月灯り 探歩 さん プロフィール

  •  
月灯り 探歩さん: 山の中へ溶け込んで
ハンドル名月灯り 探歩 さん
ブログタイトル山の中へ溶け込んで
ブログURLhttp://yurulu.net/yamanobori
サイト紹介文主に関西の山々に登ってます。 樹木、地形図の読解についても、触れていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2014/05/26 16:37

月灯り 探歩 さんのブログ記事

  • 伊吹山 (2) 〜コースと樹木〜
  •  伊吹山 の登山記の続きです。今回の伊吹山 の登山コースです。(コースタイム)登山口10:10 → 1合目10:35 → 3合目11:30 → 5合目11:55 → 13:35伊吹山頂上14:05 → 15:105合目15:15 → 3合目15:35 → 1合目16:20 → 登山口16:45伊吹山の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。シロダモ(地点A)。 面白い若葉。暗褐色で皮目が点在するシロダモの樹皮。三行脈の葉で、シロダモ・ク [続きを読む]
  • 伊吹山 (1) 〜不思議な感じの登り道〜
  •  滋賀県米原市にある伊吹山1,377 mに登った(2017/05/11)。米原ICから21号線で東へ、19号線、40号線で北へ、伊吹の里で右折、上野で左折して、住宅街へ、三ノ宮神社少し手前の民家の有料駐車場¥400に停めた。三ノ宮神社の右手を少し行くと、ゲートがある。すぐ右手が登山口。最初は、木々深い道を緩やかに登って行く。建屋・トイレのある1合目に到着。草原の左端を登って行く。徳蔵山が見えてきた。2合目を通り過ぎ、中低木の [続きを読む]
  • 白屋岳 (3) 〜まとめ : 大平からのスカッとした展望〜
  •  奈良県吉野郡川上村と同郡東吉野村との境界に聳える白屋岳1177mに登った(2017/05/04)。柏原ICから165号線、30号線を南下、309号線で東南へ岡崎に、169号線で東へ、そして南に下って、白屋へ、白屋橋を渡って、すぐ右手に獣除けゲートがあるが開けて入る。展望場を右手にすぎて、二つ目の獣除けゲートを通り過ぎて、左手にある駐車スペースに車を停めた。駐車スペース。 見晴らしがいい。吉野川。 左端に展望場が見える。渡っ [続きを読む]
  • 白屋岳 (2) 〜コースと樹木〜
  •  白屋岳 の登山記の続きです。今回の白屋岳 の登山コースです。(コースタイム)駐車スペース11:10 → 登山口11:20 → 白倉辻11:40 → 12:30大平12:45 → 13:10白屋岳頂上13:30 → 13:55大平14:05 → 白倉辻14:45 → 駐車スペース15:15白屋岳の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。バイケイソウの群落が近接して3か所ぐらいあった(地点A)。目に鮮やかなバイケイソウ。アセビ。ねじれた縦 [続きを読む]
  • 白屋岳 (1) 〜大平からのスカッとした展望〜
  •  奈良県吉野郡川上村と同郡東吉野村との境界に聳える白屋岳1177mに登った(2017/05/04)。柏原ICから165号線、30号線を南下、309号線で東南へ岡崎に、169号線で東へ、そして南に下って、白屋へ、白屋橋を渡って、すぐ右手に獣除けゲートがあるが開けて入る。展望場を右手にすぎて、二つ目の獣除けゲートを通り過ぎて、左手にある駐車スペースに車を停めた。駐車スペース。 見晴らしがいい。吉野川。 左端に展望場が見える。渡っ [続きを読む]
  • 但馬妙見山 (3) 〜まとめ : 消えゆくザゼンソウ〜
  •  兵庫県養父市と香美町との境界に聳える但馬妙見山1135mに登った(2017/04/28)。春日ICから北近畿道に入って八鹿氷ノ山ICで降りて、6号線を北上、左折、やがて舗装された細い林道になる。別れのすぐ左にある駐車場に車を停めた。 ICから30分くらい。 林道はうねうねとしていて、狭いし所々凹みがあり、6kmと長いので少し厭になる。 名草神社から登って、妙見峠から稜線を歩いて、妙見山へ。 大ナル新道から下った。林道の別れ [続きを読む]
  • 但馬妙見山 (2) 〜コースと樹木〜
  •  但馬妙見山 の登山記の続きです。今回の但馬妙見山 の登山コースです。(コースタイム)駐車場11:55 → みたらしの池12:10 → 12:15三重塔12:45 → 13:20妙見峠13:25 → 14:10妙見山頂上14:30 → 林道出会い15:20 → 駐車場15:35但馬妙見山の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。ザゼンソウ(地点A)。コブシ(地点B)。灰白色で平滑なコブシの樹皮。コブシが花の下に葉が一枚ついているのに [続きを読む]
  • 但馬妙見山 (1) 〜消えゆくザゼンソウ〜
  •  兵庫県養父市と香美町との境界に聳える但馬妙見山1135mに登った(2017/04/28)。春日ICから北近畿道に入って八鹿氷ノ山ICで降りて、6号線を北上、左折、やがて舗装された細い林道になる。別れのすぐ左にある駐車場に車を停めた。 ICから30分くらい。 林道はうねうねとしていて、狭いし所々凹みがあり、6kmと長いので少し厭になる。 名草神社から登って、妙見峠から稜線を歩いて、妙見山へ。 大ナル新道から下った。林道の別れ [続きを読む]
  • 五台山から五大山へ縦走(丹波) (2) 〜コースと樹木〜
  • 五台山 の登山記の続きです。今回の五台山 の登山コースです。(コースタイム)駐車場9:55 → 10:10五台山・美和峠分岐10:20 → 11:25小峠11:35 → 12:05五台山12:30 → 小野寺山12:40 → 13:35鷹取山13:45 → 美和峠14:00 → 14:45愛宕山14:50 → 15:10五大山15:15 → 15:35愛宕山15:40 → 16:20美和峠16:25 → 五台山・美和峠分岐17:00 → 駐車場17:15五台山の登山で出会った樹木 [続きを読む]
  • 五台山から五大山へ縦走(丹波) (1) 〜ヒカゲツツジの岩稜を歩く〜
  •  兵庫県・丹波の五台山655mから五大山へ縦走した(2017/04/20)。春日ICから北近畿道に入って氷上ICで降りて、北上、独鈷の滝へ道標に従い右折、香良病院の先の登山口駐車場に車を停めた。 20分くらい。 香良から五台山へ沢沿いを登り、小野寺山・鷹取山・美和峠・愛宕山・五大山と縦走して、美和峠に戻り、香良へ下山した。広い登山口駐車場。右の車道を歩いていくと、すぐで、右手に岩滝寺。左手に進みそうになったが、右手の [続きを読む]
  • 吉野山 (3) 〜まとめ : 満開の桜と絶景を愛でる〜
  •  奈良県の吉野山に登った(2017/04/14)。吉野の桜を見るのは、初めて。下から登ると、「下千本」という所を通るのだが、混雑を避けるために、別ルートから行った。吉野山の中腹にある金峯山寺蔵王堂。 修験道の総本山。丁度、秘仏の御開帳をしていたので、本尊の蔵王権現を見てきた。 拝観料が1,000円と高かったよ。 人通りの多い道を登って行く。東南院。 だだっ広いコースには、オススメの見るポイントが何か所かある。ここ [続きを読む]
  • 吉野山 (2) 〜コースと樹木〜
  •  吉野山 の登山記の続きです。今回の吉野山 の登山コースです。(コースタイム)11:35金峯山寺蔵王堂11:55 → 13:25高城山展望台13:45 → 金峰神社14:05 → 14:30西行庵14:40 → 吉野水分神社15:30吉野山の登山で出会った樹木を紹介します。コウヤマキ(地点A)。 同定するのは、初めて。結構な群落になっている。赤褐色で縦・裂のコウヤマキの樹皮。線形で、枝先や節の束生するコウヤマキの葉。 [続きを読む]
  • 吉野山 (1) 〜満開の桜と絶景を愛でる〜
  •  奈良県の吉野山に登った(2017/04/14)。吉野の桜を見るのは、初めて。下から登ると、「下千本」という所を通るのだが、混雑を避けるために、別ルートから行った。吉野山の中腹にある金峯山寺蔵王堂。 修験道の総本山。丁度、秘仏の御開帳をしていたので、本尊の蔵王権現を見てきた。 拝観料が1,000円と高かったよ。 人通りの多い道を登って行く。東南院。 だだっ広いコースには、オススメの見るポイントが何か所かある。ここ [続きを読む]
  • 龍門岳 (3) 〜まとめ : 歴史ある山に登る〜
  •  奈良県の宇陀市と吉野町の市町境にある龍門岳904mに登った(2017/04/05)。桜井から37号線で山の中を南下、28号線を左折、途中山口神社に向かって左折、山口神社の左の道を進んで行くと、林道に入り、トイレのある駐車スペースに車を停めた。トイレのある駐車スペース。植林の中の林道を登って行く。標識はないが、ここを左に行けば、龍門の滝の下に出るようだ。自分は、まっすぐ進んだ。久米仙人窟跡があった。久米仙人は、久米 [続きを読む]
  • 龍門岳 (2) 〜コースと樹木〜
  •  龍門岳 の登山記の続きです。今回の龍門岳 の登山コースです。(コースタイム)駐車スペース10:50 → 龍門の滝11:05 → 奥の滝11:30 → 12:30龍門岳頂上12:40 → 12:55鉄塔13:15 → 龍門岳頂上13:30 → 二股14:15 → 駐車スペース14:50龍門岳の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。ダンコウバイ(地点A)。灰褐色で、皮目が多いダンコウバイの樹皮。ダンコウバイの「花柄」がない黄色い花。ダ [続きを読む]
  • 龍門岳 (1) 〜歴史ある山に登る〜
  •  奈良県の宇陀市と吉野町の市町境にある龍門岳904mに登った(2017/04/05)。桜井から37号線で山の中を南下、28号線を左折、途中山口神社に向かって左折、山口神社の左の道を進んで行くと、林道に入り、トイレのある駐車スペースに車を停めた。トイレのある駐車スペース。植林の中の林道を登って行く。標識はないが、ここを左に行けば、龍門の滝の下に出るようだ。自分は、まっすぐ進んだ。久米仙人窟跡があった。久米仙人は、久米 [続きを読む]
  • 日名倉山 (3) 〜まとめ : 残雪の山道を登る〜
  •  岡山県北東部と兵庫県とに境を接する日名倉山1047mに登った(2017/03/25)。山崎ICで降りて、39号線を北上、429号線へ左折、千種川を渡ってすぐのエーガイヤ温泉の駐車場に車を停めさせてもらう。 45分くらいかかった。 帰りにここで温泉につかる。 53号線を西へ、72号線で北上するのとどちらが良いのかは? エーガイヤ温泉の駐車場。 日名倉山が見える。429号線を歩いていく。 後山が見える。標識のあるここで左折。しばら [続きを読む]
  • 日名倉山 (2) 〜コースと樹木〜
  •  日名倉山 の登山記の続きです。今回の日名倉山 の登山コースです。(コースタイム)駐車場10:50 → 日名倉神社11:05 → 11:40林道終点11:55 → 駐車場12:55車で移動。ベルピール自然公園13:25 → 14:15日名倉山頂上14:45 → ベルピール自然公園15:25日名倉山の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。林道脇にミツマタの群落が形成されていた。花芽が目立っている(地点A)。ミツマタ。三叉に分岐 [続きを読む]
  • 日名倉山 (1) 〜残雪の山道を登る〜
  •  岡山県北東部と兵庫県とに境を接する日名倉山1047mに登った(2017/03/25)。山崎ICで降りて、39号線を北上、429号線へ左折、千種川を渡ってすぐのエーガイヤ温泉の駐車場に車を停めさせてもらう。 45分くらいかかった。 帰りにここで温泉につかる。 53号線を西へ、72号線で北上するのとどちらが良いのかは? エーガイヤ温泉の駐車場。 日名倉山が見える。429号線を歩いていく。 後山が見える。標識のあるここで左折。しばら [続きを読む]
  • 武庫川渓谷・大峰山 (2) 〜コースと樹木〜
  •  武庫川渓谷・大峰山 の登山記の続きです。今回の武庫川渓谷・大峰山 の登山コースです。(コースタイム)武田尾駅11:30 → 生瀬駅11:40 → ハイキングコース入口12:05 → 橋12:55 → 桜の園入口13:10 → 東屋13:30 → 14:25大峰山頂上14:45 → 桜の園入口15:40 → 武田尾駅16:05武庫川渓谷・大峰山の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。シラカシ(地点A)。平滑なシラカシの樹皮。鋸歯 [続きを読む]
  • 武庫川渓谷・大峰山 (1) 〜都会近くにありながら素晴らしい渓谷美〜
  •  兵庫県宝塚の武庫川渓谷・JR福知山線廃線跡を歩いた後、大峰山552mに登った(2017/03/17)。JR武田尾駅近くに車を停め、JR福知山線で生瀬駅へ、そこから武庫川渓谷沿いに廃線跡を北上、親水広場から大峰山を往復、武田尾駅まで戻った。武田尾駅手前の広大な駐車場。ここに停めれると思っていたら、定期契約駐車場と書かれている。あきらめて、近くのスペースを見つけて、停めた。しかし、後でググると、「駅の横にある管理事務所 [続きを読む]
  • 朝熊ヶ岳 (3) 〜まとめ : 伊勢の島々を見晴らす絶景〜
  •  三重県伊勢市・鳥羽市にある朝熊ヶ岳555mに登った(2017/03/10)。伊勢ICで降りて、朝熊川の橋を渡る前に右折、町中の細い道を通って、朝熊ヶ岳登山口前の駐車場に車を停めた。登りは、朝熊岳道で朝熊ヶ岳頂上へ、それから金剛證寺、スカイラインの展望台へ、下りは、宇治岳道、楠部道を通った。朝熊ヶ岳登山口前の駐車場。広くて綺麗な駐車場。 トイレもある。左奥から登山道へ。すぐ分岐があるので左へ。歩きやすい道を登って [続きを読む]
  • 朝熊ヶ岳 (2) 〜コースと樹木〜
  •  朝熊ヶ岳 の登山記の続きです。今回の朝熊ヶ岳 の登山コースです。(コースタイム)駐車場10:00 → ケーブルカー跡10:30 → 11:05朝熊峠11:10 → 11:30朝熊ヶ岳頂上11:35 → 12:00金剛證寺12:15 → 12:20展望台12:40 → 12:50金剛證寺13:00 → 朝熊峠13:20 → 橋13:40 → 楠部分岐14:25 → 楠部登山口14:55 → 駐車場15:45朝熊ヶ岳の登山で出会った樹木を紹介します。樹木の地点です。ア [続きを読む]