Half Month Bluff ブロガー さん プロフィール

  •  
Half Month Bluff ブロガーさん: moon life 〜優しい気持ちになりたい時に〜
ハンドル名Half Month Bluff ブロガー さん
ブログタイトルmoon life 〜優しい気持ちになりたい時に〜
ブログURLhttp://www.exhorizons.com/
サイト紹介文いつもの日常を淡々と、でもカラフルに。優しい気持ちになりたい時におすすめのエッセイです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 280日(平均1.1回/週) - 参加 2014/05/25 10:50

Half Month Bluff ブロガー さんのブログ記事

  • 海外旅行と時の大切さ
  • 今年の長期休暇は5日間、土日を入れて合計9日間の休みを取った。 行き先は近場の海外。子どもが小学生ということもあって、プールや海など水の遊びがメイン。忙しい動きはしなかった。 ジェットスキーやバナナボートなどアクティビティはもちろん楽しかったのだが、実はもっと楽しかったのは「考えること」だ。 これから人生をどうしたいのか、どんな風に仕事をしていきたいのかをフラッ [続きを読む]
  • 経年変化
  • 最近、劣化という言葉を目にすることが多い。昔に比べて・・、全盛期に比べて・・など。 おそらくは彼(彼女)が昔見ていた憧れとしてのその人があって、それと比べているのだろう。しかし、あまりな表現ではないかと思う。 年を経ると、若い頃なら許されていたことが許されなくなってくる。思い通りにいかないことも多いだろう。 そうやって経験値を積んでいくとともに、見た目の若さは [続きを読む]
  • 言葉にする勇気
  • 最近よくGLIM SPANKYというバンドの歌を聴いている。 その中で「話をしよう」という歌の歌詞が心に沁みたので記したいと思う。 言っていることはこうだ(もちろん自分の解釈もあるので「こう思う」ということだ)。 いつもみんな、心の中で想って、相手に何か伝えたいことがあっても口に出さない。 それは相手のことを考えて、迷惑をかけないようにしているか。 [続きを読む]
  • 路線図と目的地
  • 東京の路線は複雑だ。 沿線がいくつもあり、どの線とどの線がつながっているのか、目的地にどうすればたどり着くのかよく分からない。何を隠そう私もその口だ。 しかし、最近は乗り換え案内アプリが発達していて、乗る駅と降りる駅を入力すれば確実に経路が分かる仕組みになっている。素晴らしいことだ。 私もその恩恵に預かっていたのだが、今日はその優秀なソフトを使っても分からない [続きを読む]
  • 癒しと育成
  • 隙間時間に何かをしようとする必要はないのではないかという考え方がある。 とはいえ、何もしないでいるのは苦手なので、癒される動画を求めてアプリを探すと、育成ゲームというジャンルが見つかった。 クラゲ、マリモに始まり、ケサランパサランなんてものまである。どうやら癒しのジャンルではあまり表情のないものが好まれるようだ。 試しにクラゲをダウンロードしてみると、水の中に [続きを読む]
  • 風と音楽とPC
  • 静かにPCに向かっているのが好きだ、というのは前にも言っただろうか。 今もそうだ。自分の好きな音楽をかけながらアプリを作り、ブログを書いているのだ。音楽をかけているのだから正確には静かとは言えないか。 マンションの外ではさわやかな風が吹いている。カーテンが揺れている。そして音楽が流れている。 その中で作品を作るのはとても気持ちがいいものだ。これこそが自分の時間、 [続きを読む]
  • 定額制と新しいこと
  • 定額制サービスが広まっている。 映画や音楽。書籍についても存在するのではなかったか。無かったとしてもそのうち広まることは想像に固くない。 先日、音楽の定額制サービスに入った。目的は昔聞いた邦楽を聴くためだ。最近はCDがパソコンで再生できずに困る(そもそもうちのノートPCはCDが入らない) ところが、入ってみると予想に反して有名なアーティストの音楽は見当たらない。 彼らに [続きを読む]
  • 習慣とゴールデンウィーク
  • 大型連休だ。長い人では9連休の人もいるだろう。気候も良いし休んで遊ぶという人は多いのではないか。 ところが、世の中にはそうしない人もいる。たとえば自分が教わっている先生がそうだ。 世間の流れに合わせて休むということはない。休みたいときに(おそらく短時間)休むのだそうだ。 自分もそう思う。やることはいつもと変わらない。 アプリを作り、人に意見を聞いて、また修正 [続きを読む]
  • 遊びと仕事
  • 今週は仕事でトラブルがあり、やりたかったことができなかった。いつも週の目標を立ててその達成に向けて一つ一つこなしていくのだが、ほとんどが終わっていない。 だが、よいではないか。自分は割と目的思考が強く、その達成に力を注いで”遊び”が少なくなってしまうことが多い。 けれどそれだと視野が狭くなりがちなのだ。疲れてもいるし、たまには目的達成を忘れ、遊びを取り入れるのも良いの [続きを読む]
  • 新入社員と迎える人たち
  • 4月に新入社員を迎えるという会社は多いのではないか。 活力、新しさ、緊張、期待。多くのものを持って彼らはやってくる。廊下ですれ違えば元気なあいさつを、話す言葉は若々しく、ぎこちない自己紹介は微笑みを生む。 外国では秋に新年度が始まったりするというが、日本は春だ。冬の終わりとともにやってくる新人は日本の会社の、春の風物詩と言えるのではないか。 先輩社員としては、 [続きを読む]
  • 防犯パトロールと桜
  • 昨日、町内会で防犯パトロールを行った。月に2回、町内会の人間が町の見回りを行うものだ。 最初は億劫に感じていたが、行ってみると気が変わった。 まず、中々に歩くのが楽しい。それぞれが防犯灯を持ちながら、路地を歩いていく。時には路地に目を凝らし、時には通りすがる人とあいさつしながら。よく歩くのでいい運動にもなるし、知らなかった町の風景とも出会える。 また、大げさな [続きを読む]
  • 表裏一体⑤
  • 表裏一体のキャラクター紹介、最後は子ブタとオオカミだ。 人間以外のキャラクターを考えたとき、おとぎ話のキャラが良いのではないかと思った。なかなか案が出ない中で思いついたのがこの組み合わせである。三びきの子ブタのキャラたちだ。 この2キャラの性格は画面に並べてみてから考えた。心配性のオオカミとやる気のない子ブタである。物語の中の性格とは違うと思うが、そこはあまり気にして [続きを読む]
  • 表裏一体④
  • 前回に引き続き表裏一体の登場キャラクターを紹介する。 天使と悪魔、白猫と黒猫に続く3組目は王子様とお姫様だ。王子様がナルシストという設定である。自分は素晴らしい、世界は私のために回っている、周りの人も自分のおかげでよかったな、という口振りだ。 一見嫌なやつだが、突き抜けているために以外と嫌味はないと踏んでいる。また、自分を信じていてとても前向きなので力がある。こうあっ [続きを読む]
  • 寒い3月と風邪
  • 先週、もうすぐ春だなぁと書いたが、雨が降ったりどうにも寒い。こんな日に出かけると風邪でも引きそうだ。 という中で、今日は無謀にも子どもと釣りに行った。どうしても行きたいらしい。さすがに屋内なのだが、移動はもちろん外である。寒さは君には関係ないのかい?と言いたくなる。 バスと徒歩で行って帰ったが、やはり寒い。厚着をしてやっとというところだ。ふと横を見ると子どもは寒がって [続きを読む]
  • 表裏一体③
  • 表裏一体のキャラ選択をこのたび無料にした。認知用に特化させると決めたためユーザの皆様にはサービスとなる。 (課金いただいた皆様、ありがとう。おかげでサービスが続けられています。) 今回と次回にかけて、そのキャラを少し解説していきたい。 まず、キャラを考える前提だが、アプリのストーリー上、何か対になるものがいいと思っていた。 そして、人間はやめようとも。 [続きを読む]
  • カフェに行く理由
  • 休みの日は何をしているの?と言われればアプリを作っているのだが、他に何かないかと言えば、カフェに行っている。 私のカフェ好きはなかなかのものと自負している。何しろ多いときは日に3件もハシゴ(と言うのか?)をする。 なぜそう行くのかと言うと、1つは自分が飽き性で、家よりもよほど集中できるからである。場所を何度も変えるのもそのためだ。 2つ目は、他人が適度に存 [続きを読む]
  • 組織の壁と春の風
  • 組織の壁というものが何か、まだ社会人になっていない皆様は想像がつきにくいと思うが、要はグループができるとそのグループの外の人間に対して壁ができるということだ。 理屈はこうだ。現在の会社員は非常に細かい仕事をしていて、その仕事毎にグループが分かれる。 そして、細かい仕事をしていて忙しいものだから、他のグループから新しい仕事が来たときになかなか受け入れない。 残業が厳し [続きを読む]
  • セイハロー③
  • 人間関係を改善するアクションとは何か。 言葉だ。 声をかけることはコミュニケーションだ。 最初のアイデアであったのは「ありがとう」相手に感謝を伝える言葉だ。 とてもよい言葉で、あなたのおかげで助かったよという気持ちが伝わっていく。 しかし、「ありがとう」はシチュエーションが必要で、毎回自然に言えるものではない。 それでも言い続ければ良いのでは [続きを読む]
  • ものづくり
  • 大人の方が子どもより良いものを作れる。 それが常識だと思われる方は多そうだが、必ずしもそうではないこと、むしろ子どもの方が良いものを作れるということが先日分かった。 マインクラフトというゲームがあるのをご存知だろうか。ゲームの中で木や石、レンガや水晶などあらゆる物を使って自分の世界を作るものだ。 そこでは、子どもの創造力に大人が到底及ばないことを思い知らされる [続きを読む]
  • セイハロー②
  • セイハローはあいさつで人間関係を改善するアプリだ。 アプリ開発の企画段階でテーマは関係性の改善と決めており、そこから手段を決めるというアプローチを行なった。 難しいのは、人それぞれでシチュエーションが違うことだ。またアプリなのであまり複雑な機能にはしたくない。 最終的に採用したのがあいさつである。 上司から部下にはもちろん、部下から上司に対して行なってもおか [続きを読む]
  • セイハロー①
  • 人の全ての悩みは人間関係の悩みである。少し前から流行している心理学者アドラーの言葉だ。 家族、恋愛、職場、学校・・自分が所属する多くの場所に否応無しに人はいて、中には関係がうまくいかない人がいてみな困っている。 職場では犬猿の仲、恋愛は思う通りにいかない、一番近いはずの家族でも心は遠かったりする。人間関係の悩みがない人はほとんどいないのではないか。 そん [続きを読む]
  • マインドフルネス
  • 本屋に行くと、心を整える方法を教える書籍がとても多いことに気づく。だいたいの本は一生懸命に書かれていて、おそらく、その通りに行えば効果が出るのだと思う。しかし、人間の怠け癖のせいで継続が難しい(なお人間は自分も含め多くが怠け者だとも思う)。 ただ、最近の流行りに乗じて読んだマインドフルネスの書籍は少し違うかもしれない、と思った。 本の中で紹介されていた心を整える方法は [続きを読む]
  • ドリームメーカー③
  • ドリームメーカーをプレイしてみて、思った答えがすぐに出ないと感じる人は多いのではないか。 たとえばSTEP1で適当に選択肢を選んだ場合でもSTEP2には進めるが、途中で何か違うなと思いはじめるだろう。そうすると結局は元のSTEP1に戻ることになる。この時点で面倒だと感じることは容易に想像できる。 開発者としては、何度も繰り返してようやく、これがしっくりくるなという選択肢に出会えるの [続きを読む]
  • プレミアムフライデー
  • プレミアムフライデーというものが存在するのはご存知だろうか。最終金曜日は午後の早いうちに退社しようと政府が提唱している企画?である。消費喚起と生産性向上の狙いがあるように見受けられる。 とはいえ強制ではない。したがって会社によって取り組む、取り組まないと対応が分かれる。ニュースで見る限りでは、導入する会社が20%、検討中が30%くらいだったように思う。それ以外の会社は今のところ検討 [続きを読む]
  • ドリームメーカー②
  • 夢を見つけたいという悩みを持つ人はとても多いと思っている。言い方を変えると「やりたいことが見つからない」だ。 自分自身もやりたいことが見つからなかった口である。 どんな楽しいことをしても、どこか満たされず不満は溜まっていく。けれど、いくら考えても探しているものは見つからない。辛く苦しい気持ちだったように思う。 取った解決策は、読書や体験を重ねて人生 [続きを読む]