アメーバブログ さん プロフィール

  •  
アメーバブログさん: たいやき社長 アルバイト従業員に語る
ハンドル名アメーバブログ さん
ブログタイトルたいやき社長 アルバイト従業員に語る
ブログURLhttp://s.ameblo.jp/tenjingouitsu/
サイト紹介文埼玉県は、鴻巣市にあります、小さな たいやき屋の社長が、生き方や、仕事、宇宙の法則などを語ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供106回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2014/05/26 12:05

アメーバブログ さんのブログ記事

  • ● 見つめろ!
  • 守られたい、、。救われたい、、。しっかりと、見つめるんだ!いま、生きているということが、すでに、守られているんだ!いま、生きているということが、すでに、救われているんだ!守られているから、救われているから、いま、この瞬間も、あなたは、生きているんだ!自分が、生きていることを、見つめろ!いま、この瞬間を、見つめろ! [続きを読む]
  • ● ″自分″ という、人間の知りかた。
  • 自分という、人間は、どんな、人間なのか。どのような、人間なのか、、。それを知るのは、簡単なんだよ。″ 自分 ″ という、人間は、常に、なにを ″ 考えて ″ いるのか。常に、なにを ″ 思って ″ いるのか。その「考え」というもの、その「思い」というものが、″ 自分 ″ という、人間なんだ。だから、たとえば、楽しいことを ″ 考えている ″ 時間が多い人は、楽しい人間と言えるし、明るいことを ″ 思っている ″ 時間 [続きを読む]
  • ● 生き抜け!
  • にんげん、死ぬときはかならず来る。その日は、百パーセント確実に来る。だから、死ぬまでは、生き抜け!どんなに、つらくても、どんなに、くるしくても、死ぬまでは、生き抜け!がんばってみる ″ 価値 ″ は絶対にあるんだ! [続きを読む]
  • ● 成功の ″定義″ となるもの
  • 成功のかたちとは、人それぞれ、百人百様、千差万別ですが、成功の、「定義」をひとつ示すならば、自分の、現在の ″ 現実 ″ が、自分のえがく ″ 理想 ″ を追いこしているか?理想以上にすばらしい現実が展開しているか?ということが言えます。または、理想と現実が一致しているか?あるいは、理想と現実が近いものとなっているか?でなければ、理想に現実が近づいているか?この定義に当てはまるのであれば、「成功している [続きを読む]
  • ● ″世界一シンプルな″ 成功のための点検
  • 自己、個人、人生においての成功にしても、事業や、経営、仕事などの成功にしても、「点検」すべきことは、とても、とても、シンプルなんです。現在の自分は、どんな人間なのか、どんな人物であるかを点検すること。自分は、成功するに値する人間であるか、成功するにふさわしい人物であるか、、ということを点検してみることです。また、現在の、この事業は、この仕事は、成功する要件がそなわっているのか、、ということを点検 [続きを読む]
  • ● 人間の ″求心力″ というもの (後)
  • 人間は、熱き思い、強き想いを抱き、絶えず、念じ続けていると、『求心力』というチカラが働きます。求心力とは、″ 中心に向かって働くチカラ ″ です。磁石のように、″ 引き寄せるチカラ ″ です。そして、この世には、同じものや、似たものは ″ 引き合う ″ という法則が存在します。ですから、私が、熱き思い、強き想いを、念じ、発していると、私の想いや、念というものを、感知し、受信し、感応し、同通し、引き寄せられ [続きを読む]
  • ● 人間の ″求心力″ というもの (前)
  • いま、アルバイトを募集しても、とにかく、応募者がいないようです。多くの場所で、人不足のようです。これで、ある宅配ピザのお店は、アルバイトが不足しているということで、宅配するのではなく、お店に来店していただき、「1枚ピザを注文すれば、もう1枚はタダ!」というスタイルにし、人不足の問題を乗りこえたようですが、なるほど、このような手もあるのか思いました。たとえば、1枚ピザを配達するのにも、アルバイトひとり [続きを読む]
  • ● 人生がうまくいく ″ふたつ″ のこと 2
  • ふたつめは、『ありがとうございます!』と言えることです。お礼は、″ 何回、言ってもいい ″ のです。『ありがとうございます!』に、″ 言いすぎはない ″ のです。ですから、あなたが、人から、何かをいただいたり、何かをしてもらったら、必ず、『ありがとうございます!』と、言うことです。もう、何回でも、何度でも言っていいのです。あなたは、人から、お礼をたくさん言われて気分がわるいですか。『ありがとうございま [続きを読む]
  • ● 人生がうまくいく ″ふたつ″ のこと 1
  • 4月から高校生なので、うちでアルバイトをしたいと、中学の卒業式がおわった直後に、大急ぎで駆けつけてきた男子ふたりがやってきました。まあ、中学の卒業式を終えたとなれば、もう、中学生ではありませんから、受けつけはしますが、卒業式が終わればこっちのものだという、解放感全開の露骨さと、そのすばやさ、手早さに笑ってしまいました。卒業式が終わったその足で来ますかと、、笑もう、これだけで、これはデキるな、これは [続きを読む]
  • ● ″成果″ に結びついているかどうか
  • 長時間、仕事をしている。土日にも仕事をしている。熱く、バリバリ仕事をしている。体に無理をかけて仕事をしている。、、と、誇りを持っている。あるいは、ヒト、モノ、カネ、情報と、沢山の経営資源を投入している。、、と、慢心している。そのようなトップ、リーダーは、少なくないと思いますが、『それは、″ 成果 ″ に結びつきましたか。』ということに意味があります。時間も、お金も浪費していて、成果が出てこないものは [続きを読む]
  • ● 成功を ″継続″ してゆくために
  • 何でも、すべては古くなってゆくものです。今、要るものであっても、日々、時々刻々と、古くなり、要らないものとなってゆきます。現在、学校で教えていることでさえ、すでに古くなっています。宗教や、スピリチュアルも、何十年、何百年、何千年前のものでは、まったく ″ 時代環境 ″ が違いますので、現代には、そのまま当てはまらないものがほとんどです。ですから、絶えず、刻々と、古くなってゆくという現実に、しっかりと [続きを読む]
  • ● ″そのままで完璧″ の欠落
  • スピリチュアルの世界では、神仏が創造した宇宙というものは、″ そのままで完璧 ″ なのだから、その宇宙が創生した、『あなたも、そのままで完璧』なのです、、という教えがあります。たしかに、そう言える面もあるでしょう。しかし、「そのままで完璧」とした場合、教育も、勉強も、修行も、努力も、何も要らないということになります。そこには、″ 発展の余地がありません ″ 。ですから、「そのままで完璧」という、充足感 [続きを読む]
  • ● 守護霊に ″訊く″
  • どうにもならない時、行き詰まった時は、自身の ″ 潜在意識 ″ に、すなわち、「守護霊」に訊いてみるのです。この ″ 訊く ″ という字は、尋ねるという意味です。壁にぶつかり、八方塞がりになった時は、「守護霊」に訊いてみることです。訊けば、″ 必ず ″ 何かしらの形で返ってきます。ふと、閃いたり。ピンと、直感が走ったり。誰かを通して、ヒントが与えられたり。あるいは、何故かやるハメになったものに、真剣に取り組 [続きを読む]
  • ● ″蒔かぬ種は生えぬ″ という真実
  • 人は誰でも、一刻も早く「結果」が欲しいものです。しかし、どれだけ努力をしても、今生(こんじょう)では、結果が出ないまま、結果が実らないまま、終わることもあります。望む結果が手に入らないのであれば、やる意味も、やる必要もないと、失意、失望の念を禁じえない気持ちは、とてもよく分かります。しかし、″ 絶対的に ″ 言えることは、『蒔かぬ種は生えぬ』ということです。今生、一粒の種を蒔いておくのと、今生、一粒も [続きを読む]
  • ● ″子どもの頃よりも″ 大きな夢はあるか
  • 子どもの頃の夢、、。サッカー選手になりたい。ケーキ屋さんになりたい。宇宙飛行士になりたい。看護師さんになりたい。幼い頃の夢を、実現させた人もいるでしょうし、別の夢、別の道を歩むことになった人もいるでしょう。しかし、何よりも大切なことは、今、″ 現在 ″ において、『子どもの頃よりも大きな夢があるか?』ということです。幼い頃よりも、大きな夢、偉大な志、果てしない野望、限りない理想があるか?ということを [続きを読む]
  • ● あなたの ″人生の採点″ を決めるもの
  • 物事も、人生も、結局のところ、過ぎてみないことには、終わってみないことには、その「結果」の是非、良し悪しは、分からないものです。しかし、人生を ″ 試験 ″ に例えた時、日々の生き方、日々の働き方、日々の努め方、日々の行いは、まさに、人生の ″ 試験 ″ の答案を書いているということですから、つまり、自分自身が、『日々の答案用紙に、何を書いているか。』ということが、運・不運、幸・不幸、成功・失敗を決定し [続きを読む]
  • ● 未来を創る ″要素″ となるもの
  • インターネット、SNS、ゲーム、アニメ、マンガ、、。これらは、非現実的なものですが、子どもから、若者まで、常に注目し、夢中になっています。私の店に、親子でご来店されるお客様の中でも、「もう、この子は、ゲームをしているか、マンガを読んでいるかで、全然、勉強をしないんですよ!」という話になるので、私は、「ゲーム? マンガ?いいよ!いいよ!どんどんやりなさい!もう、寝ないでやりなさい!やるからには、倒れる [続きを読む]
  • ● 成功の決め手は ″圧倒的な経験値″ である
  • 仕事で ″ 成功 ″ するためには、とにもかくにも、自分自身が、お客様よりも、圧倒的に『経験値が高い』必要があります。たとえば、ピアノ教室を開き、生徒から、お金をいただく立場であるのに、生徒の方がピアノが上手いというのでは、お話にならないわけです。やはり、教師として、生徒からお金をいただくからには、生徒よりも膨大な、練習量、訓練量、知識量、体験量、経験量、勉強量、努力量というものが必要です。教師であ [続きを読む]
  • ● 仕事とは ″仏の道″ なのです
  • 商売、事業、ビジネス、日々の任務、、『仕事』、、の本質とは、世の中の人々の役に立ち、世の中の人々の生活に潤いを与え、便利に、快適にし、世の中の人々を喜ばせ、幸福にし、世の中の人々を支え、助け、救い、世の中が善きものとなる行いのことです。これは、そのまま「神仏の願い」であります。人々が幸福であること、善き世の中であること、世界が明るく平和であること、、これこそ、神仏が希う(こいねがう)ことなのです。 [続きを読む]
  • ● 仕事は ″自分の命を繋いでくれる″ もの
  • 『仕事』は、お給料となり、自分の生活の ″ 糧 ″ となるものであり、自分を守ってくれるものです。自分を救ってくれるものです。自分の「命を繋いでくれるもの」です。『仕事』とは、あなたの命を繋ぐものとして、神仏が、あなたに ″ 与えているもの ″ なのです。ですから、自分が従事する『仕事』に対して、感謝の念を持つこと、そして、『仕事』が与えられていることに、多謝・深謝し、謝意を表すことによって、その心は、 [続きを読む]
  • ● あらゆることを ″想定内″ にする
  • よい仕事をするコツ。仕事ができる人のルール。仕事で成果を出し続ける法則。これは、一言でいうならば、『あらゆることを ″ 想定内 ″ にすること』です。例えば、社運を賭けた交渉で、絶対に遅刻はできない!という時に、道路が大渋滞で、まったく進まない、、。もはや、絶体絶命、剣ヶ峰である、、。という事態が発生した際に、「大丈夫です、これは想定内です!ヘリコプターを用意してあります!」と、すでに手を打ってある [続きを読む]
  • ● お金を ″生み出す″ 志向を持つこと 3
  • 『お金を生み出せる人間』となれば、組織に縛られなくても生きていけます。好きな人と好きな仕事をすることもできます。嫌な人に頭を下げることもなくなります。富も、人も、集まるようになります。多くの時間を手にすることもできます。自身自身が商品であり、自分の技術、能力、才能が商品であり、自分の魅力というものが商品であり、自分の体、″ 自分という存在 ″ が商品なのですから、在庫も持たず、店舗も持たす、まさに、 [続きを読む]
  • ● お金を ″生み出す″ 志向を持つこと 2
  • 予算を使うことを考えるにあたっては、まずは、その予算を、どのようにして生み出すか、ということから考えられる人であることが、これから先の時代に、″ 求めれる人間の条件 ″ であることを述べました。たとえば、予算1000万円が必要な企画を提案するのであれば、″ まず先に ″ その予算である1000万円を生み出すための、アイデアや仕事を企画し、きちっと予算となる1000万円を稼ぎ出すことができれば、「ああ、予算100 [続きを読む]
  • ● お金を ″生み出す″ 志向を持つこと 1
  • 当店のメンバーの中には、「あれをやったらどうか。」「これをやったらどうか。」と、思いついたことを次々と語る、積極的な人もいるのですが、私は、すべてに対して、「いいね、いいね!」と、肯定し、頷きながら、次のように話すのです。やりたいことが出てくること、アイデアが出てくることは、すばらしいことです。ただ、世の中には、アイデアや企画をいくらでも出す人はいますが、これで、あなたが、やがて就職をし、例えば [続きを読む]
  • ● お給料とは ″お客様から出る″ もの
  • 私が昨日、お店のメンバーに話したことです。みなさんのお給料は、どこから出るのでしょうか。お店からでしょうか。社長からでしょうか。国や政府からでしょうか。すべて違います。お給料とは、みなさんが携わっている、商品やサービスに対して、代金を払ってくださった、″ お客様のお金から出る ″ のです。『お給料とは、お客様から出るのです。』どれほど大きなお店でも、大企業でも、「売上」というお客様から入るお金がなけ [続きを読む]