JE1NGI さん プロフィール

  •  
JE1NGIさん: Le Cahier de JE1NGI
ハンドル名JE1NGI さん
ブログタイトルLe Cahier de JE1NGI
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/je1ngi599
サイト紹介文アマチュア無線局 JE1NGI のCW,コンテスト,アワード,衛星通信,QRP,移動運用などの記録(ノート)です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供380回 / 365日(平均7.3回/週) - 参加 2014/05/24 13:17

JE1NGI さんのブログ記事

  • CQ誌 2017年4月号 別冊付録
  • 別冊付録は,「遠隔制御の魅力に迫る!リモート・シャック構築ガイド」です。以前から,リモート・シャックには非常に興味があります。いわゆる別宅シャックの計画があるわけではないのですが,そうでなくても自宅シャックのリグを自宅外から運用するということができればおもしろいと思っています。例えば,私は,以前宇都宮市に単身赴任していましたが,単身先から自宅のシャックのリグを運用できればすごく便利です。「使える遠 [続きを読む]
  • QTH Locatorを使ってみた
  • CQ誌4月号に紹介されていたアンドロイドアプリ   QTH Locator QBICをスマホにインストールして使ってみました。QBICってどこかで聞いたと思ったら,QSLカード印刷のキュービックでした。スマホのGPS機能により,現在位置の市区町村名,JCC/JCGナンバー,グリッドロケータが表示できます。行政区画の境の近くで運用するときには,自分の運用市区町村が間違いないかを確認するため,自動車で移動しているときにはナビを使ったりす [続きを読む]
  • 宇宙戦艦ヤマト発見!
  • 2017年3月25日(土),秋葉原に行ったところ,偶然にも,ヨドバシカメラの前で,宇宙戦艦ヤマトを発見しました。映画「宇宙戦艦ヤマト2202愛の戦士たち」のPRのようで,100分の1模型が飾られていました。宇宙戦艦ヤマトは何年か前からリメイクされていますが,私は,アニメといえば,宇宙戦艦ヤマトの世代なのです。TVシリーズは全部見ましたし,映画も「宇宙戦艦ヤマト愛の戦士たち」を始め,ほとんどを劇場に見に行ったことを [続きを読む]
  • 初歩的な測定器が揃ったか
  • メモリキーヤ,Tri-Bander,オシロスコープ,ファンクション・ジェネレータなどキット製作をしてきました。次は,どんなキットにトライしようかと思い,ネット検索をしていたところ,CQ出版社の月刊誌「トランジスタ技術」が,誌面と連動で様々なキットを販売しており,その中に,アマチュア無線に関連するものも含まれていることを見つけました。この雑誌の存在は知っていましたが,アマチュア無線とは関係のない電子工作の雑誌と [続きを読む]
  • CQ誌 2017年4月号 その2
  • CQ ham radio の2017年4月号の感想の続きです。「アマチュア無線家のモバイル端末活用術」は興味深い記事です。スマホのアプリがいくつか紹介されています。ここで取り上げられているCluster NowとJCC Lookupは既に使っています。前者は移動先でクラスター情報が見られるので大変重宝しています。後者はあまり使う機会はありませんが,手元に置いておきたいデータです。QTH Locator QBICは使ったことがありませんが,GPS情報から, [続きを読む]
  • CQ誌 2017年4月号 その1
  • CQ ham radio の2017年4月号の感想です。特集記事は,「ジャンル別コンテストの楽しみ方」です。特集の1番目の記事は,「コンテストで育む技術継承」で,オペレーションテクニックや設備のポイントなどについて昔の状況と現在の状況を対比しています。確かに,各種の技術の向上という面ではコンテストの役割は大きいと思います。例えば,出力が大きくなると,普段は問題とならないこと,例えば,同軸ケーブルのはわせ方も問題とな [続きを読む]
  • 東京都支部賞に新アワード
  • JARL東京都支部が発行している東京都支部賞は,従来,東京都内で運用する異なる局からのQSLカードを得て,250局,500局,1000局,以下,1000局ごとに上限無制限で発行するというルールでした。しかし,本年4月1日から,これらに加え,オール東京賞(A賞,B賞),23区賞,多摩賞,島嶼賞(A賞,B賞)を新設し発行することになったそうです。例えば,オール東京賞(A賞)は,東京23区,多摩部,島嶼部のすべてより各1枚を取得すると [続きを読む]
  • 東海QSO及び大都市コンテスト参加
  • 2017年3月20日(月)は,JARL東京都支部大会に行くか,コンテストに参加するか迷いました。いつもの年のように秋葉原で行われていれば,秋葉原での買い物とセットで参加したかもしれません。しかし,今年の支部大会は武蔵野市の武蔵野スイングホールで開かれることになっていたので,支部大会はパスすることにしました。ということで,東海QSOコンテストに参加することにしました。固定局免許の復活を記念して200Wでの参加も考えま [続きを読む]
  • HAM WORLD NO.6
  • HAM WORLD NO.6の感想です。特集は「無線機メンテナンスの極意」です。周波数ずれの調整やリグのクリーニング,ハンダ付け不良のチェックなどについて写真入りで説明されています。古い無線機の修理や調整ができるっていうのはとても憧れますね。すごいと思います。今回の記事の内容はそうしたメンテナンスのうち比較的優しい例が紹介されているのだろうと思いますが,私の技術レベルでは,このレベルの作業をやることも困難と思い [続きを読む]
  • うっかり失効時の特例免許手続
  • 再免許申請期間をうっかり徒過してしまったため失効させてしまった無線局免許状については,改めて無線局の開局申請を行う必要があります。私は今回この手続をやり,その際に特例手続があることを知りましたので,その点を記事にしておきます。今回の場合,失効前の固定局の工事設計は,技適機種であるFT-2000D(200W)にパソコンを附属装置として設置し,RTTYを始め各種デジタルモードに出られるようになっていました。したがって, [続きを読む]
  • KD1JV Tri-Bander でCQを出してみました
  • KD1JV Tri-Bander のコンテストでの運用状況は別に記事にしたとおりですが,通常QSOでの運用状況についてです。ちょっと以前の話となってしまうのですが,記事化が追いついていないのです(^_^;)。ある休日に,16時頃から,KD1JV Tri-Bander CW Transceiver + CD330V-1の組み合わせで,7MHz,CWで,CQを出してみました。およそ17分あまりの間に,1,2,3,4,6,7,8エリアの各局からコールしていただき,交信できたほか,北米カリ [続きを読む]
  • 固定局の免許状復活
  • 再免許申請期間をうっかり徒過してしまったため失効させてしまった固定局の無線局免許状については,2017年2月14日,電子申請で,固定局の開局申請を改めて行いました。その後,3月10日(金)に,総通からの手数料を納付するようにとのメールが来ました。そこで,3月11日(土)に,ネットバンキングで,Pay-easy(ペイジー)税金・料金払込システムを使って手数料納付の手続きを取りました。今回は,関東総通に免許状を受け取りに [続きを読む]
  • KD1JV Tri-Bander をオシロで再調整
  • KD1JV Tri-Bander CW Transceiverの調整は以前の記事に記載のとおり測定器なしで,まさに試行錯誤でやりました。ただ,その後,一応,周波数カウンターを購入したし,LCDオシロスコープキットを製作し,いずれも限定的な性能しかないものの,測定器を持つに至りました。そこで,これらを使ってKD1JV Tri-Bander CW Transceiverの再調整をしてみました。再調整の必要を感じたというわけではなく,オシロスコープのキットを作ったも [続きを読む]
  • 黒いゴミの原因
  • このところ机のまわりに,黒いゴミが落ちているのが目立つようになりました。こんな感じです。いったい何のゴミだろうかと不思議に思っていたのですが,ようやく原因が判明しました。アマチュア無線用に使っているヘッドフォンの耳当て表面のシートが剥離していたのです。このヘッドフォンは,その機能にまったく問題はありません。音の善し悪しを判定する能力はありませんが,特に音質も問題なく,むしろ低価格の割にはいいのでは [続きを読む]
  • KD1JV Tri-BanderでALL JA0コンテスト参加
  • 本日(平成29年3月12日(日)),ALL JA0 7MHz コンテストに参加しました。主目的は,完成したKD1JV Tri-Bander CW Transceiver で初めてコンテストに参加することです。当然,QRP参加ということになります。アンテナは,木造2階建ての屋根上に設置したCD 330V-1。無線機は,KD1JV Tri-Bander CW Transceiver。出力は定格5Wですが,アンテナのSWRの問題と思われますが,実測したところ4W弱という感じでした。ロギング・キーイングは [続きを読む]
  • 周波数カウンターのテスト
  • 秋月電子通商から購入した   液晶表示ミニ周波数カウンターですが,表示周波数が正しいのかどうかをテストして,裏面のトリマコンデンサで校正できるならやってみようと思ったのですが,そのためには,基準になる周波数の発振器が必要です。そこで,リグエキスパートのアンテナアナライザAA-600が,RF信号発生器として使えるようなので,最小周波数ステップが1kHzとちょっと粗いのが難点ですが,これを使ってやってみました。ま [続きを読む]
  • 再開局申請のその後
  • 固定局の再免許申請期間をうっかり徒過してしまったため,2017年2月14日,電子申請で,固定局の開局申請を改めて行いました。そうしたところ,本日(3月10日),手数料を納付するようにとのメールが来ました。申請から3週間半になります。早速,電子申請Liteにアクセスして,ネットバンキングで手数料を納付しようとしたのですが・・・。残念ながら,本日電子申請Liteがメンテナンス中のため,アクセスができませんでした。明日以 [続きを読む]
  • 8万アクセス達成
  • 本日(2017年3月10日(金)),このブログの累計アクセス数が8万アクセスを超えました。8万アクセスに至る経緯は,   2011年9月20日開設の後,   2014年2月18日,1万アクセス達成   2014年10月16日,2万アクセス達成   2015年6月2日,3万アクセス達成   2015年11月21日,4万アクセス達成   2016年4月4日,5万アクセス達成   2016年8月2日,6万アクセス達成   2016年11月19日,7万アクセス達成   2017年 [続きを読む]
  • WACA(QRP特記)の受領
  • 本日,WACA(全市交信賞)のQRP特記,1エリア運用を無事受領しました。QRPerとしては,大変,うれしいアワードの受賞です。これで,WAGA,WACAとゲットしましたので,次の目標は,WAKUのQRP特記です。現状,大阪府堺市東区が交信未了です。引き続き,WAKUの完成目指して頑張りたいと思います。そして,これらの完成後は,QRPpによるWACA,WAGAを目指したいと思っています。交信いただいた各局,どうもありがとうございました。弱い信 [続きを読む]
  • KD1JV Tri-Bander の製作 その9(完)
  • KD1JV Tri-Bander CW Transceiver キットは完成ということで,アマチュアバンドに出てみました。もちろん,無線局の変更手続を完了したうえでのことです。7MHz,CWで強力に入感している局をコールしてみたものの,一向に応答がありません。相手局の信号強度からすれば,5Wもあれば余裕で交信できるはずなのですが,まったく応答がありません。別の局をコールしても同じです。これはどうもおかしいということで,いったんアンテナを [続きを読む]
  • KD1JV Tri-Bander の製作 その8
  • KD1JV Tri-Bander CW Transceiver キットの製作ですが,全部の配線が完了したので,マニュアルに沿った調整とテストについて記載します。マニュアル通りに,ATMEGA-48,LM386,74AC02をそれぞれソケットに挿入し,電源,パドル,ヘッドフォンを接続し,電源スイッチを入れます。ちゃんと動いてくれるか,緊張の一瞬です。スイッチを入れたところ,ディスプレイに,「bA8.0」と表示されました。これが表示されれば,ここまでの作業 [続きを読む]
  • いくつかのコンテスト結果発表
  • 以下のコンテスト結果が発表されていました。1 JA9コンテストHF2016の電信部門 私は,管外局,シングルオペ,3.5MHzでの参加でしたが,1エリアで参加8局中第5位でした。2 オール九州コンテスト 私は,管外局,電信,シングルオペ,7MHzでの参加でしたが,参加57局中第23位でした。 また,管外局,QRPとしては,参加16局中第6位でした。ちなみに,全市全郡コンテストの結果も発表になっていましたが,どうもログの提出を忘れ [続きを読む]
  • KD1JV Tri-Bander の製作 その7
  • KD1JV Tri-Bander CW Transceiver キットの製作ですが,Bail Assembly Partsの取付後について書きます。フロントパネル基板をメイン基板に直角に取り付け,その後,基板に必要なケーブルをハンダ付けして,プリント基板をケースに入れ,ボリュームやトグルスイッチなどの部品にケーブルをハンダ付けする作業です。まず,ケースにはボリュームを取り付ける穴はあいていますが,ボリュームが回転するのを防ぐ爪用の穴はありません。 [続きを読む]