにキリストの品性を身に着けてください試みの時がくると、神のみ言葉を自分の人生の尺度とした人たちは、はっきりわかるで [続きを読む]
  • 契約の箱の発掘 失われたアークの謎
  • 契約の箱の発掘 失われたアークの謎 日本でも契約の箱が剣山にあるとかひそかに噂されていますが イザヤがエルサレムの洞窟に隠したと言われています考古学者 ロンワイアット が 探したところ キリストが処刑されたゴルゴダの丘の真下に裂け目がありキリストの血が契約の箱に注がれていた 何とその血を研究機関に鑑定してしまった所 その結果はいかに? この実話は映画インディージョーンズ失われたアークの元ネタになったそ [続きを読む]
  • イエスの墓
  • イエスの墓 エルサレムのアラブ人街に園の墓 そこには 古代から(1世紀ごろ)岩をくりぬいて作った墓があります そこには 聖書の記述と合致する墓 洞窟があります そこがイエスの墓と言われる場所です。内部の作りなどは 聖書の記述とほぼ同じです 石の封印なども見つかっています。 封印に使われた金属は研究機関で分析すると古代ローマが使っていたのと同じ手法で作られていたことが判明しました。そこには屋根がついて [続きを読む]
  • ノアの箱船 が いよいよ 発掘調査に
  • ノアの箱船 旧約聖書の物語で有名なノアですが彼は神の啓示のもと 洪水が起きるから箱舟を作るように 命じられ 箱舟を作るが 他の人からは 信用されなかったが 本当に洪水が起こり他の人は滅びますさて これらの神話のような話が本当だったのです google earth で 探せます https://www.google.co.jp/maps/place/39%C2%B026'26.7%22N+44%C2%B014'04.7%22E/@39.4409201,44.2303002,969m/data=!3m1!1e3!4m5!3m4!1s0x0:0x0!8m [続きを読む]
  • 見えるものによらない信仰とは
  • 2コリント5:7 わたしたちは、見えるものによらないで、信仰によって歩いているのである。この事は有名なへブル11:1 さて、信仰とは、望んでいる事がらを確信し、まだ見ていない事実を確認することである。なのですが 具体的にはどういうことなのでしょうか?言葉としては知っていても現実の生活の中ではかなり必要な事なのですが あまり 語られる事はありません。どちらかと言うと目に見える神の御業に注目されます それは  [続きを読む]
  • 聖徒の忍耐 最後の迫害の時貴方は耐え忍べるか?
  • 黙示録14:12 ここに、神の戒めを守り、イエスを信じる信仰を持ちつづける聖徒の忍耐がある」。最後の時生き残るべき聖徒144000人の上に臨む大迫害しかしこれを耐え忍ぶものは義の衣を着せられます。最後までイエスを信じ世の友とはならないようにしましょう [続きを読む]